安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「そう見寺の寺宝」展、連続入門講座「博物館に行ってみよう」

信長の命日にちなみ「そう見寺の寺宝」展

滋賀報知新聞

=最古の安土城古地図など10点 県立安土城考古博物館=
県立安土城考古博物館で開かれている「そう見寺の寺宝」展
e0093407_20163218.jpg

 「本能寺の変」で倒れた織田信長の命日(六月二日)にちなんだ「そう見寺(そうけんじ)の寺宝」展が県立安土城考古博物館で開かれている。七月二十九日まで。
 そう見寺は、信長が安土城築城の時に城内に建立した寺で、信長亡き後の江戸時代に信長および織田家の菩提寺となり、現在も安土城跡内に残っている。
 安土城に最も近かった寺院ということで、信長や織田家に関わる貴重な文化財資料が伝えられ、その一部が同館に寄託され、保存管理されている。
 今回の展示では、そうした同寺に伝わる貴重な文化財を公開展示するもので、信長について新たな発見をしてもらおうと企画した。
 会場には、安土城が描かれた最も古い(一六八七年時)絵図とされる「近江国蒲生郡安土古城図」(縦一三五センチ横一一五センチ)や信長が浅井長政の離反により越前から逃げ帰る際に、道案内をした朽木家家臣に与えられたと伝えられるシカ革の「袴(はかま)」、陣羽織、信長の肖像画など十点を並べている。
 関連行事として六月十三日午後一時半から博物館講座が開かれる。松下浩・県教委副主幹の講演「織田信長の虚像と実像」に耳を傾ける。
 入館料は、大人四五〇円(七月十八日以降は五〇〇円)、高大生三〇〇円。開館時間は午前九時から午後五時(入館時間は午後四時半まで)。問い合わせは同博物館(TEL0748―46―2424)へ。月曜休館。



やさしく、分かりやすく


=安土城考古博物館「連続入門講座」=

 県立安土城考古博物館は、六月六日から開講する連続入門講座「博物館に行ってみよう」の参加者を募っている。

銅鐸、古文書、仏像をテーマにその見方、楽しみ方を解説

 博物館の展示は、「専門的な知識がないと十分な理解が難しい」や「何となく敷居が高い」など、親しみやすさを求める一般からの声に応え、地域の文化財に実際にふれながら、分かりやすく歴史を学ぶ講座を今年度の新しい試みとして開講する。講師は、同館の学芸員が務める。
 講座は、七月四日までの三回で、第一回(六月六日)は「入門!博物館 銅鐸(どうたく)の謎を見る」をテーマに、県内でも数多く出土し、最近では淡路島での発見でも話題になっている銅鐸を取り上げ、銅鐸とは何か、どんな使用目的で作られたのか、時代背景などを解説する。
 第二回(六月二十日)は「古文書の見方・楽しみ方」をテーマに、独特な執筆で草書の漢字が多用され、読み慣れていないことから取っつきにくい印象が強い古文書について、見どころを解説する。
 記述されている内容が読みとれなくても、当時の文書の書き表し方、使われている紙など、古文書を知る楽しみや歴史的価値を同館所蔵の信長文書を例に説明する。
 第三回(七月四日)は「仏像はここを見ろ」をテーマに、美術工芸としての価値、信仰の象徴、由来など、仏像の見方や今に伝える歴史を学ぶ。滋賀県は、全国でも考古学的な価値の高い仏像が多く残され「仏教文化の聖地」とも呼ばれている。国宝や重要文化財に指定された価値の高い作品から、地域で大切に継承されている仏像までを取り上げ、その魅力を分かりやすく説く。
 開催時間は各回午後一時半から午後三時。各回定員五十人。受講料千円(三回連続)。受講申込みと問い合わせは、同博物館(TEL0748―46―2424)へ。
[PR]
by azch | 2015-05-30 23:14

ホンモロコの放流体験会、「なんじゃもんじゃ」の花

水田からびわ湖へ
滋賀報知新聞

=ホンモロコ放流=

 西の湖に近い近江八幡市安土町常楽寺地先の水田で16日、ホンモロコの放流体験会が開かれた。
 水田を利用して西の湖とその水域にホンモロコを回復さす県の試みで、親子連れなど約40人がふ化したばかりの稚魚(体長約5mm)約1万匹を放した。
e0093407_2095746.jpg

 県の試験放流では、水田のプランクトンなどを餌に1か月後には、体長2.5cm前後に成長。夏期の中干しで水田の水を抜く時に一緒に川に流れ、放流量(1反3万匹)の約3割が、びわ湖につながる自然環境の中で成魚になるという。
 西の湖周辺での取り組みは3年目を迎え、ホンモロコ増加の効果が出ている。



雪が積もったように見える?

