安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

あづち信長まつり その4

実行委員会スタッフとして、各場面の写真は取るものの、運営をしながらになるため、なかなかベストショットは取れないものです。
某HPから「あづち信長まつり」当日の雰囲気を新聞記事とともに紹介します。

新聞記事の紹介
中日新聞
武者行列が勇壮に 「あづち信長まつり」
安土城を築城した織田信長にちなんだ「2006あづち信長まつり」が4日、安土町下豊浦の安土城跡などで繰り広げられ、大勢の見物客が勇壮な武者行列などを楽しんだ。
行列は、騎馬姿の信長や豊臣秀吉、徳川家康ら武将のほか濃姫、ねね、宣教師らにふんした総勢500人。安土中学校のブラスバンドを先頭にJR安土駅前を出発し、安土城跡大手道前までの約2・5キロで時代絵巻を繰り広げた。
信長が必勝祈願したとされる新宮神社では、自治会長らの武将役らに神楽や御殿舞が披露された。大手道前では各種イベントが繰り広げられ、彦根商工会議所青年部の彦根鉄砲隊による古式砲術が“戦国時代”のイベントに彩りを添えた。
沿道には町民らが出店した約70店の「楽市」が立ち並び、大勢の家族連れらが往時の城下町を再現したようなにぎわいを楽しんでいた。 

e0093407_16321327.jpge0093407_16323320.jpg










e0093407_16325083.jpge0093407_1633026.jpg










e0093407_16334529.jpge0093407_16335711.jpg










e0093407_16341572.jpge0093407_16342818.jpg










e0093407_16352050.jpge0093407_1635326.jpg










e0093407_16355089.jpge0093407_1636255.jpg











京都新聞
武者行列練り 鉄砲隊の実演に拍手 「あづち信長まつり」に2万5000人
滋賀県安土町下豊浦一帯で4日、恒例の「あづち信長まつり」が催された。戦国武将などにふんした住民らによる武者行列が行われたほか、今年初めて会場となった国の特別史跡安土城跡では鉄砲隊の実演も披露され、観客らを沸かせた。
毎年、信長の命日である6月2日前後の日曜日に、同町商工会や地元住民らでつくる実行委の主催で実施している。1986年に「フェスタ信長」として始まり、今年で21回目。同実行委によると、この日は約2万5000人でにぎわった。
馬にまたがった織田信長や豊臣秀吉のほか、濃姫や宣教師フロイスらの行列は約500人。JR安土駅前を出発し、町内を練り歩いた。安土城跡では彦根商工会議所青年部でつくる彦根鉄砲隊による実演が行われ、大きな銃声が起こるたびに観客らは拍手を送っていた。
信長役を務めた同町下豊浦区長の木瀬章さん(71)は「多くの人の協力を得て、観客もたくさん集まりよかった」と話していた


e0093407_16373385.jpge0093407_16374341.jpg











e0093407_16375984.jpge0093407_1638864.jpg










e0093407_16382578.jpge0093407_16451724.jpg










e0093407_16384944.jpge0093407_16385913.jpg











e0093407_16391397.jpge0093407_16392215.jpg









(画像は 四季の風景http://photos.yahoo.co.jp/isazi50918 より借用しています)
[PR]
by azch | 2006-06-13 16:55 | あづち信長まつり

あづち信長まつり その3

大勢の来客で賑わった会場の安土城跡周辺、安土山下町道を歩行者専用にして「文コミ楽市」の設営32店舗、大手口駐車場での「あづち楽市」38店舗、すっかり恒例となった本場近江大中牛のバーベキューも午後にはほぼ完売状態、会場は未舗装でほこりの問題は大丈夫でしたか?
e0093407_13244757.jpge0093407_1325516.jpg












「湖川の街道(うみのみち)・安土城お堀めぐり信長まつり特別運行」は大人気で、大手橋と百々橋両方の乗り場は乗船待ちで一日賑わいました。急遽応援をお願いした学生のみんなに大感謝です。
船頭も10名近くが休みなくフル回転し、この日だけで450名の方が「信長気分で安土城跡」を満喫、静寂なお堀の風景を楽しんでいました。
e0093407_13253361.jpge0093407_13254886.jpg











彦根鉄砲隊の鉄砲実演も「信長まつり」の恒例であり、今年は来年度彦根築城400年祭を控えた彦根商工会議所青年部鉄砲隊が井伊の赤鎧で参加、安土城跡で迫力ある演武を披露してくれました。
やはり信長といえば鉄砲隊です・・・

