安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

琵琶湖の湖上交通

官民でプロジェクト 湖上交通活性化推進協

=県が旗振り、5月発足 情報発信や企画ツアー=
航路の旅客定期便と北びわこタクシーが運行されている琵琶湖の湖上交通

県は五月、湖上交通を活性化することで琵琶湖への関心を高めてもらおうと、官民で(仮称)湖上交通活性化推進協議会を立ち上げる。
同様の施策はこれまで、県が主導的な立場をとることが多かったが、今回の推進協では「旗振り役」に徹し、交通事業者(湖上・陸上)と観光関連の業者、協会、NPO、マスメディア、商工会議所などと連携して、プロジェクトを企画、実施する。
琵琶湖の湖上交通は現在、旅客定期航路の九航路のほか、北湖で湖上タクシーが運行されている。利用者数(琵琶湖汽船とオーミマリンの実績)は、平成二十一年は、同十七年比で一・三五倍の五十三万六千人に伸びている。

とくに著しいのは沖島航路で、定期便の利用数は平成十一年の二万四千三百人から同二十一年の六万二千九百人へ大幅に増えた。
県交通政策課は増加の要因を「住民が特産品を販売するなど観光客を受け入れ始めたことや、朝夕の定期便が充実したため」と推測。近江八幡市観光課は「テレビなどで紹介された後は、問い合わせの電話が多い。訪問者にとって、何があるのか確かめたくなる魅力がある」と話す。
推進協では湖上交通のさらなる活性に向けて、主なテーマとして▽既存航路事業の活性化▽企画ツアーの実施▽琵琶湖・環境学習の活用▽小型船舶などの活用―を掲げる。
当面の取り組みとして、航路の発着港と周辺の観光、京阪神方面からのアクセスを広く発信することにしている。
担当の県交通政策課は「湖上交通の利用者は増えているので、きちんと宣伝して人を呼び込みたい」と意気込んでいる。
[PR]
by azch | 2012-04-29 23:40 | 湖川の街道事業

安土町地域自治区地域協議会

2期目の2年が始動 安土町地域自治区地域協議会

=公募委員3人を含む新委員10人 会長に大林氏、副会長に岡山氏=

任期満了に伴う近江八幡市安土町地域自治区地域協議会の委員改選が行われ、二期目(平成二十四年四月一日から二年間)の新委員十人にこのほど、冨士谷英正市長から委嘱状が交付された。
委員は市長の選任によるもので、十人のうち三人は地域自治区内の住民から公募により選ばれた。また、一期から引き続いて選任された委員もある。
地域協議会は合併特例法と地方自治法に基づいて地域自治区と同じ十年間の期限で設置されたもので、県内で唯一、全国的にも設置されている所は少ない。地域自治区に関係する市施策について意見を述べたり、自主的な提案を行う。

冨士谷市長は「地域資産の良さを発揮したまちづくりを」と、激励した。
委嘱式に引き続いて地域協議会が開催され、委員互選により会長には大林輝男氏を再選、副会長には岡山かよ子氏が選ばれた。
このあと、安土駅及び周辺整備と近江八幡市庁舎整備について、市の担当から計画内容や今後のスケジュールなどの説明を受けた。また、部会構成や毎月一回程度開かれる協議会の日程などが話し合われた。
[PR]
by azch | 2012-04-24 23:41 | まちづくり研究会

