安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

安土城考古博物館 特別陳列「水の浄土・琵琶湖」

琵琶湖文化館の収蔵品を中心に 特別陳列「水の浄土・琵琶湖」
=22日から 安土城考古博物館で=


県教委は、今月が文化財保護強調月間であることから、県民に地元の誇る優れた文化財に親しみ、地域の歴史や文化に関心を持ってもらおうと、特別陳列「水の浄土・琵琶湖・・・琵琶湖文化館の収蔵品を中心に・・・」を22日から安土町下豊浦の県立安土城考古博物館で開催する。
昨年度いっぱいで休館した琵琶湖文化館は、展示事業こそ行っていないが、寄託品など文化財の保管・管理・普及啓発・研究調査活動を続けている。5千点を超える収蔵品は県民の財産でもあることから、安土城考古博物館との協働で琵琶湖文化館収蔵品による特別陳列を開くことにした。
今回、47点を展示するが、これだけの点数を特定の展覧会に出陳し、かつ、これまでに県内の博物館等で琵琶湖文化館が主催(共催)した展覧会はなく、今回のように琵琶湖文化館の収蔵品中心の展示は、はじめてとなる。
特別陳列は、県教委が昨年度から取り組んでいる琵琶湖と水に関係する文化財の調査活用事業の成果として発刊した、水と琵琶湖に培われてきた近江の豊かな精神世界を紹介する歴史探訪マップ「近江湖物語一水の浄土琵琶湖」に立脚して、琵琶湖文化館と安土城考古博物館の収蔵品の中から、「水」にちなんだ精神文化の遺品を中心に紹介する。
県教委では今回の展示を通じて、「先人が遺した文化財を水信仰の観点から読み解くことにより、私たちが未来に向けて水や琵琶湖とどのように関わっていくべきかについて、考える契機になれば」と、来館を呼びかけている。

展示は、プロローグ「びわ湖・・・天台薬師の池・・・」として『水への祈り』『描かれた水の世界』『豊饒(ほうじょう)の湖』、エピローグ「水から生まれ、水へと還る」で構成する。
主な出陳作品は、館外初公開の歌川広重画「近江八景」八枚(琵琶湖文化館蔵)、湖水出現の薬師と伝わる重要文化財「銅造薬師如来立像」(聖衆来迎寺)、重要文化財「流水文銅鐸」(安土城考古博物館蔵)、重要文化財の曾我簫白筆「楼閣山水図」(近江神宮)など。
会期は、来年1月18日まで。会期中の関連行事として、11月23日午後1時半から琵琶湖文化館の上野良信さんによる記念講演会のほか、11月30日・12月7日・1月11日には展示解説会が午後1時半からと3時の各日2回ずつ行われる。
入館料は、大人350円、高大生250円、小人150円。月曜日と祝祭日の翌日、年末年始休館。問い合わせは、安土城考古博物館(TEL0748―46―2424)
[PR]
by azch | 2008-11-27 22:41 | 観光ネットワーク

老蘇・観音寺城秋まつり

家茂ゆかりの名勝杉原氏庭園など 老蘇・観音寺城秋まつり
=23日 地域の歴史と文化再発見=


安土の魅力を再発見してもらう「老蘇・観音寺城秋まつり」が、23日に安土町石寺から東老蘇にかけての一帯で開催される。
7月に県の名勝に指定された東老蘇の「杉原氏庭園」をはじめ、史跡老蘇の森の奥石神社本殿(重要文化財)隣に鎮座し、今春修復された町指定文化財諏訪社本殿は、普段は入れないが、この日だけ特別に公開されることになった。いずれも、11時半・12時10分・14時40分・15時20分の4回、各回50人程度ずつ。
特に「杉原氏庭園」は、長浜の有名な庭師、勝元宗益(鈍穴)による江戸末期の回遊式枯山水庭園で、長州征伐のために大阪城に向かう途中に休憩に立ち寄った徳川家茂のために増築したと伝わる便所と風呂も残っている。
このほか、10時からは「観音正寺の護摩焚き」が石寺楽市前広場で行われ、無病息災の「もちつき」や「そばのふるまい」などもある。
また、13時からは東老蘇公民館で、「歴史講演会」(安土町教育委員会主催)が開かれる。内容は、講演「観音寺城と老蘇中山道」と「観音寺城跡調査報告会」。
問い合わせは、安土町観光協会(TEL0748―46―7049)へ。
e0093407_1650095.gif



