安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

おいそ地場産市、みんなで創る近江八幡松明祭り

新鮮で味自慢 第1回「おいそ地場産市」

=農産物出品の夜市 老蘇まちづくり協議会=
老蘇小学校校庭で催された「おいそ地場産市」

 老蘇学区まちづくり協議会の「おいそ地場産市」が二十七日午後六時半から老蘇小学校校庭で開かれた。
 この日開かれた同校恒例のビオトープお月見コンサートに協賛して初めて実施したもので、協議会が学区内の農家等から出店者を募集。三十人の応募があり、新米や里イモ、ホウレンソウ、サツマイモなど地元産の新鮮野菜が軽トラで持ち込まれ、直売された。
 米を除きほとんどの商品が百円の安値で販売されたこともあってコンサート参加の人々が足を止めていた。中でもとれたてのレンコンには人気を集めていた。
 同協議会では、主催団体との交流を進め、ともにまちづくりを進めていこうと今年度は学区内のさまざまな催しに参加しており、今回もその一環の活動として取り組んだ。
 同協議会の安田惣左衛門さんは「農作物の端境期ではあるが、多くの農家の方々に出店していただいた。地域各地の催しにまち協が関わっていき、協力しあって事業が発展していくことを願っている」と話している。




「結び」テーマに松明祭り

=11月3日正午から=
準備が進むまつり会場
e0093407_16275713.jpg

 近江八幡市北之庄町のウエルサンピア滋賀跡地で十一月三日正午から「結び」をテーマにした「みんなで創る近江八幡松明祭り」が開かれる。
 日牟禮八幡宮の春の例祭「松明祭り」に代表されるように市内には毎年、大小二百基の松明が製作され、神火により奉火されている。こうした近江八幡に伝承されている歴史を見直し、郷土文化を継承していくイベントとして開催する。
 当日、まつり会場に十基前後の様々な松明が展示され、県立大学生が地域の指導に支援を得ながら会場で製作した松明とともに午後五時に順次点火。舞い上がる炎の勇壮美が宵空に競演する。
 お祭り広場では、近江兄弟社高校吹奏楽部の演奏、北里保育園児の発表、ひむれ太鼓などのステージが繰り広げられる。また、商工会議所女性部をはじめ各種団体による地元特産品や食品の販売コーナーやミニ松明、写真パネルの展示コーナーが設けられる。
[PR]
by azch | 2012-10-31 16:28 | まちづくり研究会

来年度予算方針、新エネルギーパークの用地、官庁街活性化・庁舎整備検討委員会

近江八幡市、来年度予算方針 7つの大型・重点事業推進

=歳入1、1%増、一般財源配分1、6%減 8部局に新規事業提案枠創設=

 近江八幡市は二十四日、平成二十五年度予算編成方針を発表した。
 歳入の一般財源は、前年度対比で市税の微増と地方交付税の伸び率を考慮して約一・一%増の百七十五億五千六百万円余りを試算。
 歳出については、生活保護費等の扶助費や医療費特別会計への拠出金の増額が予想されるとともに一般廃棄物処理場(ゴミ処理)の新規建設等、大型事業の本格化により、多額の事業費が必要になるが、公共施設整備基金の取り崩しで対応することで一般財源配分額は、前年度対比一・六%減を見積もっている。
 重点事業として<1>竹町地先に新一般廃棄物処理施設整備<2>新一般廃棄物処理施設整備に伴う竹町都市公園整備<3>篠原駅周辺整備<4>安土駅周辺整備武佐市営住宅整備馬淵地域防災センター整備<7>老蘇防災コミュニティセンター整備の七事業を挙げている。
 来年度は、職員の政策能力を高め、創意工夫によって行政課題の解決に取り組むよう八部局に各一千万円の新規事業提案枠を創設。職員から積極的な新規事業提案を求め、市長査定で決定する。原則単年度事業とし、国、県、団体の補助金制度を活用して事業資金を増やす取り組みにも期待している。



