安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

連携講座「琵琶湖―自然と文化―」

安土城考古博物館と琵琶湖博物館で連携講座「琵琶湖―自然と文化―」

■=25日 「魚と人」テーマに講演や試食=

県立琵琶湖博物館と県立安土城考古博物館の連携による講座が、十二月二十五日と来年一月二十一日に開催される。
講座は、琵琶湖の自然や環境を中心テーマとする県立琵琶湖博物館と、県の歴史を中心テーマとする県立安土城考古博物館が、相互の得意分野を連携させることで、「琵琶湖」の価値と魅力を多角的、重層的に発信しようというもの。

第一回は、近江八幡市安土町下豊浦の県立安土城考古博物館で午後一時半から、「魚と人」をテーマに開催。琵琶湖の水と地域の環境を守る会の松沢松治代表が「漁師が見た琵琶湖と魚」、琵琶湖博物館総括学芸員の松田征也さんが「琵琶湖の魚介類」、安土城考古博物館の大沼芳幸副館長兼学芸課長が「喰って護る琵琶湖の魚」の講演。フナズシの試食もある。定員は当日先着百四十人。

第二回は、草津市下物町の県立琵琶湖博物館で午後一時半から、「太古の人と動物が来た道」をテーマに、国立科学博物館の海部陽介研究主幹が「人類のきた道」、 琵琶湖博物館の高橋啓一上席総括学芸員が「マンモスとマンモスハンター」、安土城考古博物館の鈴木康二学芸課主任が「琵琶湖の周りにヒトが棲む―近江の旧石器~縄文時代―」の講演。定員は当日先着二百人。

いずれの回も参加無料。事前申し込み不要。問い合わせは、安土城考古博物館(TEL0748―46―2424)へ。


信長の時代のツリー復元

=安土城考古博物館で展示=
県立安土城考古博物館は、開催中の特別陳列「昇る!昇れ!!昇るとき-日輪と龍のメッセージ-」に関連して、ドイツで造られはじめたというクリスマスツリーを、文献等を参考に復元し、二十七日まで展示している。このクリスマスツリーが生まれたのは、日本では織田信長が活躍した時代になる。
特別陳列のテーマの一つが「太陽の上昇する力」。クリスマスの起源は、太陽の力が最も衰える「冬至」の時期に、その復活を祈る行事とされている。

今回復元するクリスマスツリーは、二メートル前後のイヌガヤの木に、マツ・クリ・クルミ・デーツ・干しイチジク・干しブドウといった木の実や、ブレッツエル(輪のようなパン)、レープクーヘンといった食べ物をつるし、現在のクリスマスツリーと並べて展示する。なお、十八日午後一時半からの博物館講座内で、復元ツリーについての詳しい解説がある。
問い合わせは、県立安土城考古博物館(TEL0748―46―2424)へ。
[PR]
by azch | 2011-12-22 23:04 | 観光ネットワーク

権座から西の湖へ和船でめぐり、安土の食と暮らし”を訪ねる

「エコツーリズム・フォーラム&エコツアー」ご案内12/20 
環境船めぐみと環境和船で行く環びわ湖エコツアー



~権座から西の湖へ和船でめぐり、安土の食と暮らし”を訪ねる~
往路船上:エコツーリズム・フォーラム[同時開催]         

=「エコツーリズム協会しが」・琵琶湖汽船 共催=

「エコツーリズム協会しが」は、滋賀の地域でエコツーリズムの活動を行っている個人や団体が集まり、連携して、これらを専門的に取り組むことを目的に設立しました。琵琶湖をはじめ豊かな自然と周辺地域の暮らしぶりや固有の食文化をエコツアーとして企画・実施するとともに、エコツーリズムの推進と、まちづくりと観光による地域振興のあり方を考える交流の機会づくりに取り組み、エコツーリズムの事業化を後押しする活動を推進しています。

【エコツアーの企画内容】
今回のエコツアーは、まず湖国の原風景「権座」を訪ねます。今もなお、田舟で通って田んぼを営んでいる、湖上の飛び地「権座」。この貴重な湖国の原風景を次世代に残すため、農家もまちの住民も一緒になって、様々な取り組みを行っています。また、「渡船」という酒米を「権座」で育て、こだわりの地酒「権座」が誕生させました。先人がコツコツと築き上げた田んぼの土と、この水郷景観を守り育てる活動から学びます。