杉原氏庭園の特別公開
滋賀県指定文化財 名勝

庭師として有名な長浜の勝元宗益(文化七年1810~明治二二年1889)作。
(「鈍穴(どんけつ)」と称した庭師で、「鈍穴の庭」として親しまれている。)
庭園は回遊式の枯山水庭園で、周囲は板塀で囲まれています。庭園内には茶室風の建物「秋錦亭」(しゅうきんてい)と「紅遊」(くれないにあそぶ)と扁額がある簡素な門、「帰緑苔」と刻まれた大石などがあり、うまくまとめられた庭園であることがよくわかります。
個人の庭で、しかも限られた空間を景色、植栽、視点の移動により変化する庭の景色は見事で、ほとんど改変がなく現在まで伝えられ、江戸時代末期の作庭であることが推定できることから、大変貴重であると判断され、このたび滋賀県指定有形文化財名勝に指定されました。
現在でも、杉原家には徳川家茂が休憩する時のために増築したと伝える便所とお風呂が現存しています。
e0093407_16523897.jpge0093407_16525455.jpg








e0093407_1653154.jpge0093407_16533148.jpg










e0093407_16535095.jpge0093407_165462.jpg











諏訪社本殿の特別公開
奧石神社

諏訪社本殿は安土町指定文化財で、史跡老蘇の森の奥石神社本殿(重要文化財)の西に鎮座する。本殿は正面柱間1.32mの一間社流造。
建立年代は形式から桃山時代。この諏訪社本殿が、久方ぶりにこの春修復された。今回は特別に普段入ることのできない玉垣の中に入って見学していただけます。
e0093407_165436100.jpge0093407_16545261.jpg









e0093407_16551412.jpge0093407_16552880.jpg
[PR]
by azch | 2008-11-25 22:46 | 観光ネットワーク

「安土城・摠見寺」再建コンペ

「安土山摠見寺」再建 学生競技設計(コンペ) 公開審査会
「安土城・總見寺」再建学生競技設計の公開審査会が安土城考古博物館に於いて11月22日午後1時開催されました。10チームの大学から總見寺模型、設計図及びグラフィックなどによるプレゼンテーションが行われ、どのような発想で再建案を生み出したのか説明をした後に公開審査のもと下記の大学が受賞されました。

題名  代表者  大学
★最優秀賞: 上総介ヲ宿ス(川井 操) 滋賀県立大学大学院
★優秀賞: 仏を超えた織田信長-信長の世界を表現した總見寺-( 岡垣 頼和) 鳥取環境大学
★佳作: 穿かれた本道、光を捕まえる(西村 祐人) 東京大学大学院
安土山總見寺本堂再建-多宝塔と密教本堂の垂直重合による建築革新-( 高橋 俊也) 滋賀県立大学大学院
★観光協会特別賞: 安土城・總見寺再建計画 (今出 端穂) 九州大学大学院
e0093407_16581412.jpge0093407_16583087.jpg








e0093407_16585263.jpge0093407_1659895.jpg









e0093407_16592792.jpge0093407_16594241.jpg










背景
摠見寺は滋賀県蒲生郡安土町安土山にある臨済宗妙心寺派の寺院です。天正年間に安土城築城に伴って、織田信長によって建立されました。開山は、織田一族の犬山城主織田信安の三男で禅僧の剛可正仲とされています。同寺院は織田信長が近隣の社寺から多くの建物を移築し、建立したと伝えられています。
江戸時代の寺領は227石5斗余りで、18世紀末には本堂、三重塔、仁王門、書院、方丈など22棟の建物があったことが確認されています。しかしながら、安政元年(1854年)主要な建物のほとんどを焼失してしまい、焼失を免れた三重塔と仁王門を除き、本堂も礎石を残すのみとなってしまいました。その後、伝徳川家康邸跡を仮本堂とし、現在に至っています。
摠見寺は、150余年前に焼失してしまったこの摠見寺を再建したいという思いを暖めています。実現に向けては、文化庁の指導、財源など多くの問題がありますが、まず、案が必要になります。「信長公ならこんな空間を構想・実現したに違いない、という発見的・魅力的な再建案はできないか」、「若い学生たちの自由な発想に期待したい」というのがこの競技設計(コンペティション)の出発点にあります。

摠見寺本堂再建計画の条件
 A.復元を基本とします。
 B.すなわち、摠見寺本堂は旧位置(現在本堂礎石が残る場所)に再建するものとします。
 C.摠見寺本堂は木造にて再建します。
 D.外観に関しては絵図等を参照し、蓋然性のあるものとします。
 E.内部のディテールなどについては厳密な考証を必ずしも問いません。
[PR]
by azch | 2008-11-23 21:50 | 観光ネットワーク