臨時市議会で議決 4億7千万円の用地取得

=竹町の82,306平方メートル=
竹町に建設される仮称・新エネルギーパークの用地

 近江八幡市の臨時市議会が二十六日に開かれ、来年二学期から稼働する学校給食センターの給食調理および配送等の業者委託費一億六千四百万円と竹町に建設する一般廃棄物処理施設整備・運営事業費百四十九億九百三十万七千円(平成二十五~四十七度まで)の債務負担行為追加の一般会計補正予算案を可決した。
 また、一般廃棄物処理施設および都市公園(仮称・新エネルギーパーク)の事業用地八万二、三〇六平方メートル(共有名義を含む地権者三十八人)を四億七千百六万三千七百二十円で取得する用地費について議決した。




市庁舎の改築場所 年内に方向性示す

官庁街活性化・庁舎整備検討委員会=
市文化会館で開かれた第2回検討委員会

 市庁舎改築を含む官庁街の活性化策を話し合う「第二回近江八幡市官庁街活性化・庁舎整備検討委員会」が十八日、市文化会館小ホールで開かれた。
 今回は、「官庁街とは」を議事に官庁街のあり方やそのにぎわいについて各委員が意見を述べた。
 まず、市の官庁街はどの範囲を指すのか、その定義を確認し、委員からは「十二月に都市計画の用途地域の見直しがあると聞いているが、官庁街の変更がなされるという結果が出れば、我々の議論に影響を与えるので、その成り行きに注視が必要ではないか」との意見が出された。 
 どのような官庁街が望ましいかについては「歴史文化の豊かな地域環境の中で、防災施設を備えた官庁街であった方がよい」、「人が集まる施設と隣接し、夜間でも人が集える機能を付加することも考えられる」、「市民の視点では、近江八幡は、駅、官庁街、八幡山、びわ湖に繋がるラインを動態軸とするイメージが強く、その位置関係を活かした軸の発展が必要ではないか。街の核となる所がどこかを決めてから議論を深めていった方がよい」、「世代によって活動の目的が違う。世代が求める施設とは何かを考える事も大事と思う」、「官庁街だけににぎわいがあればいいのか。中心市街地として観光、防災との複合した地域とすべき」、「市外の人からは、近江八幡には公園が少ないと聞く、また、個性的な商業施設が少ない。(魅力な街をめざして)美術館等の文化施設づくりも望まれる」などの意見が出た。
 また、議論の進め方について「官庁街をどうするのか、議論の種になるものが必要ではないか」、「役所機能の集約化と官庁街のまちづくりとは別に考えていかないと、いつまで経ってもまとまらないのではないか」との指摘も出され、具体的な計画がない中で課題をまとめていく難しさを感じている委員もいた。
 この日の会合は、委員の意見を出し合い、議論の土台を作り出すまでの内容で、具体的な話をまとめていくということはなかったが、南條洋雄委員長(建築家)は、「限られた時間の中で議論を深めていかなければならない」と呼びかけ、「九月に実施した官庁街についての市民アンケートの結果も踏まえ、出来れば次回の第三回、遅くとも十二月の第四回会合で、市庁舎の改築場所の方向性を示していきたい」と述べた。
 関心を集めている市庁舎改築の場所については、複数の委員から「官庁街で改築するのがよい」との発言があった。
 委員会では、具体的に議論を進めていくため、三十一日に防災拠点としての機能を重視した愛知県西尾市役所の新庁舎を、十一月十五日には神戸市役所を視察することにした。次回の第三回委員会は、十一月二十二日開催の予定。
[PR]
by azch | 2012-10-30 22:17 | まちづくり研究会

農の収穫感謝祭&イタリア・マントヴァ市へ新市初の親善訪問団

権座の実り 農の収穫感謝祭

=28日、白王町鳰の湖会館前広場=

 西の湖の中州に残された唯一の農地「権座」の収穫を祝う「農の収穫感謝祭」が二十八日、白王町鳰の湖会館前広場で開かれる。
 午前十時からのオープニングセレモニーに続いて、ソーラー和船による権座体験ミニツアー、権座産の酒米で醸造された「滋賀渡船六号純米吟醸酒権座」の試飲コーナーや白王名物「権座シチュー」、野菜の天ぷら、おにぎりなどの模擬店コーナー、新鮮農産物の直売、水郷コンサートが開かれる。


