安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ニゴロブナ放流事業

ヨシ帯への放流、費用対効果高い

=ニゴロブナ放流事業を科学的に検討=

 ふなずしの材料にもなる琵琶湖の固有種、ニゴロブナの漁獲量は、琵琶湖の開発の影響で昭和六十年代から激減したが、効果的な放流で近年は回復傾向にある。その放流技術と費用対効果(費用便益比)を科学的に検討した県職員らによる学術論文がこのほど、日本水産学会論文賞に選ばれた。国内外で水産資源確保の必要性が高まる中、嘉田由紀子知事は研究成果を「国際的にも価値が高い」と話している。

論文をまとめたのは、昨年七月に急逝した藤原公一・前県水産試験場長を中心とするグループで、県職員のほか、県外郭団体の琵琶湖栽培漁業センターの職員、東京海洋大学の教員が参加した。
 内容は、これまで取り組んできたヨシ帯や沖合への放流事業について漁獲調査に基づき、技術効果と費用対効果を検討したもので、日本水産学会の選考では、大規模放流による科学的分析や、今後の水産事業における意義が評価された。
 調査は平成六年六月、体長十六ミリの稚魚に標識をつけて、<1>旧湖北町のヨシ帯<2>同町の砂浜湖岸<3>竹生島近くの水深八十メートルの水域<4>近江八幡市牧町のヨシ帯<5>高島市針江のヨシ帯―の五か所に計五十八万一千匹を放流した。
 また、別の放流では同年十月、大きさの異なる体長八十五ミリ、六十ミリ、四十ミリの稚魚を、北湖の沖合各地へ計九十九万二千七百匹放流した。
 翌年一月~四月、どれだけ生き残って成長しているかみるため、北湖で漁獲されたニゴロブナから再捕率(発見率)を調べると、十六ミリの稚魚は高島市針江のヨシ帯(五万五千平方メートル)の群れが最も高い〇・〇六一%で、ヨシ帯規模が大きいほど高く、沖合や砂浜の〇・〇〇四%と比べて十五倍だった。

一方、沖合へ放流した体長八十五ミリ~四十ミリの稚魚のうち、体長八十五ミリの群れが〇・〇七三%と、ヨシ帯を含めて最も高かった。
 しかし、種苗(稚魚)生産や放流に要した経費で漁獲金額を割った費用対効果をみると、高島市針江のヨシ帯の場合では一二・〇と最も効果的で、体長八十五ミリを北湖沖合へ放流した場合の二・二を大きく上回った。
 これにより論文は、「針江のヨシ帯への六月の種苗放流が最も高い経済効果が認められた。このため、同水域への種苗放流の集中が重要」と結論づけ、この研究成果はニゴロブナの放流事業だけでなく、県のヨシ帯造成事業にも生かされている。
 県水産課は「内水面だけでなく、海洋における水産事業でも参考にもなる」としている。
[PR]
by azch | 2013-04-26 23:27 | 西の湖環境保全

びわこJAZZフェスティバルin東近江

まちが音楽に染まる びわこJAZZフェスティバル

=35会場に180組のバンドが参加 20・21日 東近江市街地一帯=
第5回びわこJAZZフェスティバルin東近江2013の開催を呼びかけるチラシ
e0093407_0255558.jpg


 まち全体が音楽一色に染まる「第五回びわこJAZZフェスティバルin東近江2013」(同フェスティバル実行委員会主催)が、二十・二十一日に近江鉄道八日市駅前から東近江市役所間の随所で催される。
 今年は「なかまに感謝 ふるさとに感謝~みんなのフェスティバル2013~」をテーマに開催。ジャズはもちろん、ロックやポップス、吹奏楽など、アマチュアから有名プロミュージシャンまで百八十組以上のバンドやソロ演奏家が、延べ三十五か所以上の特設ステージや近江鉄道電車車内(八日市―近江八幡間)で演奏や交流を繰り広げる。
 各会場で配布されるパンフレットを片手にぶらぶら歩きながら会場を回るのもよし、お目当てのバンドをはしごするのもよし。自由なスタイルで、自由に楽しんでもらう。新たな出会いや発見があるかもしれない。
 開催時間は二十日が正午から午後五時まで、二十一日が午前十一時から午後四時まで。市役所メインステージではグランドフィナーレが、二十日午後五時からと二十一日午後四時半から行われる。
 市役所メイン会場では両日、八日市駅近くのほんまち通り商店街では二十一日に各種グルメや物産のフードコートが、松原特設ステージ会場では両日スイーツ村と手作り市が開設される。
 実行委員会(蔭山啓介委員長)では、第三回から続けている東日本大震災被災地の教育機関へ楽器を贈る支援活動に、今年も取り組む。各会場などで参加者に協力を呼び掛ける。また、当日のボランティア参加も歓迎。詳しくは、ホームページ(http://biwako-jazzfes.com)で。
 蔭山委員長は「東近江を代表するイベントに成長し、五年目を迎えることができたのは、協賛企業やボランティアのみなさんのおかげ。経済だけでなく、人と人のつながりを大切に、笑顔いっぱいのまちづくりへ、官・民・住、三位一体で地域を盛り上げていきたい。たとえ一時間でも会場へ足を運んで、いっしょに楽しんでほしい」と話している。
[PR]
by azch | 2013-04-15 23:23 | まちづくり研究会