ふるさとふれあい秋まつり2008 その2

ふれあい秋まつり その2
安土楽市編

今年の商工会安土楽市は、恒例の女性部による「信長うどん」の1,200食、新たに試作した青年部による「信長とうふ」、特産品よしきりの会による「ヨシ団子からヨシジェラート」までのヨシ食材のフル販売に挑戦しました。
また、女性部は近隣の能登川と五個荘の商工会女性部との連携事業を実施、能登川からハイキングにて150名以上が来場、五個荘女性部も「泥亀汁」の販売と新しい展開ができました。

本会商業部・工業部も負けずと、地産地消による「てんぷら」に取組み、「菜の花エコ」による「菜種油」、地元の米粉を使った、地元も野菜による啓発を行いました。

安土楽市は総数40店舗、年々趣向を凝らした新しい店舗も出店しており、地域の秋のイベントでの新しい取組みに今後も期待していきます。
e0093407_17283666.jpge0093407_17285436.jpg










e0093407_172926100.jpge0093407_17304989.jpg










e0093407_17312216.jpge0093407_17314411.jpg










e0093407_17321318.jpge0093407_1733035.jpg










e0093407_1735163.jpge0093407_17355386.jpg










e0093407_1738553.jpge0093407_17383167.jpg










e0093407_1739129.jpge0093407_1739393.jpg










e0093407_17493992.jpge0093407_17501363.jpg










e0093407_17511313.jpge0093407_17515853.jpg










e0093407_17522244.jpge0093407_17524098.jpg
[PR]
by azch | 2008-11-08 22:17 | 安土町商工会

ふるさとふれあい秋まつり2008 その1

ふるさとふれあい秋まつり 11月2日開催
町恒例の秋の農産物収穫祭と1,000人バーベキューが売り物のイベント、今年は11月2日に文芸の郷スペイン広場等にて開催されました。
町文化祭も1日から3日まで、マリエートを会場として同時開催、好天にめぐまれ町内はもちろん近隣市町から多くの来場がありました。

商工会も恒例の「安土楽市」を設営し、すっかり定着した秋のイベントとして、各出店者も大活躍でした。
e0093407_1141751.jpg

e0093407_1143522.jpg


e0093407_1794529.jpge0093407_1710059.jpg











e0093407_17101950.jpge0093407_17103284.jpg










e0093407_17111439.jpge0093407_17112760.jpg










e0093407_1711558.jpge0093407_17121354.jpg










e0093407_17123722.jpge0093407_17125137.jpg










e0093407_17435442.jpge0093407_17133337.jpg










e0093407_1714081.jpge0093407_17142389.jpg










e0093407_17152043.jpge0093407_17154061.jpg










e0093407_17461136.jpge0093407_1746347.jpg










e0093407_17473150.jpge0093407_17475692.jpg
[PR]
by azch | 2008-11-06 21:56 | 安土町商工会

「天下一の城」に壮大な夢  映画「火天の城」撮影

「火天の城」撮影、滋賀県ロケ、観光協会が中心となってエキストラも安土からバスを仕立てて参加しました。

滋賀報知新聞
「天下一の城」に壮大な夢  映画「火天の城」撮影順調
信長軍行列のエキストラ募集  =来月1日高島市で 男性のみ=


安土城築城までの夢と愛を壮大なスケールで描く東映映画「火天の城」(来秋公開)の撮影が順調に進んでいる。いよいよ安土山山上に石垣が築かれ、「天下一の城には、天下一のヒノキを」と、敵地の木曽上松から親柱にするヒノキを送ってもらう約束を取り付けた主人公の総棟梁・岡部又右衛門(西田敏行)が安土山山頂で待つシーンなどの撮影が、淡路島のロケ地で瀬戸内海を琵琶湖に見立てて、行われている。
滋賀県での撮影も順調に進んでおり、11月1日には織田信長軍の行列シーンの撮影を高島市内で予定している(予備日2日)。滋賀ロケーションオフィスは、このシーンに協力してもらえるボランティアエキストラを二28日午後6時まで募集している。
今回は、16歳から60歳程度までの体力に自信のある男性のみ。撮影時間は、午前7時集合から午後7時頃まで。参加者には昼食と記念品が支給される。応募用紙請求と問い合わせは、滋賀ロケーションオフィス(TEL077―511―1537 http://www.shiga-location.jp/)まで。



