安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

デンソー 新・地球人プロジェクト

持続可能な社会へ人材育成 デンソー 新・地球人プロジェクト

平成22年10月23日(土) 
=アジアの青年たちが“環境”体感 西の湖でも 水・ヨシ・文化学ぶ=
近江八幡市安土町のB&G海洋センターで,自動車部品トップメーカーの株式会社デンソー(本社・愛知県刈谷市)の青少年育成グローバルプログラム「DENSO YOUTH for EARTH Action ~新・地球人プロジェクト~」の体験学習が、このほど近江八幡市安土町下豊浦のB&G海洋センターで開かれた。ラムサール条約登録湿地の西の湖での取り組みが、アジアの青年たちを通じて世界に発信される。

同プログラムは、日本とASEANの大学生・大学院生を対象に、持続可能な社会づくりに積極的に取り組む若者の育成を目的に開かれているもので、現地での体験学習の経験をそれぞれ持ち帰り、自国で実行できるアクションプランを考え、十二月に再来日して、フォーラムで発表する。
三回目の開催となる今回のテーマは「水の持続可能な利用」。タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、ベトナム、シンガポールの六か国から二十四人が参加し、今月六日から十九日まで、静岡、滋賀、愛知の三県を訪問して、地元住民や企業・団体などが行っている環境共生活動を実際に体験した。

このうち滋賀県では十日から二泊三日の日程で行われ、西の湖では「琵琶湖の現状と歴史」と「ヨシの機能と活用」を学び(一日目)、高島市では琵琶湖を湖上から視察したり「川端(かばた)」を見学(二日目)、長浜市で早崎内湖再生事業についてグループワーク(三日目)に取り組んだ。
安土会場では安土町商工会の協力で、琵琶湖の自然と歴史やヨシの機能と保全条例について県や淡海環境保全団体から話を聞いたあと、二班に分れて、西の湖水郷めぐり、よしずやたいまつづくりを体験、また、よしジェラートを味わうことで、持続可能な水の利用や地域資源としての賢明な利用に基づいた新たなビジネス展開などについて学んだ。

水郷めぐりでは、水がきれいだったころの西の湖の話、水位調節や生命を育むヨシ原の手入れと人々の生業、子どもたちの環境学習の取り組みなどに、参加者はおおいに関心を寄せた。
よしずづくりでは、マレーシアの学生が「家に帰ってもできる」「どうして作らなくなったのか」など、それぞれ自国との比較や質問を交え、会話を楽しみながら作業を続けた。また、たいまつづくりでは、「男結び」に悪戦苦闘しながら、地域の伝統・まつりなどについても学んでいた。
参加者からは「みなさんから情熱を学んだ」「刺激を受けました」「(対応していただいた人が)高齢なのに環境に貢献していてすごい」「(安い外国製品により伝統産業が廃れているのに対抗するために)オリジナルで独特なやり方で大量に作る方法を見つけなければならない」などの感想や意見が次々と語られ、言葉は十分に通じなくても、真剣な思いが十分に伝わった。
[PR]
by azch | 2010-10-26 22:20 | 西の湖環境保全

近江八幡市版事業仕分け「公開事業診断」

26事業を仕分け 近江八幡市 公開事業診断
e0093407_0213015.gif
平成22年10月19日(火) 
=23日安土町公民館・24日ひまわり館=
一般公開で 必要性やあり方検討◇東近江・近江八幡
市の事業の必要性やあり方について検討する近江八幡市版事業仕分け「公開事業診断」が、二十三日に安土町公民館、二十四日に市総合福祉センターひまわり館の二日間にわたって一般公開で開かれる。
各日とも、市民委員六人、有識者六人、コーディネーター二人の十四人の委員が七人ずつ二班に分れて、市行政改革推進本部会議で決定した二十六事業、約七億五千万円分について診断する。
診断結果は、次年度以降の予算編成に生かされる。
なお、会場駐車場以外に二十三日はJAグリーン近江安土支店、二十四日は市保健センターを臨時駐車場として設ける。
[PR]
by azch | 2010-10-20 23:20 | まちづくり研究会

室町最後の将軍―足利義昭と織田信長―

秋季特別展「室町最後の将軍」足利義昭と織田信長

平成22年10月15日(金) =16日から 安土城考古博物館=
県立安土城考古博物館(近江八幡市安土町下豊浦)の秋季特別展「室町最後の将軍――足利義昭と織田信長――」(滋賀報知新聞社など後援)が、いよいよ十六日から開幕する。会期は十一月十四日まで。
室町幕府再興をめざす足利義昭は、織田信長に奉じられて第十五代将軍に就くも、信長との折り合いが悪く、元亀四年(一五七三)夏には信長に反旗を翻し、結局、京都を逐われ、室町幕府は滅亡する。
しかし、義昭はその後、備後・鞆の浦(現広島県福山市)に本拠を置き、征夷大将軍として幕府機能を保持する。さらに、武田・上杉・毛利・大坂本願寺などといった反信長勢力と連携して、信長の天下統一を阻み続けた。
今回の企画展では、そんな義昭の歩んだ道を、敵である信長との関係を通して見てみる。
展示の主なものは、国宝「一条院覚慶[足利義昭]書状――上杉家文書――」「六角義堯書状――上杉家文書――」(米沢市上杉博物館所蔵)「織田信長禁制――東寺百合文書――」(京都府立総合資料館所蔵)、重要文化財の「足利義昭御内書――小早川文書――」(文化庁所蔵)「細川藤孝書状――革嶋家文書――」(京都府立総合資料館所蔵)「小早川隆景書状――毛利家文書――」(毛利博物館所蔵)など。
会期中の関連行事として、▽十月二十四日午後一時半 博物館講座「足利義昭政権と織田信長 」(久野雅司東洋大学講師)▽十一月三日午後一時半 ギャラリートーク▽十一月七日午後一時半 特別展記念講演会「流浪の将軍――鞆公方義昭と毛利氏――」(長谷川博史島根大学准教授)がある。
入館料は、大人八百六十円、高・大生六百十円、小・中生四百円。県内在住六十五歳以上四百六十円。十一月一日を除く月曜日休館。
問い合わせは、県立安土城考古博物館(TEL0748―46―2424)へ。
[PR]
by azch | 2010-10-16 23:17 | 観光ネットワーク

地域環境フォトコンテスト

地域環境フォトコンテスト 安土の“いいとこ”

平成22年10月4日(月) =23日まで 作品募集中=
自然と歴史と文化あふれる「安土」の魅力を次世代に伝えようと、安土町観光協会は地域環境フォトコンテストの作品を募集している。締め切りは十月二十三日。
いつまでも残しておきたい風景、伝統の祭、美しい草木や生き物たち、まちの人々や暮らしの一ページなど、一人一点。本人が撮影し、未発表のもの。肖像権については本人の承諾を得ること。
四つ切りの部とL判の部があり、デジタルカメラの場合は修正していないもの。案内チラシの応募用紙に必要事項を記入して作品の裏面に添付し、安土町観光協会へ。
十一月下旬に審査を行い、観光協会長賞など入賞作品八点を決定。作品はホームページ(http://www.azuchi-shiga.com/)と安土城郭資料館(安土駅南側)で展示する。
[PR]
by azch | 2010-10-06 23:16 | 安土観光拠点
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31