安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

秋季特別展「造形衝動の一万年」

秋季特別展「造形衝動の一万年」

滋賀報知新聞

=ものづくりの内面探る 県立安土城考古博物館=
県立安土城考古博物館ではじまった秋季特別展「造形衝動の一万年」
e0093407_956173.jpg


県立安土城考古博物館の秋季特別展「造形衝動の一万年」が始まった。十一月三十日まで。
 今回の特別展は、古代から人の心の奥にある物をつくり出す意欲や精神につながる「造形への衝動」をテーマにしたこれまでと違ったジャンルの企画展で、全国の著名な遺跡から出土した縄文土器、土偶、埴輪(はにわ)、木彫刻や精霊として崇められてきた世界各地の造形物、それに時代や地域とは関係なく心の内面を表現したアール・ブリュット作品合わせて一二七点を展示。
 アール・ブリュットは、美術教育を受けていない人たちが、自己流で創作した絵画や造形のことで、滋賀県では、粘土で創作された知的障害の人たちの立体作品が高く評価されており、その取り組みの先進県として知られている。古代の土偶や埴輪などの出土品も広義ではアール・ブリュット作品とも言える。
 創り出された時代や場所、背景は違えども、人の心の内面から生み出された作品に込められた思いや願いが見る側に語りかける。
 美術作品としての評価だけでなく、実用品でもない造形物を創り出す人間だけが持つ心の衝動を、時空を越えたそれぞれの作品から探る展覧会となっている。
 月曜・祝日の翌日休館。午前九時~午後五時(入館は午後四時半まで)。入館料大人八九〇円、高校・大学生六三〇円、小・中学生四一〇円、県内六十五歳以上四五〇円。問い合わせは同博物館(TEL0748―46―2424)へ。


琵琶湖と水の文化誌「よし笛と絵語り」

=県立安土城考古博物館=

 県立安土城考古博物館で二十三日午後一時半からよし笛と絵語りでつづる、琵琶湖と水の文化誌「湖水曼荼羅(こすいまんだら)」が開かれる。
 山に囲まれた盆地にある琵琶湖は、その周囲の山々から源水を集めて自然の営みを形成。その過程の中で美しい自然景観をつくり、人々の祈りの場や、それにまつわる仏像など信仰を集める壮大な自然空間を創り出してきた。
 水に始まる琵琶湖と人々のさまざまな関わりを絵語りで解説し、琵琶湖から生まれたよし笛の演奏を聴かせる。
 参加自由で無料、定員百四十人。問い合わせは、同博物館(TEL0748―46―2424)へ。
[PR]
by azch | 2014-09-24 22:53 | 観光ネットワーク

BIWAKOビエンナーレ、ヴォーリズ没後50周年展

BIWAKOビエンナーレ 古い建物と現代アート
滋賀報知新聞

=近江八幡旧市街地14か所 国内外から70組の作品=
会場の一つ、近江八幡まちや倶楽部の展示作品
e0093407_17194652.jpg


 昔の風情が色濃く残る近江八幡旧市街地の商家や酒蔵など十四か所を会場にした現代アート展「BIWAKOビエンナーレ」(主催=NPO法人エナジーフィールド)が始まった。十一月九日まで。
 ビエンナーレとは、隔年ごとの開催の意味。近江八幡市では二〇〇四年から始まった。六回目を迎える今年は、十か国から七十組のアーティストが参加した国際色豊かな展覧会で、ジャンルにとらわれない前衛的で観る人に何かを語りかけるような作品が多く寄せられた。どの会場も歴史文化が染みついた建物空間や構造を生かし、仕掛けのある展示内容に仕立てられており、展示場の雰囲気と作品との調和にも関心が寄せられている。入場料大人二千円、学生千五百円。中学生以下無料。
 開催期間中は、ナイトツアーやライブイベント、こどもワークショップなとが催される。問い合わせは、BIWAKOビエンナーレ事務局(TEL0748―26―4398)へ。




ヴォーリズ没後50周年展
ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(1880-1964)
e0093407_1720510.jpg