ヴォーリズ建築の「アンドリュース記念館」と「ウォーターハウス記念館」

ヴォーリズ建築 2棟の記念館公開

=5月6日までの 土・日・祝日 近江八幡観光物産協会=
アンドリュース記念館(為心町中)
e0093407_23245785.jpg

 近江八幡市の旧市街地に保存されているヴォーリズ建築の「アンドリュース記念館」と「ウォーターハウス記念館」の一般公開が始まった。ともに国登録有形文化財。
 同市内には、住宅や公共施設など二十棟余りのヴォーリズ建築物が残っているが、一般公開されているのは期間限定も含め、旧八幡郵便局、郷土資料館、旧伊庭家住宅の三棟(八幡教会は除く)で、そのほとんどの建物は、文化財としての管理や維持などの問題から内部の公開はされていない。
 しかし、近年、ヴォーリズ建築を目的に来幡する観光客の間から内部の見学を望む声が多く寄せられるようになり、建物を所有保存している公益財団法人・近江兄弟社から両記念館を公開する申し入れが近江八幡観光物産協会にあり、協議の末、観光ボランティアガイド協会やびわこビジターズビューローの協力を得て期間限定で一般公開することにした。今後は、ようすを見て秋の観光シーズンにも公開を検討する。
 為心町中にあるアンドリュース記念館は、ヴォーリズがキリスト教信者に導いた大学時代の親友、アンドリュース氏の死後、氏を記念して一九〇七年(明治四十年)に建てられたヴォーリズ建築最初の建物で、建設当初は「アンドリュース記念近江八幡基督教青年会館(YMCA)」として使われた。現在の建物は、一九三五年(昭和十年)に隣接地に改修移築された。


ウォーターハウス記念館(池田町) 
e0093407_23255788.jpg

内部の記念室は「祈りの部屋」と呼ばれ、ヴォーリズが過ごした書斎と小部屋は当時のまま保存されている。
 池田町のウォーターハウス記念館は、ヴォーリズ合名会社が一九一三年五月、社宅として建てたアメリカの伝統的な建築様式であるコロニアルスタイルを伝承する三階建て住宅。内部に十一室もの部屋、ビルトインタイプの暖炉が五か所に備えられている。早稲田大学の英語科講師として来日したウォーターハウス氏が一旦帰国後、夫婦で再来幡し、同年十月に入居。帰国するまで約六年間を過ごした。
 近江兄弟社は、建築から百年を迎え、老朽化が目立っていたため全面改修を行い、二〇〇九年一月に建設当時の姿が甦った。アメリカらしい建物外観や洋館街の中でひときわ目を引く外観の美しさなどから見物客が多い。
 いずれも開館期間は五月六日までの土、日、祝日。時間は午前十時~午後四時まで。入館料は二館で三百円(一館の場合は二百円)。内部の公開は一部に限られている。
[PR]
by azch | 2013-04-11 23:23 | 観光ネットワーク

あづち天正使節

あづち天正使節 山口さんと成田(なるた)さん

=ともに20歳の同級生 安土の観光物産PR=
天正使節に決まった山口さん(左)と成田さん
e0093407_23205217.jpg

 安土町観光協会の観光大使「あづち天正使節」の委嘱式が先月三十一日、安土城郭資料館で行われた。今年は成田愛沙さん(団体職員と山口成美さん(歯科助手)が選任され、同協会の事業を中心に一年間、観光PRに努める。
 同協会が安土のよさを全国に知ってもらおうと毎年、使節を募集しているもので、委嘱された二人はともに二十歳で、同町常楽寺に在住する同級生。昨年度の使節からタスキを受け継ぎ、東康彦会長から委嘱状が手渡された。
 委嘱を受けた成田さんと山口さんは「安土のよさをもっと多くの人に知ってもらえるよう、私たち自身も見聞を広めていきたい」と話していた。
 二人は、信長まつりの姫役をはじめ、市内や県外でも行われる観光物産イベントや事業に参加し、先頭を切ってその役割を果たす。