来場者25,000人(主催者である実行委員会にて推測、ちょっと多すぎかも知れませんが、全体からみればこれくらいは参加&来場)
JR安土駅から新宮神社まで10,000人、新宮神社から安土山大手道まで8,000人、大手道から文芸の郷まで7,000人、予想以上の来場で過去最高の人出でした。
e0093407_1326960.jpge0093407_13262745.jpg











JR安土駅は武者行列スタートに会わせて多くの降車客で溢れ、観光協会も方はもちろん安土駅長も案内にフル回転でした。
また、行列と一緒の安土山目指して歩く方で、旧街道(下街道)・・・朝鮮使節が通った街道で朝鮮人街道ともいわれている・・・も人並みで溢れ帰りました。

下豊浦新宮神社から安土城跡大手口までの、点から線、線から面への会場設営と各種運営、過去2年の街中での経験はあるものの、来場の皆様の流れも予測できず、色んな問題もありました。

文芸の郷を専用駐車場として、JR安土駅・文芸の郷・会場安土城跡駐車場をシャトルバスが2台フル回転運行しましたが、乗り切れず待ち時間が発生し多くのご迷惑を掛けました。

文芸の郷から安土城跡までの農道に不法駐車が多くあり、通行に支障が出ると同時に、歩行者の方にもご迷惑を掛けました。次回以降は、専用の警備員と一方通行等の処置が必要です。
e0093407_13271260.jpge0093407_13302024.jpg











特別史跡内でのイベントであり、普段は静かな大手道前がこの日だけは大賑わい、また1年間静寂の史跡と城下町の街並みに戻ります。
実行委員会は前日に準備し当日には現状復旧を目指し、夜まで片付けです・・・

今回の問題点、参加者の皆さんのアンケート結果とご意見を充分検討し、次年度に向けて早い時期の次年度の計画に着手していきます。
街中での「信長まつり」開催の仕上げとして、特別史跡を有効に活用した地域振興イベントとして、住民と行政・関係団体の協働まちづくり事業として、来訪者への発信を重視した経済効果のある内容として、観光振興への効果的継続性ある企画として・・・是非皆様のご意見、アドバイスをお願いします。
[PR]
by azch | 2006-06-11 14:52 | あづち信長まつり

2006あづち信長まつり その2

JR安土駅前から約2.5kmを武者並びに観客3,000名が一緒の行列、沿道には住民の方はもちろん遠方よりの来訪者で、信長時代の安土城下町の賑わいが再現しました。
e0093407_183612.jpge0093407_1833357.jpg










放映中NHK大河ドラマ「功名が辻」の「安土城下町の賑わい」が6月4日現在の安土町に現れました。
残念ながら、「山内一豊」はこの時期はまだ各武将の位まで出世していないため、行列には参加していません・・・なぜ一豊がいないのか会場で何人かの方に聞かれました
武者一行は、下街道を「新宮神社前」にて一旦「参拝絵巻」参加の為境内に・・・
ブラスバンド・子供会はそのまま安土城跡大手口前まで進みました。

新宮神社境内では、信長時代にタイムスリップ、地元東地下(じげ)・町内会にて参拝セレモニー
2ヶ月も前から準備して、本番のお神楽・御殿舞、特に「神楽を奉納するウラヤスの舞い」がひきたちました
e0093407_1841014.jpg

午後1時半、新宮神社から安土城跡大手口まで武者行列再スタート

下豊浦町内会や常楽寺町内会はじめ総数32店舗にのぼる「文化とコミュニティー楽市」は下豊浦町内から百々橋までの間で嗜好を凝らした出店、各町内会長も徹夜で準備、町内多くの住民が準備から参加し住民参加のモデルケースとなりました。
地元商工業者・町内団体中心の「あづち楽市」は恒例となっており、安土城跡大手口前駐車場にて総数38店舗にて、飲食関係・各種啓発等慣れた感じで本格的に展開しました。
e0093407_18124134.jpge0093407_1813146.jpg












総数70を超えるテントが、城下町から安土城跡まで設営され、普段の安土城跡の静寂とは一転した城下町の賑わいが復元しました。
e0093407_18132349.jpge0093407_18133959.jpg












