安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:あづち信長まつり( 82 )

あづち信長まつり

歴史のまちで戦国絵巻

滋賀報知新聞
=あづち信長まつり=
大勢の見物人の中を白馬に乗って練り歩く住民扮する織田信長
e0093407_19155444.jpg

 あづち信長まつりが5日、安土文芸の郷で開かれ、大勢の人々で賑わった。
 午前11時から自治会長らが戦国武将に扮したメインイベント「武者行列」が行われ、多くの武将たちが往来した安土城跡を前に戦国絵巻を繰り広げた。
 行列には、茶人や伝道師、姫、中学生による足軽や侍女など総勢300人が参加。信長隊を先頭に文芸の郷一帯を約40分かけて周回し、まつりを盛り上げた。
 会場には、地元の特産を販売する安土楽市やスタンプラリーなども開かれた。


歴史を偲び、地域活性化へ あす「あづち信長まつり」

=会場を「文芸の郷」に変更 武者行列など多彩な催し=
「第32回あづち信長まつり」のポスター
e0093407_19161819.jpg

 全国に知られる安土城を築いた織田信長とその歴史を偲ぶ「あづち信長まつり」があす五日催される。
 第三十二回の今年は、催しの多様化と会場の確保および安全対策、雨天時の対応などから会場を安土城跡前広場から文芸の郷に変更、関連イベントを一か所に集約した。
 午前十時から文芸セミナリヨ前で開会セレモニーが行われ、あづち信長出陣太鼓の演奏でまつりの開幕を祝し、地元名産や軽食を展示販売する「安土楽市」や「自治会楽市」が軒を連ねて開店する。
 各区長および自治会会長が信長、秀吉、家康などの武将や茶人、伝道師など歴史上の人物に、中学生が姫や侍女に扮した総勢約三百人の武者行列は、午前十一時に文芸セミナリヨ前を出発。東近江消防組合音楽隊を先頭に文芸の郷の外周を一周回してグラウンドに戻るコースを練り歩き、戦国絵巻を繰り広げる。
 グラウンドの特設ステージでは、安土中学吹奏楽部の演奏(午後0時~)、安土町文化協会芸能部の発表(午後0時半~)、まち協バンド(同1時40分~)、大道芸・紙芝居(同2時~)、鉄砲隊演武(同3時半~)が行われる。
 会場では、ゆるきゃらや「信長隊安土衆」と岐阜県から「信義撤誠(しんぎてっしん)」のおもてなし隊が登場し、まつりを盛り上げる。
 また、名物の「近江大中牛バーベキュー」(当日券有り)、景品(五百個)が当たるスタンプラリー、外堀を手こぎの和船でめぐる「安土城お掘めぐり」(有料)も催される。
 隣接の県立安土城考古博物館では午後二時から安土城発掘調査に関する「歴史講演会」(定員百人)、また安土文芸セミナリヨでは「パイプオルガンミニコンサート」が催される。いずれも入場無料。信長の館では、まつり当日のみの「特別優待」を行う。
 当日は、午前九時半より午後四時まで安土駅南口から会場までの無料シャトルバスを運行する。
[PR]
by azch | 2016-06-12 22:14 | あづち信長まつり

第31回信長まつり

賑わった信長まつり

滋賀報知新聞

=武者行列で時代絵巻=

 戦国の武将・織田信長を偲ぶ「あづち信長まつり」が7日、信長ゆかりの地、安土城跡周辺で開かれ、好天に恵まれ、大勢の人々で賑わった。
 安土に残された全国に知られた歴史文化を再認識し、その貴重な地域資源をまちの活性化につなげようと開催。ことしで31回目を迎えた。
午前11時からは、まつりのメインイベント「武者行列」が安土駅から安土城跡大手道広場まで行われ、地元の人々が扮する織田信長、羽柴秀吉、徳川家康や少年使節、宣教師など、歴史上の人物約四百人が音楽隊の先導で歩き、城下町に時代絵巻を繰り広げた。

e0093407_16495035.jpg

あづち信長まつり:近江八幡・旧安土町地区に3万人 大だこ事故受け、300人で安全確保
毎日新聞 


織田信長が安土城を築いた近江八幡市の旧安土町地区で7日、「あづち信長まつり」が開かれた。戦国時代の武将や姫君に扮(ふん)した住民らが練り歩く姿を見ようと、約3万人が訪れた。
城下町に残る史跡の保存や活用を考えようと続いているイベントで、今年で31回目。信長の命日とされる6月2日に近い日曜日に開催されている。
まつりのメインイベントとなる武者行列では、よろいかぶとや華やかな着物を着た住民ら約50人が、JR安土駅から安土城跡までの約2キロを行進。まつり主会場となった安土城跡前の広場には、地域の特産品を扱う出店が軒を並べ、終日にぎわった。
今年は5月31日に東近江市で起きた大だこ落下事故を受け、ボランティアや消防団など、例年より多い300人体制で観客の安全確保に臨んだ。まつりでは火薬の暴発事故があった2011年以来、4年ぶりに古式銃を使った演武も開催。係員がロープを使い、観客を離れた場所に誘導する場面も見られた。