安土城考古博物館 春季特別展

春季特別展「継体大王と琵琶湖」安土城考古博物館 21日開幕

=古代の湖上物流の役割を探る=

県立安土城考古博物館(近江八幡市安土町下豊浦)の春季特別展「湖(うみ)を見つめた王 継体大王と琵琶湖」(滋賀報知新聞社など後援)が、二十一日から始まる。六月十七日まで。
 かつて琵琶湖は、多くの物・人・情報が行き交う重要な航路として経済を支えることで、近江のみならず日本国家の形成に多大な役割を果たしてきた。
 特に、高島市の鴨稲荷山古墳に象徴される継体大王の時代(古墳時代後期の六世紀)は、琵琶湖の水運は国際的にも国内的にも極めて重要な役割を果たした。
 琵琶湖近くにある前方後円墳の鴨稲荷山古墳からは、大陸からの輸入品を含む多数の副葬品が出土していることからも、琵琶湖水運の拠点として、また、国内の政治史・流通史を考える上で、画期的な存在となっている。
同展では鴨稲荷山古墳を中心に、継体大王の時代の琵琶湖周辺の古墳や集落の様子を通して、湖上物流が古代国家形成に果たした役割を考える。
 会期中の関連行事として、同志社大学の森浩一名誉教授による特別展記念講演会「古代近江とヲホド王を語る」が四月二十九日午後一時半からある。
 また、博物館講座は、四月二十二日「古墳と舟運」、五月六日「継体大王と鉄生産」、五月二十日「王と首長の神まつり」、五月二十七日「若狭・越地域の古墳時代」、六月三日「横穴式石室からみた地域交流」、六月十七日「埴輪からみた継体大王」が、いずれも午後一時半から。定員は当日先着百四十人。
 そのほか、六月十日にはオプショナル・クル一ズ「琵琶湖から古墳を眺望する 琵琶古墳遊覧クルーズ」も開催される。参加費四千五百円(弁当・資料代)。定員六十人。参加申し込みと問い合わせは、株式会社琵琶湖汽船(TEL077―524―5000)まで。
 同館は月曜日休館(ただし四月三十日は開館)。入館料は大人八百六十円、高校生・大学生六百十円、県内在住六十五歳以上四百六十円、小・中学生四百円。
 問い合わせは、安土城考古博物館(TEL0748―46―2424)まで。
[PR]
by azch | 2012-04-20 23:39 | 観光ネットワーク

八幡まつり

伝統の「八幡まつり」

=日牟禮八幡宮=
五穀豊穣と無病息災を祈って燃え上がる松明
e0093407_23492786.jpg

近江八幡市の春の火まつりの一つ「八幡まつり」(国選択無形民俗文化財)が、十四・十五日に日牟禮八幡宮周辺で行われる。
八幡まつりは千数百年の歴史をもつと言われ、毎年、十四日の宵宮祭「松明まつり」、十五日の本祭「太鼓まつり」が五穀豊穣と無病息災を祈ってにぎやかに繰り広げられる。

14日は宵宮祭「松明まつり」
15日は本祭「太鼓まつり」

昨年は東日本大震災の被災地復興への願いを込めての開催となり、「松明まつり」の打ち上げ花火と仕掛け花火、「太鼓まつり」の「太鼓渡り」が中止となったが、今年は例年通り実施される。
松明まつりでは市周辺農村部の上之郷八郷(市井、北之庄、大林、鷹飼、多賀、中村、宇津呂、土田)と下之郷四郷(小船木、船木、大房、南津田)の十二郷の氏子によってヨシ、ワラ、ササ、ナタネ殻で作った大松明、とっくり松明、ひきずり松明、振松明など高さ三―十メートルの大小約四十本の松明が奉納され、境内に並ぶ。
午前八時半から大松明結い、午後一時から子供松明の奉火があり、七時から神役太鼓が宮入して、八時過ぎに打ち上げ花火を合図に、上之郷の松明から今年決まった順に奉火され、下之郷の松明にも火が着く。

2年ぶりに行われる「太鼓渡り」 
e0093407_23494919.jpg

十時半頃まで奉火は続き、赤い炎があたり一帯を包み、夜空を焦がす。巨大な火柱は迫力満点。中でも大房の松明は寝かせた状態から三十度ほどの角度に起こした状態で火が着けられ、火の粉を被りながら竹で松明を突き上げて立ててゆく奉火は圧巻。
太鼓まつりは、午前十時からの例祭に続いて、午後二時半から各郷の太鼓が日牟禮八幡宮周辺に集結する「太鼓渡り」の宿入り、四時頃になると楼門前から昔から決まった順番で巨大な太鼓が次々と日牟禮八幡宮に宮入りし、各郷に伝わる打ち方で太鼓を鳴り響かせながら境内を練り歩く「太鼓渡り」が行われ、太鼓の競演が繰り広げられる。雨天の場合は、役員と代表者による太鼓なしの「代渡り」となることもある。

