安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2006あづち信長まつり

6月4日恒例の「あづち信長まつり」開催
e0093407_1593395.gif


住民参加による、安土城再発見をテーマに、JR安土駅から安土山周辺までを会場として開催。
e0093407_15172280.jpg


e0093407_1518287.jpg


問合せ等は、あづち信長まつり実行委員会(安土町商工会内 0748-46-2389)まで、もしくは安土町商工会HP安土町観光協会HPをご覧下さい。
[PR]
by azch | 2006-05-24 15:22 | あづち信長まつり

湖川の街道(うみのみち)06春バージョン その4

「安土城お堀めぐり」GWバージョン大盛況にて終了e0093407_17192177.jpg

4月中旬よりスタートした、「湖川の街道・安土城お堀めぐり」春バージョン、GW最終日の7日はあいにくのお天気で運行中止となりましたが、期間の土日・祝日10日間大盛況にて終了しました。

特に連休後半の3日から5日はお天気に恵まれ、予想をはるかに超える乗船体験があり、ボランティア船頭さんも急きょ地元より応援をお願いし、和船も追加しフル回転でした。

期間とおしてボランティア船頭さん、延べ100名以上、スタッフも80名以上が時には忙しいすぎてスタッフも仮免状態で「棹」等駆り出されました。

地元下豊浦区、城南土地改良区の協力、商工会・観光協会の全面応援、町内ボランティアスタッフの多くの参加もあり、今後の発展が大いに期待できます。
e0093407_17182586.jpg

多くの方が、県外特に大阪方面から和船に乗るために安土まで来られ、聞いてみると「関西ウォーカー・GW突入特大号」を見てという若いカップルが多く、改めて広域人気雑誌の効果を痛感させられました。

 「関西ウォーカー・GW特集号」
GW期間限定の和船に乗って歴史の街をゆらりゆらりギコギコ櫓の音を聞きながら、舟から城下町を眺める遊覧船の旅、近江八幡での自然派グルメや、牧場の濃厚なジェラードと併せて、スローモードの湖東を満喫!
e0093407_17184844.jpg

風流な手こぎの和船で和の心に触れる旅
織田信長が天下統一の足がかりをつかんだ安土城。
その城跡の外堀の水位があがるこの時期限定で、手こぎの和船が運航。
約600m往復を約40分で巡る船旅で歴史に思いを馳せながら、戦国時代にタイムスリップ!?

e0093407_17194599.jpge0093407_1720268.jpg










e0093407_17202420.jpge0093407_17203993.jpg










e0093407_17242357.jpge0093407_17244110.jpg










e0093407_17251366.jpge0093407_17253050.jpg
[PR]
by azch | 2006-05-07 17:28 | 湖川の街道事業

2006あづち信長まつり 開催概要

「2006あづち信長まつり」 開催に関して        
2006.04.21に3回目のあづち信長まつり実行委員会を開催しました。
町内関係団体・行政・自治体から40名強の参加のもと、商工会より提案した今年の企画案について説明と各団体参加への検討、意見交換を行いました。
文化とコミュニティ委員会(区長会)を中心に、熱心な議論が交わされ、2年間「信長まつり」の街中での開催の成果として、本年も大いに期待できます。
e0093407_2019226.jpg

以下提案企画案です・・・

信長・秀吉・家康が集う安土城再発見!! 
特別史跡安土城跡の正しい保存と活用を考え実践へ・・・
e0093407_20192838.jpg
 
信長まつり経緯
平成11年より安土町商工会にて実行委員会を組織し、一昨年文芸の郷から、地域街中での開催に変更し、従来の一過性イベントの変革に着手、「あづち信長まつり」を中心とした既存イベントを、まちづくり事業と連動した年間通して目的意識を持った内容に変革すべく取り組み。

一昨年は常楽寺地区、昨年は下豊浦地区と問題はあるものの一定の成果は上がっている。
2006年度は、安土春の観光キャンペーン「あづち信長春まつり」の期間開催、クロージングイベントとして、関係団体との連携にて、地域性、集客力及び観光関連業務への波及効果等の費用対効果や地域住民との関わりから見直しを行い、観光振興に効果的な歴史を重視した新しいイベントを作っていく。e0093407_20194768.jpg

本年度「あづち信長まつり」の開催については、単なる一日のお祭りイベントではなく、貴重な特別史跡である「安土城跡の正しい保存と活用を住民で考える実践していく必要がある」との認識のもと、実行委員会にて下記内容にて開催すべく検討中。

開催日  
平成18年6月4日(日)午前10時から午後4時頃まで
(信長の命日・6月2日後の休日に開催) 6月3日(土)に前夜祭(予定)
            