VR安土城タイムスコープ 6日からリリース開始

=活用と普及に期待=
完成した「VR安土城タイムスコープ」を確認する委員
e0093407_23224581.jpg

 近江八幡市VR安土城創造会議の第四回会合が四日、安土町総合支所で行われ、今月一日から公開される予定だったiPad(タブレッド端末機)とiPhone(スマートフォン)で楽しめる「VR安土城タイムスコープ」は、アップル本社に申請した専用アプリケーションソフト「タイムスコープ」の認可が遅れ、六日からダウンロードサイト(appstore)に登録された。
 アップル本社での審査は世界からの膨大な申請数を受け付けていることからチェック作業が市の予定より遅れたものとみられる。
 市文化観光課には、一日から「映像が見られない」という問い合わせが数件あったが、事情を説明して理解を得られたとしている。
 今会合では、市役所が所有しているiPad六台を有効活用するため団体等に貸し出して事業の周知拡大を図り、観光振興に役立てていくことやバーチャルゲームメーカーとの連携および関心を示しているプラモデルメーカーに協力を求め、タイムスコープの価値を高めていくことを目指す。また、インターネットで取り上げられていることや著名なテレビ番組から引き合いがあることも報告された。
 今後の課題として地元安土住民への広報と周知、市内十二か所のビューポイントを巡るツアーやJR近江八幡駅と安土駅を繋ぐ観光ルートの創出、小・中学生への歴史教材として活用することなども話し合われた。
 完成した安土城のバーチャル画像をさらに進化させ、今年度中に3D立体画像をメガネのようにかけて楽しめるHMD(ヘッドマウントディスプレイ)の導入や来年度中に大型スクリーンに投影できる高精度な映像の公開を予定している。
[PR]
by azch | 2013-04-08 23:20 | 観光ネットワーク

安土学区まちづくり協議会

市内10番目のまち協 安土学区で設立総会

=1日から活動スタート=
安土コミュニティセンターで開かれた設立総会
e0093407_23192733.jpg

 安土学区まちづくり協議会の設立総会が先月三十日、安土コミュニティセンター(旧安土公民館)で開かれた。近江八幡市の合併後、最後の協議会設立で市内全十学区が揃った。
 総会には区長などでつくる評議員、同協議会設立準備委員ら約七十人が出席し、規約、役員選出、まちづくり事業計画、平成二十五年度事業計画と予算の各議案を審議し、原案通り承認された。
 会長には、準備委員会会長を務めた保知七郎氏が選ばれた。
 安土学区まちづくり計画では、「安土創発 歴史と文化のまちづくり」を基本理念に<1>地域振興<2>文化・スポーツ<3>健康福祉<4>子育て・人権<5>安心・安全<6>環境の六部会を設置し、平成二十五年度から二十七年までの三年間の活動目標や事業等、まちづくりの指針をまとめている。
 平成二十五年度の主な事業では、あづち信長まつり、ふれあい体育大会、安土っ子フェスティバル、高齢者一人暮らし配食サービス、通学合宿などを計画している。
 事業の予算収入は、市からのまちづくり支援交付金一、一七〇万円、体育協会補助金七万円、生涯学習事業委託金一二万五千円、一世帯五百円の運営協力金一三二万円、事業負担金八二万円などを見込み、年間予算額一、四〇六万二千円を計上している。
[PR]
by azch | 2013-04-03 23:17 | まちづくり研究会

NPO法人アスクネイチャー・ジャパン

軸受けに関節の機能応用 小水力発電システム

=可搬型で複数台稼働も可能 熊本大学大学院・中西教授らが開発=
日野川で公開試験が行われたボート型の小水力発電機
e0093407_23172149.jpg

 水の流れがあるところなら場所を選ばす発電ができる小水力発電システムの公開試験が二十八日、近江八幡市十王町地先の日野川で行われた。
 同市桜宮町のNPO法人アスクネイチャー・ジャパンが、同システムを開発した熊本大学大学院自然科学研究科・中西義孝教授(44)の研究室に呼びかけ、滋賀県内の産学分野に紹介し、製品化への共同研究者を募ろうと実施した。
 システムは、小型ボートを水流に浮かべてロープで固定し、船体両側に取り付けた水車の回転力を船内の発電機に伝え、発電するという仕組み。従来、水車の回転軸から船内への浸水をくい止める方法としてゴム製のシールドやパッキン、オイルなどが多く使われているが、中西教授は、人体にも備わっている関節軟骨部分の潤滑機能を応用することで回転高率を向上さすことに成功。親水性であっても回転軸部分からの浸水をくい止める吸水性のプラスチック素材と内部から染み出す特殊な液体を用いた滑らかな軸受けを開発し、今回の小水力発電システムに採用した。
 試験では、水深一メートルほどの水流に発電装置を載せた小型ボート(縦横一・二メートル高さ四五センチ重量二〇キロ)を浮かべ、河川敷からのロープで位置を固定し、発電させたところ毎時三〇ワット余りの電力が継続して得られた。
 水流がある限り発電を続けられることから渓流の多い山間部の戸別発電や安定した水量の河川敷など、レジャー分野での需要に期待されている。
 持ち込まれた発電システムは最大毎時五十ワットの発電能力があるが、中西教授らは五百ワット級のものや水中に沈ませた発電システムも開発中、軸受けに油を使用しないので環境にも優しい装置になっている。
 中西教授は「関節の機能と同じ働きをする親水性のシールド材を使うことで水漏れのない軸受けを開発することが出来た。装置を複数台つなげることで発電能力が上げられることや小型で軽いので少人数で運搬でき、利用範囲が広い。製品化に協力してくれる企業を探している」と話している。
 試練現場には、企業や大学などから約二十人が訪れ、開発された発電システムに関心が集まっていた。
[PR]
by azch | 2013-04-02 23:16 | まちづくり研究会
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30