安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

びわ湖まつり2007 びわ湖ヨシたいまつまつり

びわ湖まつり2007 びわ湖ヨシたいまつまつり
2007年8月25日 19:30~20:30

8月1日(水)から1ヶ月間、琵琶湖を中心とした滋賀県全域で「びわ湖まつり2007」が繰り広げられます。そのフィナーレを飾る一大イベント「びわ湖ヨシたいまつまつり」。8月25日の夜8時前後に県内7ヶ所で一斉にヨシたいまつが焚かれ、コンサートや、模擬店など会場ごとに趣向を凝らした催しが行われます。
過ぎゆく琵琶湖の夏の夜空を焦がすヨシの炎に、琵琶湖への祈りを捧げます。
e0093407_1814432.jpg

<滋賀県内7会場>
① 大津・膳所会場「膳所夏まつり」(大津市なぎさ公園サンシャインビーチ)
  開催時間:10:00~21:00 お問合せ:膳所観光協会 077-524-2205

② 草津・北山田会場「山田ヨシ松明まつり」(草津市北山田)
  開催時間:19:00~20:30 お問合せ:077-562-6690

③ 草津・烏丸会場「ヨシたいまつまつり2007」(草津市烏丸半島)
  開催時間:15:00~20:00 お問合せ:077-568-1208

④ 鹿深夢の森会場「かふか夢灯り2007」(甲賀市鹿深夢の森)
  開催時間:19:00~22:00 お問合せ:0748-88-2190

⑤ 東近江会場「東近江地域 ヨシたいまつまつり」(近江八幡)
  開催時間:18:00~21:00 お問合せ:0748-22-7702

⑥ 彦根会場「2007びわ湖ヨシたいまつまつりIN柳川」(彦根市柳川町湖岸)
  開催時間:18:00~21:00 お問合せ:0749-43-7346

⑦ 高島会場「マキノ高原から 夏をありがとう」(マキノ高原)
  開催時間:12:00~21:30 お問合せ:0740-27-0936

所在地 滋賀県全域
お問い合せ びわ湖まつり2007推進委員会
TEL:077-511-1535  FAX:077-526-4393
e0093407_1835641.jpge0093407_184552.jpg










e0093407_1810329.jpge0093407_18101626.jpg










e0093407_18103517.jpge0093407_18104339.jpg










e0093407_1811230.jpge0093407_18111425.jpg










e0093407_18114650.jpge0093407_18121097.jpg










e0093407_18122878.jpge0093407_18123664.jpg
[PR]
by azch | 2007-08-26 18:06 | 観光ネットワーク

07あづち夏まつり

本年度の「あづち夏まつり」は、安土町老人クラブ連合会の「安土もんてこ!夏まつり」に協力する形で、8月2日(木)やすらぎホールで実施しまた。

内容は老ク連が企画運営する「もんてこ!夏まつり」の2部、懸賞盆踊り大会に楽市出店にて協力参加しました。
飛び入りにて参加しました懸賞盆踊りも思いもかけず「最優秀賞」となり、大いに盛り上がりました。

e0093407_1382999.jpg

e0093407_1384947.jpg


e0093407_1484438.jpge0093407_149222.jpg










e0093407_1492538.jpge0093407_1493924.jpg










e0093407_1410079.jpge0093407_1410181.jpg
[PR]
by azch | 2007-08-20 13:09 | 安土町商工会

史跡案内「安土城下町と西の湖の水郷をめぐる旅」

今春の城郭調査研究所のウォークは5月26日新たな企画にて実施されました。

安土城郭調査研究所HPより紹介します。

史跡案内「安土城下町と西の湖の水郷をめぐる旅」
史跡案内「安土城下町と西の湖の水郷をめぐる旅」を、5月26日(土)に開催しました。
事前に申込みいただいた方のうち先着52名(当日都合により3名の不参加がありましたので、49名)の参加者があり、皆さん、めったに見ることのできない、湖上からの眺めを堪能していかれました。どうもありがとうございました。

午前10時 JR安土駅前に集合した後、旧朝鮮人街道(下街道)を通って浄厳院に向かいます。
朝鮮人街道を浄厳院にむかって歩きます。
浄厳院の裏門に到着しました。これから本堂と境内を見学します。
e0093407_12425856.jpge0093407_12432260.jpg