なお、神社境内の白雲橋から八幡山ロープウェー前までは、十四日が午前八時から翌日午前零時まで、十五日が午前八時から午後九時まで、大杉町通りの玉木―江南町間が、十四日午後六時から翌日午前零時まで、十五日が午後三時から七時まで通行止となる。主催者側では、交通規制等により混雑し、駐車場が不足するため、公共交通機関の利用を呼びかけている。
詳しい内容は近江八幡観光物産協会ホームページ(http://www.omi8.com)か、日牟禮八幡宮のホームページ(http://www5d.biglobe.ne.jp/~him8man/)で。問い合わせは、近江八幡駅北口観光案内所(0748―33―6061)まで。
[PR]
by azch | 2012-04-15 23:47 | 観光ネットワーク

老蘇学区まちづくり協議会

住民総参加の活動へ「老蘇学区まちづくり協議会」設立

=近江八幡市に10団体目 3委員会と6部会で始動=

安土町老蘇学区に近江八幡市内十番目となる学区まちづくり協議会が一日、設立された。先月三十日の安土コミュニティ防災センターでの設立総会では、冨士谷英正市長が「地域の良いところを生かした、ひと味違うまちづくりを」と期待を込めて歓迎した。

安土町老蘇地区では、合併前の平成二十一年十月に設置された「老蘇地域コミュニティセンター整備構想委員会」で老蘇地域の拠点づくりを検討、翌年一月には「老蘇地区コミュニティセンター概要計画」を策定した。二十三年の合併時には旧近江八幡市域ですすめられていた地域が主体となって身近な課題に取り組む「学区まちづくり協議会」を設立しようと、同年六月に「老蘇学区まちづくり協議会設立準備委員会」(坪田安夫会長、委員二十八人)を立ち上げ、概要計画を基に準備をすすめてきた。当初は二十五年四月に協議会設立の計画だったが、市からの勧めで一年前倒しでの設立となった。

設立総会では、「地域につながりと出会い、住民総参加のまちづくり」と地域住民の協働・共助の絆の促進を趣旨とし、学区民相互の交流と親睦を図り、共通の利益の増進や生活環境の保持・改善に努力し、文化・福祉の向上と豊かで住みやすい地域づくりに寄与することを目的とする等を規定した会則や、役員を決めた。

協議会組織は、学区内八自治会の平成二十三年度と二十四年度の自治会長十六人で構成する評議員会、会長・副会長・監事・委員長・部会長・事務局の幹事会、部会運営・まちづくり計画策定・コミュニティセンター建設の三委員会、「生活安全・環境」「地域福祉」「健康・スポーツ」「生涯学習」「子ども育成」「地域振興」の六部会から成り、各委員会と部会の長や委員には設立準備委員会のメンバーが就いた。事務所は安土町総合支所に置く。
設立総会に引き続いて第一回総会が開催され、市からのまちづくり支援交付金八百七十万円等約八百八十四万円の予算で、防災備蓄備品の整備など「安全安心まちづくり事業」、老蘇を知ろう!ウォークラリーやおいそ掘出し市など「健康・福祉のまちづくり事業」、おいそクリーン作戦など「環境まちづくり事業」、おいそっ子交流会など「次世代を育むまちづくり事業」、地域文化映像化プロジェクトなど「ふるさと文化育成事業」、人権セミナー・コンサートなど「人権のまちづくり事業」、まちづくり先進地視察など「コミュニティ活動推進事業」に取り組む今年度事業計画と予算を決定した。