イタリア・マントヴァ市へ新市初の親善訪問団

=富士谷市長を団長に18人「天正大使」の足跡を辿る=
16日市役所で行われた結団式
e0093407_16153156.jpg

 近江八幡市は、国際姉妹都市のイタリア・マントヴァ市の招きを受けて新市になって初めての親善訪問団を派遣することになり十六日、その結団式を市役所で行った。
 マントヴァ市とは、旧安土町が歴史的な繋がりを縁に二〇〇五年二月に姉妹都市提携を結び、市町長の表敬訪問や子どものサッカー交流などが行われてきた。合併後も姉妹都市提携が継承され、昨年度にマントヴァ市から招へいを受けたが東日本大震災で自粛した。
 訪問団は、十一月二十三日に出発し、マントヴァ市に二十四、二十五日の二日間滞在。歓迎レセプション等の公式行事に出席して友好を深める。交流のきっかけとなった天正大使の足跡も辿る。日程は、二十九日帰国の七日間。団員は、冨士谷英正市長を団長に公募で集まった市民と随行職員合わせて十八人。
 結団式では、冨士谷市長が「意義深い交流が出来、成功裏に終えられる訪問にしたい」とあいさつしたあと、団員の自己紹介、旅行日程の説明などが行われた。
 出発までに三回事前学習会が開かれ、交流事業の見識を深めることにしている。
[PR]
by azch | 2012-10-28 22:12 | まちづくり研究会

三方よし研究所& 安土ほんまもんツアー

三方よし研究所設立十周年記念講演

=21日、歴史作家の童門冬二氏招き「近江商人が守りぬいた商いの原点」=

 近江に関する小説を数多く手がける歴史作家、童門冬二氏を講師に招いた三方よし研究所設立十周年記念講演会「近江商人が守り抜いた商いの原点―近江商人が実践してきた不変の成功法則―」が二十一日午後三時半から、ホテルニューオウミ(近江八幡市)で開催される。定員三百人。
 また、講演に先立って午後二時から、ビジネス交流会「楽市楽座~わが社の三方よし~」が開かれる。企業や学生ベンチャー企業が参加し、各社の商品を紹介したり、ミニプレゼンテーションコーナーが設置され、自慢の逸品の即売も行われる。定員二百人。
 いずれも入場無料。参加希望者の受け付けは、会場で当日行う。問い合わせはNPО三方よし研究所のホームページまたは同研究所事務局(0749-22-9854)へ。




歴史と伝統食 安土ほんまもんツアー

参加者募集=
安土町観光協会は、十一月と十二月に実施する「安土ほんまもんツアー」の参加者を募っている。
 初日の十一月二日は、自転車で安土山を一周サイクリングを楽しんだあと、西の湖の和船に乗って信長が築いた安土山の歴史ロマンに浸る。途中、安土城考古博物館を訪れ、学芸員から開催中の秋季特別展「信長対信玄~戦国のうねりの中で~」の解説に耳を傾ける。参加費二千五百円。定員四十人。
 二日目の十二月二日は、「安土・西の湖 四季彩・食彩」をテーマに西の湖周辺の博物館五館が連携して取り組んでいる「西の湖の文化」に関する展覧会を観覧しながら「よびしのごっつおう(お招きのご馳走)」を食し、地元に残るスローフード料理を味わう。参加費五千円。定員四十人。
 問い合わせと参加申込みは、同観光協会(TEL0748―46―7049)へ。
[PR]
by azch | 2012-10-18 22:09 | まちづくり研究会