そして、西の湖の自然と暮らしぶりを体感します。西の湖プロジェクトは様々な交流事業に地域ぐるみで取り組んでいます。「環境和船」で西の湖をめぐり、水辺の自然とふれあい、環境と自然について学びます。船頭さんが湖や魚・貝の話を聞かせてくれます。 また、西の湖畔ならではの郷土料理を食します。ヨシからできた食も堪能します。

このフォーラム&エコツアーの目的は、「地域を元気にする活動を讃える」ことです。環境船めぐみの船上(往路)で、“たたえ合うフォーラム”を催します。西の湖の自然と資源を生かした地衣づくりと体験交流ツーリズムの取り組みを「西の湖プロジェクト」などから活動を発表してもらいます。

もうひとつは、琵琶湖からつながる“環びわ湖エコツーリズム”の可能性を探る目的で、環境をテーマにしたエコツーリズムによる地域振興について話し合い考える場づくりをします。

【エコツアーの実施概要】

<開催概要>
主  催 : エコツーリズム協会しが     
共  催 : 琵琶湖汽船

● 実施日 :  2011 年12 月23日 (祝)
● 募集人員:  30名(先着予約制)
● 募集締切: 12月20日(月)※ ただし、満員になり次第締め切ります。
● 参加費 :  大人:6,500円(一般) 5,500円(会員割引)

<スケジュール> 
集合場所 ・ 時間 : 大津港 集合 8:45(受付) 

行 程:大津港9:00 ~(船上エコツーリズム・フォーラム)~長命寺港着・西の湖和船に乗換~権座(湖上の飛び地に上陸・水郷を守り育てる会のガイド)権座~西の湖畔・ふれあい施設B&G着<①西の湖・環境和船の船頭:奥田修三さんのお話、②[昼食]“安土のよばれ”(郷土料理のバイキング)B&G=
=(貸切バス・車窓から安土城跡外堀)==県立考古学博物館(学芸員の案内:琵琶湖の自然と暮らし・安土の歴史)博物館==(貸切バス)==JR安土駅[解散: 15:10頃予定]

※ 昼食 :「安土町商工会・よしきりの会」の皆さまによる提供

『船内エコツーリズム・フォーラム』の内容

・往路:① [活動報告] 
「西の湖から学ぶ“エコのよし!な世の中をつくろう!循環型社会を!」
・西の湖プロジェクトの活動報告
・西の湖の自然・暮らしと安土の歴史
※DVD「失われて気づく自然の大切さ~西の湖物語」の上映

②「話題提供」
エコツーリズム協会しが
琵琶湖からつながる“環びわ湖エコツーリズム”の可能性を探る!
~環境をテーマにしたエコツーリズムによる地域振興について考える~ 
                            コーディネート:井阪理事

★ 費用に含むもの : 乗船料(2回)、バス代、昼食代、入館料、保険料を含みます。
(※ ただし、交流会での飲み物代は各自負担となります。)

★ 雨天の場合: 決行。
         悪天候の場合は、行程の変更もありますので予めご承知ください。

★ 荒天の場合:西の湖和船の運航ができない場合があります。その時は、バスコース 
になります。(参加費は同額でそのままとなります。)

■ お申込み方法
   下記の必要事項を、事務局宛FAX又はEメールでお申し込みください。
    ・お名前(フリガナ) ・連絡先住所(昼間連絡が取れる場所)
    ・電話 ・FAX ・Eメール
 
★ お申し込みいただきますとその後、詳しいご案内をさせていただきます。

■ お問合せ・ご連絡先 
  エコツーリズム協会しが
  〒520-2134  
  滋賀県大津市瀬田5丁目20-3
  事務局担当:吉見 精二
  TEL :077-532-7286   FAX:077-545-0945
  携帯:090-1679-6013
  Eメール:info@ii-trip.com




e0093407_17112073.jpg


e0093407_17115279.jpg

【エコツアーのコースの魅力】

コースの魅力

西の湖のすばらしい自然と守るべき環境を感じ、学んでもらえます。長命寺港から和船に乗って権座に上陸し、さらに和船で西の湖へ向かい、西の湖の歴史や環境について湖上で学びます。西の湖湖畔では、西の湖と生き物などについて解説を聞いたあと、よし笛の演奏を聴きながら西の湖の自然を眺め、地元の郷土料理を食し歓談します。

