安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ツバメのお宿ウォッチング

西の湖畔に飛来する大群「ツバメのお宿ウォッチング」

滋賀報知新聞より

=日没時の不思議、体験=
西の湖のヨシ原に群をなして集まってくるツバメを観察する参加者
e0093407_1723366.jpg

 春に巣立ちしたツバメは、今、どこをねぐらに暮らしているのだろうか。そんな疑問を解き明かす「ツバメのお宿ウォッチング」が二十三日夕、近江八幡市の西の湖畔で行われた。
 ツバメは、子育てを終えると東南アジア地域に渡るが、寒い冬がやってくるまでは国内にとどまり、巣立った幼鳥は親鳥とともにヨシ原などをねぐらにして、渡る時期が来るのを待つ。
 西の湖では、ヨシ原に日没が近づくころ、県内各地からツバメが次々と集まり、大群をなして夕空を飛び回り、仲間が集まったあと、ヨシ原の中に放たれた矢のように落下して消え、身を守る。
 県内では西の湖の他、高島市、草津市、湖南市、長浜市の合わせて五か所のヨシ原に大群が集まることが知られており、そのうち、西の湖はヨシ原の規模が大きいことから県内では最も多くのツバメが集まり、多い時には五万羽以上の大群が夕空を素速く飛び回る姿が見られる。
 ウォッチングは、こうした自然の営みにふれ、ツバメと西の湖について知ってもらおうと近江八幡市水と緑の環境ネットワーク市民自然観察会が、三年前から開いている。
 午後五時半、西の湖畔のやすらぎホールに親子を中心に三十人近くが集まり、同会のメンバーからツバメはどこからやってくるのかや種類、ねぐらのヨシに入るようす、観察のポイントなどの説明を聞いて知識を深めたあと、マイクロバスに乗ってツバメが集まってくるポイントに向かった。
 この日、雷を伴うあいにくの降雨に見舞われたが、ツバメがやってくる時間帯には、雨が止み、バスを降りてヨシ原めざしてあちこちから次々に飛来してくる群れを探索した。しばらくして、肉眼や用意されたスコープや持ち寄った双眼鏡で、大群が飛び回る姿が見られた。
 参加者らは、ツバメがヨシ原に入る時は急降下して、瞬く間に群の姿が消えることなど二十年近く観察を続けている三木勇雄さん(69)の説明に耳を傾けながら、限られた夕方に繰り広げるツバメの行動に感動していた。
[PR]
by azch | 2014-08-28 22:01 | 西の湖環境保全

文化経済アートステージ2014

古いたたずまいの旧酒蔵でトークとコンサート
滋賀報知新聞より
=文化経済アートステージ~近江八幡まちやの午後~=

「文化経済アートステージ2014~近江八幡まちやの午後~」のチラシ
e0093407_15194047.jpg

 文化・経済フォーラム滋賀(事務局・県文化振興事業団)は二十四日午後三時から近江八幡市仲屋町中の近江八幡まちや倶楽部で「文化経済アートステージ2014~近江八幡まちやの午後~」を開く。入場無料。
 近江商人屋敷やヴォーリズ建築など、歴史的建造物が数多く残る近江八幡の旧市街地のロケーションを活用したコンサートを催し、そこに集う人々や地域で暮らす住人との出会いや交流を目的に開催。
 内容は、順に▽BIWAKOビエンナーレを企画運営するNPO法人エナジーフィールドの総合ディレクター・中田洋子さんのトーク「BIWAKOビエンナーレについて」▽日本よし笛協会「レイクリード」のヨシ笛の演奏▽生田流正派「湖都美会」の箏、十七絃、尺八の演奏▽NPO法人はちまんまちづくり「間」の会会長・石井和浩さんのトーク「近江八幡の歴史的建造物を活かしたまちづくり」が催される。
 近江八幡まちや倶楽部は、約三百年の歴史を有する古い酒蔵を改装した施設で、旧市街地の賑わいを復活する運動に取り組んでいる。入場には、事前に同倶楽部などに置いてある入場整理券が必要。問い合わせは、同事務局(TEL077―522―8369)へ。

