安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

東近江を味わい尽くす秋、繖山ぐるっとミュージアム

東近江を味わい尽くす秋 101516日 着地型ツアー

滋賀報知新聞

=美味に万歳!美味に喝采!政所茶・岩魚・地酒・果物…=

ツアーの案内チラシ

e0093407_21414345.jpg

 東近江市観光協会は、東近江市の食文化をテーマにした一泊二日の着地型ツアー「東近江を味わい尽くす秋」を来月十五・十六日に開催する。現在、参加者を募集している。

 政所茶や地酒、果物、米など、近江の風土が生み育てた食材を堪能するツアーで、食べるだけではなく、生産者や近江文化の研究者の解説付きで、市の風土や歴史の魅力も味わってもらう。

 定員は三十人で、一日目、二日目のみの参加も可能。料金は一泊二日で三万六千円、一日目のみは一万八千二百円、二日目のみは九千六百円。

 申し込みと問い合わせは、同観光協会(TEL0748―48―2100)へ。

 日程は次の通り。

 ◎十五日 JR近江八幡駅南口集合(午前十時)▽東近江市永源寺政所茶見学と試飲▽愛知川源流 岩魚づくし▽「日登美山荘」日登美ワイナリー見学、試飲▽喜多酒造見学、試飲▽特別講座「琵琶湖からはじまる日本のお寿司」、寿司の歴史を味わう特別会席「納屋孫」▽八日市ロイヤルホテル宿泊(午後八時)

 ◎十六日 宿出発(午前九時)▽道の駅あいとうマーガレットステーション 果樹園見学と試食▽地産野菜ランチ「野菜花」▽湖華舞牧場 デザートと解説▽近江の食のお買い物「道の駅鏡の里」▽JR近江八幡駅南口解散(午後四時)




繖山ぐるっとミュージアム

3博物館がキャンペーン

=半券あれば2館で入館割引 17日から今年度いっぱい=

 

 安土城・織田信長と考古学をテーマとする「安土城考古博物館」(近江八幡市安土町下豊浦)と、中国画を中心とした書の文化が専門の「観峰館」(東近江市五個荘竜田町)、江戸時代以降活躍した近江商人の作品などを展示する「近江商人博物館・中路融人記念館」(同五個荘竜田町)の繖(きぬがさ)山周辺の三館が、十七日から入館料割引キャンペーンを実施する。

 新しい分野の見聞を広げ、地域のことを広く知ってもらおうと実施するもので、最初に入館した施設の入館券の半券で、他の二館が五十円から百円割引される。

 来年三月三十一日までの期間中であればいつでも割引可能(半券一枚につき各館一人限り)。各館の入館料・割引後料金は次の通り。

 【安土城考古博物館】一般四百五十円、高校・大学生三百円▼割引後=一般三百六十円、高校・大学生二百四十円。

 【観峰館】一般五百円、高校・大学生三百円▼割引後=一般四百円、高校・大学生二百四十円。

 【近江商人博物館・中路融人記念館】一般三百円、小中学生百五十円▼割引後=一般二百五十円、小中学生百円。

 問い合わせは、東近江市近江商人博物館・中路融人記念館(TEL0748―48―7101)まで。


[PR]
by azch | 2016-09-27 23:38 | 観光ネットワーク

西の湖ヨシ灯り展、八幡堀まつりヨシドーム


あす、あさって 西の湖ヨシ灯り展

滋賀報新聞

=よしきりの池一帯=

見学者で賑わう西の湖ヨシ灯り展

e0093407_21313516.jpg

 西の湖のよしで制作した造形作品を展示する「西の湖ヨシ灯り展」が、あす二十四日から二日間、近江八幡市安土町下豊浦江ノ島にあるよしきりの池・安土B&G海洋センター一帯で開かれる。入場無料。

 湖畔に自生するよし群落が果たしているびわ湖の水質浄化と美しい自然景観の保全への認識を深めてもらおうと開催。今年で十回目を迎える。

 近江八幡市内の小・中学生や一般市民、県内の高校・大学生らが制作した立体作品約四百二十点をよしきり池の周囲に展示し、日没後、並んだ作品に照明が一斉点灯され、湖畔に美しい造形のフォルムが浮かび上がる。

