安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

あづち信長まつり アンケート意見 武者行列参加区長他

「あづち信長まつり」 武者行列参加者アンケート 集計

①武者行列に参加され問題点・アドバイス等記入下さい
事前準備について(配役・かつら合わせ他)
・配役等、地域性、文コミの関係等充分に考えた配慮が必要(騎馬武将3名に対し文コミは4役)。
・かつら合わせもそれほど時間はかからなかったし、問題ないと思う。
・配役が決まった段階でかつら合わせを同時に行うべき。かつら合わせのために時間をとるのは無駄が多い。
・今のままでよい。
・かつらが合わず、頭が痛かった。

当日準備について(衣装かつら、小学校準備他)
・朝8時から午後3時過ぎの終了まで非常に時間が長い。特に武者のヨロイ等、イベント用の軽いもので。トイレの問題も。
・初めてのことで長い時間だったが、大勢の方々のことで仕方ないと思った。
・衣装つけた後、出発までの待ち時間が長く、時間待ちする場所・イスもなく、多くの人が立って待っている状態だった。
・かつら、衣装をつけてから時間が長い。
・時間の割り振りを考えて、衣装合わせの時間をずらせば、混雑しないのでは? 
・安土駅出発で、小学校を使わせてもらったのは最良。
・順調に準備できていた。
・子供たちも早く着替えさせて体育館前でいつでも写真撮影できるようにしてほしい。

行列本番について(JR安土駅、活津彦根神社、安土城跡大手口前他)
・距離が長く、昼食後の行列が必要か?と感じる。時間が長く疲れる。
・見物客の多さに驚いた。今までは地元の準備に追われ見物できなかったので、駅前や沿道でお客の多さに戸惑った。
・活津彦根神社そのものの紹介時間が長すぎるように思った。
・あれぐらいの距離で充分。途中で休息もあったので。年齢的にはあれより延びたらしんどい。
・大手口前ステージにおける紹介は非常に良かった。
・武者の紹介は、一人ずつではなく、主な武将以外は数人ずつまとめてもよいのではないかと思う。
・行程には問題ないと思うが、せっかく鉄砲隊の演武があるのに武者が揃っていないのは寂しい感じがする。少なくとも馬に乗っている三武将だけでも参加するべきでは。
・安土城跡大手口、活津彦根神社での内容PRなどにより沿道だけでなく会場への観客の誘導に工夫した方が盛り上がると感じた(特に活津彦根神社での観客は少なく思った)。
・場所としては良かった。
・午前中くらいは通行止めにしても良いのでは? 危険を伴っていると感じた。
・ブラスバンドと武者行列が一体になっていなかった。

終了後について
・その日のうちに沿道など後片付けが大変。行列で疲れて帰ってからの作業で地元の方の協力で終わったが、当役は大変。区長、総代の負担が大きい。
・ホッとした。帰りのバスもスムーズな運行で良かった。
・最後の配役一人一人の紹介後解散であるが、解散後の集合場所の誘導が無く、戸惑っている人が多かった。
・終了後のバス送迎は良かった。
・小学校まで送ってもらえたのは良い。感心した。(※ 同様の意見複数あり)
・イベントを見られないのは残念だ。DVDを送ってもらったので、見ることが出来た。
・ビールは出るが、他のものも有っても良いのでは?
・着付担当の人には親切に対応してもらった。
・何となくあっけなかった。

その他
・下豊浦も3年続けて行い、幸いにも雨が降らなくて地域住民の方々も協力して頂いているが、自治会の負担が大きすぎるので、一度場所の変更も含め町全体で出来るように検討したい。
・行列が通る地区間での盛り上げ方に温度差があった。
・老人会はじめ多くのボランティアの人には大変お世話になった。
・行列に見物客がまぎれて、行列がばらばらになるのはいかがなものか。

実行委員会運営等についてアドバイス・ご意見等
・非常に良く頑張って頂きありがとうございます。もう少し町も安土をPRするのであれば商工会任せにせず積極的な協力を。
・商工会の皆様には準備から当日まで負担が大きく大変だったと思う。
・色々とご苦労の多いことであったと思う。
・地元負担にならないよう他の地域の方々の協力をもっと依頼できないか。
・だいたいにおいて順調に推移したが、所々で混乱が見られた。もう少しきめの細かい打合せが必要ではないか。
・思ったほど疲れることなく参加できた。
・実行委員会の人は腕章を付けて、進行係などはっきり分かるようにしてほしい。