[PR]
by azch | 2014-08-22 22:17 | まちづくり研究会

保智六製麺所 新開発のうどん麺とそば麺

地産地消をめざし新開発の麺販売


滋賀報知新聞より
=「近江かぼちゃうどん」と「石寺れんこん和そば」=
きてか~なで販売されている新開発のうどん麺とそば麺

 安土町常楽寺の保智六製麺所が、「近江かぼちゃうどん」と「石寺れんこん和そば」を開発し、近江八幡市のファーマーズマーケット「きてか~な」で販売している。

保智六製麺所・地元産にこだわり

 保智六製麺所は、西の湖のヨシの粉末を加えた「よしうどん」を製造している老舗で、三代目当主の保智伸一さん(65)が、何か地元の特産にこだわった新しい麺をと、麺の原材料に地元産の野菜の粉末を練り合わせた商品開発に取り組んできた。
 ニンジンやホウレンソウなど、二年間いろいろな野菜を試した結果、カボチャとレンコンの粉末をそれぞれ五%混ぜることで、麺の食感、味、衛生管理などの課題を克服し、良質の麺ができることを突き止めた。
 近江かぼちゃうどんは、湖東地域産の小麦「ふくさやか」に地元安土産の「近江カボチャ」を、石寺れんこん和そばは、ふくさやに北海道産のそば粉を練り合わせ、昔から知られる石寺特産のレンコンを粉末にして加えた。

新しい麺を開発した保智伸一さん
e0093407_1515574.jpg

 かぼちゃうどんは、カボチャの黄色が薄く浮き出た上品な色合いの麺で、なめらかな食感とカボチャの甘みが特徴。また、れんこん和そばは、石寺のレンコンの特徴であるもちもち感とそばの風味を引き出している。
 保智さんは「きてか~なのオープンに合わせ、地元産にこだわった麺の開発に取り組んできた。配合割合を考え、野菜のうま味を出すのに苦心しました。昔ながらのおいしさを継承する自家製のだしつゆと合わせて食してもらえれば、おいしさが増します。是非、ご賞味を」と話している。
 うどんは、一パック三三八円(税込み)、そばは同三五八円(同)。いずれも二食入り。きてか~な限定販売。だしつゆは大一九三円、小一〇〇円。
[PR]
by azch | 2014-08-18 22:14 | まちづくり研究会

旧西川利右衛門家住宅で開かれている着物展

凛とした夏の着物 八幡商家の着物展



滋賀報知新聞より
=気品高い色合いと紋様=
旧西川利右衛門家住宅で開かれている着物展
e0093407_1512442.jpg

 近江商人家の女性は、どんな着物で暑い夏を過ごしたのか。そんな商家の服装文化を紹介した「八幡商家・季節の着物展―夏―」が、近江八幡市立資料館の一つ旧西川利右衛門家住宅(重要文化財)で開かれている。三十一日まで。
 資料館には、市内から寄贈された約六百点余りの着物を所蔵保存しており、現代では見ることが少なくなった着物と人々の生活の関わりを知る貴重な資料となっている。
 着物は帯で締めることから暑い夏時期の着用を敬遠されがちだが、着物が主流だった昭和初期ごろまでの商家の女性たちが着こなした代表的な夏服としての着物七点を選び展示している。
 暑さを乗り切るために麻織物やちぢみ織りの生地を使い、濃いグレーの落ち着いた色合いで涼感を表現。紋を入れて単調になりがちな単衣物(ひとえもの)にアクセントを付け、気品ある着物に仕上げているものもある。
 また、江戸末期の麻生地をグレーに染め、裾に月とすすき文様を施して「抱若松(だきわかまつ)」の紋を入れた友禅染めの価値ある外出着や、麻生地を紺色に染め、絣(かすり)模様に雲や鶴、亀を細かく描き出した明治時代の夏着、祝い事や儀式などに着用したと思われる藍ねずみ色に染めた麻生地に「三つ松皮菱」の紋を入れた単衣物など、いずれも落ち着いた色彩や柄による気品の高さと凛とした着物の良さが感じとれるもので、当時の商家の女性が着物文化を重んじた暮らしぶりの一端が伺える。入館料一般五百円、小・中学生三百円。月曜日休館。開館時間は午前九時から午後四時半まで(入館は午後四時まで)。問い合わせは市立資料館(TEL0748―32―7048)へ。
[PR]
by azch | 2014-08-14 23:11 | 観光ネットワーク

夏の夜市&信長・夏の夜の夢 

安土駅前で夏の夜市


滋賀報知新聞

=10日 午後5時~=
安土駅前商店街で十日午後五時から「第二回夏の夜市」が開かれる。小雨決行。
 安土町商工会女性部と安土学区まちづくり協議会などが共催した地域活性化のお楽しみイベントで、新竹園医院の駐車場に特設したステージでフラダンスや歌、お楽しみ抽選会などを行う。
 駅前ロータリーでは安土駅開設百周年を記念して昔の写真展、まち協バンドの鉄道唱歌の演奏などの記念イベント、歩行者天国に開放した駅前商店街道路では百円市などが開かれる。