重要文化財浄厳院本堂の中です。
浄厳院は、織田信長が安土城下町に創建した浄土宗寺院です。金勝山(滋賀県栗東市)の高僧応誉明感に高徳に感じ入った信長が、安土城下に強制的に移転させました。本堂は、多賀(近江八幡市)の興隆寺弥勒堂を移築したものです。もとは天台宗系の本堂の様式を備えていましたが、移転に伴い、浄土宗の様式に変更されています。内陣と外陣を区切る格子戸が取り払われ、内陣横の余間が拡張されました。
e0093407_12434081.jpge0093407_1244101.jpg









浄厳院は、天正7年(1579)に行われた安土宗論の舞台としても有名です。この宗論は法華宗と浄土宗の僧侶が論争したものですが、信長の裁定により浄土宗の勝利となりました。一説には当時京都で力を誇っていた法華宗の勢力を削ぐために、わざと仕組まれたものだともいわれています。
浄厳院本堂外観。大変立派な建物です。この他浄厳院の境内には重要文化財の楼門や安土町指定文化財の鐘楼・不動堂などがあります。

浄厳院を出た後は景清道を通って東へと向かいます。景清道は、中世の主要交通路であった東山道(江戸時代は中山道)から繖山の麓の石寺を通り、浄厳院の北側を通る脇道です。景清という名称は、源平時代の武者であった平景清が通った道だからとも、京都へいたる脇道という意味の「かげきょうみち」から変化したものともいわれています。

つづいて安土城下町の東南の端に位置する東南寺で、安土城下町の構造や特徴について説明を受けます。この場所から東は地形が一段下がっており、今でも田んぼが広がっています。したがって、城下町として人々が居住する範囲は、ここより西の高台の地に限られていました。
e0093407_12444884.jpge0093407_1245864.jpg









この東南寺に伝わる古文書には、惣構どてを開いて寺地を開発したことが記されていました。また別の旧家に伝わった江戸時代の古絵図には、東南寺の西方に位置する安土町公民館付近に惣構どての痕跡が描かれています。これらのことから、少なくとも江戸時代には、信長時代の惣構と認識されるような土手があったことが確実です。
一方発掘調査では、公民館付近から南は城下町時代の遺構・遺物の検出例が少なくなり、この土手が城下町にとって、何らかの境界を意味するものであることがうかがえます。

安土城下町は近世城下町の出発点であるという評価が一般的ですが、こうした発掘調査や古文書調査によって従来の見方を再検討する必要性が唱え始められています。特に、江戸時代の古絵図や古文書から「惣構どて」に関する記述が発見されたことは、これまで惣構は無いと考えられていた安土城下町に、惣構があった可能性が出てきたことになり、安土城下町の構造が見直されています。ちなみに惣構とは、城や城下全体を囲う堀や土塁といった防御施設のことで、戦国時代の城下町には一般的に見られるものですが、近世に入ると消滅するといわれています。
惣構どての説明を聞く参加者。背景の建物が安土町公民館。どてはこの建物の南(画面右方向)にあったと考えられます。

惣構どて推定地の後は、城下町の名残がもっともよく残る常楽寺の集落内に入っていきます。ここは小さな路地が鍵の手状に折れ曲がり、見通しがききにくくなっています。また、水辺の集落であった常楽寺の名残をとどめる湧水地が今でも残されています。ここはそのうちの一つ北川湧水です。
e0093407_12453481.jpge0093407_12455480.jpg









かつて港であった常浜公園。城下町以前から年貢の積み出し港として利用されていました。いまでは公園として整備されています。

常浜から伸びる山本川河口付近から乗船します。いよいよ西の湖横断に出発です。
e0093407_12461037.jpge0093407_12462566.jpg









西の湖からみた安土山。西の湖は、安土町と近江八幡市にまたがる、現在残る琵琶湖の内湖のうちで最大のものです。大中の湖をはじめ、数多くあった琵琶湖のない湖の多くが干拓によって姿を消しました。そうした中で、今でも昔ながらの生活や景観・自然を残す貴重な文化遺産として、平成18年度に新設された文化財分野である重要文化的景観第1号の選定を受けています。