信長と武将400人、安土城下を歩く 滋賀、竹相撲奉納も
京都新聞


織田信長になりきり馬にまたがる善住さん。信長像の前で待っていた大勢の観客の拍手に応えた(近江八幡市安土町上豊浦・安土駅前)
織田信長になりきり馬にまたがる善住さん。

信長像の前で待っていた大勢の観客の拍手に応えた(近江八幡市安土町上豊浦・安土駅前) 戦国武将や姫にふんした市民が練り歩く「あづち信長まつり」が7日、滋賀県近江八幡市安土町一帯で開かれた。
地元商工会などでつくる実行委員会が毎年開催しており、今年で31回目。住民や中学生ら約400人が、よろい姿の武将や、あでやかな着物の姫、小姓などになりきり、JR安土駅から安土城跡(同市安土町下豊浦)までの約2キロを歩いた。
見物客は馬に乗った織田信長や豊臣秀吉役が通ると拍手で迎え、信長役の善住昌弘さん(73)=同市安土町下豊浦=は笑顔で扇をかざして応えていた。新宮神社(同市安土町下豊浦)では信長が好んだとされる「竹相撲」が奉納され、安土城跡では鉄砲隊の演武もあり、参加者は戦国時代をしのばせる催しの数々を満喫していた。





あづち信長まつりにぎわう

近江八幡市安土町の安土城跡周辺で7日、恒例のあづち信長まつりが開かれた。戦国武将のいでたちの行列をはじめ、城跡では殺陣、鉄砲隊などのショーや楽市楽座を模した露店もあり、多くの見物人でにぎわった。
まつりの幕開けを告げる約400人の武者行列は午前11時、勇ましい出陣太鼓に送られてJR安土駅を出発し、2・5キロ先の安土城跡へ向かった。途中の新宮神社では竹相撲の奉納儀式が催された。村人が織田信長の前で竹を引っ張り合う力相撲を演じたエピソードを再現し、祭りに彩りを添えた。



信長好んだ竹相撲を再現 滋賀・近江八幡で初奉納 

 滋賀県近江八幡市安土町一帯で7日に行われる「あづち信長まつり」で、信長が好んだとされる当時の相撲を地元の神社の氏子が再現し、初めて奉納する。「安土とゆかりの深い相撲でまつりを盛り上げたい」と意気込んでいる。
まつりでは、よろい姿で織田信長や徳川家康を演じる武者行列が安土城跡一帯を練る。途中に一行が参拝に立ち寄る新宮神社(同市安土町下豊浦)の氏子が企画した。
地元に残る古文書には、信長が城下の力自慢を集めて行った相撲の伝承が記されている。1本の竹の両端を抱えて押し引きして勝敗を決める「竹相撲」という形式で、互いに引かない好勝負をした2人に、信長は「東」と「西」の姓を授けたという。
その東家の子孫とされる氏子総代の東康彦さん(67)宅には当時の竹相撲で使った竹から作った花入れが伝えられている。
東さんら氏子は、まつりを盛り上げ、地域おこしにつなげようと、新宮神社に集まった武者行列一行の前で竹相撲を演じ、信長から「東」「西」の姓を授かる様子を再現する。東さんは「まつりは地域の歴史を紹介する絶好の機会。多くの人に知ってほしい」と話している。
武者行列は午前11時半ごろ新宮神社に到着する予定で、参拝後に竹相撲が演じられる。まつりは雨天中止。