 初日の午後六時から三日月大造知事をはじめ、冨士谷英正市長らが出席して点灯式が行われ、カウントダウンに合わせて点灯ボタンが押されると湖畔に幽玄の世界が現れる。

 点灯は午後九時まで。翌二十五日は、午前十時から午後八時半まで。



ひょうたんのような「ヨシドーム」展示

=西の湖のよし2万本使用 観光資源として活かす=

八幡堀まつりでライトアップされたヨシドーム

e0093407_21341692.jpg

 西の湖のよしで製作された半球形の造形作品「ヨシドーム」が十七、十八日に催された「八幡堀まつり」で展示され、訪れた人々の関心を集めた。

 地域と大学が連携した公募型地域課題研究に取り組んでいる滋賀県立大学環境科学部環境建築デザイン学科の学生らが製作したもので、西の湖のよし二万本を刈り取り、長さ五十センチから一メートルに裁断した約四万本で組み上げた。

 幅約五十センチのユニットにした三十五のパーツを結合し、長さ十六メートル高さ三~四・五メートルのドーム状に仕立て、途中は細くなっている。中には人が入れる空間があり、ちょうどひょうたんを縦半分に割ったような形になっている。

 平成二十五年度に取り組んだ西の湖を拠点とする自然の恵みを活かした観光ルートの調査研究の中で、観光客が近江八幡の自然の魅力を体験できる造形としてアイデアを練り、産業用に使われていたよしの新しい使い道を探る試作品。二週間の製作期間でのべ約二百三十人が作業に携わった。

 八幡まつりではライトアップして展示され、よしが幾重にも結合して浮かび上がる不思議なドーム空間を演出した。

 ヨシドームは、今月末まで近江八幡市多賀町の料理店「和でん」の広場に展示され、十月八日からは、たねやのラ・コリーナ近江八幡に移設して展示される。


[PR]
by azch | 2016-09-23 21:32 | 西の湖環境保全

第19回八幡堀まつり

きょう、あす「八幡堀まつり」八幡堀と旧市街地

=文化施設などで催し多彩 音楽ライブや特別公開=

「第19回八幡堀まつり」のポスター


e0093407_21262817.jpg

 歴史文化が生きる八幡堀やその周辺の町並みに灯りをともし、深まり行く秋の宵の風情を楽しむ「第十九回八幡堀まつり」(主催・近江八幡観光物産協会)が、きょう、あすの二夜にわたり開かれる。

 八幡堀の堀端や旧市街地の通りを手作りローソクやLED球でライトアップし、やさしく、温かく連なる灯りの列が、受け継がれてきた旧市街地の歴史と伝統の美を浮かび上がらせる。

 まつり期間中、旧市街地にある文化施設の無料公開や町家の特別夜間公開、コンサートやライブが催される。

 公開される施設は、市立資料館、かわらミュージアム、近江商人屋敷の旧奥村邸と野間清六邸(しみんふくし滋賀)、八幡教育会館(旧伴家住宅)、ボーダーレス・アートミュージアムNO―MA、近江八幡まちや倶楽部、あきんど道商店街、旧八幡郵便局、サケデリック・スペース酒游館。

イベントは次の通り。

【市立資料館】▽17日午後6時~オカリナコンサート▽18日午後6時~津軽三味線コンサート、午後7時~大正琴の調べ

【かわらミュージアム】▽17日午後6時~津軽三味線コンサート、午後7時~大正琴の調べ▽18日午後6時~オカリナコンサート、午後7時~メドレーミックス

【旧奥村邸】江戸後期の町家の特別公開「地震の間」の公開

【ボーダーレス・アートミュージアムNO―MA】1718日企画展「楽園の夢」入場無料

【野間清六邸(しみんふくし滋賀)】17日午後7時~ギター・アンサンブルの調べ▽18日午後6時~琴アンサンブルの調べ

【近江八幡まちや倶楽部】1718日午後6時~8時、BIWAKOビエンナーレ夜間特別開場(入場料千円)

【あきんど道商店街】午後6時より商店街チラシの抽選券で光ブレスレット進呈▽18日旧八幡郵便局横広場で屋台出店

【サケデリック・スペース酒游館】17日午後6時半~音楽ライブ(2800円)▽18日午後5時~投げ銭ライブ

【旧八幡郵便局】飲食バザー

【八幡教育会館(旧伴家住宅)】無料開放、「地震の間」の特別公開▽17日午後6時~観光紙芝居

【八幡堀】宵灯りの縁日&コンサート

【八幡山ロープウェー】八幡山ロープウェーでは、営業時間を午後九時(上り最終午後八時半)まで延長し、山頂駅から瑞龍寺までの散策道をライトアップする。

 山頂から眺望できる市街地の夜景は「はちまんドル」とも呼ばれ、その美しさに人気を集めている。西の丸からの夜景も楽しめる。コンサートも開かれる。問い合わせは(TEL0748―32―0303)へ。


