安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

県埋蔵文化財センター研究会

信長・秀吉の城跡など今年度の発掘成果を紹介

滋賀報知新聞


=3月7日 コラボしが21=
佐和山城を攻めた信長が構築した包囲網跡である堀切(県教育委員会提供)
e0093407_165033100.jpg

 県埋蔵文化財センター研究会「土の中から歴史が見える14」が三月七日、コラボしが21(大津市)で開かれる。県教育委員会と県埋蔵文化財センターの主催。県内における平成二十六年度の発掘された成果を、調査担当者が写真を交えて分かりやすく説明する。
 内容は、▽「水口岡山城跡の発掘調査―推定天守台の調査―」(甲賀市)▽「弥生時代の竪穴建物や飛鳥時代の井戸を調査―下鈎東遺跡の発掘調査―」(栗東市)▽「渡来人の集落か―南滋賀遺跡の発掘調査」「渡来人の墓―穴太遺跡の発掘調査」(大津市)▽「名勝玄宮楽々園保存整備事業に伴う発掘調査」(彦根市)▽「神照寺坊遺跡」(長浜市)▽「金剛寺城遺跡」「八反田遺跡」(近江八幡市)▽戦国時代の城館を発見!!―貴生川遺跡の発掘調査―」(甲賀市)▽「彦根市松原内湖遺跡で見つかった堀切・竪堀と巻数板について」(彦根市)となっている。
 この中で、豊臣秀吉が東国制覇の拠点として現在の甲賀市水口町に築いた水口岡山城の城郭調査では、本丸部分の東西で、天守クラスの石垣などが見つかり、本丸の両端に天守級の建物があった可能性が高くなった。
 また、貴生川遺跡の発掘調査では、十六世紀後半の戦国時代の甲賀武士の城館跡が、堀と土塁跡がまとまって見つかった。当時は織田信長の甲賀侵攻の時期に当たり、甲賀武士団の動向を考える上で貴重な発見とされる。
 城館跡は、一辺五十メートルのほぼ正方形で、周囲に巡らせた土塁跡(幅六・六~八メートル)、その外側の堀(最大幅八メートル、最深二・八メートル)が確認された。
 彦根市の松原内湖遺跡の発掘では、織田信長が一五七〇年、佐和山城攻めの際、敵の逃走や侵入を防ぐため尾根を削った「堀切」「竪堀(たてぼり)」などの城郭遺構が見つかった。
 これは、浅井長政の猛将、磯野員昌(かずまさ)の籠る佐和山城を包囲するため構築したもの。尾根を分断する堀切跡は、佐和山城跡から北北西約一・六キロの尾根に築かれ、東西十三・五メートル、南北の七~九メートル、最深三メートルだった。また、斜面に沿って縦方向に掘削した竪堀は、幅七・五メートル、深さ三メートル、長さ十四メートルを確認した。
 発掘に当たった県文化財保護協会は、攻め手の被害が大きいとされる城攻めにおいて、土塁による頑強な包囲網を築造し、味方の消耗を防いだ戦い方をしたとみている。
 無料。申し込み不要。問い合わせは県埋蔵文化財センター(TEL077―548―9681)へ。
[PR]
by azch | 2015-02-28 22:48 | 安土観光拠点

子ども・子育て支援事業計画案

子ども・子育て支援 事業計画案を答申


=中学校区ごとの指針示す 子ども・子育て会議=

 近江八幡市子ども・子育て会議(会長・中川千恵美大阪人間科学大学教授)は、平成二十七年度から三十一年度まで向こう五年間の「子ども・子育て支援事業計画案」をまとめ、このほど冨士谷英正市長に答申した。
 平成二十四年八月に制定された国の子ども・子育て支援関連三法が、平成二十七年度から市町村を実施主体とする新たな制度に移行するのに伴い、近江八幡市の実態に即した支援事業の目標や方針、具体的事業の中身を模索、検討し同計画案をまとめた。
e0093407_16465894.gif

 それによると、「事業量の見込みと確保の方法」で、市内を四中学校区に分け、それぞれの需要の見込みと施設確保の方策を検討した結果、八幡中学校区では、平成三十年度までいずれの年度においても必要とされる保育定員数は、現状のままで充足する一方で、他の三中学校区では、大きく不足することから平成二十九年度をメドに、全ての中学校区で需要を満足できるように中学校区ごとに保育施設数を増やし、待機児童の解消をめざすことを挙げている。
 最も施設数の不足が懸念されるのは、八幡西中学校区で、次いで安土中、八幡東中の校区順としている。それらの対応策として▽認定こども園の開設▽定員にゆとりのある公立幼稚園を幼保連携型認定こども園に移行▽小規模の託児施設(地域連携型保育)を開設する、などを明記している。
 また、待機児童の解消に向け必要な子育て支援の行政サービスがスピーディーに受けられるよう平成三十年度、官庁街エリアにワンストップ型の総合窓口を設けることや、新たな子育て支援拠点の設置、幼稚園以外での一時預かり事業の取り組みも検討する、としている。
 中川会長は「今ある資源と地域がどうつながって、子育て支援を充実させていくかが重要で、多様な支援が活用でき、子育てして住み続けたいと思えるようなまちになることを期待している」と話している。
[PR]
by azch | 2015-02-25 22:46 | まちづくり研究会