開催趣旨・コンセプト  
安土の貴重な地域資源を有効に活用すべく、継続的イベントとして実施

・「歴史文化、自然環境を活かしたまちづくり」の推進モデルケースとして、18年度はJR安土駅から下街道を活用し下豊浦新宮神社経由、安土城跡までの街中で開催

・特別史跡安土城跡の正しい保存と今後の活用を地域住民で考え啓発するイベントとして実施すべく、メイン会場として特別史跡安土城跡を使用

・1週間前にゴミゼロ町内一斉清掃活動を安土山周辺で実施し、史跡の保存と美化意識を育成していく

・町外からの集客に加え、地域住民の地域活動参画啓発と地域の活性化を図るe0093407_2020384.jpg


開催場所・企画案  
JR安土駅から安土山周辺(朝鮮人街道=下街道を)
①武者行列:JR安土駅武者行列スタートし、下街道を使い安土山大手道まで
②安土小学校、JR駅前でのイベント・・・わんぱく相撲安土場所開催
③安土城跡大手道前でのメイン会場設営
④文芸の郷、県博物館・県城郭調査研究所との協働内容
⑤安土城跡保全活用フォーラム等新たなコンセプトを企画実施
⑥町内各団体のまちづくりPR&提言イベント
⑦町内自治会(文化とコミュニティ委員会)の参加促進・・・文コミ楽市設営
⑧その他幅広く各種企画提案と運営スタッフ募集
⑨ゴミゼロ町内一斉清掃を5月28日に、関連イベントとして開催場所安土山周辺で実施

会場設営案 
前日3日午後準備設営、当日4日16時以降撤去当日中に全て撤去e0093407_20203146.jpg
・百々橋から県道までの安土山下の町道を歩行者専用とし、町内会や各店舗の楽市会場として使用、模擬店等を設営(テント20張り程度)・・・安土山内には一切の飲食物持込禁止
・安土山駐車場を武者行列の到着と紹介場所に使用(JR安土駅から下街道を百々橋経由安土城跡までのコース)、出陣太鼓・ブラスバンド等の演奏発表会場として使用
・武者行列は途中新宮神社にて休憩、信長参拝絵巻他を実施
・安土山駐車場(テント20張り程度、看板&案内板)
・来訪者には、安土城跡散策と文芸の郷(信長の館と県考古博物館)をコース化し、一日歴史を満喫できる会場設営・・・駐車場はすべて文芸の郷を利用
・下豊浦町内での各種企画・・・新宮神社各町内会検討中
・湖川の街道(うみのみち)信長まつりバージョン運行e0093407_2021025.jpg

「あづち信長まつり」歩み
昭和56年(1981年)  織田信長400年祭
昭和61年(1986年)~ フェスタ信長として12回開催
平成10年(1998年)~ あづち信長まつり(今回で9回目) 
18年度は通算にて22回目の開催

信長まつり観光イベントボランティア募集!!
本年の「あづち信長まつり」を手伝っていただくボランティアスタッフを募集しています。
参加は自由です、まず登録下さい。
6月4日(日)当日の参画と、今後の安土町の観光イベントについて色んな形で参加、手伝っていただきます。
問合せは、信長まつり実行委員会(安土町商工会内)0748-46-2389までお願いします。
[PR]
by azch | 2006-05-02 20:24 | あづち信長まつり

湖川の街道(うみのみち)06春バージョン その3

和船体験「安土城お堀めぐり」連休を前に大賑わい!!
スタートして3週目となり、連休を前にお天気にも恵まれ、多くの方に試乗して頂いてます。
毎週土日曜の6日間の運行で、約300名の方が春の安土城跡をお堀からゆったりと眺められました。
お天気に恵まれた30日は急きょ和船を追加し、目標の100名を突破しました。e0093407_19261651.jpg

町内中心のボランティア船頭さんも、総勢20名近く応募いただき、週末時間を調整にて櫓を操っています。
安土町では60歳以上の方は、昔子供の頃に和船の櫓漕ぎの経験があり、自転車と一緒で30年ぶりでもすぐに操れるようです。
一度皆さんも久しぶりの感覚を楽しんで見てください。
家族の方がお父さんの秘められた力を見直されます・・・ある船頭さんの実話

試乗頂いた方からも、春の彩りいっぱいの安土城跡を和船の上から、のんびりと感じていただき、大いに満足していただいてます。e0093407_19262710.jpg

連休中は7日まで毎日運行します。是非一度体験してみてください。 

滋賀報知新聞記事
春爛漫に幻の名城しのぶ・・・安土城お堀めぐり
サクラやナタネの花が咲き乱れる春満一開の安土町で、和船に棄って安土の水郷を楽しむ「安土城お堀めぐり」が先週末からスタートした。
新目玉観光にと期待がかかる「湖川の街道(うみのみち)」事業の春バージョン。e0093407_19404832.jpg

安土城前の外堀をボランティア船頭さんの漕ぐ、手漕ぎ和船でゆったりと揺られながら、このほど「日本100名城」に選定された、織田信長が天下布武をめざした安土城と、近江を代表する武将佐々木氏の居城観音寺城の幻の二名城を、春の彩りと水面をわたるさわやかな風や、野鳥たちのさえずりなど、春の趣をいっしょに感じながら、船上からしのぶことができる。

運行日は、5月7日までの土・日・祝日と、「あづち信長まつり」が開催される6月3日・4日。乗船協力金は、一人500円、小学生以下300円(安土山駐車場利用者は、普通車1台につき1名無料)。問合せは、安土町観光協会(0748-46-7210)へ。


安土城跡、百々橋(どどばし)ですれ違う和船3艘、連休はフル回転です!!
e0093407_19463419.jpge0093407_1943864.jpg










e0093407_1943429.jpge0093407_1293549.jpg










e0093407_19452847.jpge0093407_1271332.jpg
[PR]
by azch | 2006-05-01 19:50 | 湖川の街道事業
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31