湖国の原風景「権座」をめぐります。

今もなお、田舟で通って田んぼを営んでいる、湖上の飛び地「権座」。この貴重な湖国の原風景を次世代に残すため、農家もまちの住民も一緒になって、様々な取り組みを行っています。「渡船」という酒米を「権座」で育て、こだわりの地酒「権座」が誕生しました。

和船でめぐる西の湖

西の湖の冬ならではの風情を満喫しながら、水辺の自然とふれあいます。開放的な湖の景色が広がる中、生い茂るヨシ原の水辺へ進みます。水郷の自然がやさしく迎えてくれます。西の湖湖畔で、西の湖と生き物などについて和船の船頭さん奥田修三さんの解説を聞きます。


【事務局担当者より】

エコツーリズムや地域の観光振興に取り込もうとされている地域のNPO,市民グループや行政関係の担当の皆様のご参加をお待ちしています。船上でのフォーラムで地域の活動をぜひ発表してください!
[PR]
by azch | 2011-12-21 22:51 | 湖川の街道事業

近江八幡市まちづくり構想

私たちのまちの未来は?近江八幡市がシンポジウム
=「まちづくり構想」へ意見交換 懇話会中間報告や事例紹介=

「(仮称)近江八幡市まちづくり構想」の策定に向けて、将来の市のあるべき姿を市民と考えるシンポジウムが、このほど鷹飼町の県立男女共同参画センターで開かれた。
市民や市職員、市議ら、約二百五十人が参加。

まず、市と同じ規模(人口八万人程度)の、ベネトンやデロンギといった世界的に有名な企業があって、若い人達が集まり、スポーツが盛んな一方、古い町並みや自然も大切に守られているイタリアのトレヴィーゾなど、歴史、産業、文化、人材育成、エネルギー、大学、自然、環境をキーワードに、魅力ある地域資源を磨きながら特色あるまちづくりに取り組んでいるヨーロッパの三都市が事例として紹介された。
続いて、冨士谷英正市長をはじめ、まちづくり、環境、防災等の専門家で構成された「近江八幡市のまちづくりに関する懇話会」の西川知雄座長が、環境、防災、教育・福祉を柱に構想案づくりに取り組んでいることや、再生可能エネルギーヘの取り組みなどについて報告した。
懇話会メンバーに市教育委員を交えたパネルディスカッションでは、「いいものを長く使う社会」や、「活断層がなく、安全・安心なまちづくりがしやすい」「近隣のまちもいっしょに発展」「チャレンジできる教育施設を」などの提案があり、会場からも「自然エネルギーのビジネスチャンモデル」「食の最先端技術開発」など熱心な意見が出され、「人づくりがまちづくりの基本」であることなどが話し合われた。
参加者へのアンケートを含め、会場での意見を今後の懇話会での協議に反映させる。
[PR]
by azch | 2011-12-20 22:02 | まちづくり研究会

西の湖を訪ねるエコツアー

エコツーリズム協会しが 西の湖を訪ねるエコツアー
=23日 船上フォーラムも=

エコツーリズム協会しがは、二十三日に実施する「環境船めぐみと環境和船で行く環びわ湖エコツアー」の参加者を募集している。
西の湖内にある舟でしか行けない耕作地「權座」で湖国の原風景や幻の酒米「渡船」栽培による地酒「權座」の取り組みなどにふれ、和船で西の湖の自然や文化を学ぶ。昼食は郷土料理の「安土のよばれ」を味わい、ヨシ笛の演奏を聴く。県立安土城考古博物館では、琵琶湖の自然と暮らしや安土の歴史について学芸員の解説を聞く。
大津港午前九時発の船上フォーラムでは、「西の湖から学ぶ“エコのよし”な世の中をつくろう!循環型社会を!」「琵琶湖からつながる“環びわ湖エコツーリズム”の可能性を探る」をテーマに、発表や報告が行われる。

