安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

近江八幡警察署 新庁舎完成

近江八幡警察署 新庁舎完成


=県内2番目の規模 2月1日から業務開始=
完成した近江八幡警察署新庁舎
e0093407_20154426.jpg

 近江八幡市土田町で建設が進められていた近江八幡警察署の新庁舎が完成し、二十七日落成式が行われた。
 現庁舎の老朽化により建物の傷みが目立ち、多様化する業務に伴い狭あい化の改善が求められていたため、現在より約四百メートル西方の新天地に移転。平成二十六年十月から建築費約十四億円(総工事費約十八億円)をかけて建設工事が進められていた。
 完成した新庁舎は、鉄筋コンクリート造り地上五階建て(建築面積八三四平方メートル)で、一階に交通、会計、警務、地域の四課と各種受付カウンター、二階に生活安全課、刑事課、被害者対策室、三階に留置施設、刑事対策室、四階に証拠品等管理センター、五階に大会議室、道場、事件対策室などが設けられている。建物は大津署に次ぐ県内二番目の規模。

4階に設置された県警初の「証拠品等管理センター」 証拠品等管理センターは、未解決事件など長期保管が必要な証拠物件を一括して保存管理する県警初の施設で、県内各署のほぼ中心地にあることから設置した。現有する各署合わせて約一万点の証拠物品のうち半数を集めて県警本部が管理する。
 外観は、庁舎正面にカーテンウォールを左右対象に配し、採光を考慮した設計を取り入れている。内部には、一階にオストメイト対応の多目的トイレ、ベビーチェアを設置した男子トイレ、ベビーベッド付きの授乳室も設置するなど、福祉面にも配慮した。また、女性職員が働きやすい仮眠室やトイレなど環境を整備した。
 屋上には、約四〇キロワットの太陽光発電パネル、庁舎の全電力を七十二時間供給できる自家発電装置が設置されている。玄関前には五十二台収容の来庁者用駐車場を設けた。二月一日から新庁舎で業務を始める。
[PR]
by azch | 2016-01-30 22:14 | まちづくり研究会

移住者を募集している沖島

沖島に移住しませんか 空き家入居者募集

滋賀報知新聞

=家賃月額15、154円、1年以上の入居=
近江八幡市が移住者を募集している沖島町
e0093407_20135849.jpg

 近江八幡市は、沖島定住促進用住宅の入居者を募集している。
 沖島の活性化に向けた取り組みで、市が島の空き家一戸(昭和五十一年建築)を借り受けてリフォームし、入居希望者に貸し出すもので、沖島港に近い住宅地のほぼ中央部(沖島町319―2)にある。
 住宅は、木造瓦葺き二階建てで延べ床面積120平方メートル。一階に玄関土間、和室四室、二階に三間続きの和室三室がある。電気、ガス(プロパン)、市の水道、公共下水道が使える。交通の便は、対岸の堀切港から町営定期船で乗船十分、沖島港から徒歩三分。家賃は月額1万5,154円(光熱費は別途必要)で市に支払う。また入居時に家賃十二か月分の保証金が必要。
 入居申込みは、沖島に一年以上居住する意志を持ち、びわ湖の漁業に従事する意欲のある人(漁業に就くことは絶対条件ではない)。入居後は、同町離島振興推進協議会及び自治会員の一員として活動し、島内行事に積極的に参加して地域に馴染めることや、税金の滞納がなく、同居人も含め暴力団員でないことが条件。
 独身者でも申し込みできるが、中学生以下の子どもがいる世帯、または夫婦いずれかの年齢が概ね五十歳以下の世帯が望ましい、としている。入居は三月中旬を予定。
 入居申し込み後、書類審査をパスした人を対象に三月九日午前九時から市役所で面接による選考を行う。現場の見学を希望する人には、公開日を通知する。応募の締切二月二十六日。問い合わせと入居申し込みは、市政策推進課(TEL0748―36―5527)へ。
[PR]
by azch | 2016-01-29 22:12 | まちづくり研究会