大手口前広場では商工会理事にて前日から仮設のステージを設営
大手門跡にステージと、背景には一日限りの「安土城天主閣」が現れ、平成元年からの発掘調査により復元された大手道と、仕上げともいえる整備完成後の大手門周辺東西側部分の石垣をバックにした、「あづち信長まつり」メイン会場が立ち上がりました。
1981年の信長400年祭から25年を経過し、またもとの会場に戻って来た訳です。
e0093407_1862951.jpg


ステージ上では、今回のMC中野栄美子さんの軽快なテンポにあわせ、ブラスバンド、金管バンド等の発表と、武者行列到着時の全員紹介、大道芸ショーも多勢の方が楽しまれました。
e0093407_18141825.jpge0093407_18143636.jpg









楽市会場の大賑わいで、70店舗の出店と昨年より販売品目増加で心配していましたが、早々に完売の店が続出、恒例のJA近江牛バーベキューも大繁盛でした。
e0093407_1833122.jpge0093407_18333422.jpg
[PR]
by azch | 2006-06-08 18:19 | あづち信長まつり

2006あづち信長まつり 大盛況にて

本年度の「あづち信長まつり」実行委員会として振り返ってみます。e0093407_16133710.jpge0093407_16135720.jpg












1月末から準備を開始し、まず安土町商工会内に企画運営委員会を設立
正副会長、各部会長、観光部会、事務局等10名にて10回程度は検討を重ねてきました。

3月に入り実行委員会を編成、従来の体制を見直し、町内関係団体・行政含め総勢40名以上の体制にて4回開催してきました。
特に今回は行政と住民の「協働まちづくり」を目指し各種内容を詰めてきました。
e0093407_1615425.jpge0093407_16152410.jpg












開催場所については、一昨年の「JR安土駅から常楽寺一帯」、昨年の「安土山から西の湖の旧城下町下豊浦一帯」の成果を踏まえ、念願であった「特別史跡・安土城跡」を使用すべく、県城郭調査研究所と打合せを重ねてきました。

安土城跡を利用するのは、「信長400年祭」1981年の25年前とそれ以降何年間の「フェスタ信長」時代以来約15年ぶり・・・今後も特別史跡内での目的をもった安土イベントを作って行きたいと実行委員会全員が運営していきます。

また、今年はJR安土駅(常楽寺)から信長時代の旧街道(下街道、朝鮮人街道)をとおり、下豊浦旧城下町も経由し安土城跡大手口前までの約2.5kmの武者行列を実施しました。
e0093407_1616212.jpg


武者等に扮するのは、恒例で本年度の町内区長(文化とコミュニティーづくり委員会)の29名と、今年の安土町観光使節(天正使節)の2名が濃姫とねねに、安土中学のテニス部・ハンドボール部が足軽と侍女に、彦根鉄砲隊を加えた60名が参加しました。


姫役は朝7時前から準備、武者含め9時半すぎには「安土小学校体育館」に全員集合し、全員での当日打合せ、全員出陣前の写真をとり、いよいよ武者行列がスタートしました。

e0093407_1637416.jpge0093407_16372168.jpg












また、同じ会場では「わんぱく相撲安土場所」が開催され、能登川JCと共催にて、わんぱく相撲滋賀県予選として熱戦が繰り広げられました。
各学年の優勝者は、7月に東京両国国技館で行われる全国大会に出場します。
e0093407_16312436.jpge0093407_16314118.jpg











JR安土駅前ロータリーでのオープニングセレモニーとして三村実行委員長・津村安土町長の挨拶、「安土信長出陣太鼓」の演奏に合わせ、11時に武者行列スタート
信長役には木瀬下豊浦区長、秀吉役には三橋東老蘇区長、家康役には中沢常楽寺区長が勇壮な騎馬姿で、安土中学ブラスバンド先頭にJR安土駅から出陣しました。
観客は駅前だけでも5、000人、駅から下街道は人で溢れかえり、武者と一緒の行列で一路「新宮神社」を目指しました。
e0093407_16173129.jpge0093407_161749100.jpg












約40分で下豊浦「新宮神社」に到着し、武者・姫は「信長参拝絵巻」に参列し、お神楽・御殿舞の披露と、戦必勝への献上等のセレモニーに参加。

以上、信長まつり午前の部
安土城跡のイベントや、各会場のあづち楽市や地域自治会総出の文化とコミュニティー楽市の模様は次で・・・
[PR]
by azch | 2006-06-08 15:36 | あづち信長まつり
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30