安土城跡ライトアップ「信長・夏の夜の夢」


=9日 午後6時~9時=
安土城跡で九日夕、信長が孟蘭盆会(うらぼんえ・当時の盆行事)の夜にイタリアに帰国するヴァリニャーノ神父を安土城にかがり火を灯してもてなしたという故事を再現する「信長・夏の夜の夢」が開かれる。小雨決行。
 大手道広場と長さ約百八十メートルの大手道の石段両側に千二百個以上の灯りを並べてライトアップし、歴史に残る武将たちが往来した戦国の歴史ロマンに浸る。
 大手道前の広場では、午後六時から信長出陣太鼓の演奏、安土往還記朗読劇、信長と家臣団の寸劇、ヴァーチャルリアリティ安土城の上映などのイベントが行われる。午後九時まで。
[PR]
by azch | 2014-08-09 23:08 | 安土観光拠点

伊崎の棹飛び

湖面にダイブ 伊崎の棹飛び


滋賀報知新聞

=人々の願い成就へ 僧侶ら10人が「捨身の行」=
突き出た棹から湖面に飛び込む僧侶
e0093407_1572879.jpg

 琵琶湖に突き出した棹(さお)から湖中に飛び込む天台宗延暦寺支院伊崎寺(近江八幡市白王町)の「棹飛び」が一日、同寺棹飛堂で行われた。
 平安時代から伝わる伝統の仏事で、百日回峰行を修業した僧侶(行者)が、「捨身の行」として飛び込んでいる。
 ことしも全国から三十~四十三歳までの僧侶と法師ら十人が同行を務め、午前十一時からの法要のあと、祈願を込めた信徒らの名前が綴られた白の浄衣を身にまとった僧侶らが、吹き鳴らされるほら貝を合図に棹飛堂に集まり、一人ひとり順番に高さ約七メートル、湖上に十三メートル突き出した棹先(幅三十センチ)まで一歩一歩近づき、飛び込んだ。
 揺れる棹に動じることなく竿先に向かう経験者や恐る恐る足を進める初めての僧侶など、それぞれようすは違ったが、先端に立つと直立不動のまま手を合わせ、迷うことなく一気に飛び込んだ。
 棹飛堂とその周辺に集まった参拝者や見物人らが、順番に湖に飛び込む修行を見守った。
[PR]
by azch | 2014-08-07 22:06 | 観光ネットワーク

第29回八幡てんびんまつり 

第29回八幡てんびんまつり 多彩なイベント
滋賀報知新聞より

=盆踊りでクライマックス 西の湖畔では花火大会=
昨年の八幡てんびんまつりのようす
e0093407_1543777.jpg

 近江八幡の真夏を彩る「第二十九回八幡てんびんまつり」が三日正午から市役所前一帯で開かれる。雨天決行。
 ことしは、近江八幡商工会議所東側の車道にメインステージが設けられ、夏祭りを盛り上げる。
 正午から八幡西中学校の吹奏楽演奏でオープニングを飾り、続いて紫雲保育園児のマーチングバンド、新極真カラテの演舞、コンサート、創作ダンス、近江兄弟社学園中学校の吹奏楽、市内で活動する和太鼓クラブ六チームによる演奏と和太鼓五十台による合同演奏、はちまん江州音童の江州音頭などが繰り広げられる。午後六時過ぎからは参加団体が輪になっての盆踊りでクライマックスに。
 会場では、県近江食品衛生協会の「食品衛生こどもクイズ」や「バルーンアート体験教室」、レースカーの展示や自衛隊コーナー、フリーマーケット、金魚すくいのコーナーなど多彩な催しのほか、夏休み献血キャンペーンが行われる。
 盆踊り終了後の午後八時から花火大会が開かれ、浅小井町地先の長命寺川寿久橋付近からスターマインや大玉など合わせて約千二百発が夜空に次々と打ち上げられ、音と光のページェントを繰り広げ、まつりのフィナーレを飾る。午後八時五十分ごろ終了予定。
 当日は、あかこんバスが時刻表NO3から平日ダイヤで運行されるほか、午後七時より近江八幡駅前からまつり会場を経由して花火会場近くまでシャトルバスが運行される(片道・大人二五〇円、小人一三〇円)。問い合わせは、八幡てんびんまつり協議会事務局(TEL0748―32―6654)へ。
[PR]
by azch | 2014-08-02 15:03 | 観光ネットワーク
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31