安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

地域こだわり弁当「安土献立」販売開始

安土こだわり弁当「安土献立」
昨年度より商工会商業部料理部会にて取り組んできました、地域こだわり弁当を今秋各種事業に合わせて販売開始しました。

「安土献立」とは、信長が食したであろう素材を今風にアレンジした地域に強いこだわりを持った弁当です。

天正10(1582)年5月15日。天下統一を目前にした織田信長は、三河の徳川家康を安土に招いた。饗応役には明智光秀が命ぜられたが、接待の準備の不始末からか信長の怒りをかい途中で任を解かれた。この事が本能寺の変の原因の一つと伝えられている。
昭和62年6月7日「フェスタ信長62」において今後の安土の特産品とするべく、家康が安土に到着した時の料理を「安土献立」として、続群書類従の記述に基づきでき得る限り忠実に復元して、故遠藤周作氏、故稲葉知事、故辻町長らにご賞味いただきました。
今回「歴史のまち安土」に来訪される多くの観光客をもてなし、「現在(いま)の安土」を味わって頂くため新「安土献立」を作成させていただきました。
信長時代の「安土献立」は大量の山海珍味が京や堺の町で調えられ調理されたと言われていますが、今回の「安土献立」は、地産・地消、身土不二の考えの基、安心・安全な地域の素材(極力安土町内)を材料に調理しました。
「豊かな安土の歴史」を味つけに、「現在(いま)の安土」をご賞味頂きましたら幸いです。
尚、今後の参考にさせて頂き、より充実した「安土献立」を皆様と共に作って参りたいと思いますので皆様からの忌憚の無いご意見を頂戴頂きます様お願い申し上げます。
平成18年11月  安土町商工会商業部会
e0093407_16213716.jpg

安土献立
このお弁当は、当地ならではの地域素材を活かして、地元の料理店が作っております。
地産地消の安心・安全な食材を美味しくお召し上がり頂けるよう調理しました。
どうぞ、安土の歴史と自然に触れながら、ゆっくりとご賞味ください。
鮒(鯉)の刺身
老蘇産さくら玉子の出し巻き
西之湖の葦の葉を使ったヨシだんご
近江八幡赤こんにゃく煮
琵琶湖産うろり煮
琵琶湖産手長えびの唐揚げ
うなぎの蒲焼き
教林坊紅葉
鴨と豊浦ねぎ焼き
琵琶湖産本もろこバテレン漬け
近江米きぬひかり
季節の果物

現在1,000円と1,500円の2種類用意

e0093407_16215025.jpg

今後地域の料理関係にて統一して取り扱う様各種推進していきます。
問合せ、ご注文等は安土町商工会までお願いします。 
[PR]
by azch | 2006-11-13 16:23 | 安土町商工会

西の湖観光和船試乗会 その3

安土町観光協会HPより
安土町観光協会HPにて今秋の西の湖和船導入についてわかりやすく興味深く紹介しています。

ついに実現!航路、「常の浜」から西の湖へ
運行試乗検討会 2006年11月11日

山本川ホテイアイオ清掃大作戦、及び下流域の猛威をふるった藻、 汚泥等障害物撤去によって、やっと信長当時から昭和初期まで続いた常の浜から航路に関しての運航試乗検討会を安土町商工会、安土町観光協会の共催により和船二艘にて開催しました。
あいにく天候は雨が降ったり止んだりの今一でしたが、今回は常の浜から山本川を下り、西の湖へ出て ヨシ原を遊覧、近江八幡の長命寺川を下り、西の湖の水位を調整している渡合橋を船上から見学、その後、円山町の水郷を視察して、再び西の湖から常の浜 へ帰還しました。
これによって、この春の「安土城お堀めぐり」に続いて安土 町の観光の目玉が誕生する兆しが見えてきました。今後、運航については季節による限定運航が検討されていますが、航路の清掃などまだ多くの宿題が残されています。
e0093407_1514889.jpge0093407_152438.jpg