近江八幡市地域おこし協力隊

「地域おこし協力隊」都市住民の隊員求む

=近江八幡市=
 近江八幡市は新年度から取り組む「近江八幡市地域おこし協力隊」の隊員を募っている。
 旧市街地の活性化に向けての課題となっている空き家を、どのように活かしていけるのか、そのアイデアや具体的な活動に都市部の人に協力を求める取り組みで、おうみはちまん町家情報バンク事務局員として活動し、空き家や町家を有効利用するための調査、コーディネート、イベント企画などの立案、実施に取り組む。
 募集対象は、三大都市圏の住人で、隊員に選ばれれば同市に住民票と生活拠点が移せる人。年齢、性別は不問だが、普通自動車運転免許を有し、パソコン操作ができること、地域興し活動に意欲と情熱を持っていることが条件。
 採用期間は、今年四月から来年三月末までで、一年ごとの更新で最長平成三十年三月末まで延長できる。募集人数は一人。月額一六万六、六〇〇円の報酬を給付する。応募締切三月六日。問い合わせは、市役所産業振興課(TEL0748―36―5517)へ。
[PR]
by azch | 2015-02-20 22:43 | まちづくり研究会

近江商人のふるさと 近江八幡・東近江・日野

松阪商人と東京でPR 近江商人ゆかりの町連絡会



滋賀報知新聞

=三重県の施設使って魅力発信“いいもの”“おいしいもの”で=
イベント成功へ意気込む連絡会メンバー――東近江市役所で―― 
e0093407_16413254.jpg

近江商人(八幡・日野・五個荘)と伊勢松阪商人がタッグを組んで、“いいもの”“おいしいもの”を紹介する合同イベントを、豪商の東の拠点、東京・日本橋で十九日と二十日の二日間、開催する。近江八幡観光物産協会、日野観光協会、東近江市観光協会はイベント成功に意欲を燃やしている。
 一昨年十一月に多賀大社で開催された「滋賀・三重観光サミット」の席上で鈴木英敬三重県知事から当時の嘉田由紀子滋賀県知事に「(日本橋にある首都圏営業拠点施設の)三重テラスを使った連携PR事業」の提案があり、昨年三月に日野町から蒲生氏郷でつながりのある松阪市に話を持ちかけ、滋賀の三協会でつくる近江商人ゆかりの町連絡会と松阪市観光協会との連携が実現した。
 近江と松阪は、商人、近江の麻と松阪木綿、日本三大和牛の近江牛と松阪牛と関連性が高く、今回「商いの秘訣を探る 伊勢松阪商人と近江商人」と銘打って、展示、実演、体験、試食や特別メニュー、ミニトーク、スタンプラリーなど、共通する資源、素材等を通して近江と松阪の魅力をアピールする。
 同連絡会では、「県を超えて初めての取り組みで、新たな切り口で交流が始まる。これを機会に全国、世界に発信したい」と意気込んでいる。
 このイベントに合わせて、びわこビジターズビューローがゆめプラザ滋賀で企画展「近江商人のふるさと 近江八幡・東近江・日野」を開催し、近江商人にまつわる特産品等の展示即売を三月二日まで開いている。
[PR]
by azch | 2015-02-19 22:39 | 観光ネットワーク

近江八幡市3月市議会

近江八幡市3月市議会

滋賀報知新聞

=予算22件、条例14件など44議案上程=

 近江八幡市の三月定例市議会は二十日開会され、予算関係二十二件、条例関係十四件、議決案件八件の計四十四議案を上程、審議に入る。
 三月四日に本会議を再開し、九日までの四日間、会派代表、個人質問が行われる。十日から十二日まで各常任委員会を開催し、十八日に閉会する。