全部で5艘の船に分かれて西の湖を遊覧しました。手を振る参加者。
e0093407_12465027.jpge0093407_1247240.jpg









正面に見える丸い山の麓が円山(まるやま 近江八幡市)、右手の低い丘の麓が白王(しらおう近江八幡市)の集落です。船はその間を流れる長命寺川に向かいます。

バス釣りを楽しむ人たち。この日は他にも大勢がバス釣りを楽しんでいました。

いよいよ長命寺川に入ります。ここはかつては幅の狭いクリークのような川でしたが、内湖の干拓にともなって整備されたようです。この川をまっすぐ進むと琵琶湖に出ることができます。しかし今日は琵琶湖には向かわず、途中で方向を変えて、円山の横を通り、水郷地帯に向かいます。
e0093407_12475541.jpge0093407_12481081.jpg









いよいよ重要文化的景観近江八幡の水郷です。
両脇をヨシに囲まれた狭い水路を通っていきます。ときおりヨシキリの鳴き声が聞こえます。
このような自然がこんな身近に残っていたとは・・・
手こぎ和船とすれ違います。あちらは八幡から来られた水郷めぐりの和船です。
この橋をくぐるといよいよ船着き場、西の湖園地です。
e0093407_12482972.jpge0093407_12484832.jpg









園地に到着しました。この日は快晴でしたが、ものすごい強風で、船をあやつるのが大変そうでした。船頭のみなさん、どうもありがとうございました。

ここからはふたたび歩きです。
近江八幡の市街を目指し、長命寺街道に向かいます。

長命寺街道は八幡町から陸路長命寺に向かう道で、北之庄の集落の中を通っています。我々は長命寺方面から八幡へと向かいます。途中、ヴォーリズ記念病院を通過しましたが、そこにこのような建物がありました。これはツッカーハウスといいます。ヴォーリズ記念病院の前身である近江療養院(近江サナトリウム)の本館で、大正7年にアメリカの支援者であったメアリー・R・ツッカーらより寄付を得て建てられたものです。残念ながら老朽化が進み、現在では使用禁止になっています。

長命寺街道、多賀の交差点に立つ道標。「長命寺」「京みち」と刻まれています。
多賀の興隆寺。浄厳院本堂が元あった寺院です。
最終ゴール。かわらミュージアム横の駐車場です。後ろは八幡堀です。

今回は、山登りもなく、途中船にも乗ったため、例年に比べると楽なコースだったかもしれませんが、それでも延べ約3時間にわたるウォークはハードだったようです。ご参加くださったみなさん。どうもお疲れまでした。
[PR]
by azch | 2007-08-18 22:43 | ウォーク&ハイク

07年04~06 JRふれあいハイキング その2

2007JRふれあいハイキング 

e0093407_11284860.gif

6月17日実施 「繖山をめぐるハイキング」
健脚向けの13kmコースであり、80名も集まれば充分と予測していましたが、予想を上回る200名の参加があり、事前に用意した資料が足りなくなるほどの盛況でした。

e0093407_12231776.jpg


e0093407_12234418.jpge0093407_12235385.jpg










e0093407_1229113.jpge0093407_12293847.jpg










e0093407_12302678.jpge0093407_12303735.jpg










e0093407_12305372.jpge0093407_1231425.jpg










e0093407_12312030.jpge0093407_12313055.jpg










e0093407_12314415.jpge0093407_12315616.jpg











e0093407_1239464.jpge0093407_12392284.jpg










e0093407_12394581.jpge0093407_124028.jpg










e0093407_12402496.jpge0093407_12403590.jpg










e0093407_1241279.jpge0093407_12411594.jpg
[PR]
by azch | 2007-08-17 21:20 | ウォーク&ハイク

07年04~06 JRふれあいハイキング その1

2007JRふれあいハイキング 4月~6月
今春のJRふれあいハイキングは、観光ボランティアガイド協会の意欲的な企画もあり4月から6月の3ヵ月にて4回実施し、参加者も延べ人数で500人にせまる大人気でした。

e0093407_1217356.jpg


e0093407_12172082.jpg


e0093407_1218073.jpg


e0093407_12103312.jpge0093407_12104493.jpg










e0093407_12174735.jpge0093407_1217568.jpg











e0093407_12183756.jpge0093407_12184939.jpg











e0093407_1219868.jpge0093407_12191867.jpg










e0093407_12194288.jpge0093407_1219505.jpg











e0093407_1220458.jpge0093407_12201470.jpg










e0093407_12202988.jpge0093407_122039100.jpg










e0093407_12205329.jpge0093407_1221391.jpg











e0093407_12211756.jpge0093407_12212857.jpg










e0093407_12221979.jpge0093407_12222968.jpg
[PR]
by azch | 2007-08-16 20:11 | ウォーク&ハイク
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31