安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

桐原コミュニティエリア起工

小学校とコミセン併設 市内5番目の一体施設


=「桐原コミュニティエリア」起工=
「桐原コミュニティエリア」の完成予想図
e0093407_10262196.jpg

 近江八幡市が進める小学校と併設したコミュニティセンターに地域防災拠点の機能を持たせた「桐原コミュニティエリア」の起工式が二十六日、同市森尻町の建設地で行われた。
 小学校と連携した同施設の建設は、金田、島、馬淵、老蘇地区に次ぐ五番目で、築三十五年以上経過し、手狭さと老朽化が目立っていた桐原小学校と桐原コミュニティセンターを同時に新築移転し併設する。
 計画によると、三万七、二四八平方メートルの田んぼを造成した土地に鉄筋コンクリート造り二階建ての校舎とコミュニティセンターを連携させた一体施設とし、大災害時には緊急避難所として活用。桐原学区の住民一割(約一、七〇〇人)が、プールの水を浄水して三日間生活できる飲料水を溜め置く受水槽、雨水などを生活雑排水に使うための貯留槽、シャワー室、洗濯室、非常用発電機などを備える。
 小学校は、一階にメディアセンター、コンピュータ室、職員室、屋外テラス、多目スペース、体育館などを設ける。二階には普通教室、多目的教室、屋上テラスなどがある。


起工式が行われた建設地(26日空撮機で撮影) コミュニティセンターには、一階に親子遊戯室、読書喫茶室、調理室、消防団詰め所と消防車庫、控え室、事務室などを設ける、二階には大会議室(九〇人収容)、和室二部屋、研修室三室(可動間仕切り式)、サークルロッカー室、倉庫などを備える。駐車場三五三台、駐輪場約百台収容。
 小学校とコミュニティセンターは、一階通路で接続しており、必要に応じて行き来できる。来年三月完成。両施設の建築面積六、七六九平方メートル。延べ床面積一万二〇六平方メートル。総工事費三四億八、八四〇万円。完成後、敷地内に子どもの家(学童保育所)を建設する。
[PR]
by azch | 2015-01-29 22:24 | まちづくり研究会

ふるさと応援寄附金

超人気の近江八幡市 ふるさと納税

滋賀報知新聞

=制度見直し1億円突破!=

 昨年十二月に制度内容を見直した近江八幡市の「ふるさと応援寄附金」の申し込みが新制度に切り替えて二か月足らずで一億円を超えた。当初の予想を上回る金額に市は、手応えを感じている。
 同制度は、ふるさと納税とも呼ばれ、生まれた故郷や応援したい都道府県、市町村に寄付をすると、所得税、個人住民税の控除が受けられる特典がある。全国の自治体が取り組んでいるが、寄付者からの反応には温度差が生まれている。
 同市は、平成二十二年度から制度を導入。初年度は三十四件一、三四六万三千円に上ったが、次年度から減少し、昨年度は五一〇万円までに落ち込んだ。
 このため、関心が寄せられている謝礼品のカタログを作成し、寄付額に応じたポイント数により謝礼品が選べるようにするとともに還元率を四〇%に引き上げ、高級近江牛肉や環境こだわり農産物などを揃え、制度の充実を図った。
 この取り組みが当たり、一月二十日現在で全国から二、五一四件もの申し込みが寄せられた。総額は一億〇、五五七万九、〇三四円に上っている。
 内訳は、一~三万円が全体の四六・七%で最多、次いで一万円未満の二八・八%、三~五万円の一一・三%の順となっている。(左上のグラフ参照)十万円以上でも一三九件ある。一件当たりの平均寄付額は、四万二、九七六円で、三万円までが全体の三分の二を占めている。
 地域別では、関東甲信越が四八%のトップで全体の約半数。次いで関西の三一・八%。ちなみに滋賀県内は七・五%。(グラフ参照)
e0093407_1024193.gif

 県内で多額の寄付が寄せられている草津市では、今年度寄付額(一月二十二日現在)は一億一、六八七万四千円(五、四一三件)で平均約二万一千円となっている。
 人気の秘密は、まだ明らかになっていないが、還元率が高く、七千ポイント(一ポイント一円分)から最高で十万ポイントで交換できる近江牛肉のバリエーションを揃えたことや近江八幡にこだわった特産品が人気の要因になっているのではと見られている。
[PR]
by azch | 2015-01-25 10:21 | まちづくり研究会

安土城考古博物館のテーマ展

鯉の歴史文化「鯉に恋して」貴重な鯉の絵図やからくり出展


=安土城考古博物館のテーマ展=
 県立安土城考古博物館のテーマ展「鯉に恋して」が始まった。三月十八日まで。
 琵琶湖博物館で開催されている「鯉についての四方山(よもや)話」との連携展で、琵琶湖博物館は鯉の生体展示と解説が主であるのに対し、安土城考古博物館は、鯉の文化財にスポットを当て、鯉の掛け軸と大津祭りの曳山に使われている鯉のからくりについて展示と解説をしている。
 期間中、展示されている掛け軸は三点で、うち「鯉翁」と称された鯉を得意とする江戸中期の画家・葛蛇玉が描いた「鯉魚図」(東近江市曹源寺蔵)は、全国に五点しか確認されていない貴重なもので、氷の割れ目から大きく跳ね上がる躍動感あふれる鯉の姿が描かれている。

