安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ボーダレス・アートミュージアムNO―MA

ボーダレス・アートミュージアムNO―MA

滋賀報知新聞より

=29日から企画展 鳥の目から世界を見る=
29日から始まる企画展「鳥の目から世界を見る」のポスター
e0093407_23502641.jpg

 近江八幡市永原町のボーダレス・アートミュージアムNO―MAの企画展「鳥の目から世界を見る」が二十九日から始まる。八月二日まで。
 同ミュージアムは、昭和初期の町家を改装した和風の落ち着きのある美術館で、障害のある人の作品に限らず、現代アーティストの前衛的な作品、奇抜で挑戦的な試みなど、一般に観る機会が少ない表現作品を展示。様々なジャンルや表現方法を用いた作品を通して障害の有無に関係なく、アーティストとしての創作活動にスポットを当て、心の垣根を乗り越える企画に関心が集まっている。
 今回もその一環の企画展で、人が自らの力では見ることが出来ない空からの光景や地上の姿など、鳥の目から見た世界を絵に表現した作品を展示する。
 出展作家は、香川定之氏(広島県)、白石裕則氏(同)、戸舎清志氏(鳥取県)、山口晃氏(東京都)、山田美智子氏(滋賀県)、吉田初三郎氏(京都府)の六人。
 繊細で全ての建物が繋がり迷路のように見える地図の作品や職場へのバス通勤で見える風景を厳密に記憶して組み合わせた風景画、古今東西の様々な事象や風俗が卓越した画力で描かれた都市鳥瞰(かん)図、独特の鳥瞰図法を用いて表現された異色の作品などが楽しめる。
 初日午後五時からオープニングイベントが開かれる。また、五月九日、六月二十七日、七月二十五日の午後一時半からアートディレクターや学芸員によるギャラリートークが開かれる。
 観覧料一般三〇〇円、高大生二五〇円、中学生以下無料。問い合わせは、同ミュージアム(TEL0748―36―5018)へ。
[PR]
by azch | 2015-04-27 23:48 | 観光ネットワーク

ヴォーリズ建築の「アンドリュース記念館」と「ウォーターハウス記念館」の特別公開

国登録有形文化財 ヴォーリズ建築公開


=旧市街地の記念館2棟 26日~5月6日 近江八幡観光物産協会=
アンドリュース記念館(為心町中)◇近江八幡
 近江八幡観光物産協会は、二十五日から五月六日までの十日間(二十七、二十八日を除く)、旧市街地に保存されているヴォーリズ建築の「アンドリュース記念館」と「ウォーターハウス記念館」の特別公開を行う。ともに国登録有形文化財。
 同市内には、住宅や公共施設など二十棟余りのヴォーリズ建築物が保存、継承されているが、その多くが個人住宅や学校などであることから見学できる建物が限られている。
 このため、出来るだけ多くの人にヴォーリズ建築の魅力にふれてもらおうと、春と秋に同記念館二棟の特別公開を実施している。
 為心町中にあるアンドリュース記念館は、ヴォーリズがキリスト教信者に導いた大学時代の親友、アンドリュース氏の死後、氏を記念して一九〇七年(明治四十年)に建てられたヴォーリズ建築最初の建物で、建設当初は「アンドリュース記念近江八幡基督教青年会館(YMCA)」として使われた。現在の建物は、一九三五年(昭和十年)に隣接地に改修移築された。
e0093407_23472222.jpg


ウォーターハウス記念館(池田町) 一階の記念室は「祈りの部屋」と呼ばれ、ヴォーリズが過ごした書斎と小部屋が当時のまま保存されている。公開は「祈りの部屋」のみ。
 池田町のウォーターハウス記念館は、ヴォーリズ合名会社が一九一三年五月、社宅として建てたアメリカの伝統的な建築様式であるコロニアルスタイルを伝承する三階建て住宅。内部に十一室もの部屋、ビルトインタイプの暖炉が五か所に備えられている。早稲田大学の英語科講師として来日したウォーターハウス氏が一旦帰国後、夫婦で再来幡し、同年十月に入居。帰国するまで約六年間を過ごした。
 建築から百年を迎え、老朽化が目立っていたため全面改修を行い、二〇〇九年一月に建設当時の姿が甦った。アメリカらしい建物外観や洋館街の中でひときわ目を引く外観の美しさなどから見物客が多い。公開は一階「リビングルーム」、「ダイニングルーム」、二階「居室三部屋」。
e0093407_23475279.jpg