「火天の城」滋賀県ロケ 県民エキストラも活躍
=地元知事、市町長も激励=


来秋、東映系で全国上映予定の、安土城の築城をテーマにした映画「火天(かてん)の城」の県内ロケが、高島市安曇川町の特設セットで撮影が先日行われた。映画には、県民のエキストラも大勢出演し、完成が楽しみ。
天下の名城「安土城」の築城を命じられた宮大工の番匠、岡部又右衛門の半生と、宮大工一門やその家族の人間関係を壮大なスケールで描く作品とになるということで、舞台となる県や滋賀ロケーションオフィスが全面協力、安土町もエキストラ募集に協力し、バスを仕立てて、大挙人員を送り込んだ。ロケ地となった高島市からも大勢の市民が参加した。

先日の築城に重要な巨石「蛇石」を動かすシーンでは、宮大工の男達が縄を引っ張り、女性や子供達が脇で声援を送る場面が撮影され、テストや本番でくり返される田中光敏監督の「スタート」「カット」の合図に、エキストラも緊迫の演技を繰り広げた。
はじめて映画の撮影に参加したエキストラは、「こんなに大勢のスタッフが関わって、一本の映画が出来上がっているのに、改めて驚いた」「エキストラのメイクや衣装の着付けなどもあっという間に仕上がり、さすがだなと思った」「いつもテレビや映画で見ている俳優のみなさんを間近に見ることができ、自分も一緒に映画に出るのかと思うと、ものすごく感動しました」と、かなり興奮ぎみ。
この日の撮影には、嘉田由紀子県知事、海東英和高島市長、津村孝司安土町長が激励に訪れ、主役の西田敏行さんと作品のことはもちろん、安土城をはじめとする滋賀県の城談義に花を咲かせた。また、西田さんが嘉田知事に「ぜひ出演を」とのサプライズもあり、知事も即答で承諾する場面もあった。
このあと三氏は、田中監督とあいさつを交わし、撮影風景をジッと見守っていたが、撮影が一段落したところで、エキストラに「みなさんご苦労さまでした。来年秋の封切りを楽しみにしています。安土の物語を、全国に広げていきましょう」と声をかけ、一緒に完成・ヒットを願った。
e0093407_1714012.jpge0093407_1715270.jpg








e0093407_172787.jpge0093407_1721795.jpg









e0093407_1723325.jpge0093407_1724590.jpg









e0093407_1755041.jpg


滋賀報知新聞
ベール脱ぐ安土城・信長 映画「火天の城」製作発表
安土城に吹き抜けはなかった? =西洋好きの信長の斬新スタイル=

天下の名城「安土城」築城と、そこに携わった人々の人間模様を壮大なスケールで描く東映映画「火天の城」の製作発表が、このほど京都市左京区の東映京都太秦撮影所で開かれ、これまで封印されて来た映画の中で描かれる安土城像と、斬新な衣装の織田信長像が、ベールを脱いだ。
発表会見は、第11スタジオの総製作費4千万円をかけた五層七階の安土城基礎部分のセットで開かれた。
中心で城を支える親柱となるカナダ産米唐ヒノキは直径1.5メートル、高さ11.5メートルのものを輸入して加工した。石垣は、実際の安土城天主部分の石垣の型をとって実物大で再現している。
第一スタジオでは、信長の館での、3人の宮大工による安土城の指図争い(設計コンペ)の場面の撮影現場が、報道関係者に公開された。

南蛮文化を積極的に取り入れた信長らしいワインレッドのドレスシャツに、ジャケット風の裃(かみしも)姿の信長(椎名桔平)が登場、希望していた吹き抜けを取り入れなかった岡部又右衛門(西田敏行)に刀を抜いて「このわしに意趣あってのことか」と迫る。この映画で描かれる安土城には吹き抜けがない理由が判明し、又右衛門が信長の信頼を得て総棟梁に決まる重要な場面。果たして、その真相は……。

安土城に対する県民や安土町の一方ならぬ思い入れに対し、西田さんは「琵琶湖の周りは日本の歴史のエポックメイキングの場所。そこに目をつけ、天下を見下ろせるところに城を造りたいと思った信長の気持ちが良く分かりました。信長の安土城がいま建っていれば大変な文化財だっただろう。滋賀県の皆様、誇りと情熱をもって『火天の城』をよろしくお願いします」と、田中光敏監督も「あの土地にすばらしい城があった。それを今、私達はまさに再現しようとしている。再現しようとすればする程、そのすばらしさ、大きさ、雄大さ、そして、そこで信長が何をしようとしたのかが、はっきりと伝わってくる。そういう思いになる。そういった意味では、滋賀の方達だけでなく、日本人が誇れる城がまさしくあそこにあったということはすばらしいことだと思うし、私自信も再度、すごい城なんだなと実感しています」と、思いを込めた。
9月3日のクランクインから約3分の2を撮り終え、今月下旬にはクランクアップ。そのあと編集などを経て、来年5月完成、9月全国一斉公開の予定。
[PR]
by azch | 2008-11-05 20:54 | 観光ネットワーク

