安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

よし博2009  「よしスィーツ」の紹介

すだれがスイーツに!? 限定発売の「よしスイーツ」

「ヨシ(葦)」って知ってます? あまり耳慣れないかもしれないけど、実はすだれや茅葺き屋根に使われている素材で、私たちの暮らしにはおなじみの植物。そのヨシを使ったスイーツが期間限定で登場する。

そもそもヨシって食べられるの? なんて思ったのだが、実はすでにお茶やうどんなど、ヨシの葉を使った食べ物もいろいろ作られているらしい。青いヨシの葉の粉末は、抹茶のような風合いがあり、ビタミンCは抹茶の約3倍と豊富なのだとか。

今回、都内のカフェ数軒に登場する「よしスイーツ」は10種類以上。よしミルクプリン、よしゼリー、よしわらびもちパフェ、よしホワイトチョコ、よしフィナンシェ……など、どれもヨシの上品な風味をアクセントにしたかわいらしいメニューだ。

よしスイーツを作ったのは、「エコによしスタイル」研究会。そもそもヨシは、屋根にも紙にも食料にも肥料にもなる、とかなりお役立ちな植物。しかも、刈り取っても一年で4mも育つという驚きの成長力をもち、二酸化炭素の吸収にも役立っている。そこで「エコによしスタイル」研究会では、ヨシ原の保全やヨシを使った製品開発を実施。ヨシの消費を拡大することで、ヨシ原の保全などに還元していくのがねらいだ。

よしスイーツが楽しめるのは2月の1カ月間。店のリストはウェブサイトを参照のこと。(※ただし店によって提供期間やメニューはことなる)。また、2月14日、15日に滋賀県安土町・西の湖周辺で開催される“エコによし!”なイベント「よし博2009」会場内の「よしきり茶屋」でも、いくつかのメニューが販売される予定。ちなみにメニュー開発にはフードスタイリストの森下久子さんも協力している。

よし博では、1よし=100円なるエコポイント(単位=よし)が発行され、ヨシ刈りのボランティアや公共の交通機関の利用など、環境によいことをすればポイントがゲットできる。貯めたポイントは、よしスイーツをはじめとするヨシ商品の購入など、イベント会場で貨幣として使えるそう。

健康によし! 環境によし! なよしスイーツ。 おいしく食べて結果的にエコな社会に貢献できるなんて、いいですよね。
[PR]
by azch | 2009-02-25 22:45 | 西の湖環境保全

よし博2009 実施概要 その3

2月14日&15日開催 記事

中日新聞 2月22日
行動に応じてエコ通貨配布 安土のヨシ活用イベント
ヨシを通して自然の大切さ、素晴らしさを体感できるイベント「よし博2009」が14、15の両日、安土町の西の湖周辺であった。五感を使って地域の魅力に触れ、経済の活性化にもつながる工夫が凝らされ、家族連れや友人、職場仲間ら計700人が訪れた。 
主催の実行委員会はヨシ刈りボランティアへの参加、公共交通の利用、徒歩での来場など環境に優しい行動のほか、会場で夕日を眺めた人にも100円相当のエコ通貨「1よし」を贈った。

企業や個人からの協賛金で5000枚を発行。2日間限定で食事、買い物、乗馬、和船乗船などに使え、多くの来場者が活用した。
商店や団体が受け取ったエコ通貨は、実行委のエコマネー本部で「1よし」につき90円で換金。残り10円分は商店などが負担し、今後のエコ通貨の発行資金や活動費に充てる仕組みだ。

ヨシの葉を使った食材や飲料が楽しめる「よしきり茶屋」では、ヨシうどん、ヨシおこわ、ヨシサブレ、ヨシ玄米茶などを用意。運営に携わった町商工会の女性たちは「ビタミンCが豊富で、殺菌や血圧を下げる効果もあります」とPR。地元住民が運営する安土楽市楽座館からは新鮮野菜が持ち込まれ、町内外の人が買い求めた。
乗馬と和船乗船の体験は、日本の原風景を日常生活とは異なった目線から見つめ、ゆったりとした時間の流れを感じてもらおうと企画。歓声を上げて喜ぶ子どもたち、馬の背から写真を撮る大人の姿も。ヨシ笛コンサートでは、澄んだ音色が会場を優しく包んだ。