e0093407_15123098.jpge0093407_1512465.jpg










e0093407_15134544.jpge0093407_15135897.jpg










e0093407_15142091.jpge0093407_15143578.jpg










e0093407_1515121.jpge0093407_15151986.jpg











e0093407_15153776.jpge0093407_1515481.jpg










e0093407_1516729.jpge0093407_15162323.jpg










e0093407_15164265.jpge0093407_15165245.jpg










西の湖 豊浦港から常の浜港の運行をめざして
第2弾 山本川航路確保大作戦 2006年10月19~20日

ホテイアオイ清掃大作戦に引き続き、今年は特に猛威をふるった山本川下流域の藻をはじめ雑草等妨害物の撤去を実施しました。10月19,20日のユンボによる作業で西の湖近くの永代橋からカントリー横の立田橋まで和船の運航が可能となりました。西の湖豊浦港~常の浜港の完全開通までには、まだ多くの難問が残されていると思いますが光が見えてきた感じです。
e0093407_15305414.jpge0093407_15311291.jpg










e0093407_15314422.jpge0093407_15315870.jpg











山本川ホテイアオイ清掃大作戦 2006年10月4日
通常の交通手段として昭和初期までは、安土町常楽寺の常の浜から西の湖豊浦港を経由して大津など琵琶湖各港までは航路がありました。その常の浜~豊浦港を和船による 運航が復活できれば、航路周辺の町並みも綺麗になり、また自然環境の温存においても一石二鳥、との発想で安土町商工会と町内の有志が取り組みを開始しました。
難問山積ですが、その第一関門は山本川のホテイアオイです。舟が全く通れない状態まで群生してしまいました。今回はホテイアオイの撤去を主に実施しましたが、西の湖近くの下流域にはカナダモなど藻が今年は特に猛威をふるって、航路を妨げています。
e0093407_1533661.jpge0093407_15332356.jpg










e0093407_15334373.jpge0093407_15335733.jpg
[PR]
by azch | 2006-11-13 14:47 | 湖川の街道事業

西の湖観光和船試乗会 その2

試乗検討会 その2
西の湖は近江八幡サイドにて、4社が「水郷めぐり」観光和船を運行しており、シーズンは観光バス何十台という大勢の観光j客で賑わっています。
安土西の湖観光和船としても、また違った雰囲気の味わいある「和船コース」を再生すべく、町内各団体との連携にて推進していきます。
また今回は同時に、商工会商業部会にて取組んでいる安土こだわり弁当「安土献立」を用意し、試乗検討の参加者に和船内にて試食をしてみました。
来春の本格運行目指し各課題の解決と具体的準備を進めていきます。
ご意見アドバイス等、安土町商工会までお願いします。(TEL 0748-46-2389)

西の湖園地より再乗船                    あづちこだわり弁当「安土献立」
e0093407_14305295.jpge0093407_1431415.jpg









和船内にて「安土献立」試食                 後ろは八幡山             
e0093407_1433582.jpge0093407_14331385.jpg









遠景に安土山                          山本川に入航
e0093407_14364340.jpge0093407_14374424.jpg









綺麗に開かれた航路                      たつた橋下
e0093407_14392081.jpge0093407_14461440.jpg









ホテイアオイがまだ航路上に繁殖              県道大江橋に        
e0093407_14465190.jpge0093407_14471025.jpg









常の浜港に入航                        水辺公園に到着              e0093407_14502830.jpge0093407_14505098.jpg










12時半乗船場所に帰着                    2時間半の検討会終了
e0093407_1451713.jpge0093407_14511685.jpg