=「なんじゃもんじゃ」満開=
e0093407_20111695.jpg

 近江八幡市安土町常楽寺の沙沙貴神社境内に植えられている樹木「なんじゃもんじゃ」の花が満開を迎え、見事な開花を見に訪れる人々で賑わっている。
 なんじゃもんじゃはモクセイ科の高木で、本当の名前は「ヒトツバタゴ」。なんじゃもんじゃの名前の由来には諸説がある。
 岳眞杜宮司が25年前、友人から譲り受けた苗木を神社の森や境内に植え、大きく育てた。現在、9本の成木がある。
 細い無数の白い花々が咲き誇り、新緑の樹木に雪が積もったようにも見える。見頃は今週末ごろまで
[PR]
by azch | 2015-05-22 23:07 | 観光ネットワーク

権座の水田で手作業の田植え

西の湖の島 権座で田植え

=昔ながらの農法体験 機械使わず無農薬栽培=
権座の水田で手作業の田植えを体験する参加者
e0093407_2044799.jpg

 「権座」と呼ばれる西の湖に残る島に造られた水田で十七日、市内外の親子連れが参加した田植えが行われた。
 農地を管理する近江八幡市の白王町集落営農組合が昔ながらの米作りを通して、農作業や農村のよさ、西の湖の自然景観を守る大切さなどを知ってもらおうと毎年、希望者を募って行っている。
 八年目のことしは約四十人が集まり、小型船で権座に上陸したあと、特別に準備された約三アールの水田に入り、コシヒカリを手植えした。
 子どもたちは、ソロリ、ソロリと水田に踏み入れ、足に土の感触をとらえながら、同組合員から手渡された苗を丁寧に植え込んでいった。
 田植えの終わった水田は、同組合で秋の収穫まで無農薬で栽培管理し、秋には田植えを体験した人々に参加を呼びかけて稲刈りを行う。刈り取り後は、はさ掛け、天日干しなど、昔ながらの農法で田園風景を再現する。また水田に魚道を設けて、びわ湖からの在来魚のそ上と繁殖が出来る自然環境づくりにも取り組む。
 この取り組みは、百年後の子どもたちに日本各地域の文化・自然遺産を伝える日本ユネスコ協会連盟の「プロジェクト未来遺産」に認定されている。
[PR]
by azch | 2015-05-21 23:02 | 西の湖環境保全

近江八幡市環境エネルギーセンター

ごみ処理場と都市公園 新施設の名称決定



=近江八幡市が公募=
 近江八幡市が同市竹町で建設を進めている新一般廃棄物処理施設(ごみ処理場・来年八月稼働)の名称が「近江八幡市環境エネルギーセンター」に、隣接して建設される運動施設を含む都市公園を「健康ふれあい公園」にそれぞれ決まった。
 市が、今年二月二日から一か月間、一般公募していたもので、新一般廃棄物処理施設には七一五件、都市公園には八〇九件の応募があった。
 名称選考委員会が開かれ、「近江八幡市環境エネルギーセンター」は会社員(市内事業所勤務)、澤田伸一さん(41)、「健康ふれあい公園」は、辻義大さん(安土小六年)の作品が、それぞれ最優秀に選ばれ、両施設の名称が決まった。