地元の元漁師、奥田修三さん(83)は漁具を展示し、西の湖の歴史や貝が果たす水質浄化作用を説明した。「西の湖の美しさを取り戻すには、子どもたちに関心を持ってもらうのが一番。幅広い世代が集える良い催しだった」と喜んだ。

電車と徒歩で来場し、ヨシ刈りにも参加し「3よし」を得た彦根市地蔵町の山川勝治さん(71)は「心地よい汗をかき、知らない人と話ができた。楽しかった」とほほ笑んだ。
実行委の菱川貞義さん(52)=大津市=は「エコ通貨を県内各地に広め、将来的にはいつでも、どこでも使えるようにしたい」と期待。東京都や新潟、福島、福岡県などからの来場者もあり「地元の人が『自分たちの地域は魅力があるんだ』と再認識できたと思う」と手応えを感じていた。

環境保全と地域経済の活性化は二律背反でなく両立できる-。そのモデルケースとなるには、今後の活動がより重要となる。



京都新聞
刈り取り 環境にヨシ! 安土、西の湖でイベント

ヨシと環境を考えるイベント「よし博2009」が14日、滋賀県安土町常楽寺の西の湖畔で始まり、親子連れらがヨシ刈りなどを通してヨシについて学んだ。
西の湖のラムサール条約登録を記念して実行委が開催、約300人が参加した。ヨシ刈り・選別体験や和船での西の湖巡り、乗馬体験があり、ヨシの粉を練り込んだうどんやクッキーなども販売された。
栗東市綣の公務員初宿文彦さん(45)は娘のゆずほさん(9)とともにヨシ刈りを体験、「ヨシについて考えるいいきっかけになった」と話していた。
よし博では、JR安土駅から歩いて訪れるなど環境に優しい行動をするたび、100円相当のエコポイント「1よし」を渡して会場周辺で使ってもらう社会実験も行われた。よし博は15日も開かれる。
[PR]
by azch | 2009-02-23 22:24 | 西の湖環境保全

よし博2009 実施概要 その2

西の湖ヨシ刈ボランティア2009
(主催:東近江水環境自治協議会、よし博2009 実行委員会)

午前・午後に分かれて、ヨシ刈り・ヨシ集め・ヨシの選別を行います。はじめるとやめられなくなる楽しい作業です。どうしてかって?それは参加した方にしかお教えすることはできません。午前に参加すると1よし。午後に参加しても1よし。午前・午後とも参加すると2よしゲットできます。
屋外作業になりますので防寒用の上着、手袋、軽登山靴または底の厚い靴でお出でください。鎌など作業用品は主催者で準備します。
※くわしくは「西の湖ヨシ刈ボランティア2009」のチラシをご覧ください。
・ラムサール条約に登録された西の湖の夕日を楽しんでいると、どこからともなく1よしを携えた人が現れます。どうか、びっくりしないでください。
e0093407_17384420.jpg

【よしが使える】

・「よし博2009」会場のチケット代
・よしきり茶屋
環境によいよしの手入れをすすめるために、よしを現代に生かしたいくつかのよし商品(よしうどん、よしおこわ、よし茶など)を味わっていただけます。ほかにReEDENヨシノートやよしペンなども売っています。
・環境和船
西の湖が誇る語り部が、西の湖の昔と今について不思議な話をしながら水郷巡りに誘ってくれます。
・よし馬
日本の原風景・ヨシ原をバックに、ゆっくりと自慢の馬に乗って散歩することができます。馬と一体になるとそれだけですべてのことが変わります。景色でさえこれまで見たことのないものになります。時間もゆっくりと流れます。
・よし笛コンサート
びわ湖で生まれた、情感たっぷりの音色を聴かせてくれるミニコンサートです。
・水鳥観察会
西の湖にはいろんな生きものが暮らしています。普段気づかない鳥を発見してみましょう。
・よしギャラリー
東近江水環境自治協議会の事務所。当日は「よし博2009 実行委員会」の事務所にもなっていて、いろんな、よしグッズも展示販売します。
・楽市楽座館(併催イベント)
国産・自然・安心の農産物や安土のお土産がたくさん並んでいます。
ほかに、社会実験提携のレンタル自転車やホテル宿泊に使うことができます。
e0093407_1739292.jpg
●問い合せ先
「エコによしスタイル」研究会
よし博2009 実行委員会  事務局/安土町政策推進課
電 話/ 0748-46-7201 FAX / 0748-46-7221
メール/ seisaku@town.azuchi.shiga.jp





