安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ヴォーリズ建築の記念館

ヴォーリズ建築の記念館2棟 あすから「秋の特別公開」

=12月1日までの土・日・祝日=

ウォーターハウス記念館(池田町)
e0093407_10432987.jpg

 近江八幡観光物産協会は、あす二十六日~十二月一日まで、旧市街地に保存されているヴォーリズ建築の「アンドリュース記念館」と「ウォーターハウス記念館」の特別公開を行う。ともに国登録有形文化財。
 同市内には、住宅や公共施設など二十棟余りのヴォーリズ建築物が保存、継承されているが、その多くが個人住宅や学校などであることから見学できる建物が限られ、現在のところ一般公開されているのは、旧八幡郵便局、郷土資料館、旧伊庭家住宅の三棟(八幡教会は除く)にとどまっている。
 このため、出来るだけ多くの人にヴォーリズ建築の魅力にふれてもらおうと四月から一か月間、同記念館二棟の「春の特別公開」を実施したところ、予想を上回る一、三三五人もの見学者があった。
 同協会では、ヴォーリズ建築を目的に来幡する観光客の間から内部の見学を望む声があることから春に引き続いて「秋の特別公開」を行うことにした。
 為心町中にあるアンドリュース記念館は、ヴォーリズがキリスト教信者に導いた大学時代の親友、アンドリュース氏の死後、氏を記念して一九〇七年(明治四十年)に建てられたヴォーリズ建築最初の建物で、建設当初は「アンドリュース記念近江八幡基督教青年会館(YMCA)」として使われた。現在の建物は、一九三五年(昭和十年)に隣接地に改修移築された。


アンドリュース記念館(為心町中) 
e0093407_1044081.jpg

一階の記念室は「祈りの部屋」と呼ばれ、ヴォーリズが過ごした書斎と小部屋が当時のまま保存されている。公開は「祈りの部屋」と二階の「和室」。
 池田町のウォーターハウス記念館は、ヴォーリズ合名会社が一九一三年五月、社宅として建てたアメリカの伝統的な建築様式であるコロニアルスタイルを伝承する三階建て住宅。内部に十一室もの部屋、ビルトインタイプの暖炉が五か所に備えられている。早稲田大学の英語科講師として来日したウォーターハウス氏が一旦帰国後、夫婦で再来幡し、同年十月に入居。帰国するまで約六年間を過ごした。
 建築から百年を迎え、老朽化が目立っていたため全面改修を行い、二〇〇九年一月に建設当時の姿が甦った。アメリカらしい建物外観や洋館街の中でひときわ目を引く外観の美しさなどから見物客が多い。公開は「リビングルーム」、「ダイニングルーム」、「居室三部屋」。
 いずれも公開は、土、日、祝日の午前十時~午後四時まで。入館料は二館セット三百円(一館のみ二百円)。問い合わせは、同協会(TEL0748―32―7003)へ。
[PR]
by azch | 2013-10-25 22:40 | 安土観光拠点

おうみはちまん町屋deバル

9店舗で特別メニュー おうみはちまん町屋deバル


=1チケット・3店舗で飲食可 11月16日午後3時~6時=
おうみはちまん町屋deバルのポスター
e0093407_10395195.jpg


定額の飲食チケットを購入して食べ歩きを楽しむ「バル」が十一月十六日、近江八幡市で開かれる。
同市の市街地には、昔の町屋や古民家を再生された店舗や催し会場などが相次いでオープンし、昔の風情漂う町歩きと店舗巡りが楽しめる街の魅力を広く発信して集客につなげようと近江八幡商工会議所とはちまん青年経営者会が「おうみはちまん町屋deバル」として企画した。
 参加店舗は、「酒游舘」、「UTSUWA cafe IKAT」、「古代米すいらん」、「喫茶瓦亭」、「逢茶あまな」、「kenny's Bagels」、 「Cafe Cache」、「浜ぐら」、「郷土料理喜兵衛」の九店舗と奥村邸(一般公開のみ)。実施時間は午後三時~六時(入店は午後五時半まで)の三時間。
 各飲食店は、バル用の特別メニュー(料理とドリンク各一点)をチケットと交換で提供する。提供数は店舗によってまちまちで三十~六十食。一枚二千五百円のチケットで三枚の飲食券がついており、三店舗で一枚ずつ利用しての飲食が楽しめる。一店舗で一枚の飲食券が使えるが、同一店舗で同じチケットの飲食券を複数使うことと料理の持ち帰りは出来ない。料理の写真撮影は店舗の了解を得る。各店舗前で待つイベントスタッフにチケットを提示して入店する。
 チケットは、インターネット(http://8machiyabar.com)か同商工会議所窓口で予約販売している。販売数は百五十枚。
 飲食券が残っても払い戻しはしない。また、当日以外の利用は出来ない。三店舗で飲食すると店舗番号で景品が当たる抽選会を行う。また、アンケートの回答者にリップクリームをプレゼントする。問い合わせは、同商工会議所(TEL0748―33―4141)へ。
[PR]
by azch | 2013-10-22 22:12 | まちづくり研究会