 いずれも公開は、午前十時~午後四時まで。入館料は二館セット三百円(一館のみ二百円)。今回は、ヴォーリズ記念館館長らの案内で特別ガイドツアーも行われる。参加費千円(入館料、資料代)。参加申し込みと問い合わせは、同協会(TEL0748―32―7003)へ。
[PR]
by azch | 2015-04-23 23:45 | 観光ネットワーク

近江八幡市の市会議員選挙

近江八幡市議選 定数24に28人立候補

滋賀報知新聞

=安土学区が激戦 金田学区はたった1人=
 任期満了に伴う近江八幡市の市会議員選挙が十九日、告示され、定数二十四に対し二十八人が立候補した。
e0093407_23442069.gif

 現職十七人、新人九人、元職二人で学区別では、多い順に安土七人、八幡五人 桐原五人、老蘇、武佐、北里、岡山各二人、馬淵、金田、島各一人となっている。また所属別では無所属二十三人、共産三人、公明一人、諸派一人。年齢では、最年少三十二歳、最高齢七十六歳となっている。
 今回の選挙では、全有権者数の約二三%を占める大票田の八幡学区(有権者数一四、八六九人)で立候補者六人に対し、同一二%の安土学区(同七、八三九人)で七人、二三%の桐原学区(同一五、一五五人)五人となっており、安土学区が激戦となっている。
 立候補者二十八人のうち安土と老蘇を合わせた旧安土町からは九人になっており、両地区合わせた有権者数(一〇、〇九三人)の約一・五倍の八幡学区では五人となっていることからも激戦ぶりが伺えるが、開票結果は、地区別の投票率に大きく左右される(有権者数は四月十八日現在)。
[PR]
by azch | 2015-04-22 23:42 | まちづくり研究会

日牟禮八幡宮の八幡まつり

きょう、あす 八幡まつり


=今に伝わる歴史文化 賑わう日牟禮八幡宮=
日牟禮八幡宮前を練る大太鼓
e0093407_2243296.jpg

 豊臣秀次が八幡山城を築いたころから伝わる日牟禮八幡宮の八幡まつりが、十四日、十五日の二日間、同宮で行われる。
 雄壮な松明まつりと太鼓まつりが繰り広げられるもので、十四日の松明まつりは、二七五年に近江を行幸した応神天皇が同宮に参詣する際に南津田町の人々がヨシの松明で道案内をしたのが始まりと伝えられる。
 同宮の十二郷(地区)が、ヨシと菜種がらで作ったそれぞれの地区に伝わる大松明を奉納したあと、午後八時から宮前で神火が順番に移され点火、境内に大松明が燃え盛る雄壮な光景が広がる。


神火が点火され雄壮に燃える大松明 中には高さ十メートルにも及ぶ「大松明」や火をつけたまま振りかざす「振松明」、引きずりながら運び込む「引きずり松明」、傾けた状態で火をつけ、火の粉をかぶりながら立ち上げる勇壮な松明など、各地区に伝わる特徴ある様々な松明が製作され、集合するまつりは県内でも珍しい。
 翌十五日の太鼓まつりは、午前十時からの例祭のあと、午後二時半から大太鼓が宿入りしたあと、同四時から渡りが行われ、宮前に参集。打ち鳴らされる大太鼓がまつりを盛り上げる。迫力ある大太鼓の乱打が境内に響き渡り、まつりへの人々の想いが一つになる。
[PR]
by azch | 2015-04-14 22:03 | 安土観光拠点

常の浜さくらまつり花見舟

「常の浜さくらまつり・花見舟」2015

http://blog.goo.ne.jp/azuchirakurakuclub
安土街道 築城日誌 (安土らくらく倶楽部)ブログより引き続き紹介

2015年04月12日 | まちの話題

☆4月12日、日曜日。

☆今年も安土町常楽寺の「常の浜水辺公園」で『常の浜さくらまつり花見舟』が開催されました
☆私もお手伝いしている(地元有志で運営されている)安土楽市楽座の主催です。
☆最初の開催が2009年ですから、今年で6回目という事になりますか・・・。
☆昨年までは、土・日の2日間、開催でしたが、今年は本日1日だけの開催です。
 しかも、2年間続いた賑やかなイベントもありません。
・・・今年は、原点に帰って「しっとり」という事です。