②次回の開催に向けてアドバイス・ご意見等を記入下さい
a開催場所についてお考えをお聞かせ下さい。今回の特別史跡安土城跡の使用についても  常楽寺地区(1)・下豊浦地区・文芸の郷(1)・その他
・一度下豊浦以外の地区(常楽寺など)で。
・事前の地元との話し合いを充分にして考えてほしい。
・下豊浦地区~大手口が良い。
・信長の館にお客さんを誘導できるよう考えられないか。
・今回のコースで良かった。 
                                       
b実行委員会に新たに参加したほうが良い団体等はありませんか
・特に町行政のパックアップを求める。
・もっと婦人団体を活用してほしい。

c新たな企画等がありましたらご記入ください
・配役などは一般から公募してはどうか。

d今後の運営に対するアドバイス・ご意見等フリーでご記入ください
・安土をPRし、JR沿線に出て人寄せを行いイベントを行うのであれば、そのイベントの経費位のお金が安土に落ち、これが日々にも続けられるよう、また安土に来られた人が何らかの形で良かったと思われ金を落としていかれるよう、町・商工会・観光協会も食事、土産物、トイレなど考えるべきでは。
・町もイベントをやるからには、商工会任せ、地元任せにせず、もっと全町あげてのイベントとしてPR等にも力を入れ安土長に少しでもプラスになりお金が落ちるように考えてほしい。
・一生の思い出として大事にする。写真、DVDありがとうございました。
・DVDは自治会で活用する。
・信長の安土城下町づくりの紹介(パネルなどで)、史跡の紹介を大手口付近で行ってはどうか。
・信長の命日に合わせて梅雨時にするより、もっと気候の良い時にすれば良いと思う。4・5月か10・11月頃は?今後考えてみてはどうだろう。
・駅前での紹介は周りの騒音で掻き消されたようだ。ビデオ等は、「後の解説入り」とした方が良い。
・行列参加者は自信を持って歩き、沿道の皆様に愛想を振りまきたいものだ。
・武者行列が終わった後、見学者の人と交流できる企画を考えれば、お客さんの印象がよくなり、リピートを期待できるのではないか。
・大手口前で、自由に会場内を歩く時間を設けると会場内が盛り上がるのではないかとの意見を聞いた。暑い日は厳しいが、そうでなければ一部の武将は対応可能であったと思う。
・最初は、自治会長の役目の一つと思い、仕方なく参加する…という気持ちでいっぱいだったが、事前準備・当日の着付け・行列中の着くずれなどをさりげなく直して下さる気配り、各地区の出店等々、開催者側の温かい気持ち、熱い思い等が伝わってくるようだった。終わった今は、本当に良い経験が出来、参加して良かったと思えるようになった。たくさんの観光客や見物の方々を見て、これからも“安土の名物”として続くといいのに、と思う。
・安土町民がこぞって参加できる方法、内容を考えるべきではないだろうか。
・昼食をもっとゆっくり食べさせてほしい。
[PR]
by azch | 2007-07-24 17:05 | あづち信長まつり

あづち信長まつり アンケート意見 実行委員会編

「あづち信長まつり」 実行委員会アンケート  意見集計

①事前広報・PRについて、何をご覧になりましたか
NHK他テレビ放送 ・ FM滋賀番組内案内(4) ・ 近江八幡HOT!TV(3) ・ ホームページ(商工会 ・ 観光協会(2) ・その他) ・春の観光キャンペーンパンフレット「春爛漫の安土 信長の夢を訪ねて」(6) ・ 町かわら版4月下旬号の記事(7) ・町広報5月号同時配布の事前チラシ(カラー版)(7) ・ 新聞折り込み(5月末)詳細チラシ(2色刷り)(7) ・ 当日配布詳細チラシ(折り込み詳細チラシと同じもの)(2) ・ 京都新聞(2) ・ 滋賀報知新聞(3) ・ その他(    )

広報事前PR・実行委員会運営等についてアドバイス・ご意見等
広報について
・町外への広報はNHK、各紙新聞が良い。
・現行どおりでいいと思う。民間の無料のイベントサイトを利用してみてはどうか。
・FMラジオのPRはよかった。
・前日に新聞で見た気がするが前日では効果が無い。
実行委員会運営等について
・統括責任者は商工会・観光協会で良いが、企画運営は行政・商工会・観光協会とし、実行委員会は各種団体代表とする。
・当日10万人来るくらいのまつりにするため、企画運営・実行委員会の立ち上げを早くし、各団体でじっくり工夫してもらう。
・効果は来場者数、売上高で見るのも一つの方法。今年は会場を安土山周辺に移したことの効果が大きかったように思う。
・もっと若い人に興味を持ってもらえるようなイベントにしなければ、この先続いていかないと思う。