西の湖アートフェスティバル

西の湖アートフェスティバル開催のお知らせ

西の湖にある浮島「権座」にて、人と人と自然の共生をテーマにしたアートフェスティバルを開催します。
日時 10月26日(土) 夕暮れ時
      27日(日) 10時~15時まで
場所 近江八幡市白王町権座

■26日「水郷コンサート」
当日は対岸から、コンサート、高さ10mのバンブーピラミッドのライトアップ、アート松明の展示、点火をご覧いただけます。(権座には上陸できません)
なお、定員90名先着順、有料(お一人様2500円お弁当つき)になりますが、湖上でお弁当を召し上がっていただきながらコンサートをご覧になっていただくこともできます。

お問い合わせ、お申し込みは
㈱まっせTEL.FAX 0748-47-2045までご連絡ください。

※出演者やスケジュール等、詳細は決定次第公開致します!


■27日「農の収穫感謝祭 in Gonza」&アート作品展示会
毎年恒例の白王町の収穫感謝祭に合わせて、アート作品の展示会を開催致します。
白王町集落営農組合が農の収穫感謝祭を権座水郷を守り育てる会と共同で開催します。
白王町のこだわりの野菜などの物産や模擬店が出展され、権座へのミニツアーも行われます。

イベント当日は権座へ田舟で上陸でき、竹で製作した巨大ピラミッドを間近で鑑賞することができます。
浮島に渡れるチャンスです!ぜひご家族お誘い合わせのうえお越しください。

e0093407_1323774.jpg


西の湖アートフェスティバル10/26~27開催!

おうみはちまんまちづくり会社「まっせ」が主宰するイベント「西の湖アートフェスティバル」が開催されます。
今回初となるこの催し物は、白王町にある西の湖の離れ島「権座」を舞台に開催されます。権座地区に出現するピラミッド状の竹で製作された、大野外アート作品の前で舞台を組んで「黄昏コンサート」が開かれます。観客は水郷巡りの船の中から、権座の陸地で演奏される音楽を聴きながら、食事を楽しむという企画であります。またフィナーレには作品の周囲にある松明に火がつけられ炎との共演も楽しみであります。現在、実行委員会のほうでコンサートの観劇+水郷巡りの参加者を募集しております。ぜひ、この機会にめったに経験できない船上からの眺めを是非楽しんでください。



26.27日は「権座」へ 巨大バンブーピラミッド

e0093407_109171.jpg

=西の湖アートフェスティバル 白王町で「農の収穫感謝祭」=

 近江八幡市白王町地先の西の湖に浮かぶ唯一の島地「権座」(約二・五ヘクタール)で二十七日、巨大なバンブーピラミッドを展示するアートフェスティバルが開かれる。
 同市まちづくり会社「まっせ」が催すイベントで、「人と人、人と自然との共生」をテーマに地元の竹材を使ってピラミッド状の大きな立体を田んぼに組み上げ展示し、鑑賞してもらう。
 高さ七メートルの立体作品で太竹を菱形に組み上げてピラミッド形に仕上げられている。
 白王町集落営農組合主催の「農の収穫感謝祭」も近くの自治会館で同時開催され、権座で収穫された酒米で造られた吟醸酒「権座」の試飲や物産販売、模擬店が出店。おにぎりや野菜のてんぷら、権座シチュー、粕汁などを提供、販売する。
 午後からは白王町民グラウンドで、チュリッシュの名前で知られている西川さん夫妻がフォークソングを中心とした水郷コンサートや権座と水郷を船で巡るミニツアーが計画されている。
 イベントの参加費(乗船代含)大人千円、小学生以下の子ども五百円。小雨決行。
 前日には、午後六時から権座で水郷コンサートが開かれる。巨大ピラミッドがライトアップされるほか、松明も点灯し、秋の農地に浮かぶ灯りのオブシェを楽しむ。対岸の船着き場を午後五時出航する。
[PR]
by azch | 2013-10-18 22:20 | 西の湖環境保全