☆↑手こぎ和船は二艘。漕ぎ手は地元のベテランのオジサン達。
e0093407_22264822.jpg

☆今年は桜が、3月末に咲き始めて・・・、本日まで持つのか心配でしたが何とかセーフでした

☆↑エンジン付き船は一艘。こちらの船頭さんの大和さんもベテランです。
e0093407_22271294.jpg


☆恒例のミニ楽市では、お馴染みの「花見うどん」や焼き鳥・みたらし団子等などがスタッフによって販売されました。
e0093407_22281360.jpg

・・・天候次第で「客足」も違いますので・・・仕入れも控えめでしたので・・・早々に売り切れました。買えなかったお客さん申し訳ございませんでした。

☆お約束の「らんまるくん」も登場しましたヨ
・・・こちらも短時間でしたので、お会いできなかった皆さん。ゴメンナサイ
e0093407_22273839.jpg

☆(おそらく)来年も開催されますので、まだ「未体験」の皆様。来てね
[PR]
by azch | 2015-04-12 22:24 | 安土観光拠点

沙沙貴まつり・大松明「祝い込み」

沙沙貴まつり・大松明「祝い込み」


安土街道 築城日誌 (安土らくらく倶楽部)のブログより
http://blog.goo.ne.jp/azuchirakurakuclub
沙沙貴まつりが興味深く紹介されてましたので、そのまま紹介します。
Tさん、許可してくださいね!


2015年04月04日 | まちの話題

☆4月4日、土曜日。沙沙貴まつり・初日「宵宮」のメインは・・・、やはり、常楽寺区が沙沙貴神社に奉納する大松明の神事でしょう

☆↑午前9時、前日までの雨が奇跡的に止んで・・・、大松明出発地点の金刀比羅神社(橋本町)では、満開の桜の下、重野明常楽寺区長・保智伸一代理区長と大松明係「満寿」24名の参列で、沙沙貴神社の岳眞杜宮司により安全祈願の清祓式が行われました。
e0093407_2215457.jpg

☆大松明を沙沙貴神社まで引く役目を司るのは、常楽寺区内、小字8町の22~41歳の男性で駕輿丁と云いますが・・・、私は既に卒業しているのですが・・・、数年前から、その卒業生も(人手不足?の為)手伝いに駆り出されています
・・・つまり、私は、今年、当事者という訳です。
☆大松明の引き出し時間(午後3時)に合わせ、正午過ぎ、集会所に駕輿丁と鳴物(15~21歳)が集まり出立ちの宴が催されました。
☆さて、私が在籍する「橋本町」の駕輿丁さんの中で、つい先日、結婚された青年(荒川君)がおられ・・・、大松明の引き出しまでに「祝い込み」がありました
 実にお目出度い事です(本当に町内で久しぶり・・・のようです。)・・・で集会所から荒川家へ移動します。
☆持ち物は、御幣(先端にギザギザに切られた美濃紙が付けられた青竹)と太鼓・鉦です。

☆目出度いお宅の玄関で、まず、駕輿丁頭領がお祝いの挨拶をし・・・、嫁いで来られたお嫁さんや婿、親戚の方からお酒や料理が振舞われます
☆その後、御礼として、鳴物が「鉦」と「太鼓踊り」を披露しますが・・・、酔っぱらった現役駕輿丁やОB駕輿丁が「そんな敲き方やない」「へたくそ」「ワシに踊らせろ」「俺の華麗な舞をみろ」などと次第に場が盛り上がり?ます。(通りがかりの見物人も楽しそうです。)
e0093407_22162086.jpg

 (※↑上の写真で太鼓を持ってキメているのは、ウシヤマ設備の牛山社長です。)
☆楽しいな~。目出度いな~っ。

☆↑という訳で、午後3時、大松明、引き出しです
e0093407_22175455.jpg

・・・ところで、昨年、今年と大松明の名物「手桶踊り」はペア(♂と♀)でなくシングル(♂のみ)でした。
 これは、新しく満寿に上がってくる42歳以上の人が少なかった為でしたが、来年は大丈夫三役四人の正規の「手桶踊り」が観られる予定です。
e0093407_22164625.jpg

☆↑は、「常楽寺交差点」、安土楽市楽座館前にて、一人で手桶踊りを披露する重野晃一さんです。
[PR]
by azch | 2015-04-05 22:10 | 安土観光拠点

「西の湖すてーしょん」オープン

やすらぎホール大改修して再出発
滋賀報知新聞

=「西の湖すてーしょん」オープン=
「西の湖すてーしょん」のオープンを記念して催されている「宮谷孝子布絵展」
e0093407_221184.jpg

 西の湖畔沿いのやすらぎホール(近江八幡市下豊浦)がリニューアルされ、「西の湖すてーしょん」として先月二十九日オープンした。
 やすらぎホールは、旧安土町時代に建てられ、町民が交流を深め合う憩いの場として活用されて来たが、近江八幡市に合併後は、利用者数が減少。市の行財政改革の見直し対象となり、閉鎖が検討された。

