安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ツバメのお宿ウォッチング

西の湖でツバメの観察 県内最大級のねぐら

=大群でよし原を乱飛行=
次々と飛来してくるツバメを観察する参加者
e0093407_1235469.jpg

 近江八幡市の西の湖畔で二十日夕、「ツバメのお宿ウォッチング」が行われ、家族連れや一般市民ら約三十人が参加した。
 ツバメは、春から初夏に子育てを終えると、成鳥になった若鳥と親鳥は巣から離れ、よし原などをねぐらにして冬が来る前に東南アジア地域に渡る。中には渡らない「越冬ツバメ」もいる。
 巣を離れて渡る時まで近江八幡市、高島市、草津市、湖南市、長浜市の県内五か所のよし原などで集団で羽根を休め、ねぐらとしていることが知られている。
 そのうち、よし原の規模が大きい西の湖は県内でも多くのツバメが集まり、多い時には五万羽以上の大群がよし原を飛び回る姿が見られる。
 ウォッチングは、身近な自然の営みに関心を深めてもらおうと、ツバメの大群が観察しやすい今頃、近江八幡水と緑の環境ネットワークと市民自然観察会が五年前から共催している。
 午後五時半、同市安土町下豊浦の西の湖すてーしょんに集合した参加者らは、二十年以上ツバメの観察を続けている同町下豊浦の三木勇雄さん(71)から、ツバメの種類と生態、よし原に飛来してくるようすやその観察の仕方などの説明を受けたあと、マイクロバスで大中町の観測ポイントに移動。
 三木さんからツバメがやってくる方角や飛び方、他の野鳥との見分け方などの説明を聞きながら、肉眼や望遠鏡を構えて飛来を待った。
 西の空に夕焼けが広がり始めた午後六時半ごろ、北の空から低空で次々と飛んでくるツバメが現れると「来た、来た」や「いやー、たくさんおるなぁー」の声があがった。
 西の湖に集まってきたツバメの群は、さらに大きな群になってよし原の真上を低空飛行したり、時にはスピードをあげて飛び回るなど、めまぐるしい飛行の変化を楽しませた。
 東近江市布引台から参加した安原晃宏さん(42)は「息子が自然や動物が好きなので家族で来ました。西の湖は魚釣りでよく来ていたが、こんなにツバメが集まってくるとは知らなかった。子どもにもいい自然観察になったと思います」と話していた。


西の湖でウォッチング ツバメの大群


=参加者募集=
 近江八幡水と緑の環境ネットワークと市民自然観察会は、二十日午後五時半から行う「ツバメのお宿ウォッチング」の参加者を募っている。
 南の国からやってくるツバメは、日本で子育てを終えたあと、南方に飛び立つ時期まで巣立った幼鳥とともに川原やよし原をねぐらとして過ごす。
 西の湖畔のよし原は、「ツバメのお宿」として知られ、無数のツバメが群をなして羽根を休める。
 観察会は、午後五時半、湖畔の「西の湖すてーしょん」に集合。ツバメについての説明のあと、西の湖のよし笛ロードに向かい、ねぐらに戻ってくるツバメの大群を観察する。
 送迎バスが近江八幡市役所前(午後五時集合)から運行する。バス利用の申込みは、人数、氏名、連絡先を明記し、市民自然観察会事務局(FAX0748―33―1667)に送る。または、電話(番号同じ)で行う(定員になり次第締め切り)。観察会の問い合わせも同じ電話番号。参加費無料。事前申し込み不要。
[PR]
by azch | 2016-08-24 23:02 | 西の湖環境保全