②当日の主だった内容について、ご意見等をお聞かせ下さい
a.武者行列(8)
(JR安土駅前(2)、三武将騎馬(1)、活津彦根神社内(1)、安土城跡大手口前会場(1))
b.JR安土駅前オープニング(3)  (信長出陣太鼓、武者紹介その他)
c.活津彦根神社イベント(1)  (雅楽演奏、献茶、浦安の舞い、その他)
d.安土城跡大手口前(6)
(わんぱく相撲安土場所、各ステージ発表(2)、彦根鉄砲隊演武(2)、手作り甲冑隊劇、乗馬体験その他(1))
e.楽市関係(7)  (安土楽市・大手口前(2)、 文コミ楽市・活津彦根神社から百々橋周辺)
f.湖川の街道「安土城お堀めぐり」(2)  (百々橋から外堀経由の大手橋間)
g.スタンプラリー(1)  (駅周辺、安土山周辺、文芸の郷など計8ヶ所)
h.文芸セミナリヨ(オルガンコンサート)   
i.県立考古博物館(歴史資料展示 春季特別展)(1)
j.その他、会場警備、駐車場、シャトルバス運行、文芸の郷関係、スタッフ関係、(4)         
当日の内容に関するアドバイス・ご意見等
行列
・行列について、武将の旗が大変立派だったので、ガールスカウトやボイースカウトの子供たちの取り扱いが大変そうだった(安土山付近)ので、プラカードを持つ方がいいのではと思った。
・武者行列は貧相だ。プラカードを持って高校野球の入場行進のように歩くのは止めた方がいい。小谷城まつりでは、子供たちを中心に、ペーパークラフトで本物そっくりの甲冑をこれまでに400体ほど作ったといっている。安土でも小学生を始め、婦人会や商工会で作って各自が着て行列に参加させてはどうか。大人だけ武士の格好をしてマーチングや子供は現代の格好をしているのは不自然だ。小学生に甲冑作りをさせて、次の年に軍団として歩かせたらすごく さまになると思うがどうでしょうか。

楽市
・各字で「楽市」やってもらってはどうか(人出を町内全体に呼び込むため)。
イベントその他
・安土在住の子供がもっと わんぱく相撲に参加してくれれば良いと思う。会場は大変良かったと思うが、次年度もよく整備できているか不安。
・当日はミステリーウォークに従事しており、全体の把握が出来ていない。安土駅前オープニングでは、サミット市町の紹介の時間を作っていただき、ありがたかった。

全体
・概ね良かった。今年は人では少なかったのでは(マンネリ防ぐ必要あり)。
・全体に雑然としていたようだが、来場者には色々な想いがあり、この雰囲気が良かったと思っている。
・城下通は行列だけにして、イベント等はセミナリヨの広い場所ですべきでは? 場所が狭い。

③次回の開催に向けてアドバイス・ご意見等を記入下さい
a開催場所についてお考えをお聞かせ下さい。今回の特別史跡安土城跡の使用についても  常楽寺地区・下豊浦地区(4)・文芸の郷(2)・その他(安土町内一円、今の開催場所が良い、何としても下豊浦地区、地元区と協議、、開催されたことのない地区、南地区)

c新たな企画等がありましたらご記入ください
・“信長、中山道を行く” 
・「信長殿」を公募したらどうか?(外への発信)                                    
今後の運営に対するアドバイス・ご意見等
行列
・行列等で、住民・観光客が町なかを歩くことに魅力を感じる。警備等で苦労されると思いますが現行のスタイルで開催されることがいいと思います。
・全体をレベルアップするためにプラカードを持つ人とか少年使節を町広報で紹介して、抱負を述べて頂き主役にする(端役に注目が集まるようになれば、全員が主役となり、行列の質が高まる)。
・佐々木六角部隊として6人程度を公募する(話題性も広がり、広く宣伝が出来、老蘇地区も仲間入りが出来る)。テレビ、新聞に注目してもらうには今までとは違ったアイディアも必要。
・信長のお市(或いは農姫)など主要キャストはコンテスト形式で公募してはどうか。事前の宣伝にもなると思う。
・“ひこにゃん”に対抗するキャラクターをつくり、着ぐるみも作る(町内、県内、全国に公募する)
・姫君を歩かせるのはいかがなものか。せめて輿に乗せてやれないのか。輿は商工会で作り、担ぎ手も募集したら。
・安土町公民館が通過地点のみだったので駐車場を利用したとえ5分~10分ぐらいの沿道の観客向けにパフォーマンスをしてはどうでしょうか?

イベントその他
・今回のリピートで良いと思う。その年のメインイベントがあると目的がより明確になり意義が大きくなる。
・当日「安土山入山料無料」は良かった。毎年やってほしい。
・全体的に良い企画だと思った。関係者の方ご苦労様でした。ボーイスカウトから約30名奉仕した。当初の連絡では当日の弁当は出ないと聞いていたが、実際は出た。変更の場合は連絡してほしい。
・沿道に桜まつりのぼんぼりは無いだろう。せめて永楽通宝の幟旗を林立させることはできないのか。毎年何本かずつ寄付を募ってストックして、安土駅から城まで林立させるぐらいの展望はないか。

シャトルバス
・本年は近江バスの大型バスがピストン運動したので、駅裏での人が混雑するのは少なかったように思う。来年も大型バスを出した方が良いと思う。

運営体制ほか
・一般からボランティアスタッフを募集してはどうかと思う。
・「ボランティア登録」を募集、早期体制作りを行う。
・チラシに「参加団体名」を記載し、「町全体のまつり」をアピールすることにより、参加団体を増やす。
・「役割分担表」をもっときめ細かくし、所属団体別に役割責任を持ってもらう。
・区長、総代でなく、地域から自主性を発揮するとともに責任ある行動で参加するようにしたい。
・ここ数年下豊浦地区が続いているので、もっと南地区(他地区)でも開催された方が良い。町行事というより豊浦行事化されているような…。強制みたいになっているので困る。
[PR]
by azch | 2007-07-23 16:42 | あづち信長まつり
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31