 ウィリアム・メレル・ヴォーリズの没後五十周年を記念して、同氏の生涯や、実績である建築、伝道、医療、教育、製薬販売などを紹介する企画展が十月四日から、ゆかりのある近江八幡市の旧市街地一帯で開催される。十一月三日まで。
 ヴォーリズは明治三十八年、二十四歳の若さで米国から来日し、昭和三十九年に亡くなるまでの六十年間、近江八幡市を拠点に多岐にわたる功績を遺した。


かつてのヴォーリズ夫妻の住まいである「ヴォーリズ記念館」 企画展では、旧市街に点在するヴォーリズ建築群を含む八会場で、テーマ別の展示を観覧するとともに、八幡堀や近江商人屋敷の町並み、ヴォーリズ建築群を巡る散策も楽しんでもらう。
 なお期間中は、十月十二日に人気作家・玉岡かおる氏、同十八日に姜尚中(カン・サンジュン)氏の講演会、ヴォーリズゆかりの大学の演奏会などがほぼ毎日開かれる。
 問い合わせは白雲館(近江八幡市為心町)内のヴォーリズ没後五十年記念事業実行委員会(050-5542-8600)へ。
[PR]
by azch | 2014-09-18 23:15 | 安土観光拠点

八幡堀まつり

秋の宵を楽しむ きょう・あす 「八幡堀まつり」

滋賀報知新聞より
e0093407_17121770.jpg

=堀端・町並みライトアップ 各施設ではコンサート=

 八幡堀や周辺の町並みに灯りをともし、深まり行く秋の宵の風情を楽しむ「八幡堀まつり」が十三、十四日の二夜にわたり開かれる。
 第十七回を迎える今回は、八幡堀の堀端や旧市街地の通りを手作りローソクでライトアップ。やさしく、温かな灯り約二千五百個の列が、受け継がれてきた旧市街地の歴史と伝統の美を浮かび上がらせる。
 まつりに協賛する文化施設の無料公開や町屋の特別公開、コンサートが催される。 
 公開される歴史文化施設は、旧八幡郵便局(ヴォーリズ建築)、かわらミュージアム、白雲館、野間清六邸(商人屋敷)、市立資料館(旧伴家住宅)、天籟宮(てんらいきゅう)、ボーダーレス・アートミュージアムNO―MA、マルチメディアセンター、近江八幡まちや倶楽部。


八幡山山頂から望む「はちまんドル」の夜景 イベントでは、野間清六邸で午後七時からギターアンサンブルと琴アンサンブルのコンサート、白雲館のアフリカ音楽と絵画展、天籟宮ではBIWAKOビエンナーレ2014、ボーダーレス・アートミュージアムNO―MAの企画展、石畳の小路のクラリネットコンサート、マルチメディアセンターのパソコン教室生の作品展示とパソコン無料相談などが開かれる。
 屋外では、八幡山ロープウェーの営業時間を午後九時(上り最終午後八時半)まで延長し、山頂駅から瑞龍寺までの散策道をライトアップする。
 山頂から眺望できる市街地の夜景は「はちまんドル」とも呼ばれ、その美しさに人気を集めている。山頂の瑞龍寺本堂前ではヨシ笛とオカリナのコンサートが開かれる。時間はいずれも午後六時から午後九時まで。問い合わせは、近江八幡市観光物産協会(TEL0748―32―7003)へ。
[PR]
by azch | 2014-09-14 23:10 | 安土観光拠点

安土地域伝統文化のつどい

地元の文化を再認識

=安土地域伝統文化のつどい=
e0093407_1792673.jpg


 古くから地元に伝わる芸能や神事などを公演する「安土地域伝統文化のつどい」が7日夕、近江八幡市の常濱水辺公園(安土町常楽寺)で開かれた。
 地域で守られ、伝承されてきた歴史文化や四季にまつわる行事に親しむ機会を提供し、今一度、地元で培われてきた文化に関心を深めようと開催。今年で5回目を迎える。
 広い公園の緑地から秋の虫の声が聞こえる中、午後7時前から始まったつどいでは、熊野神社(安土町香庄)に伝わる太鼓と松明、沙沙貴神社の雅楽「越天楽」と巫女の舞「里神楽」、浄厳院の「かちどき念仏」が特設ステージで順番に演じられた。また、地域交流のステージでは、同市牧町、五社神社の和神楽や小学生で構成する「はちまん江州音童」の名調子が披露され、客席から音頭に合わた手拍子が広がった。
 会場では模擬店が並んだ「観月の夕べ」も同時開催され、大勢の人々が訪れ賑わった。
[PR]
by azch | 2014-09-14 23:07 | 安土観光拠点