定員は三十五人。参加費は一般六千五百円。参加申し込みは、氏名(フリガナ)・昼間連絡がとれる連絡先(住所・電話番号・メールアドレス・ファックス番号)を二十日までに、エコツーリズム協会しがへ、ファックス(077―545―0945)かメール(info@ii-trip.com)で。
 問い合わせは同事務局(TEL077―532―7286)まで。
[PR]
by azch | 2011-12-17 23:07 | 安土町商工会

巡る「八幡 秀次の城と城下町」

専門職員の案内で巡る「八幡 秀次の城と城下町」

県教委文化財保護課は、十七日に近江八幡市文化観光課の協力で開催する探訪「八幡 秀次の城と城下町」の参加者を、募集している。

近江八幡市は、羽柴秀次が天正十三年(一五八五)に秀吉から与えられた四十三万石の領地の鶴翼山(標高二百八十五メートル)に城を築き、安土から町民を移して、楽市楽座令を出すなど振興を図り、まちの基礎を築いたのが始まりとされる。
八幡山城に残る石垣が城の雄大さを示しているほか、秀次の館跡など最近の複数の屋敷群での発掘調査で、八幡山城の姿が次第に明らかになってきている。

今回の探訪では、専門職員の案内で八幡山城の遺構を訪ね、城下町を見学することで、城と城下町が一体となった近江八幡の姿をより深く理解してもらう。
午前九時に近江八幡図書館裏の八幡公園に集合(JR近江八幡駅午前九時二十分発近江鉄道バス「野ヶ崎行き」で「公園前」下車)、秀次館跡、ロープウェイ乗り場、西ノ丸、北ノ丸、本丸、二ノ丸、ロープウェイ乗り場、日牟礼八幡宮、八幡堀、新町通、近江八幡市立資料館前解散の全約三キロ。
定員は先着八十人。参加費は高校生以上千百五十円、中学生千円、小学生六百五十円(保険代・資料館入館料・ロープウェイ料金等実費分)

参加希望者は、十六日正午必着で、住所・氏名・連絡先を滋賀県教育委員会事務局文化財保護課城郭調査事務所へ、電話(0748―46―6144)・ファックス(0748―46―6145)・メール(ma16@pref.shiga.lg.jp)のいずれかで申し込む。
[PR]
by azch | 2011-12-07 22:26 | 観光ネットワーク

県立安土城考古博物館特別陳列

元気と希望あります安土城考古博物館で特別陳列

=「朝日」と「龍」のエネルギー 東日本大震災からの復興を願い=

県立安土城考古博物館(近江八幡市安土町下豊浦)は県立琵琶湖文化館と、三日から特別陳列「昇る!昇れ!!昇るとき――日輪と龍のメッセージ――」を、東日本大震災からの復興の願いを込めて開催する。一月二十二日まで。
復興、復活に向け、新たに迎える辰年を、希望を持って、元気で過ごせるようにとの思いで、上昇する自然の力の象徴として「朝日」と「龍」に焦点を当て、様々な文化財と、今年度県文化賞受賞者の寿福滋氏の美しい写真から、みなぎるエネルギーを吸収してもらう。コンセプトは「元気と希望あり□(ます)」だ。

展示は、「自然の猛威と人間」「鎮魂 ―神への祈り―」「復興と飛躍 ―シンボルとしての日輪と龍―」「権力者と龍・日輪」の全四章で構成する。
第一章「自然の猛威と人間」は、大地震による大規模な液状化現象の跡が見つかった高島市の「針江浜遺跡」と、平安時代末の大地震による津波で倒壊した長浜市の「塩津港遺跡」の神社遺構を紹介する。
第二章「鎮魂 ―神への祈り―」では、死者の再生を祈念した「木偶」、水と命の神である「弁才天」等を通して、死者に対する鎮魂と再生の祈りをイメージする。