準備委員会に引き続き会長に就任した坪田氏は、「地域にあった活動を推進したい。そのためには、いますぐ実行できる活動を積み上げ、実力の向上と共に活動内容の拡大を図りたい。まちづくり協議会は終点のない活動。みんなが話し合いながら雑談ができることが本当のまちづくりにつながる」とあいさつした。
[PR]
by azch | 2012-04-15 23:44 | まちづくり研究会

沙沙貴まつり

巨大松明が街中をゆく

沙沙貴神社をめざす大松明◇近江八幡
e0093407_23184497.jpg

e0093407_23364659.jpg

e0093407_2318692.jpg

e0093407_231911100.jpg

近江八幡市安土町常楽寺に伝わる伝統のまつり「沙沙貴まつり」が、七・八日に行われた。
七日の氏神を琵琶湖から沙沙貴神社へ迎える大松明奉納神事では、四十二歳を過ぎた男性氏子二十四人の満寿(まんじゅ)によって西の湖のヨシやワラで作られ大縄で巻いた直径約二メートル、長さ約四メートルの大松明が、常の浜近くの金比羅神社前から進行役・綱先役・手桶役の先導で、「ショモー、ショモー」の掛け声にユーモラスな手桶踊りを繰り返しながら、子どもたちや駕輿丁(かようちょう)と呼ばれる若者らに「ヨッサー、ヨッサー」のかけ声と共に街中を少しずつ引き回され、時にはJRの踏切を渡り、約一キロ先の沙沙貴神社に三時間あまりかけて到着。道中ではアマチュアカメラマンや観光客も住民といっしょに、大松明を追いかけた。

神社に五穀豊穣、家内安全を祈願して参拝後、午後八時ごろ、御神火が高く放り上げられて大松明に火が放たれると、大松明の炎が天を焦がすと、つづいて三台の神輿が順次「みこしの舞」が行われ、夜遅くまでまつりの熱気がつづいた。
翌八日には、佐佐木源氏の中世からの武家祭妃「苗(みょう)」を継承する沙沙貴十二座神事も、厳かに行われた。

e0093407_2320645.jpg

e0093407_2321723.jpg



沙沙貴まつり:6メートル大松明奉納 手桶踊りも披露(毎日新聞)

近江佐々木氏の総社として知られる近江八幡市安土町常楽寺の沙沙貴(ささき)神社で7日、春の例大祭、沙沙貴まつりが始まり、氏神さまを湖上から同神社にお迎えする大松明(たいまつ)の神事では直径2メートル余り、長さ約6メートルの大松明が同神社に奉納された。

大松明は、まつりを執り行う常楽寺区の氏子らが西の湖岸のヨシやわらで作った重厚なもの。「満寿」と呼ばれる年長者ら12人が上に乗り、「桶ふり」と呼ばれる踊り手による手桶踊りの先導で巡行。西の湖につながる常の浜から約1キロの道のりを3時間余りかけて奉納された。

大松明は午後8時過ぎに境内で奉火され、見守る氏子らが五穀豊穣(ほうじょう)と家内安全を祈った。8日は本祭りで、県の重要文化財に指定されている境内で祭典と座が開かれる。
[PR]
by azch | 2012-04-09 23:34 | 安土観光拠点

安土中学校武道館

今年度からの武道必須へ 待望の武道場が完成

今年度から中学校で武道が必須科目となるため、近江八幡市内で唯一武道場がなかった市立安土中学校に先月末、武道場が完成した。
建設は、テニスコート改修との一体で「体育施設整備工事」として、昨年七月から工事に取りかかり、九月に人工芝のテニスコートが完成、武道場も新年度までに完成した。

施設は鉄骨二階建ての延べ床面積約千三百平方メートル。周囲の景観に配慮し、親しみやすい色調になっている。約七百十七平方メートルの一階には、研修室やシャワーブースを備えた更衣室があり、ピロティは百五十台収容の駐輪場となっていて校舎まで屋根付き通路でつながる。二階の武道場は柔道や剣道のコートが二面とれる約六百六平方メートルの広さで従来の武道場より広く、騒音や振動防止に優れた衝撃吸収タイプの床材に、衝撃吸収畳の採用で、安全性にも配慮した。また、夏の熱さを軽減するために自然循環型換気システムを採用している。
テニスコート改修と合わせた建設工事費は約一億八千七百万円。
学校体育と地域の社会体育の拠点施設として位置付けられ、生徒の競技力向上と地域に根ざす生涯スポーツの振興に、期待が寄せられている。
[PR]
by azch | 2012-04-07 23:32 | まちづくり研究会