[PR]
by azch | 2016-09-17 23:24 | 近江八幡市

安土城跡ガイダンス・休憩所

安土城跡ガイダンス利用料徴収へ

滋賀報新聞

=市の駐車場利用者は無料=

施設利用料が提案された「安土城跡ガイダンス・休憩所」

e0093407_21194626.jpg

 近江八幡市は、安土城跡前広場に設けている「安土城跡ガイダンス・休憩所」を利用する来訪者から利用料金を徴収する条例の一部改正案を開会中の九月市議会に提案した。

 市は当初、施設内の公共トイレのみの利用料金を徴収する条例の一部改正案を提案していたが、隣地にそう見寺の無料駐車場があることから、市の有料駐車場の利用者に不公平感が生まれることや、市の観光施設である観点から計画を見直し、公共トイレを含むガイダンス全体に利用料(一般一日百円、小・中学生五十円)を課すことにした。

 ただし、公共トイレがあるガイダンスの利用は、市の有料駐車場と一体の施設であることから駐車料金(五百十円)を払った運転者とその同乗者については人数に関係なく無料にする。

 有料化するにあたり市は、施設の出入り口を自動ドアにして冷暖房完備にするほか、駐車場料金の自動徴収システムを導入するなどの改修を行い、利便性を高めることにしている。有料化は来年一月一日からの予定。施設は安土町商工会の指定管理となっている。


[PR]
by azch | 2016-09-10 22:21 | 安土観光拠点

九月定例市議会

近江八幡市9月議会 補正予算など29議案

滋賀報知新聞

=第1子から出産お祝い金「入退院センター」開設=

解体される旧桐原小学校校舎

e0093407_21112778.jpg



 近江八幡市の九月定例市議会は九月二日に開会され、市当局から予算案件十八件、条例案件五件、人事案件四件、議決案件二件の計二十九議案が提案され、審議に入る。

 個人質問は十三、十四、十五日の三日間行われる。二十、二十一日に予算常任委員会、二十三、二十七、二十八日に各常任委員会がそれぞれ開かれ、三十日に本会議を再開し閉会する。

 予算案件では、平成二十七年度の一般会計と八特別会計、二事業会計の決算の議決を求める案件と平成二十八年度一般会計補正予算などが上程される。

 このうち平成二十七年度一般会計決算では、歳入三百九十億二千三百七万一千五十四円、歳出三百七十九億三千一万六千円で、差し引き十億九千三百五万五千五十四円の黒字となり、翌年度繰越財源を引いた実質収支額は、六億五千十三万七千五十四円だった。

 平成二十八年度一般会計補正予算案は、十八億五千五十四万四千円を追加補正し、総額で三百三十九億二千二百八十四万一千円とする。

 主な内容は、ふるさと応援基金への積立金六億五千二百万円、市債元利償還金二億七千九百二十四万二千円、基金積立金一億一千六百二十六万七千円、民間保育所及び認定子ども園運営補助事業二千八百十八万円、「お誕生日おめでとう健やか祝い金事業」二百九十二万七千円などとなっている。

 「お誕生日おめでとう健やか祝い金事業」は、条例を制定して実施するもので、出産の日より一年以上前に住民登録されている保護者に子どもが生まれた場合、第一子一万円、第二子二万円、第三子三万円を支給するもの。来年二月一日から施行する。

 市病院事業会計の補正予算案では、市総合医療センターに新設する「入退院センター」の工事費等に一千七百万円を提案する。

 入退院センターは、入院する患者や家族に入院の必要性や手術等の治療の内容、入院の手続きなどを個別に説明する専用の部屋を四室設置するもの。

 現在、市総合医療センターでは一日平均三十人の入院患者を受け入れているが、入院時の説明などの患者および家族の対応は、医師や看護師が診察室や待合い場所で行っているが、プライバシーの問題や十分な相談時間を確保するため、専用室を設ける。開設は来年四月の予定。

 議決案件では、旧桐原小学校の校舎解体工事を一億二千七百四十四万円の請負金額で締結することに議決を求める。


[PR]
by azch | 2016-09-01 23:14 | 近江八幡市
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31