安土城考古博物館&文芸の郷の歴史講座

異質の戦国武将 信長対信玄、比較考察展

=歴史的資料62点展示 開館20周年・安土城考古博物館=

6日から始まった秋季特別展「信長対信玄

 安土城考古博物館の開館二十周記念秋季特別展「信長対信玄・戦国のうねりの中で・」が六日から始まった。十一月十一日まで。
 今回の特別展は、上洛と天下統一をめざして領地と勢力拡大、覇権の合戦に傾注した戦国武将のこれまでのイメージ像を掘り下げる企画で、残されている重要な古文書や資料をもとに新たな見知を紹介する人物として武田信玄と織田信長に焦点を当て、二人の生きざまを通して浮かびあがる人間関係の変遷を浮き彫りにしている。
 信玄と十三歳下の信長は、ともに戦国時代を語る上で重要な大名として著名であるが、信玄は領国の支配と拡大を目指す典型的な戦国大名として知られている。一方、信長は、勢力を広げていくと同時に上洛を目指し、天下統一のために戦いに挑む武将としてのイメージが一般的。
 同じ戦国の世を武将として生きた対照的な二人が、戦況の変化ともに見せる戦術の手法やその過程で通い合わせた信頼、また、反逆など、移り変わっていく人間関係や共に滅び行くまでの生涯を六十二点の資料を通して比較、考察する初めての展示となっている。
 展示資料は有名な「川中島」、「姉川」、「長篠」の三合戦の屏風絵、信長と武田の書状などがあり、なかでも両者がののしりあった「武田信玄書状写(一五七三年)」と「織田信長書状写(一五七二年)」は興味深い。
 関連行事として学識者を講師に、特別展講座「元亀争乱と近江の城」(10月14日)と「信長・信玄徹底比較」(11月4日)、講演会「織田信長と武田信玄」(10月28日)が開かれる。いずれも午後一時半~同三時まで。入館料、大人八六〇円(65歳以上の県内高齢者四六〇円)、高・大学生六一〇円、小人四〇〇円。問い合わせは同博物館(TEL0748―46―2424)へ。開館時間午前九時~午後五時(入館は午後四時半まで)月曜日休館。




文芸セミナリヨで「歴史講座」開講

安土文芸の郷の歴史講座「信長公ゆかりの地で学ぶ」の第一回講座が、きょう十三日午後一時半から文芸セミナリヨホールで開かれる。
 講師に安土城跡発掘調査の陣頭指揮をとった元県安土城郭調査研究所長・近藤滋氏を招き「信長公は、何故安土城だったのか?」をテーマに講演する。
 続いての第二部では、「安土城の過去、現在、未来」をテーマに石橋正嗣氏(安土図書館事務長)、仲川靖氏(県教委文化財保護課主幹)松下浩氏(同副主幹)の三人をパネラーにパネルディスカッションする。近藤氏はコーディネーターを務める。
 パネラーは、安土城跡の発掘調査に直接携わったり、研究者としても知られ、安土城に最も身近な立場でその実態を知る人々。ディスカッションでは発掘調査の秘話など自由に安土城や信長に対する見識を披露してもらう放談とし、会場からの質疑応答の場も設ける。
 第二回講座は十一月十日。瓦研究でも知られる近藤氏を講師に第一部「瓦から学ぶ安土城」、第二部「近藤先生と瓦見学」を行う。定員三十人程度。講座参加料三百円(「安土城信長天主の館」見学付)。参加申し込みと問い合わせは、文芸セミナリヨ(0748-46-6507)へ。
[PR]
by azch | 2012-10-16 22:04 | 観光ネットワーク