全国で5点しか確認されていない「鯉魚図」 
e0093407_10205466.jpg

鯉のからくりは、「鯉山」とも呼ばれる曳山「龍門滝山」に取り付けられているもので、左右のひれと尾を交互に動かしながら懸命に滝を登ぼり、登り切ったところで、スッと姿を消す、不思議な仕掛けが施されている。
 鯉は中国から伝わったとされ、急流に立ち向かいながら龍門という難所を登り切ると、霊が宿り「龍」に変身して天に昇って行ったという神話が「登龍門」の語源とされている。このからくりは、その神話を表している。
 また、江戸時代の端午の節句では、裕福な家庭が玄関にのぼり(旗)、座敷に鎧(よろい)、かぶとを飾って男児の出世を願ったとされるが、商人家では、のぼりではなく「吹き流し」が飾られていた。
 現在の「鯉のぼり」は、それらの文化が融合して庶民に広まり、出世魚の鯉の吹き流しになったと考えられている。
[PR]
by azch | 2015-01-24 22:19 | 観光ネットワーク

びわ湖トライアスロン

滋賀国体での誘致目指すびわ湖トライアスロン

滋賀報知新聞

=6月14日 宮ヶ浜で開催 国内初のパラジュニア部門も=
びわ湖トライアスロンの開催をPRする大会関係者
e0093407_10174966.jpg

 公益社団法人日本トライアスロン連合(JTU)公認レース「びわ湖トライアスロンin近江八幡」が六月十四日、宮ヶ浜を発着点に開かれる。競技は、午前八時から午後一時まで。前日の午後三時から近江八幡市文化会館で開会式を行う。 
 (株)まっせ(近江八幡市まちづくり会社)、はちまん青年経営者会、県トライアスロン協会などでつくる実行委員会が主催。二〇二四年に開催される二巡目の滋賀国体でトライアスロン競技の誘致をめざす。六年前から練習会など、第一回開催に向けた準備を進めてきた。
 第六十八回県体の種目とし、JTUエイジグループランキング対象大会にもなる。
 競技内容は、スタンダードタイプ(水泳一・五キロ、自転車四〇キロ、ランニング十キロ)とスーパースプリント(水泳三七五メートル、自転車一〇キロ、ランニング二・五キロ)の二種目で、一般対象のスタンダードタイプにはエイジ(十八歳以上三八〇人)、リレーエイジ(十五チーム)と障害者のパラ(二十人)の三部門、距離が短いスーパースプリントでは、中・高校生対象で障害者も含むジュニア・パラジュニア(三十人)とリレー(十五チーム)の二部門を設ける。パラジュニア部門の開催は全国初。
e0093407_10182836.jpg



水泳、自転車、ランニングのコース コースは、水泳は宮ヶ浜水泳場、ランニングは宮ヶ浜水泳場から湖岸沿いを水ヶ浜方向に走る折り返しコース、自転車は大中干拓地を周回する。
 タイムレースとし、スタンダードでは水泳五〇分、自転車三時間、ランニング四時間の制限時間を設ける。
 参加資格は、二〇一五年度JTU登録者。出場申し込みは、同大会のホームページ(http://www.try-8.com/)から行う。競技およびJTU登録に関する問い合わせは、県トライアスロン協会(TEL080―2437―1997)、大会に関する問い合わせは、実行委員会事務局(TEL0748―47―2045)へ。
[PR]
by azch | 2015-01-22 22:14 | まちづくり研究会

近江八幡おやじ連 作品展

いきいき元気に丹精な作品展

滋賀報知新聞

=健康寿命をのばそう!近江八幡おやじ連=
近江八幡図書館で開かれている作品展
e0093407_13535959.jpg

 近江八幡市在住の退職男性グループでつくる趣味や地域活動の仲間「近江八幡おやじ連」の作品展が近江八幡図書館で開かれている。二十七日まで。入場無料。
 おやじ連は、定年後の第二の人生を元気に楽しい毎日を送ろうと活動する団体で、現在、男の料理教室や環境保全活動、子ども向けの自然学習、健康増進、地域のボランティアなど二十六団体(約三五〇人)で構成。近年は、男性だけでなく女性グループも加わり、仲間を増やしている。
 作品展はそれぞれのグループが取り組んでいる活動の成果を広く知ってもらい、交流の輪を広げようと毎年開催している。九回目の今回は、グループや個人から合わせて一五〇点の自信作が持ち込まれた。
 会場の視聴覚室と二階ホールいっぱいに絵画、工芸、木工、写真など幅広いジャンルの芸術作品や趣味の作品が並べられ、その出来栄えを競い合っている。
 会場入り口には、今回のテーマ「健康寿命をのばそう!おやじ連」と「無理なく楽しい活動!光(高)齢者」に合わせ、七十五歳以上の仲間二十七人がいきいきと作品づくりやグループ活動に取り組む姿を紹介。学びを生かす仲間づくりと目標を持って、心身共に元気に暮らす大切さを呼びかけている。
 展示されている作品は、磨いた技能を発揮し、時間をかけてコツコツと仕上げられたものばかりで、作品づくりに対する丹精な思い入れが伺える。図書館は月曜日休館。作品展の開場時間は、午前十時から午後五時まで。
[PR]
by azch | 2015-01-15 22:53 | まちづくり研究会