竹町で建設中の新一般廃棄物処理施設建物
e0093407_20234.jpg

 「近江八幡市環境エネルギーセンター」は、ごみ焼却で生まれる熱で発電と都市公園施設への熱供給が行われるなど、ごみから新たなエネルギーが生み出される環境に配慮した施設であることをイメージしている。
 また、「健康ふれあい公園」は、子どもから高齢者まで幅広い年代層の市民が、公園を利用することで健康になり、ふれあって楽しめるという願いが込められている。
 市役所で十三日、表彰式が行われ、冨士谷英正市長から二人に賞状が贈られた。
 都市公園には、温水プール、フィットネススタジオ、サッカー場、グラウンドゴルフ場、屋根付き多目的広場などが建設される。
[PR]
by azch | 2015-05-15 22:59 | まちづくり研究会

朝鮮通信使ウォーク

歴史が残る近江八幡市で出発式


=朝鮮通信使ウォーク ソウル→東京の途中=
市役所での出発式のあと、のぼりを手に歩く参加者ら
e0093407_1959171.jpg

 江戸時代、朝鮮通信使が往来した道を踏破する「朝鮮通信使ウォーク」の参加者が四日、近江八幡市に立ち寄り、市役所で出発式を行った。
 同ウォークは、韓国ソウルから東京まで朝鮮通信使の道約二千キロを歩いて旅するイベントで、21世紀の朝鮮通信使友情ウォークの会が、二〇〇七年の朝鮮通信使来日四百年を記念して開催。以後、二年ごとに韓国と日本から参加者を募って実施している。
 第五回の今回は四月一日、ソウル市の景福宮(朝鮮王朝の王宮)を出発。海路を含め五十二日かけてたどり、五月二十二日に東京日比谷公園到着をめざしている。
 近江八幡市への立ち寄りは、その途中で、旧市街地には朝鮮人街道跡や朝鮮通信使が昼食で長旅の疲れを癒したという本願寺八幡別院があるなど、歴史的な関わりが深いことから市が一行を迎え、市役所で出発式を行った。
 午前八時、韓国人十二人を含む参加者三十八人が集合。同ウォーク会長の遠藤靖夫さんが「彦根まで、頑張って歩きましょう」と挨拶し、冨士谷英正市長の激励メッセージが伝えられ、小雨が降る中、一行は朝鮮通信使の歴史をユネスコの世界遺産登録をめざすのぼり旗などを手に出発した。
 ソウルから参加した韓国人のチェ ヨング ウィさん(77)は「大津市の会社で研修を受けたり、東京で働いたりした経験があり、日本に親しみを持っています。両国間にはいろんなことがあるが、こうして協力して歩いているとお互いの友情が一番大事だと思います」と話していた。
[PR]
by azch | 2015-05-10 22:57 | まちづくり研究会

土城考古博物館の春季特別展 戦国合戦のかたち

季特別展「戦国合戦のかたち」
滋賀報知新聞より

=領地紛争から一大決戦にあり様が変遷した合戦=
県立安土城考古博物館で開かれている春季特別展
e0093407_23551424.jpg

 県立安土城考古博物館の春季特別展「戦国合戦のかたち―川中島合戦から大坂の陣まで―」が開かれている。五月三十一日まで。
 江戸時代に描かれた戦国時代の歴史上重要な合戦の屏風絵や武将の書状、出土品などを展示し、戦国大名の戦いとは何だったのか、その目的と変化、それに伴う戦いのあり様、後の時代に及ぼした戦果の影響などを合戦ごとに詳しく解説し、戦国時代を見つめ直す企画展。
 戦国時代は、室町幕府失墜から江戸時代までの間に戦国大名の戦乱が頻発した年代をさす。
 当初は、領土拡大の伴う国境での紛争レベルのもので、勝敗が決まるまで闘うというものは少なく、領地、領民の安定を目的とした合戦が主だったが、天下統一をめざす織田信長の台頭により、領地争いのレベルから覇権、権力闘争に戦いのあり様が変遷。戦いが繰り返されるたびにその様相は色濃くなり、徳川家が豊臣家を倒した「大坂の陣」で戦国時代の幕は閉じる。
 特別展では、川中島(一五五三)、姉川(一五七〇)、長篠(一五七五)、山崎(一五八二)、賎ヶ岳(一五八三)、小牧長久手(一五八四)、関ヶ原(一六〇〇)、大坂の陣(一六一四、一六一五)の八つの合戦を戦いの性質別に「第一章・国の戦い」、「第二章・天下静謐(せいひつ)の戦い」、「第三章・政権の頂点へ」に分類し、それぞれの合戦を重厚な屏風絵や文献とともに解説している。入館料・大人八九〇円、高大生六三〇円、小中生四一〇円、県内在住の六五歳以上四五〇円。月曜日休館。午前九時から午後五時(入館は午後四時半まで)。問い合わせは、同博物館(TEL0748―46―2424)へ。