おうみ狂言図鑑2016秋公演

滋賀を題材にした「おうみ狂言図鑑」秋公演

滋賀報知新聞

=安土文芸セミナリヨとわたむきホール虹=
「おうみ狂言図鑑2016秋公演」のポスター
e0093407_120392.jpg

 古典芸能を通して滋賀の魅力を再発見する県のアートコラボレーション事業「おうみ狂言図鑑2016秋公演」が安土文芸セミナリヨで九月二十五日、日野町町民会館わたむきホール虹で十月十日の二回開かれる。時間はいずれも午後二時から。
 おうみ狂言図鑑は、狂言大蔵流の名門で滋賀県にゆかりのある茂山千五郎家(京都)の協力を得て、二〇一一年から滋賀を題材に創作された狂言で現在六作ある。
 秋公演では、「本能寺の変」(一五八二年六月二十一日)が起きる六か月前、新年会に参加した織田家家臣たちの中で、信長に嫌われているのではないかと心穏やかでない「明智ひでみつ」が「羽柴ひできち」に持ちかけた相談に、宣教師「オルガンヒキーノ」や「蒲生さとうじ」が加わり、思わぬ方向に話が展開し、信長のあらぬ秘密が暴露されるという内容の「安土城ひみつ会議」(二〇一四年制作)の脚本を改作し、より深く戦国の大事件の真相に迫ったリニューアル版を二ホールで上演する。
 このほか、安土文芸セミナリヨでは、太郎冠者(たろうかじゃ・登場人物)が、相撲取りと間違って連れてきた江州守山の「蚊の精」と大名が相撲を取る「蚊相撲」と、長寿の薬になるというカタツムリを探しに山に出かけた太郎冠者が、竹やぶで休んでいた山伏をカタツムリと思いこみ、連れて帰ろうとする「蝸牛」(かぎゅう=カタツムリのこと=)を、また、わたむきホール虹では、若いむこが、心細いので父親に付き添いを頼んでむこ入り(夫が結婚後に妻の実家にあいさつに行く中世の儀式)に出かけ、父親が舅(しゅうと)の家の前で同家の太郎冠者に見つかり家に招かれるが、礼装の袴(はかま)が一つしかないピンチを乗り越える父子を演じた「二人袴」と、自宅に御堂を建てた田舎者が、都に仏像を求めに行き、出会った仏師(詐欺師)に手の形がおかしい仏像を渡され、仏師に手直しを頼むやりとり「仏師」のそれぞれ二題も上演する。
 観賞料金は、各ホール一般二千円、青少年(二十五歳以下)千円。未就学児は入場不可。入場チケットは、両ホールのほか、ローソンチケット(Lコード57944)、KEIBUNで発売中。
[PR]
by azch | 2016-08-20 22:58 | 観光ネットワーク

近江の古墳時代、リオ五輪にちなみ 金、銀、銅の出土品

第54回企画展 近江の古墳時代

滋賀報知新聞

=貴重な出土品を展示紹介 県立安土城考古博物館=
県立安土城考古博物館で開かれている「近江の古墳時代」
e0093407_11535966.jpg

 県立安土城考古博物館の第五十四回企画展「近江の古墳時代」が開かれている。九月二十五日まで。
 県内には四千を超す古墳があるといわれ、その中に東海道新幹線や北陸自動車道の建設工事に伴う発掘調査で大きな成果をあげた古墳群がある。
 今回の企画展では、県内各地域の代表的な古墳を取り上げて紹介するとともに、未公開資料や展示の機会が少なかった遺品にスポットをあて、湖南、湖東、湖北、湖西の四地域に分けて解説している。
 湖南の古墳では、出土品が重要文化財に指定された中期古墳の「新開1号墳」(栗東市)、五十人から六十人が乗船可能な外洋船を表現した船形埴輪(はにわ)が出土した「新開4号墳」(同)を紹介している。
 湖東の古墳では、近江八幡市で見つかった五基からなる「竜石山古墳群」を紹介。古墳からは三段の平石が階段状に積まれた特異な構造を持つ石室が見つかり、その特徴が韓国の慶尚北道の古墳と類似する古墳群として文化財価値が高い。
 湖北の古墳では、長浜市の「黒田長山4号古墳」を取り上げている。この古墳は、南北に並列する木棺を納めた埋蔵施設が検出され、鉄剣や鉄刀、鉄のやじりなどの武器類が大量に発見された。
 湖西の古墳では、高島市の「北牧野古墳群」を紹介。2号古墳より銀製の耳環、ガラス玉、須恵器などの副葬品が未盗掘のまま発見された貴重な古墳で、発見当時、奥壁に県内二例目となる「金銅製単龍環頭大刀」が立てかけられていた。
 関連行事として二十四日と九月七日に博物館講座が開かれる。定員百四十人。参加料二百円。申し込みは当日会場で受け付け。
 時間はいずれも午後一時半から午後三時まで。内容は次の通り。
 【24日】湖東の古墳《講師》才本佳孝氏(近江八幡市)【9月7日】湖南の古墳《講師》花田勝広氏(野洲市教委)
 また、糸績みと機織りの体験ワークショップが、二十日、二十七日の午前十時から正午までと午後一時から午後三時まで開かれる。参加無料。事前申し込み不要。
 企画展の入場料は、大人五百円、高大生三百円。障がい者および県内在住の六十五才以上の高齢者は無料(証明書必要)。開館時間午前九時から午後五時まで(入館は午後四時半まで)。月曜日休館(八月は二十九日のみ休館)。問い合わせは、同博物館(TEL46―2424)へ。