近江八幡市9月定例会、まちづくりの手法を考えるシンポジウム

近江八幡市9月定例会 一般会計 46億円追加補正
滋賀報知新聞より

=新ごみ処理場の計画前倒し マルチメディアセンター廃止=

 近江八幡市の九月定例市議会は五日開会され、開会日に市当局から平成二十五年度の各会計決算の認定及び今年度補正予算合わせて予算関係十九件、条例関係十一件、議決案件四件の計三十四議案と報告二件が提案される。
 最終日には人事案件一件を予定している。会期は三十日まで。
 平成二十五年度の一般会計決算額は、歳入三二〇億〇、一〇五万八、八五一円、歳出三〇九億三、六〇九万〇、一三三円で、差引一〇億六、四九六万八、七一八円。このうち翌年度繰越金二億二〇万円を差し引いた実質収支額は八億六、四七六万八、七一八円の黒字となった。
 今年度の一般会計補正予算案は、四六億一千万円を追加し、総額三四一億七千万円に増額する。
 内訳は、竹町に建設する新ごみ処理場の工事計画を前倒しして工事費を二三億七、七九七万六千円増額、桐原コミュニティセンター整備工事費四億八、四五八万一千円、国民健康保険特別会計繰出金五億〇、二三〇万七千円。桐原小学校施設整備事業費四億三、七一三万六千円。基金積立四億三、二三八万五千円などとなっている。
 このほか、武佐コミュニティセンターの設計委託費と桐原コミュニティセンター工事費など五億一、六六〇万一千円、高齢者向け福祉介護施設等のスプリンクラー整備補助金二、〇八九万六千円、水痘および高齢者肺炎球菌の予防接種三、四〇〇万円、安土城VRシステムの常設設置施設の工事費一、五九二万六千円、市文化会館修繕費六〇四万円も含まれている。
 条例関係では、市立安土こどもの家を入所者増などから「安土第1こどもの家」と「安土第2こどもの家」に改称して二施設に増設と、市立北里こどもの家(十一月完成)と市立島こどもの家(来年三月完成)を設置するための条例の一部改正、施設建物が未耐震構造のうえ築五十三年を経過して老朽化が進み、施設の目的も達成されたとして市マルチメディアセンターを廃止する条例の制定などがある。
 市は、マルチメディアセンターに備えている情報機器や行政データ管理を新市庁舎の完成に合わせて移設する計画で、それまでマルチメディアセンターで現状のまま、活用することにしている。



まちづくりの手法を考える シンポジウム開催

=庁舎改築とにぎわいの官庁街 基調講演とパネルディスカッション=
「まちづくりの手法を考えるシンポジウム」のチラシ
e0093407_1763498.jpg

 近江八幡市はきょう三十日午後一時半から市文化会館小ホールで「まちづくりの手法を考えるシンポジウム」を開く。
 同市は、市庁舎の改築を機ににぎわいのある官庁街づくりをめざしており、その手法を市民とともに模索する場として開催する。
 第一部では、「ランドスケープとまちづくり」をテーマに山崎正史立命館大学特任教授が基調講演を行い、公共空間の整備や都市景観行政等を組み入れたまちづくりの進め方について専門家の立場から論点を提示する。
 このあと、市のまちづくりアイデア募集で、滋賀職業能力開発短期大学校住居環境科の平成二十五年度生と丸山正実氏が提案した「つながりの輪で築こう“新しい近江八幡”」の発表と市の庁舎整備基本構想および官庁街まちづくり計画の報告が行われる。
 第二部のパネルディスカッションでは、パネリストに迎えた南條洋雄氏(建築家)、野田由美氏(NPO活動家)、真田陽子氏(一級建築士、よし葦き職人)に冨士谷英正近江八幡市長が加わり、「近江八幡市のランドスケープ」をテーマに意見を交わす。
[PR]
by azch | 2014-09-03 22:04 | まちづくり研究会
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30