今回の展示の中心となるのが第三章「復興と飛躍 ―シンボルとしての日輪と龍―」。災害や困難に打ち勝つ力の象徴としての「日輪」と「龍」に関連する資料を展示する。特に、日輪の象徴としての「鏡」にスポットを当て、祭祀に用いられた「古代鏡」、行事で用いられる「鏡餅」、鏡の奉納が変容した「カワラケ投げ」など、様々な文化財を紹介する。
最も注目されるのは、特別公開の葛蛇玉(かつじゃぎょく)作「鯉魚図」(東近江市曹源寺蔵)。江戸時代の画家、葛蛇玉は作品数が極めて少なく、幻の天才画家とも呼ばれている。池の氷を割って中空に飛び上がる鯉を描いた「鯉魚図」は、まさに、希望を求め、困難を打ち破り、龍に変身しようとする姿であり、今回の展示を象徴する作品といえる。作品の状態が良くないため、今回が今後の公開となる可能性が高い。三幅を、右幅(十二月三日―二十二日)、中幅(十二月二十三日―一月九日)、左幅(一月十一日―二十二日)に分けての展示となる。
第四章「権力者と龍・日輪」では、古代の王から、織田信長、豊臣秀吉等、時々の権力者達が権威の象徴として使った「日輪」と「龍」のモチーフを、「伝織田信長所用陣羽織」(そう見寺蔵)などから紹介する。

特別公開の葛蛇玉作「鯉魚図」(東近江市曹源寺蔵) 展示文化財約百十点と共に、寿福氏の写真作品十三点で、「昇る力」をイメージしてもらう。
会期中、博物館講座「陽はまた昇る~永続する生命のイメージ~」(十二月十八日 午後一時半)・「古代の王が求めた鏡」(一月十五日 午後一時半)、ギヤラリートーク(十二月三・十一・二十四日、一月八日 午後一時半)がある。
また、ゲーム感覚で鑑賞を楽しむ「ミステリーミュージアム ADUTI 2」も開催。今回のテーマは「救出ゲーム 聖龍を解き放て!」。
災厄を打ち破り、元気と希望を身につけるため、展示品の中に閉じ込められた龍を解き放ち、龍の聖なる力を借りなければならない。幸せの女神「はっぴーべんてん」の加護を得て、魔法の言葉を探し出せという使命に挑戦してもらう。
展示品に関する設問に答え、答を並べ変えて共通する文字五組を見つけだし、それらをパズルのように組み合わせて一つの単語をつくる。それが魔法の言葉になる。
同館は月曜日と十二月二十八日から一月四日まで休館。ただし、一月九日は開館し、翌十日休館。入館料は、大人四百五十円、高大生二百五十円、小中生・県内六十五歳以上・障がいのある人無料。
 問い合わせは、同館(TEL0748―46―2424)まで。


シリーズ 2展示 肥田城と玄蕃尾城
=安土城考古博物館=
県内に多数ある城郭の発掘調査成果を紹介し、その魅力と価値を発信する県立安土城考古博物館(近江八幡市安土町下豊浦)のシリーズ展示「近江の城を掘る」は、第三回として彦根市稲枝町肥田の「肥田城」を取り上げ、開催中。二十七日まで。

肥田城は、十六世紀代に高野瀬隆重が宇曽川の左岸に築城した平城で、日本戦史上初の「水攻め」の舞台となった。また、湖北の浅井氏が当時近江の最大勢力の佐々木六角氏を打ち破り、戦国大名としての地位を固めた「野良田の合戦」が行われた。
一方、城郭の現状を写真パネルで紹介するシリーズ「近江の名城」も、第七回「玄蕃尾城」(長浜市余呉町柳ヶ瀬)が始まっている。
玄蕃尾城は、賎ヶ岳の合戦で柴田勝家の本陣が置かれた城郭。近江と若狭の国境にあり、土塁や堀で構成される土造りの城郭としては、最も完成された形を持つと評価されている。
同館は月曜日休館。入館料は、大人四百五十円、高大生二百五十円、小中生・県内在住の六十五歳以上の人・障害のある人は無料。
問い合わせは、同館(TEL0748―46―2424)へ。
[PR]
by azch | 2011-12-03 22:11 | 観光ネットワーク
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31