リオ五輪にちなみ 金、銀、銅の出土品

=輝く文化財を特別陳列=
展示されている大判、小判の金貨
e0093407_11553156.jpg

 県立安土城考古博物館は、リオ五輪の開催にちなみ特別陳列「遺跡のなかの金・銀・銅」を開いている。九月二十五日まで。
 展示の金は、大正四年に安土町下豊浦の畑地から出土した織田信長時代の金貨と考えられている「判金」二点をはじめ、金に近い色をした戦国時代の真鍮(しんちゅう)製の「毛抜き」(湖南市夏見城遺跡出土)一点、銀は、和同開珎(わどうかいちん)以前に製作されたと考えられる無文銀銭二点(守山市赤野井湾遺跡、甲良町尼子西遺跡出土)、銅は平安時代に鋳造された銅印(近江八幡市大手前・御所内遺跡出土)一点など。
 このうち、判金の大判(長さ七・三センチ、幅三センチ、重さ三二・五グラム)は、金含有率が八二・五%、小判(長さ六・一センチ、幅二・五センチ、重さ一五・七グラム)の金含有率は九〇・四%と高い純度を誇っている。
 入館料大人五百円、高大生三百円、小学生および障がい者、県内在住の満六十五歳以上の高齢者は無料。問い合わせは、同博物館(TEL46―2424)へ。
[PR]
by azch | 2016-08-16 22:46 | 観光ネットワーク

近江八幡市環境エネルギーセンター

懸案のごみ焼却場 1日から稼働

滋賀報知新聞

=関係者120人が出席して竣工式 特別目的会社が約20年間運営管理=
1日から本格稼働した近江八幡市環境エネルギーセンター
e0093407_11355690.jpg

 近江八幡市が同市竹町で建設を進めていた一般廃棄物処理施設「近江八幡市環境エネルギーセンター」の竣工式が先月三十一日行われた。
 平成二十五年十二月から二年半かけて完成した施設(敷地面積約四四・八一四平方メートル)は、一日当たり三十八トンのごみを焼却できるストーカ炉二基と焼却で発生する熱を利用して発電(九八〇キロワット)と温水化する。
 発電で得た電力は、施設の電力として利用するほか、余剰分(年間約十五万キロワットを予想)は売電する。
 温水は「健康ふれあい公園」の温水プール(現在建設中)に供給する。
 併設のリサイクル施設では、不燃ごみと粗大ごみ、空き缶、ペットボトル、古紙などを回収し、再資源化を図るほか、粗大ごみの破壊選別処理を行う。
 焼却能力や周辺環境への影響をみる試験運転が五月初旬から始められており、一日から本格稼働した。
 施設の運営及び維持管理は、同施設のために設立された特別目的会社「近江八幡エコサービス株式会社」が平成四十八年三月末まで行う。
 総工事費六十億七千二百八十四万円。約二十年間の運営委託費は八十四億千六百九十八万円。
 午前九時半から行われた竣工式には、市、工事業者、特別目的会社、地元代表者ら約百二十人が出席し、管理棟前で代表者によるテープカットが行われ、完成を祝った。
[PR]
by azch | 2016-08-03 22:31 | 近江八幡市

ぐるっと滋賀 東おうみスタンプラリー、スマホでスタンプラリー第一弾テーマは「城」

スタンプラリーで楽しさup!!東近江観光振興協議会


=ペア宿泊券や近江牛など100人に魅力満載のパンフレット配布中=
配布しているパンフレットは東近江観光振興協議会ホームページ(http://www.eastomi.or.jp/)からダウンロードもできる
e0093407_11401724.jpg

 東近江地域を訪れる観光客に地域の魅力を発信し、旅行をより楽しいものにしてもらい、「また来たい」と言ってもらえるようにと、東近江観光振興協議会(会長・冨士谷英正近江八幡市長)は今年も、「ぐるっと滋賀 東おうみスタンプラリー」を実施している。
 近江八幡市、東近江市、日野町、竜王町の東近江地域二市二町の観光施設などで配布しているスタンプラリーパンフレットを持って、パンフレットに掲載の観光施設を訪問して、二市二町のスタンプを一つずつ四つ集めてもらう。
 四つ集まったらパンフレットから切り離し、観光案内所や道の駅などに設置している応募箱に投函するか、五十二円切手を貼って郵送すると、抽選でホテルペア宿泊券や近江牛肉などの東近江特産品が百人に当たる。