今回近江八幡の観光和船のコースも回ってきました。
参考までに下記に内容紹介します。
近江八幡水郷めぐり和船4社の状況
近江八幡観光物産協会HPより引用

水郷めぐり(八幡堀めぐり)
現在、近江八幡市内では4社が「水郷めぐり」1社が「八幡堀めぐり」を行っています。乗船するには定期便か貸切(要予約)のどちらかになります。グループでお越しのお客様には貸切船の方がお得になります(貸切船は通年運行)。定期船にはお一人でも乗船できます(八幡堀めぐり除く)。定期船は季節や天候によって運休する場合がありますので、事前に各業者に運行状況をお問い合わせ下さい。各社の発着場は下記の通りですが、各社へのバス停が異なりますのでご注意ください。
JR近江八幡駅北口(6番乗り場)長命寺行きもしくは休暇村近江八幡行きのバス(1時間に3本程度運行)にご乗車ください。バスの詳しい時間は近江鉄道バス(077-589-2000)

近江八幡和船観光共同組合(乗車時間 約9分  豊年橋下車)
定期便 (料金税込) 出発:10:00、15:00 料金:1人2,100円  期間:4/1~11/末
一般貸切
(要予約/税込) 貸切り船 e0093407_13352742.jpg
60分コース(6人乗り手こぎ船) 料金 8,000円
80分コース(6人乗り手こぎ船) 料金 8,670円
120分コース(6人乗り手こぎ船) 料金10,800円
60分コース(8人乗り手こぎ船) 料金10,000円
80分コース(8人乗り手こぎ船) 料金11,250円
120分コース(8人乗り手こぎ船) 料金14,000円
期間:通年
食事(要予約) 弁 当 1,050円~3,150円、すき焼き 他3,150円~
問合わせ・申込み 近江八幡市北之庄町880  TEL(0748)32-2564

まるやま水郷めぐり観光 (乗車時間 約11分  円 山下車)
定期便 (料金税込) 出発:10:00、13:00、15:00  料金:1人2,100円  期間:4/1~11/末
一般貸切
e0093407_13355139.jpg(要予約/税込)
60分コース(6人乗り手こぎ船) 料金 8,400円
90分コース(6人乗り手こぎ船) 料金 9,000円   
60分コース(8人乗り手こぎ船) 料金10,000円
90分コース(8人乗り手こぎ船) 料金12,000円   
60分コース(12人乗りエンジン船) 料金16,800円
90分コース(12人乗りエンジン船) 料金18,900円
期間:通年
食事(要予約) 弁当 1,575円~3150円、すき焼き 3,150円~5,250円
問合わせ・申込み 近江八幡市円山町792  TEL(0748)32-2333

島真珠水郷観光船部 (乗車時間 約12分  白王口下車)
定期便 (料金税込) 出発:10:30、14:30  料金:1人2,100円  期間:3/初旬~11/末
一般貸切e0093407_1336858.jpg
(要予約/税込)
貸切り船60分コース 料金15,750円
90分コース 料金 21,000円   
120分コース 料金 26,250円  (いずれも12人乗りエンジン船)
期間:通年
食事(要予約) 水郷弁当 1,575円~、すき焼き 3,150円~
問合わせ・申込み 近江八幡市円山町224  TEL(0748)32-3527

びわ湖観光株式会社  (乗車時間 約17分  陶芸の里下車)
定期便 (料金税込) 出発:10:30、13:30、15:30(冬季欠航) 料金:大人2,100円、小人1,050円
期間:通年e0093407_13362383.jpg
一般貸切 (要予約/税込)
70分コース 料金 18,900円
90分コース 料金 21,000円
120分コース 料金 26,250円 (いずれも12人乗りエンジン船)
期間:不定休のためお問い合わせ下さい。
食事(要予約) 幕の内 1,600円~(税別) 
すき焼き・しゃぶしゃぶ 3,500円~(税別)
問合わせ・申込み 近江八幡市中之庄町639-1 TEL(0748)32-2131

参考
八幡堀めぐり (乗車時間 約 7分  大杉町 下車)
その昔、豊臣秀次が築いた八幡堀は琵琶湖と繋がり舟が行き来しました。今は、桜や花菖蒲が植えられ、四季折々の風景がお楽しみ頂けます。白壁の土蔵が建ち並ぶ八幡堀の心安らぐ情緒あふれる風景をお楽しみ下さい。
コース 「乗船場(かわらミュージァム)→日牟禮八幡宮→新町浜→赤煉瓦工場跡」の往復
所要時間 約35分e0093407_13363787.jpg
料金 大人1,000円(小人500円)小学生以下無料
問合わせ・申込み TEL(0748)-32-2346もしくは 
携帯 090-6977-0045
予約がなくてもお電話頂ければお二人様よりすぐに乗船できます。
[PR]
by azch | 2006-11-12 13:29 | 湖川の街道事業