第2回びわ湖トライアスロン

第2回びわ湖トライアスロン6月19日宮ヶ浜


=招待選手に宇田選手(甲賀市)=
大会成功を目指す実行委員会メンバーと招待選手の宇田選手(左)
e0093407_20114342.jpg

 「第二回びわ湖トライアスロンin近江八幡」が六月十九日、近江八幡市宮ヶ浜を主会場に開かれる。
 「JTU2016トライアスロン エイジグループランキング対象大会」、「第七十一回国体滋賀県代表選手選考会」、「近畿ブロック選手権」を兼ねた公益社団法人日本トライアスロン連合(JTU)公認レースで、出場選手の申込みを受け付けている。
 二〇二四年滋賀国体で同競技会場の誘致を目指す実行委員会(はちまん青年経営者会、県トライアスロン協会、株式会社まっせなどで構成)が主催する。
 競技内容は、スタンダードタイプ五一・五キロ(スイム一・五キロ、バイク四〇キロ、ラン一○キロ)とスーパースプリント一二・八七五キロ(スイム三七五メートル、バイク一〇キロ、ラン二・五キロ)の二種目で、一般対象のスタンダードタイプにはエイジ(一八歳以上四〇〇人)、リレー(二〇チーム)と障害者のパラ(二〇人)の三部門を設ける。競技は午前八時から午後一時まで。
 距離が短いスーパースプリントでは、中・高校生対象で障害者も含むジュニア・パラジュニア(四〇人)とリレー(十五チーム)の二部門を設ける。
 スタンダードタイプのコースは、宮ヶ浜前のびわ湖を三角形に二周回のスイム、大中干拓地を四周回するバイク、琵琶湖岸道路を四周回するランを設け、タイムを競う。
 今年の大会には、第一回大会レースに初参加し、パラの部で二位に入賞した甲賀市信楽町の会社員、宇田秀生(ひでき)選手を招待選手に迎え、大会を盛り上げる。また、バイクのコースにある能登川水車とカヌーランドにレースの観覧場所を設ける。
 出場申込みの締切りは、三月三十一日(ただし、定員に達した時点で締め切る)。
 参加資格、参加費等、詳しくは実行委員会(TEL0748―47―2045)へ。
[PR]
by azch | 2016-01-27 22:09 | ウォーク&ハイク

「修羅曳き」の陶人形作品

左義長まつりの起源 修羅曳き 再現


滋賀報知新聞

=陶芸家・西村さんが制作=
旧伴家住宅で展示されている「修羅曳き」の陶人形作品と西村さん
e0093407_20881.jpg

 近江八幡市新町の旧伴家住宅に左義長まつりの起源を伝える「修羅曳き」の陶人形作品(横幅約一八〇センチ奥行き約五〇センチ)が展示された。
 同まつりの山車の渡御は、安土城築城の巨大な「蛇石」が安土山に運び上げられる際に用いられた修羅(石を乗せて運ぶ木製のそり)曳きが起源と言い伝えられており、その歴史を後世に伝えようと、自らも幼い時からまつりに参加してきた同市永原町中の陶芸家、西村眞一さん(79)が制作し、市観光物産協会に寄贈。近づく同まつりを前に展示された。
 作品は、「高さ三メートル、重さ一一二トンの巨石を人足一万人が修羅で曳いた」と言われる織田信長の伝記「信長公記」の記述をもとに、大勢の人々が修羅曳きしているようすを想像してジオラマ風に再現したもので、綱を曳く人や蛇石の上で指揮をとる信長や羽柴秀吉、森蘭丸ら合わせて六十三体の陶人形が、躍動感あふれる姿に作られている。
 人形は信楽の土、蛇石には竜王町の鏡山の土が使われ、金、銀も含めた約十種類の釉薬を使って、艶やかに色付けされ、歴史に残る築城の大事業と同まつりとのいわれを伝えている。
 西村さんは「昨年の左義長まつりが終わってから制作をはじめ、約一か月で作りあげた。この人形を見て、左義長まつりの起源を知ってもらえたらうれしい」と話している。
[PR]
by azch | 2016-01-24 22:06 | まちづくり研究会