e0093407_1141458.jpg

2市2町の観光大使やゆるキャラらによる7月23日のスタートキャンペーン――あいとうマーガレットステーションで―― 開催期間は来年一月十五日までで、応募の締め切りは十月十四日と来年一月十五日の二回。各回で抽選を行う。応募は一人一通限り。
 パンフレットは見開きの四つ折りカラーA4判で、七万部を作成。地域の観光施設を市町別に合計八十七か所を紹介するとともに、「近江商人三方よし」「武将たちドラマティック街道」「白州正子の愛した風景」「古社寺や万葉ロマン」「水郷巡り」「自然と癒し」「博物館など」「ホテル」で色分けするとともに、「体験できるところ」「聖徳太子の関係」「応募箱の設置場所」のマークで、それぞれの旅の目的や希望に対応。さらに、観光地図には紹介した施設の番号、電車やバス・タクシーの連絡先が一目でわかるようにまとめられている。
 問い合わせは、東近江観光振興協議会(TEL0748―22―7621)へ。




スマホでスタンプラリー第一弾テーマは「城」


=JRで行く滋賀歩き=
「ビワイチApp」の画面

 スマートフォンアプリ「ビワイチApp(アプリ)」を使ったスタンプラリー第一弾を、びわこビジターズビューローが九月三十日
e0093407_11424087.jpg
まで実施している。
 第一弾のテーマは城めぐりで、スタンプポイントは、安土城などの城址や城郭、最寄りのJR駅の県内十八か所。このうち、三か所の城、五か所のJR駅のスタンプを集めると、各地域の特産品(交換場所によって異なる)とJR西日本クリアファイルがもらえる。
 全スタンプのポイントを集めると、近江牛レトルトカレー三種セットがもらえる。さらに抽選で、▽琵琶湖ホテル一泊二日ペア宿泊券(一人)▽ミシガンクルーズペア乗船券(二人)▽イコちゃんティッシュケースボックス(五人)が抽選で当たる。


スタンプポイントの1つである彦根城 なお、十八か所のスタンプポイントは、彦根駅、彦根城、長浜駅、長浜城、貴生川駅、甲南駅、水口城、安土駅、近江八幡駅、安土城、近江高島駅、新旭駅、大溝城、守山駅、浮気城、膳所駅、大津駅、膳所城。
 賞品交換所と交換賞品は、▽彦根市観光案内所(彦根市古沢町、JR彦根駅構内)=ひこにゃんトートバッグ▽白雲館(近江八幡市為心町)=からし酢みそ付丁字麩▽大津駅観光案内所(大津市春日町)=おおつ光ルくんマスコットチェーン▽たかしま・まるごと百貨店(高島市新旭町旭一丁目)=近江牛・牛すじカレー▽甲賀市観光協会(甲賀市甲南町野田)=頓宮ほうじ茶▽守山市駅前総合案内所(守山市梅田町)=フォーチュンチュイールもりやまラムネ▽長浜駅観光案内所(長浜市北船町)=黒壁小町。


東近江歴史探訪の旅シリーズ 近江湖東の王墓を巡る


=東近江市観光協会 7月と9月=

 一般社団法人東近江市観光協会は、東近江地域に点在する古墳を訪ねるツアー「東近江歴史探訪の旅 近江湖東の王墓を巡る」を、七月二十三日と九月三日に開催する。
 今回のツアーでは、発掘調査が行われている古墳時代前期から後期の代表的古墳を元東近江市史編纂室長の山本一博氏の解説で巡る。
 その規模や構造、副葬品、築造年代などが明らかになっていることから、近江湖東地域の変遷をより詳細に知ることができ、全国に共通する内容から、日本史レベルの古墳の変遷が通観できる。
 さらに、古墳の中でも数少ない陵墓を訪ねるほか、対象の多くが保存整備されているため、見学しやすくなっている。
 コースは順に、JR安土駅(九時五十分)・安土城考古博物館・瓢箪山古墳(国史跡)・市辺押磐皇子陵墓(宮内庁所管)・木村古墳群(県史跡)・乙畔にて昼食・八幡社古墳群(県史跡)・雪野山古墳(国史跡)・千僧供古墳群(県史跡)・JR近江八幡駅。
 募集人員は先着三十人。参加費六千八百円。申し込みと問い合わせは、一般社団法人東近江市観光協会(0748―48―2100)まで。
[PR]
by azch | 2016-08-01 23:37 | 観光ネットワーク
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31