近江の遺跡・歴史解き明かす県文化財保護協会連続講座

=受講者募集中=
 滋賀県文化財保護協会は、連続講座「文化財もの知り学『新発見・発掘調査が語る近江の遺跡と歴史2015』」を、県立図書館(大津市)で開く。
 この講座は、県内各地で最近実施した発掘調査成果について、担当者が分かりやすく解説し、遺跡から「近江」の歴史を「もの語る」もの。
 各回午後一時半から同三時十五分まで。定員百人(先着順)。五千円(全九回分資料代、初回一括支払い)。申し込みは、電話で氏名、電話番号、住所を滋賀県文化財保護協会(TEL077―548―9780)へ。内容は次の通り。
 ▽五月十二日=「鎌倉時代の大土木工事―長浜市塩津港遺跡の調査―」▽六月九日=「山のてっぺんの弥生集落―竜王町堤ヶ谷遺跡の調査―」▽七月七日=「信長の佐和山城攻め―彦根市松原内湖遺跡の調査―」▽八月十一日=「謎に包まれた寺院跡―近江八幡市安養寺遺跡の調査―」▽九月八日=「中世集落から城館への変貌―甲賀市貴生川遺跡の調査―」▽十月十三日=「日本初!ナゾの鋳型あらわる―高島市上御殿の調査―」▽十一月予定=探訪を企画中。▽一月十二日=「庭園を掘る!!!―県内指定庭園の発掘調査―」▽二月九日=「県内最多級の古代祭祀具が出土―高島市上御殿遺跡の調査―」▽三月八日=「山の城と麓の集落―大津市関津遺跡の調査―」▽三月予定=探訪を企画中。
[PR]
by azch | 2015-05-08 23:54 | 観光ネットワーク

「琵琶湖とその水辺景観―祈りと暮らしの水遺産」が認定

琵琶湖と暮らしが織りなす「水の文化」


=日本遺産に認定される=
近江八幡の水郷めぐり

 地域の文化財や伝承をつないでストーリー化し、観光資源として活用しようとする国の新制度「日本遺産」に、滋賀県と県内六市(大津市、彦根市、近江八幡市、高島市、東近江市、米原市)の提案
e0093407_23531628.jpg
「琵琶湖とその水辺景観―祈りと暮らしの水遺産」が認定された。全国では、この一件を含め二十四府県十八件の認定となった。
 「琵琶湖とその水辺景観」が選ばれたのは、琵琶湖に「水の浄土」を重ねて多くの寺社が建立され、今日も多くの人々を惹(ひ)きつけていることが挙げられている。
 また、暮らしでは、山から水を引いた古式水道や湧き水を使いながら、高島市の川端(かばた)のように水を汚さないルールが守られてきた。さらに湖辺の集落や湖中の沖島では、米と魚を活用した鮒ずしなどの独自の食文化やエリなどの漁法が育まれてきたのも評価された。
 文化庁は初年度に八億円を確保し、三年から五年程度、認定遺産の観光誘客を支援する。
 予算は、人材育成、普及活動、施設整備などの事業に充てる。来年度以降も継続し、最終的に百件程度の認定を目指している。
 一方、県と東近江市など六市は今後、協議会をつくって観光政策の事業計画をつくり、文化庁に申請することになる。
 三日月大造知事は「日本遺産に本県の『琵琶湖とその水辺景観』が選定されたことは、大きな喜びだ。本県では、いにしえより琵琶湖を中心として『水の文化』が人々の暮らしの中に脈々と育まれてきた。今回の認定を契機に、これら貴重な資源を県内市町とともに次世代にしっかりと引き継ぎ、滋賀の魅力を国内外に積極的に発信していきたい」とコメントしている。
[PR]
by azch | 2015-05-07 23:51 | まちづくり研究会
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31