老蘇ふるさと絵屏風かるた

老蘇ふるさと絵屏風かるた


=昔の生活文化を伝承 老蘇学区まち協がつくる=
出来上がった「老蘇ふるさと絵屏風かるた」でかるた取りを楽しむ参加者
e0093407_21198.jpg

 近江八幡市の老蘇学区まちづくり協議会が製作を進めていた「老蘇ふるさと絵屏風かるた」が完成し、お披露目を兼ねた「新春かるた大会」が十六日、老蘇コミュニティセンターで開かれた。
 かるたは、平成二十六年秋に出来上がった「老蘇ふるさと絵屏風」をもとに昭和三十年代の地域の暮らしや自然を思い起こし、五七五調の読み札に仕上げたもので「(い)稲刈りは 家族総出の 大仕事」や「(は)花嫁を村人みなで お出迎え」、「(ほ)豊作を 願い頑張る 牛と人」など、昔の生活が偲ばれる句や「(へ)平和な今 戦争のこと 忘れまい」などがある。
 絵札は(A4サイズ・四十四枚)、絵屏風に描かれている当時のようすを再現し、読み札には解説を添え、現代の子どもたちに地域の歴史文化を伝えている。
 午前十時半から始まったかるた大会には、幼児や小学生など約四十人が参加。大人も加わった乳幼児、小学低・高学年のグループに分かれ、かるた取りを楽しんだ。
 かるたは、老蘇小学校に寄贈されたほか、地域の文化祭やイベントで活用していくことにしている。
[PR]
by azch | 2016-01-20 22:59 | まちづくり研究会

図書館のあり方市民フォーラム

図書館のあり方市民フォーラム

滋賀報知新聞

=懇話会が中間報告=
ひまわり館で開かれた図書館のあり方市民フォーラム
e0093407_20591125.jpg

 近江八幡市の「図書館のあり方市民フォーラム」が十一日、同市総合福祉センターひまわり館で開かれた。
 市が進めている新庁舎の建設計画の中に図書館を併設する構想が浮かび上がっていることを受けて、既存の近江八幡、安土図書館を含めた市立図書館の役割の見直しと課題への取り組み、新しい利用者ニーズへの対応を検討する場として昨年七月に「近江八幡市における図書館のあり方懇話会」(会長・長澤悟東洋大学名誉教授、委員六人)が設置され、これまでに五回の会合が開かれた。
 フォーラムは、これまでの同懇話会の議論をまとめた中間報告を市民に示すもので、長澤会長が集まった市民約二五〇人を前に説明した。
 まとめられた報告書には、▽新刊書購入のための資料費が不足している▽正規職員(司書)の人材確保▽現存の図書館施設の計画的な修繕▽障がいのある人へのサービスの向上▽飲食スペースの確保▽高齢者や低年齢者が利用しやすいよう公共交通の利便性、など図書館サービスの充実に向け、二図書館が抱える課題や問題を議論。構想にあがっている新市庁舎および商業施設を核とした新しい官庁街に新図書館を設置することは「にぎわいをもたらす有効な選択肢の一つ」と提言している。
 市が目指す図書館は、(1)頼りになる(2)気軽に立ち寄れる(3)自分の居場所が選べる(4)人の繋がりが広がる、の四つの要素を備えた「広場のような図書館を目標とする」とし、目標の実現には、コミュニティセンターや学校図書館など全市的な図書館サービスの体制整備をした上で、新図書館に中央館の役割を持たせ、現存の二館に分館機能を整えることもできるとしている。
 また、新図書館には、▽電子書籍の配信システムやタブレット端末の貸出▽カフェ▽全ての雑誌を揃える▽青少年向けの学習室▽シニアのためのプレミアムボランティア室▽外国人ラウンジ、などの設置や機能を提案している。
 意見交換の場では、参加市民から「新館をつくるより、既存の二館をもっと充実してほしい」、「いくらいい本があっても、司書がいなければ、その本は子どもに届かない、子どもがもっと本に親しめるように考えてほしい」、「新館が出来ると、現在の二館の機能が低下するのではないか、ハード面ばかりでなくソフト面にも力をいれてほしい」などの要望が出された。
 二月に最終の懇話会が開かれ、報告書がまとめられる。
[PR]
by azch | 2016-01-17 22:58 | まちづくり研究会