【エコによしスタイル研究会の目的】
琵琶湖・淀川流域において、CO2 削減課題解決から、生態系保全、持続可能社会、共生型社会を実現するモデル社会を構築し、その技術を全国に移転できるようマニュアル化する。
【研究会のテーマ】
地域のみんなが一体となって、あかるく、たのしく、おもしろく、つながる「地域環境と経済の共生」
【研究項目】
●流域全体の環境と経済の共生を目指したエコポイント制度の創出
●新しい地域貢献型のカーボンオフセットの仕組みづくり
●琵琶湖・淀川流域にふさわしいエコポイント制度のネーミング・キャラクター開発
●カーボンオフセットやエコポイント制度以外での「流域全体の環境と経済の共生」に寄与する制度研究

<たとえば、次のような課題に挑戦します>
●琵琶湖・ヨシを環境のシンボルとして、多様な立場と地域の方々とのつながりを考える
●みんながいっしょにつながるために合意できる利益をどうつくるか
●川遊びとヨシ刈りと省エネ運転をいっしょに評価できるか
●みんなでいっしょに一歩を踏みだすしくみづくり
●企業のブランディング・販促と地域社会貢献をいっしょに考える
e0093407_1742584.jpg

e0093407_17422628.jpg

[PR]
by azch | 2009-02-05 22:24 | 西の湖環境保全

よし博2009 実施概要 その1

「よし博2009」実施概要
西の湖・ラムサール条約2008年10月30日登録記念


主催:よし博2009実行委員会
企画:「エコによしスタイル」研究会
協賛:豊葦原会、東近江水環境自治協議会、楽市楽座館、株式会社コクヨ工業滋賀、株式会社ヘルプ、株式会社日吉、キタイ設計株式会社ほか
後援:安土町、近江八幡市、滋賀県、安土町商工会、安土町観光協会、安土町教育委員会ほか
協力:275研究所、MAQ inc.、森下久子(フードコーディネーター)、滋賀県立大学
e0093407_17175641.jpge0093407_1718969.jpg



















地域活性型エコポイント及びカーボンオフセットシステム社会実験イベント
「よし博2009」
「あかるく、たのしく、おもしろく、エコによし」のまちづくり
※荒天の場合は翌週の2 月21日(土)・22日(日)に順延
JR 安土駅前~楽市楽座館・よしギャラリー~安土街道~ヨシ刈り十七会場・よしきり茶屋~よし馬会場~水鳥観察会場~環境和船~西の湖夕日作品展示場
e0093407_17204887.jpge0093407_1720596.jpg



















【内容】
●開催日時/ 2009年2 月14日(土)・15日(日)の2日間限定・朝(10時)~日没まで
●イベント会場エリア
●エコポイント
「よし博2009」は、琵琶湖・淀川流域の行政、自治体、企業、NPO、大学、消費者等が一体となって、琵琶湖・ヨシを環境のシンボルに、広範な社会課題に対応しながら「地域環境と経済の共生」社会の実現をめざして、2008 年10 月に発足した「エコによしスタイル」研究会の社会実験です。
広く社会とつながりながら地域に貢献できるエコポイントと、遊びや文化までも地球温暖化防止の対象として挑戦する姿を、企画書ではなく、イベントの形で地域住民や全国のみなさまに感じていただくために開催します。
社会実験の中で、環境によいことをするとエコポイント(ポイントの単位は「1よし」)がもらえます。1よしは100円に相当し、会場内のアトラクションや「エコによし」対象商品の購入時に使うことができます。(たとえば500円のアトラクションに1よしを使えば400 円で参加できます)
「えっ?こんなことで1よしがもらえるの??あっ、そうか!」ということもあったりするのでお楽しみに。
e0093407_1722557.jpge0093407_17224510.jpg


















●イベント内容
<ガイドマップ・イメージ>
【よしがもらえる】
・会場まで電車で来られて、JR 安土駅に降りられた方は1よしをゲットできます。
・JR 安土駅からイベント会場まで徒歩で移動していただいた方も1よしゲットできます。それだけではなく、途中でいろんなおもしろいものに出会えます。あんまり時間をつぶしていると、ヨシ刈りが終わってしまいますよ。
・介助者と一緒に来られた方はさらに1よしゲットできます。
[PR]
by azch | 2009-02-04 22:02 | 西の湖環境保全
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28