VR安土城プロジェクト

安土城をCGで望む モバイルで見るバーチャル画像

=5カ所のビューポイント完成 30日午後2時から試験公開=
ビューポイントから見られる安土城天主のVR画像
e0093407_1614982.jpg


 近江八幡市が花園大学および大阪大学とで共同研究を進めてきた「VR安土城プロジェクト」の一部が出来上がった。
 指定された地点(ビューポイント)からコンピュータグラフィック(CG)による風景や建物などの映像をスマートフォンやタブレットに表示させるVR(バーチャルリアリティー)技術を利用して作りあげた。三十日午後二時から一般対象の試験公開を行う。
 映像が見られるのは、現在のところアプリケーションソフト「タイムスコープ」が使えるiPhoneとiPadに限られる。
 市では、観光団体や旅行会社が活用することで地域振興につなげようと安土城のバーチャル映像などを中心に十二カ所のビューポイントを設定、うち「安土山大手門広場」、安土城外堀の「安土川」、「セミナリヨ跡」、「安土文芸セミナリヨ」、「安土城郭資料館」の五カ所からのCG映像が見られるようになった。全てのビューポイントから見られるようになるのは来春になる見込み。
 画像は、これまでの歴史研究や古文書等の歴史資料をもとに描かれたリアル性に富んだ静止画で、モバイル端末機の回転と連動し、安土山全体や当時の城郭の要塞、繖山、八幡山など360度のパノラマが見られ、戦国時代にタイムスリップしたような映像や安土城天主の姿が楽しめる。
 今後、別のビューポイントに移動できる「ワープ機能」や建造物の説明、天主画像の拡大機能を追加していくことにしている。
 また、第二弾としてヘッドマウントディスプレイ(HMD)を使い、安土城が実際の風景と重なり合う合成映像が見られるようにしたり、安土城が現存するかのような背景で記念写真が撮影できたりする機能の充実を図っていく予定。
 試験公開は、文芸セミナリヨ前と安土城郭資料館前で行う。定員はそれぞれ七十七組で申込み順。参加無料。申込みは、氏名・住所・連絡先・希望場所(文芸セミナリヨ前または安土城郭資料館前の別)を電話(市文化観光課0748-36-5529)で伝えて行う。




8日午後2時から 伝統の「かちどき念仏」

=安土町慈恩寺の浄厳院=
◇近江八幡
 安土町慈恩寺の浄厳院で八日から十一日までの四日間、「安土浄厳院まいり」が行われる。
 八日は午前十一時から関係寺院詠唱講による詠讃歌奉納、午後一時からコンサート「胡弓と箏のしらべ」、同二時からの法要の中で約四百三十年続く安土問答ゆかりの太鼓念仏「かちどき念仏」が唱えられる。
 かちどき念仏は、信長の命により同寺院で行われた浄土宗と法華宗の仏教問答(安土宗論)で、信長の裁定により浄土宗が勝利したことを鉦や太鼓を打ち鳴らして祝ったのが始まりとされる。
[PR]
by azch | 2012-10-08 22:13 | まちづくり研究会

「タイムスクープハンター」が映画化

タイムスクープハンターが映画化


=安土城焼失の謎に迫る=
1日、信長の館で行われた撮影ロケ
e0093407_16112799.jpg


 NHKの人気歴史教養番組「タイムスクープハンター」が映画化されることになり、先月三十日から十月二日まで安土城跡、信長の館、彦根城などで撮影が行われた。
 タイムスクープハンターの映画版は、登場する歴史上の舞台をリアリティーに描く歴史ドラマ立てで、より本物の映像にこだわったドキュメンタリータッチで描く。主人公の沢嶋雄一役に要潤さん、ヒロイン・細野ヒカリ役に夏帆さんが演じる。監督・脚本は中尾浩之氏。

安土城跡、信長の館などでロケ
地元商工会、エキストラが協力

 映画では、築後僅か六年で焼失した安土城の謎をリアルでスケール感のある作品に描く。
 滋賀ロケーションオフィスでは、人気番組が映画化されることでより滋賀の歴史的な魅力を発信出来るとして県内での撮影を支援、映画公開後の反響に期待を寄せている。
 三十日に安土城跡、西の湖で、翌一日には信長の館でロケが行われ、安土城に見立てた彦根城でも二日、要潤さんと夏帆さんが訪れて撮影が行われた。
 撮影には、地元安土町商工会や地元有志らが協力、エキストラとしても参加している。公開は来年八月の予定。
 信長の館での撮影後、本紙のインタビューに応じた中尾監督は「安土城跡には独特の風景があり、映画としても重要な場所になっている。本物の地形などが残っており、滋賀の歴史遺産が映画に反映出来ればうれしく思う」と語った。
 撮影現場に立ち会っている滋賀ロケーションオフィスの片山昇主幹は「年間八十本ほどの作品をお手伝いしているが、今回の映画は滋賀の歴史遺産が充分、発揮される作品として大変期待している。全国に知られた安土というブランドに焦点が当たり、滋賀の魅力の一つが全国に発信されることを望んでいる」と話している。
[PR]
by azch | 2012-10-05 22:09 | 安土町商工会
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30