新年度一般会計当初予算
2.9%増の過去最高額

 今年度の一般会計補正予算案は、二七億五、一〇〇万円を追加し、総額三七一億八、八〇〇万円とする。
 主な内容は、地域はつらつ商品券発行事業四億二、九〇七万四千円、多子世帯保育料支援事業一、〇三〇万四千円、地域はつらつ住宅リフォーム事業四、九〇六万七千円、まち・ひと・しごと創生事業一、二五〇万五千円、一般廃棄物処理施設整備事業一二億四、八五六万円、桐原小学校施設整備事業一八億七、六四二万六千円、職員給与費(職員退職手当金など)九、五〇五万八千円、生活保護事業四、三二八万四千円などがある。
 このうち、地域はつらつ商品券発行事業は、地域の消費活動を喚起する目的で実施。今年五月一日から七月末までの期間にプレミア付き地域商品券を発行する。具体的には、七千円と六千円をセットした商品券一冊を市内の全世帯に一冊一万円で販売する。三千円分のプレミアを付けたもので、余れば希望する市民に販売する。七千円の商品券は、大規模店舗でも利用できるが、六千円は小規模店舗のみの利用に限られる。
 多子世帯保育料支援事業は、低所得世帯で十八歳以下の第三子以降の保育料を補助するもの。
 新年度の当初予算案は、一般会計三〇四億二千万円、特別会計一八七億五、四一〇万円、企業会計一六三億四、五二一万三千円の計六五五億一、九三一万三千円を計上。一般会計については、前年対比二・九%増で過去最高額となっている。
 これについて市は、竹町に建設中の一般廃棄物処理施設(ごみ焼却場)の建設事業、篠原駅と安土駅の駅舎改修事業など大型施設整備の継続、四月から新しい子ども・子育て制度の開始に伴う保育サービス事業費の増加などが主な理由としている。
 主な新規事業は、子ども・子育て支援のワンストップ型総合窓口の設置三〇五万一千円、空き町家を活かした明るい未来の地域づくりに意欲のある人材を「地域おこし協力隊」として都市部から誘致し、新事業の創出を目指す取り組みに五〇一万円、市内の研究指定校(二小学校と一中学校)にタブレット端末を導入し、動画や画像を活用して児童、生徒の学習意欲を高める取り組みに一、八三八万四千円、市民の意見を行政に反映させる市政モニター事業三〇万円などがある。
 継続事業では、安土文芸セミナリヨ史跡公園等の整備二、三四〇万七千円、篠原駅整備一億七、〇八一万九千円、安土駅整備五億七、五八七万八千円、桐原小学校施設整備六億三、四二七万九千円などがある。
 このほか、十月から低所得世帯の小学一年生から三年生までの通院医療費を無料化する事業に二八二万五千円が含まれている。今後、段階的に対象者を中学三年生まで広げる予定。
 歳入については、景気回復による個人、法人の市民税の増収や旧安土町地域の都市計画税の課税分を見込んで約二億七千万円の増収を見積った。また、約三〇億九千万円の市債の発行と公共施設等整備基金から約十億円の繰り入れを行うなどして財源を確保する。
[PR]
by azch | 2015-02-17 22:34 | まちづくり研究会

西の湖ヨシ刈り体験

自然の中で西の湖ヨシ刈り体験

=14日 午前9時集合、参加者募集=

 東近江水環境自治協議会と近江八幡市水と緑の環境ネットワークは、十四日に行う「西の湖ヨシ刈り体験」の参加者を募っている。
e0093407_16322090.jpg

 春の芽吹きを助けるヨシ焼きを行いやすくするとともに、水質の浄化や二酸化炭素を吸収するなど、ヨシが果たす役割に関心を寄せ、その保全と活用を目的に毎年実施している。
 時間は午前九時、西の湖畔の安土B&G海洋センター駐車場(安土町下豊浦)に集合し、正午まで刈り取り作業を行う。作業後の昼食にブタ汁を提供する。
 参加申し込みは不要。小雨決行。各自で軍手、厚底の靴、タオル、水筒、軽食等を持参する。防寒対策も必要。問い合わせは、同協議会の安居さん(TEL0748―46―2052)または丹波さん(TEL0748―32―2792)へ。
[PR]
by azch | 2015-02-12 22:32 | 西の湖環境保全