沙沙貴神社の蝋梅、鏡割りのルーツ「具足開き」かわらミュージアムで企画展

暖冬で開花早まる

滋賀報知新聞
 
=沙沙貴神社の蝋梅=
e0093407_20562859.jpg

 近江八幡市安土町常楽寺の沙沙貴神社境内の「蝋梅(ろうばい)」が開花し、境内に甘い香りを振りまいている。
 同神社には20本の成木があり、早くも満開の木々も見られる。
 岳眞杜宮司は「毎年、年明けを迎えて咲き出すが、今期は多くの木々が例年より20日前後早く開花が始まった。これも暖冬の影響でしょう」と話している。ロウ細工のようにも見える淡い黄色の花を数多く咲かせ、参拝に訪れる人々の目を楽しませている。



書と鎧兜 正月文化を紹介


=鏡割りのルーツ「具足開き」かわらミュージアムで企画展=
織田信長など戦国武将8人の甲冑が並ぶ展示
e0093407_20543318.jpg

 八幡堀の堀端にある「かわらミュージアム」(近江八幡市多賀町)で、「新春を飾る 大西美弥子書展~雪月風花~と鎧兜(よろいかぶと)展」が開かれている。三十一日まで。
 「書き初め」と鎧兜の「具足(ぐそく)開き」の正月文化を紹介するもので、書き初めは、同市出町の書家・大西美弥子さんの作品で大胆な筆運びが特徴の「雪月風花」の大作四点と小品七点が並んでいる。
e0093407_20571656.jpg

 鎧兜は、同市大房町の西川秀夫さんが所蔵している甲冑(かっちゅう)作家の伝統工芸品を展示しているもので、同市にゆかりの深い豊臣秀次や織田信長をはじめ、武田信玄、明智光秀、森成利(蘭丸)、徳川家康、母里太兵衛(友信)、山県昌景の戦国武将八人の甲冑作品とそれぞれの特徴の解説文が掲示されている。

大西美弥子さんの書の作品 「具足開き」は、戦国時代、正月が明けると甲冑の前に供えた餅を木槌などで叩き割り、家臣らに分け与えて主従固めを行い、その年の仕事始めの行事としたとされるしきたりで、現代に伝わる「鏡割り」のルーツと言われている。
 書き初めや鏡割りの由来を通して年始行事の歴史や文化にふれる正月に合わせた展示となっている。開館時間午前九時~午後五時(入館は午後四時まで)。月曜と祝日の翌日は休館。入館料大人三〇〇円、小中学生二〇〇円。問い合わせは、同ミュージアム(TEL33―8567)へ。
[PR]
by azch | 2016-01-12 22:51 | 観光ネットワーク

環境エネルギーセンター(ごみ焼却施設)に隣接する「健康ふれあい公園」

ごみ焼却熱を利活用 温水プールと火力発電の仕組み

滋賀報知新聞

=近江八幡市環境エネルギーセンター=
建設に着工されたプール棟(右側の建物)と引き続き建設が予定されている屋根付き多目的広場
e0093407_20503119.jpg