26日まで「宮谷孝子布絵展」開催

 ホールからの西の湖の眺望が素晴らしく、運営方法を再考すれば、まだまだ利用価値があるとして昨年四月、安土町商工会、安土学区まちづくり協議会、安土町老人クラブ連合会、旧安土町観光協会、下豊浦地区の五団体が施設存続のための「NPO法人ねっとわーく西の湖」を設立。市の支援を受けて百畳敷きの和室大部屋をカーペット敷きの洋間に改装し、ステージを取り除いて調理室を設けるなど大規模改修工事を行い、多目的施設として再出発した。
 同NPO法人が運営管理を担い、イベントや展覧会などの貸し館を中心に活用していくほか、将来的には西の湖の和船遊覧などの観光振興にも取り組んでいく。
 一日からオープニング記念として「宮谷孝子布絵展」が開かれている。
 宮谷さんは、甲賀市甲南町在住。二十四年前から身の回りの端ぎれを縫い合わせ、緻密な刺繍で日常の暮らしぶりや風景を画いた布絵づくりに取り組んでいる。
 中でも、昔の生活のようすを描いた画家・原田泰治さんの原画をもとにした作品は、布絵のやさしさと温かさ、昭和の時代風俗が折り重なり、人々の郷愁を呼び覚ましている。
 また、使い古された布が約一メートル平方のキャンパスに図画の一部として縫い重ねられ、豊かな色合いの刺繍が彩りを添え、昔なつかしいの情景を蘇らせている。展示作品は四十点。 
 展示は二十六日まで。入場無料。会場には西の湖の眺望が楽しめるカフェコーナー(一杯百円)もある。開館時間は午前九時から午後四時半まで。毎週水曜日と十七日は休館。


西の湖すてーしょん:地域活性へ再スタート 町家風に外観一新 
毎日新聞 

琵琶湖最大の内湖「西の湖」のほとりにある「西の湖すてーしょん(近江八幡市安土やすらぎホール)」(同市安土町下豊浦)が29日、地域の魅力を広く発信する拠点としてリニューアルオープンする。味気なかった外観は町家風の落ち着いた雰囲気に一新され、広々した窓から西の湖を望むこともできる。市から施設の運用を委ねられているNPO法人「ねっとわーく西の湖」は今後、施設を地域活性化の中心として活用するため、女性や若者が集まるようなアイデアを募集する。

施設は1986年、旧安土町が地域の観光拠点として建設。ただ、地域の高齢者らが利用することが多かったことから、町と合併(2010年)した近江八幡市は2012年、維持管理費がかかることなどを理由に、取り壊しも検討した。

一方、地元住民からは存続を求める声が上がり、昨年4月には、安土町商工会や安土学区まちづくり協議会など5団体が、施設運営を担うNPOを設立。市側から施設の無償貸与が受けられることが決まり、11月から大規模改修工事が進められていた。

リニューアルオープンを記念し、館内では4月1〜26日、甲賀市の布絵作家、宮谷孝子さんの作品40点を集めた特別展を開く。NPOの野瀬信弘事務局長は「将来、旧市街地の八幡堀と安土城が観光船で結ばれたとき、施設を『湖の駅』として利用する構想もある。訪れる人が安土の良さを感じられるような場所にしたい」と意気込んでいる。


西の湖生かした交流拠点リニューアル
朝日新聞 

西の湖に面して大きな窓(左上)を設置した「西の湖すてーしょん」。絵屛風(右)も披露された=近江八幡市安土町下豊浦

まちづくりのNPO法人が運営する近江八幡市安土町下豊浦の「西の湖すてーしょん」の改修が終わり、29日、記念式典を開いて約50人が完成を祝った。住民の交流拠点や、西の湖と安土城跡に囲まれた立地を生かして観光客が集う場所としての活用も期待される。

 安土町商工会など5団体が昨年4月、NPO法人「ねっとわーく西の湖」(三村善雄理事長)を結成。市から無償貸与された「安土やすらぎホール」を西の湖すてーしょんに改称し、同11月からリニューアル工事を続けてきた。約100畳の大広間に西の湖を見渡せる大きな窓が設置され、外にはカフェを楽しめるスペースが作られた。
三村理事長は「美しい景観とともに観光客を迎えるなどアイデアを実現する場所にしたい」とあいさつ。住民の思い出をもとに古里を描き、完成に3年を要した絵屛風(びょうぶ)も披露された。
リニューアルを記念し、4月1~26日に甲賀市の布絵作家、宮谷孝子さんの約40点を集めた作品展を開催。問い合わせは安土学区まちづくり協議会(0748・46・2346)へ。
[PR]
by azch | 2015-04-03 21:59 | 西の湖環境保全