未来創造事業研修会

地域活性化へ事業研修会

滋賀報知新聞

=県商工会青年部・女性部 事例発表で研さん=
地域の魅力を生かして取り組んだ未来創造事業の活動事例報告
e0093407_10364587.jpg

 県商工会青年部と女性部の「未来創造事業研修会」が三日、ホテルニューオウミで開かれ、地域経済の活性化を目指す若い世代の商工業者ら約三百人が参加した。
 午後一時半から始まった研修会では、開会あいさつに続いて全国商工会連合会、同青年部連合会の会長表彰および顕彰等の表彰が行われた。
 未来創造事業等活動事例報告では、▽調査データでは得られない地域の顧客とのつながりや絆の大切さを再認識した大津北商工会青年部の「僕らのマーケティング」▽地域の宝を再発見し、地元の魅力を発信する米原市商工会女性部の「米原流おもてなしプラン」▽森林資源の利用と地元食材を結びつけた多賀町商工会青年部の「地域資源を使った複合体験事業」▽地域が一体となって祝う日野商工会女性部の「三方よしのブライダル事業」が順番に発表され、地元地域の特性を生かした取り組みを紹介した。
 最後に、元兵庫県商工会青年部連合会会長の立石裕明氏が「いま、商工会青年部女性部がやらなければならないこと」と題して講演した。
 別室では活動事例展示と情報ネットの交流会が開かれ、地元ならではの食材や伝統の食文化を活かして開発した商品や地域を元気にする取り組みなどの紹介を通して意見や情報交換を行い、横の繋がりを深めあった。
[PR]
by azch | 2015-02-07 22:35 | 安土町商工会

「食」と「漁」を考えるシンポジウム

食と魚のシンポジウム

=15日休暇村近江八幡=

 第二十九回「食」と「漁」を考えるシンポジウムが十五日午後一時から休暇村近江八幡で開かれる。
 同シンポジウムは、東京水産振興会と漁業情報サービスセンターが中心となって全国各地で開催しているが、淡水魚の食文化をテーマとしたものは、滋賀県が初の開催。
 開会あいさつに続いての特別報告では、「淡水魚の魅力配信と地域力創造」をテーマに中澤さかな氏(山口県道の駅「萩しーまーと」駅長、総務省地域力創造アドバイザー)と琵琶湖と鮒寿司、その歴史と文化」をテーマに佐嵜謙祐氏(老舗「魚治」代表取締役)が講演する。
 リレートークでは、森田正行・沖島漁協組合長が「琵琶湖の魚と漁業を守りそだてる」、大沼芳幸・滋賀県文化財保護協会事務局次長が「誕生『琵琶湖八珍』」、田辺文隆・休暇村近江八幡総支配人が「『琵琶湖八珍』とおもてなし観光」、三枝仁・県農政水産部水産課副主幹が「魚食文化継承のための取り組み」、桂陽三氏(琵琶湖汽船)と中村みち子氏(沖島漁協女性部「沖島婦貴の会」会長)が「琵琶湖クルーズと沖島漁民が教える鮒寿司づくり」について話す。
 最後のパネル討論では「琵琶湖の魚食文化と漁業の継承を目指して」をテーマに意見交換する。参加無料。参加申し込みと問い合わせは、県水産課(077―528―4885)へ。申し込みは、あす六日締切。
[PR]
by azch | 2015-02-06 22:33 | まちづくり研究会

びわ湖一斉の観察会

わあーいるいる!水鳥観察会


滋賀報知新聞

=世界湿地の日にちなみ 西の湖畔でウォッチング=
望遠鏡や双眼鏡で水鳥を観察する参加者
e0093407_102836100.jpg

 ラムサール条約が採択(一九七一年二月二日)されたのを記念して設置された「世界湿地の日」にちなんで先月三十一日、近江八幡市安土町下豊浦の西の湖畔にある同市安土B&G海洋センターで水鳥観察会が開かれた。二十二回目のびわ湖一斉の観察会で、市内外から約四十人が参加した。
 午前九時半から開かれた観察会では、自然観察指導員の説明に耳を傾け、びわ湖がラムサール条約に登録(一九九三年)されている意義や国境を渡る水鳥は、世界の親善大使でもあり、自然環境が保全されているバロメーターの役割を担っている認識を深めた。
 また、水鳥は餌の取り方で「水面採餌」と「潜水採餌」の二つに分類され、水面からの飛び上がり方や足の位置の違いなどを学んだ。
 このあと、西の湖畔に移動し、双眼鏡や望遠鏡を使って水面やよし原の水鳥を探して観察した。
 この日は、時折、小雪が舞う冷え込みと強風のあいにくの天候に見舞われ、湖面に浮かぶ水鳥は少なかったが、風や高波を除けてよし原に身を寄せるマガモやキンクロハジロ、カンムリカイツブリなどが観察出来た。また、風に任せて湖上を飛び交うミサゴ(タカの一種)も見られた。
 お父さんと初めて参加した中嶋彩乃さん(蒲生西小五年)は「カイツブリは知っていたが、カルガモやマガモ、ホシハジロを見ることが出来た。こんなに種類がいるとは知らなかった」と話していた。
[PR]
by azch | 2015-02-03 22:27 | 西の湖環境保全
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30