安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

「株式会社まっせ」創立

近江八幡のまちづくり会社「株式会社まっせ」創立

=官民共同出資で事業展開 魅力ある地域へ連携=
近江八幡商工会議所で開かれた創立総会
e0093407_915321.jpg

 官民連携で進める近江八幡市のまちづくり会社「株式会社まっせ」の創立総会が五日、近江八幡商工会議所で開かれ、市の活性化に向けた新しい事業の取り組み組織が誕生した。
 平成二十三年四月に近江八幡市、近江八幡商工会議所、安土町商工会、県立大学が締結した連携協力協定に「まちづくり会社」の必要性がうたわれ、それにそって官民共同出資の株式会社を創設して魅力あるまちづくりを目指すことになり、発起人十五人により準備を進めてきた。
 社名の「まっせ」は、左義長まつりのかけ声としても使われる近江八幡の言葉で「金や物を回して(地域を)活性化(交流)する」という意味が含まれている。
 <1>伝統の文化や技術、観光、スポーツ等の振興及び継承の調査研究<2>空き町家、空き店舗の対策<3>起業、経営に関するコンサルティング<4>西の湖、堀割、水郷など環境と景観の保全<5>イベントやセミナーの企画及び開催など、地域社会に幅広く関わりを持った活動を展開する。一株五万円で資本金を集め、近江八幡市の二百四十株を筆頭に近江八幡商工会議所百株、(株)たねや六十株、滋賀銀行と滋賀中央信用金庫各三十株、近江八幡観光物産協会と安土町商工会各二十株を保有。一般公募によるものも含め計九百五十三株を発行、四、七六五万円を設立時の資本金として活用する。
 創立総会では、会社定款の承認や取締役の選任が行われ、八人の取締役と二人の監査役を決めた。取締役社長には、(株)たねやの山本昌仁氏が選ばれた。
 山本社長は「変えなければならないこと、変えてはならないことを吟味し、このまちに住んでよかった、このまちに来てよかったといわれるような取り組みを推進していきたい」と抱負を語った。
 今後の事業計画は、県や国との関連事業を考察し具体化させていくが、まずは昨年、実施した「松明まつり」の継承、発展や商工会議所の任意団体「まちづくり近江八幡」との事業統合、新規の観光事業などを視野に入れている。
[PR]
by azch | 2013-06-14 23:14 | まちづくり研究会
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31