VR安土城シアター

VR安土城のシアターオープン
滋賀報知新聞

=城郭の内外を高鮮鋭動画 安土信長天主の館に完成=
安土城天主信長の館に完成したVR安土城シアター
e0093407_21575596.jpg

 幻の名城・安土城が築城された当時の姿や内部構造、城下町、周辺景観などをコンピュータグラフィックス(CG)で描いた「VR安土城」の上映シアターが安土城天主信長の館に完成。先月二十七日、冨士谷英正近江八幡市長ら関係者が出席してオープニングセレモニーが行われた。
 市がこれまでの文献や調査研究をもとに総事業費三千五百万円をかけて制作した。
 五年前の旧近江八幡市と旧安土町との合併を機に全国に知られた安土城を再現し、市の観光振興に役立てようと、VR安土城プロジェクトがスタート。平成二十五年四月には、安土山周辺のビューポイントから創建当時の安土城がタブレットやスマートフォンで観られるアプリ「VR安土城タイムスコープ」をリリースした。
 VR安土城は、その第二弾。大画面で観られるのが特徴で城の外観、内装、構造などが高鮮鋭の映像で描かれている。昨年三月に完成し、数回試写会を開いてきた。

完成したシアターのテープカット 完成したシアターでは、信長が、完成した安土城の内外をポルトガル宣教師ルイス・フロイスに案内するシートムービー(十五分間)を上映している。
 VR安土城シアターは、映像の解説とともに迫力ある仮想空間をスクリーン上に映し出す仕組みで、マニュアルモードでは、専用コントローラーを使って映像空間内を場面を自由に行き来できるコースや、時間帯によって変化する安土城の雄姿、歩行者の視点や鳥の目での眺望など、バーチャルリアリティーの世界が楽しめる。
 一時間に二回上映で午前九時から午後五時(入館は午後四時半)まで。入館料一般六百円、高大生三五〇円、小人一七〇円。月曜日(祝休日の場合は翌日)休館。問い合わせは、信長の館(TEL0748―46―6512)へ。
[PR]
by azch | 2015-04-02 21:56 | 安土観光拠点

安土駅及び周辺整備促進会議

新安土駅 外観デザイン案検討

=駅舎に安土らしさを 安土駅及び周辺整備促進会議=

 JR安土駅舎の改築と周辺整備の諮問機関「安土駅及び周辺整備促進会議」の第三回会合が二十五日に開かれ、これまでの進捗状況の確認とJR西日本から提示された新駅舎と自由通路のデザイン案について意見を交わした。
 駅舎改築は、市とJR西日本との協議が進められ、昨年四月一日に基本協定を締結。六月から駅舎と自由通路の工事についての設計作業が進められ、このほど、そのデザイン案が示された。
 示された駅舎とそれに連結する自由通路のデザイン案は、(1)外観をヴォーリズ建築風の一部洋館様式(2)安土城天主の六角形を取り入れたもの(3)シャープで現代的なデザインとしたものの三案が示され、いずれも駅舎部分の施設そのものは、ほぼ同じで橋上駅への階段を上った二階部分の外観デザインが異なる。

橋上駅に改築される安土駅舎 
e0093407_21553637.jpg

会議では、建物の一部に安土城天主の六角形を取れ入れ、安土山が眺める外観デザインが選ばれた。
 委員からは「駅事務所が入ると思われる二階部分の四角形をもう少し変化のある形状に変えられないか」や、「『JR安土駅』の看板文字に金箔が貼れないか」、「安土城の壁面をイメージする白色を基調にし、下見板張りのような色合いはどうか」、「フラットな屋根でなく、城のような曲線は取り入れられないか」、「階段壁面の窓を狭間(城壁に造られている三角や四角形の攻撃用の穴や窓)風にできないか」などの意見が出された。また、橋上駅の完成により、駅前に建立されている「信長像」の高さとのバランスなど、景観への配慮も考えた。
 市では、会議で話し合われた意見や要望をJR西日本との協議の場で伝えることにしている。新駅舎は平成三十年三月末完成で、新駅の供用開始は二十九年三月末をめざしている。
[PR]
by azch | 2015-04-01 21:53 | まちづくり研究会
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30