西の湖観光和船試乗会 その1

湖川の街道(うみのみち)秋バージョン 西の湖和船運行
常の浜から西の湖への和船運行に向けた試乗会を開催しました
11月11日午前10時、常楽寺常の浜水辺公園に集合
10月ルート整備した山本川を使い、西の湖観光和船組合の2艘の和船にて常の浜港をスタート
西の湖ともえヨシ原から近江八幡4社の観光和船ルートを経由し、約2時間半の試乗運行検討会となりました。
あいにくの小雨模様でしたが、参加者は主催した商工会・観光協会関係、町行政からは町長・収入役・教育長他まちづくり担当数名、文芸の郷、ボランティアガイド協会、まちづくり研究会等総勢30名を超える盛況でした。
長年の念願であった常の浜から西の湖へのルート、スタートしたばかりですが着実に推進していきます。
e0093407_13255220.jpg

商工会と観光協会が一体となった新たな観光商品作り、地域内色んなコースの再生と新たな造成が必要ですが、その一番が「湖川の街道うみのみち」と名づけた、和船による観光ルートの構築です。
商工会「地域資源∞全国展開プロジェクト」の柱として、記念すべき常の浜からコース作りのスタート日としていきます。
午前10時常の浜集合                   常の浜港スタート
e0093407_1410416.jpge0093407_14105274.jpg










山本川から西の湖へ                    B&G海洋センター施設
e0093407_1412548.jpge0093407_14121452.jpg









西の湖よし原                         近江八幡へ
e0093407_14131328.jpge0093407_14132579.jpg









渡合排水門(西の湖の水位調整)             まるやま水郷
e0093407_141525100.jpge0093407_14153632.jpg









島真珠観光和船                        水郷めぐり中心航路
e0093407_14191484.jpge0093407_14192472.jpg









まるやま水郷観光                      手漕ぎ和船コース
e0093407_1421218.jpge0093407_14213094.jpg









西の湖園地にて休憩                     ここまで1時間半
e0093407_14225437.jpge0093407_1423594.jpg
[PR]
by azch | 2006-11-12 13:09 | 湖川の街道事業

ふれあい秋まつり 

11月5日恒例の「安土ふれあい秋まつり」が開催されました。
今年は絶好の天候に恵まれ、会場となった「文芸の郷」は一日多くの来訪者で賑わいました。
例年通り安土町文化祭も3日から5日まで同会場で開催。
また今年は国際姉妹都市イタリア・マントバァからサッカーチームが親善交流訪問しており、4日は文芸の郷グランドにて、安土中学サッカー部等との交流試合もあり、会場は国際色豊かな雰囲気となりました。
e0093407_2058063.gif

e0093407_20581795.jpg

イタリア・マントバァ サッカー交流試合
e0093407_12324435.jpge0093407_12325460.jpg









楽市設営準備
e0093407_1233434.jpge0093407_12335379.jpg









あづち楽市全景
e0093407_12353448.jpge0093407_12354585.jpg









e0093407_1236321.jpge0093407_12361231.jpg









e0093407_12364973.jpge0093407_1237062.jpg









e0093407_12373477.jpge0093407_12374849.jpg









e0093407_1238961.jpge0093407_12382049.jpg









名物大中牛1000人バーベキュー
e0093407_12395037.jpge0093407_1240466.jpg









e0093407_12402370.jpge0093407_12411440.jpg









恒例のもち撒きにて終了
e0093407_12425066.jpge0093407_12425819.jpg










e0093407_17244283.jpge0093407_12433056.jpg
[PR]
by azch | 2006-11-11 20:58 | 安土町商工会
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31