史跡観音寺城跡調査整備事業

いよいよ謎解明へ 史跡観音寺城跡調査整備事業
観音正寺周辺の石垣基礎調査 =伝本丸石段下付近の発掘調査=


滋賀報知新聞
県は、平成元年度から20年計画で行ってきた「特別史跡安土城跡調査整備事業」が今年度で終了するのに代わり、「史跡観音寺城跡調査整備事業」をスタート。今月から、史跡観音寺城跡の石垣基礎調査と発掘調査が23年度までの4年計画で始まった。
観音寺城は、近江守護佐々木六角氏の居城として知られる安土町と東近江市にまたがる標高432メートルの繖(きぬがさ)山に建造された山城で、安土城の96ヘクタールに対し、観音寺城は247ヘクタールと、そのスケールも比べものにならない。山の中に広大に広がる中世最大の山城だ。
さらに、安土城築城以前にすでに石垣を多用したり、南斜面一帯に鱗状に多数の家臣の郭(くるわ)をもつ大城郭として、中世から近世の城郭史においても注目すべき城でもある。
しかし、その重要性とはうらはらに調査はあまり進んでおらず、実態は謎に包まれている。

今年度は、観音正寺周辺の中央郭群での石垣基礎調査と、伝本丸から東側に降る石段の下に連なる郭付近の発掘調査を行う。この発掘場所は、観音寺城が山城にしては防御機能に欠けると指摘される中で、防御のために築かれる「枡形虎口(ますがたこぐち)」があると推定されていることから、その実態の判明に期待が寄せられている。
調査を担当する県教委文化財保護課では、今回の調査は遺構の保全状態の確認を目的とするため、調査面積は小規模だが、効率的な調査を目指す。
今月15日には、調査現地を訪ねる史跡案内「史跡観音寺城跡を探る」も実施される。午前10時県立安土城考古博物館前集合。弁当、水筒持参。小雨決行。参加費大人900円、高校・大学生700円、小・中学生500円。参加申し込みと問い合わせは、滋賀県教育委員会事務局文化財保護課城郭調査事務所(TEL0748―46―6144)まで。



石垣の基礎調査と発掘調査現場
史跡観音寺城跡を探る =11月15日開催の史跡案内で=

県教委は、日頃の調査研究の成果を現地で紹介する史跡案内「史跡観音寺城跡を探る」を11月15日に実施する。
観音寺城は近江守護六角氏の居城として、標高432メートルの繖(きぬがさ)山上に数多くの郭を構える大規模な山城で、安土城以前に石垣を多用した城として知られ、近江の中世社会を象徴する城郭である。
今回は、史跡観音寺城跡の実態を解明するため今年度から始まった、石垣基礎調査と発掘調査の現場を訪ね、あまり知られていない遺構を中心に見学する。

行程は、午前10時県立安土城考古博物館前集合で、午前中博物館見学(スライドによる史跡観音寺城跡発掘調査解説・博物館秋季特別展「天下人を祀る」解説・特別展見学)、昼食(信長の館の自由見学)、午後から観音寺城跡周辺の天智天皇の勅願寺で、室町幕府12代将軍の足利義晴が滞在し、重要文化財の本堂(室町時代建立)をもつ桑実寺から史跡観音寺城跡(伝本丸・観音正寺境内・伝布施淡路丸・大土塁・伝沢田邸)、繖(きぬがさ)山三角点から県立安土城考古博物館に帰ってくる。
参加費は大人900円、高校・大学生700円、小・中学生500円(県立安土城考古博物館入館料・桑実寺拝観料・保険料)。史跡案内配布資料を持参すれば、当日に限り、信長の館に団体割引料金で入館可。
弁当(途中購入場所がないので千円で斡旋。希望者は申し込み時に弁当希望の旨と個数を)、水筒持参。小雨決行。 参加申し込みと問い合わせは、滋賀県教育委員会事務局文化財保護課城郭調査事務所(TEL0748―46―6144)まで。
[PR]
by azch | 2008-11-04 22:39 | 観光ネットワーク
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30