安土城考古博物館 テーマ展

テーマ展とパネル展 信長・近江の水城

=安土城考古博物館=
県内の城郭の価値や魅力を紹介するテーマ展「信長の水城」と城郭写真パネル展示シリーズ第八弾「近江の名城 近江の水城」が三日から、近江八幡市安土町下豊浦の県立安土城考古博物館で始まる。六月二十八日まで。

テーマ展では、織田信長が築いた坂本(大津市)、長浜(長浜市)、大溝(高島市)、安土(近江八幡市)の四城から、信長の琵琶湖戦略を探る。
パネル展示もテーマ展に連動し、縄張りがよく残り、探訪することができる山本山城(長浜市湖北町)と水茎岡山城(近江八幡市牧町)の二城を取り上げる。展示を観覧後は、会場に備え付けの各城の見どころなどをまとめた探訪シートが現地探訪へ誘う。
同館は月曜日休館。入館料は大人四百円、高校大学生二百五十円、小中学生・障がい者・県内在住の六十五歳以上無料。
[PR]
by azch | 2012-04-04 23:49 | 観光ネットワーク

近江八幡市庁舎のあり方検討委員会

未来育むまちのシンボル 新市庁舎整備のあり方を提言

=検討委員会が市長に提出 全員一致で「移転新築」=

近江八幡市役所の今後の方向性を総合的に検討してきた「近江八幡市庁舎のあり方検討委員会」はこのほど、冨士谷英正市長に検討結果をまとめた提言を提出した。
昭和四十六年建設の現庁舎は老朽化と劣化、耐震性不足、スペース不足、施設や機能の分散、市の中心部に立地しながら市民の身近な存在になっていないなどの問題や課題を抱えている。
昨年十月、建築家の南條洋雄氏を委員長とする市民公募委員五人をはじめ、有識者、関係機関代表ら十四人の委員による検討委員会を立ち上げ、五回の会議をはじめ、市民アンケートやパブリックコメントなどを実施して議論を重ねてきた。
委員会では、現庁舎の改築では新庁舎のあるべき姿を実現するのは無理と判断し、委員の全員一致で「移転新築」を確認した。

提言では、市庁舎が果たすべき二つの役割「絆をはぐくみ、地域づくり、人づくりを先導する」「安全・安心を支え、社会に貢献する」を設定し、市庁舎整備の基本理念「近江八幡の未来をはぐくみ、まちづくりのシンボルとなる市庁舎」の実現をめざすこととした。
新庁舎は、これまでの「基本的な行政サービス機能」に加え、防災拠点や情報発信などの「付加的な行政サービス機能」、イベントや交流・観光拠点や商業施設なども兼ね備えた「にぎわい・まちづくりの機能」、それらの機能を総合的に結びつけて産・官・民が協働で運営する「総合管理機能」を持たせ、それに見合った施設規模と、オープンスペースや将来の拡張余地を考慮した敷地規模を確保するとしている。

立地場所については、▽新庁舎機能への対応性▽緊急輸送道路ネットワークからの近接性▽主要防災関連施設からの近接性とアクセス性▽市民の活動軸からの近接性▽主要交通拠点からの近接性▽県西部からの近接性とアクセス性――の六つの条件が重なりあう、大津能登川長浜線(県道2号)と大房東横関線(県道326号)に近接することが望ましいとした。
提言は南條委員長と中村芳雄副委員長が第五回委員会終了後に市役所を訪れ、冨士谷市長に手渡した。
[PR]
by azch | 2012-04-03 23:47 | まちづくり研究会
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30