沙沙貴神社楼門 改修工事

沙沙貴神社楼門 改修工事見学会

=37年ぶりに保存修理 27日午前10時と午後2時の2回=

防護壁に囲まれ保存修理が進められている沙沙貴神社楼門
e0093407_13195887.jpg

 保存修理が進められている近江八幡市安土町常楽寺の沙沙貴神社楼門で二十七日、一般対象の工事見学会が開かれる。
 社記によると同楼門は、一七四七年(延亨四年)の建立で、一八四三年(天保一四年)の火災で本殿や拝殿が焼失した中で延焼を免れた。三間一戸構造で入母屋造り茅葺きの江戸時代中期の建築様式を伝える建造物として一九二七年(平成二年)、県指定文化財に登録された。
 前回の一九七六年(昭和五十一年)の屋根葺き替え修理から三十七年が経過し、風雨や経年により屋根全体の腐朽や棟廻りに傷みが進んでいたため、屋根全面の葺き替えと建物を解体し破損した棟木の取り替えや軒天井の修理など、大がかりな修復工事が行われている。
 工事費には、県のふるさと納税制度などを利用した「マザーレイク滋賀応援寄附金」が充てられ、多くの人々からの善意が文化財保護に役立っていることへの理解や貴重な文化財の構造および伝統の技法を多くの人々に見てもらおうと見学会を開く。
 時間は、午前十時からと午後二時からの二回で各三十分程度。定員は各回三十人(先着順)で参加無料。工事用足場(高さ約五メートル)からの屋根を望む見学のため安全な服装、靴で参加する。雨天でも行う。
 参加申し込みは、ハガキに見学希望時間(午前十時~または午後二時~)の別、参加人数、代表者の氏名、住所、電話番号を記入して〒521―1351近江八幡市安土町常楽寺1番地、沙沙貴神社楼門見学会係へ郵送する。問い合わせは、同神社(TEL0748―46―3564)へ。
[PR]
by azch | 2013-10-16 23:17 | 安土観光拠点

台風十八号の市内の被害状況

台風18号の爪痕 近江八幡市内の被害状況

=床上・床下浸水37か所 避難所に1,424人=


 近江八幡市は二十六日に開いた定例記者会見で、今月十五~十六日に来襲した台風十八号の市内の被害状況(二十日現在)をまとめ発表した。
 それによると、島、北津田町など土崩れ十五か所、道路の陥没、崩壊、通行止めなどは十三か所に発生した。浄土寺町と中之庄町に土砂崩壊により民家の一部に土砂が流入したほか、出町、北之庄町、千僧供町など七か所で床上浸水、安土町江の島など三〇か所で床下浸水の被害があった。
 農作物については、北津田町、大中町、安土上豊浦などの水稲二七八ヘクタール(被害額三、二九六万円)豆類八一ヘクタール、大中地域、北之庄町などの野菜一九九ヘクタール(同一億九、一〇七万円)のほか、果樹や花きにも被害が広がった。また、農業施設については、ハウス八十七か所(同一、一二九万円)ガラス温室二か所、牛舎二か所などに被害が及んだ。
 市民生活への影響については、公共下水道の安土ポンプ場と市営住宅の浄化槽ポンプが停止した。安土ポンプ場は現在、仮ポンプ施設を設置して急場をしのぎ、修理を進めている。また、公共下水マンホールや宅内排水マスからの溢水は約一八〇か所、三七〇世帯に広がった。このほか、北之庄町で電柱が倒壊した。教育施設では、保育、幼稚園八施設、十一小学校、四中学校でガラスが割れたり、フェンスの倒壊など被害が相次いだ。
 日野川の水位上昇で東町、竹町、池田本町(住吉)、池田本町(虹の町)、川原町、安養寺町(下の水所)、篠原町、緑町、古川町、新巻町、浄土寺町、倉橋部町、東川町、上畑町、東横関町、馬淵町(南新在家、七ツ屋、新在家)に避難勧告を出し、計一、四二四人が避難所に退避した。このほか、水茎町と元水茎町が自主避難した。
 市が設置した水防体制に市職員二六九人、消防団員三一三人を召集し、被害調査や現場復旧にあたった。
 市では、被災者に家財道具等の廃棄物処理手数料の免除や納税の徴収猶予、個人住民税の減免など支援制度の活用を呼び掛けている。問い合わせは、市役所各担当課へ。
[PR]
by azch | 2013-10-02 22:13 | まちづくり研究会
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31