ラ・コリーナ近江八幡

たねやグループ 新しい店舗展開
 
=ラ・コリーナ近江八幡にメインショップ開店=
9日オープンしたラ・コリーナ近江八幡のメインショップ
e0093407_13561759.jpg

 たねやグループが近江八幡市北之庄町で建設を進めている「ラ・コリーナ近江八幡」のメインショップが完成、九日オープンした。
 和菓子の「たねや」と洋菓子の「クラブハリエ」が併設された最大規模の店舗で、同グループのフラッグシップ店と位置づけている。
 県内では八店舗、全国では四十三店舗目。
 店舗建物は、建築家・藤森照信氏の設計で、木造と鉄筋造りの二階建て。屋根全面に芝が敷き詰められている。アプローチの広い前庭全面にはオカメザサが植え込まれ、幾何学的な模様を演出して斬新な店舗イメージを盛り上げている。

和菓子全商品を扱う1階売場 内部一階には、和菓子の全商品を販売する売場、あんこと生クリームや季節の果実を添えた「生どらやき」などをその場で製造販売する「できたて工房」、新開発の商品も揃えたバームクーヘン専門店などが設けられている。二階には、焼きたてのバームクーヘンも楽しめるクラブハリエカフェがある。
 店舗内の壁面や天井は白色を基調にし、広々と清潔感あふれる雰囲気を醸し出している。
 午前九時前に行われたオープンセレモニーで山本昌仁たねやグループCEOは「自然に学ぶというテーマで、いろいろ取り組んできた。人間より長く生き続けているアリをシンボルに、未来永劫に頑張っていきたい」とあいさつ。このあと、たねやグループの三人のトップが早くから開店を待った客の代表二人ともにテープに見立てたツタのつるにハサミを入れ、開店を祝った。

焼きたてバームクーヘンが提供される2階クラブハリエカフェ 店舗前には、普通車四一四台と大型バス二十台を収容する駐車場が整備されている。来年春には、現在、愛荘町にあるたねやグループの本社機能を敷地内に移転する予定。
 営業時間は、午前九時から午後六時(カフェは午後五時ラストオーダー)。元旦を除いて年中無休。電話(0748―33―6666)。
[PR]
by azch | 2015-01-13 22:55 | 安土観光拠点

県立安土城考古博物館 第50回記念企画展

日本酒はいつから?起源と歴史文化
滋賀報知新聞

=第50回記念企画展 安土城考古博物館で3月15日まで=
展示されている国内最大級(最大径1m14cm、高さ1m20cm、重さ90kg)の酒造用の大がめ
e0093407_1352331.jpg


 日本列島で、酒はいつ頃から製造され、どのような酒文化が生まれていったのか?。そんな疑問に答える展覧会「人ノ性(さが)、酒ヲ嗜(たしな)ム 神を招き、人を結ぶ」が、県立安土城考古博物館で開かれている。琵琶湖文化会館との共催で第五十回記念企画展として催している。
 タイトルは、中国の史書「三国志」の烏丸鮮卑東夷伝倭人条に「人ノ性、酒ヲ嗜ム」と、倭人の風俗を記述されていることから命名。
 展示は、三月十五日まで。今月二十五日までの前期展では、古代から中世の酒にスポットを当て、古墳、奈良・平安時代の遺跡から出土した須恵器や大がめの展示を通して、日本での酒の黎明期を紹介。
 また、日本酒の起源とされる中世寺院での酒造りや飲酒に使われた酒壺、室町時代にあった酒屋や麹(こうじ)室などを設けた醸造技術の高さ、酒造業者への課税のはじまりに関する古文書などが展示され、日本酒のルーツを解説している。
 実際に酒が飲まれていた酒宴の情景を描いた江戸時代の「酒飯論絵巻」には、みんなで廻し飲みして酔っぱらっているようすが描かれ、飲み過ぎて自己制御が出来なくなる酒の魔力がユーモラスに描かれている。絵巻の展示は十日まで。
 近世になって「徳利」や「銚子」に移っていった酒の飲み方や、飲酒の趣にこだわったユニークな酒器の展示を通して、酒と文化の歴史について説いている。
 琵琶湖文化館の所蔵品を展示する後期展「桜花の寿ぎ」は、二月七日から始まる。
[PR]
by azch | 2015-01-07 22:50 | 観光ネットワーク
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31