 近江八幡市は、同市竹町で建設工事を進めている環境エネルギーセンター(ごみ焼却施設)に隣接する「健康ふれあい公園」の予定地で温水プールの建設を進めている。
 ごみ焼却時の熱で温水をつくり、年間を通して使用できるプールとして活用する仕組みが取り入れられており、市はこのごみ焼却施設を公募により「近江八幡市環境エネルギーセンター」と名付けている。
 焼却で生み出される熱は、温水プールだけでなく発電にも使い、施設の電力を賄い、余る電力は売電するなど、熱エネルギーを二次利用する。
 では、熱エネルギーをどのようにして温水プールに利用するのか。
e0093407_20505620.jpg


ごみ処理場の燃焼と熱エネルギーの利用システム図 設置される焼却炉には、二基のボイラーが備えられ、ごみの焼却量に応じて交互または二基同時運転が行われる。焼却で生まれる熱をボイラー内に敷設した金属パイプに水を通して蒸気をつくり、タービンを駆動させて発電(発電出力九八〇kW/h)し、うち施設の電力として使っても余る年間一五〇万kWの電力を売電する計画を進めている。
 また、発電に利用した後の蒸気で生まれる温水(55度以上)は、温水プール棟につながったパイプ(延長約二百メートル)を経由して熱交換器に送られ、年間を通してプールの水温を三十度前後に保ち、焼却休止時には、予備のヒーターで沸かし、水温を保つ。
 建設されるプール棟は、鉄骨造り(一部鉄筋コンクリート造り)地下一階、地上二階建て規模で、室内に二十五メートル六コースと子ども用のプール、リラクゼーションプール、トレーニングルーム、軽運動室、体験学習施設、事務室などが設けられる。完成は平成二十九年四月末、同年五月オープンの予定。
 市では、続いて屋根付き多目的広場とグラウンドゴルフ場、児童遊戯場、人工芝のサッカーグラウンドの建設を計画している。
[PR]
by azch | 2016-01-06 22:49 | まちづくり研究会

沖島町離島振興推進協議会

元気になる沖島に来て!島民あげての知恵と工夫
滋賀報知新聞

=全国に島のよさ発信=
約140世帯が暮らす沖島の家並みと沖島
e0093407_20465514.jpg

 若い人の島離れが進み、少子高齢化に拍車がかかっていた沖島に活気が戻っている。
 平成二十五年七月、国の離島振興対策実施地域の追加指定を受けたのを機に、自治会、漁業組合、女性会、老人クラブでつくる「沖島町離島振興推進協議会」が結成され、それぞれの団体が得意とする分野でイベントの開催や特産品の販売など、島の活性化に乗り出した。
 沖島ファンクラブ「もんて」もその一つ。「もんて」は滋賀県の方言で「帰る」という意味。島に伝わる伝統や食文化、四季折々の自然の風景など、島のよさを広く知ってもらい、島に来てもらうことが目的。
 現在、遠くは東京や広島など、県内外からの会員数が一五〇人を超えている。
 昨年十一月には、初めてのファンクラブイベントが開かれ、三十五人が参加。ぶらり案内人が案内する島内の散策や、湖魚の加工品と地元野菜で作られた女性会の手作り弁当「沖島めし」に好評を得た。
e0093407_20471891.jpg

 昨年末に発売した島でとれた新鮮野菜や湖魚の加工食品など、特産品を詰め合わせた「冬のもんてくーる」が完売するなど、島への人気も高まってきている。また、漁船による遊覧船の運航(四月一日から十月末)にも力を入れている。
 来島を待つだけでなく、積極的なPRにも取り組み、東京で開かれている全国の島々が集まる祭典「アイランダー」にも参加。二百近くの島が集まる中で、湖の有人島は沖島だけという特異性をアピール。ブースでは東京でも知名度が高い鮒ずしに人気が集まった。
 島では、空き家を利活用する検討や港の桟橋の改修などを追い風に島民自らが島の未来を切り開く取り組みが本格化している。
[PR]
by azch | 2016-01-05 22:44 | まちづくり研究会
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31