武者行列やお楽しみイベント あす第31回信長まつり

滋賀報知新聞
=迫力の殺陣とトークショー きょう「前夜祭コンサート」=
e0093407_16492227.jpg

 全国に知られる安土の町を開いた織田信長とその歴史を偲ぶ「あづち信長まつり」があす七日、安土城跡前広場一帯で催される。
 会場では、午前十時から地元名産や軽食を展示販売する「あづち楽市」、名物の「近江大中牛バーベキュー」(前売りチケット必要)、信長茶会、乗馬体験(有料)などが楽しめる。
 また、記念品が当たるスタンプラリーや外堀を手こぎの和船でめぐる「安土城お城めぐり」、あづちの信長出陣太鼓の演奏や鉄砲隊の演武も行われる。
 まつりのメインイベント、信長、秀吉、家康を先頭に総勢約四百人が参加しての武者行列は、午前十一時に安土駅前を出発し、まつり会場まで町中を練り歩く。
 第三十一回の今回は、午後一時四十五分から約一時間、メインステージで繰り広げられる東映剣会による「迫力の殺陣(たて)ショー」と、映画「極道の妻たち」で知られる映画監督・中島貞夫氏のトークショーが見もの。殺陣のショーの後、飛び入りチャンバラ体験もある。
 当日は、安土駅から会場まで無料シャトルバスが運行される。
 前夜祭コンサートとしてきょう六日午後一時から安土文芸セミナリヨで「日本とイタリア」が開かれる。第一部の「和楽の調べ」と第二部の「パイプオルガンの響き」がある。
 入場料二千円(当日券)。未就学児は入場不可。
[PR]
by azch | 2015-06-12 22:44 | あづち信長まつり

あづち信長まつり2014

甲冑姿勇ましく 滋賀で「あづち信長まつり」


織田信長像の前で歓声に馬上から応える信長役の善住さん(近江八幡市安土町上豊浦・JR安土駅)
e0093407_2110431.jpg
 
織田信長の居城だった安土城跡(滋賀県近江八幡市安土町下豊浦)一帯で8日、「あづち信長まつり」が開かれ、市民ら約400人が甲冑(かっちゅう)姿の武将などを演じる武者行列が、かつての城下町を練った。
2日の信長の命日に合わせた催しで、安土町商工会などの実行委が主催した。今年は30回目で、八幡山城の城主だった豊臣秀次役で同市の冨士谷英正市長も参加。JR安土駅前での開会式で観光客らを前に「皆の衆よく参った。余は満足じゃ」とあいさつした。

 一行はJR安土駅を出発して安土城跡まで約2キロを歩き、沿道から拍手や歓声が起こった。信長役の善住元治さん(66)=同市安土町常楽寺=は「甲冑が重くて肩がこるが、馬の上から見る景色はいい」と話していた。
安土城周辺では模擬店やステージ発表があり、家族連れら約3万人(主催者発表)でにぎわった。




賑わった「あづち信長まつり」

=ことしで30周年=
安土駅前に建つ信長像の前を行く武者行列
e0093407_21112971.jpg

 安土の名が全国に知られるのは、織田信長の安土城築城によるところが大きい。その信長を偲ぶ「あづち信長まつり」が8日、安土城跡前の広場一帯で開かれ、訪れた大勢の人々が、多彩なイベントを通して信長とともにある安土の歴史文化にふれた。
 見物の地元の人々が扮する信長、秀吉、家康の三武将が馬に乗って登場する武者行列は、午前11時に安土駅前を出発。大人から子どもまで地域の人々が登場した戦国絵巻は総勢400人の列になり、安土城跡前の主会場まで練り歩いた。
 信長まつりは、1981年の「信長生誕四百年祭」が始まり。その後、「フェスタ信長」に改称し、地域あげてのイベントとして継承され、今回で30周年を迎えた。


あづち信長まつり
=多彩な催しで信長偲ぶ=
8日開催のあづち信長まつりのポスター
e0093407_21121317.jpg

 安土の町を開いた織田信長を偲ぶ「あづち信長まつり」があす八日、安土城跡前広場一帯で催される。

あす午前10時~、安土城跡前広場
武者行列は午前11時・安土駅出発

会場では、午前十時から信長ファンによる自作した鎧兜(よろいかぶと)や甲冑(かっちゅう)をステージで披露しあう「我こそは信長」の新企画や子どもが中に入れる大きなバルーン(高さ十一メートル)の復元城の設営のほか、地元名産や軽食を展示販売する「あづち楽市」、名物の「近江大中牛バーベキュー」(前売りチケットが必要)、段ボールパーク安土城、信長茶会、乗馬体験(有料)などが楽しめる。
また、記念品が当たるスタンプラリーや外堀を和船でめぐる「安土城お城めぐり」、特設ステージでの発表も行われる。
まつりのメインイベント、信長、秀吉、家康を先頭に総勢約四百人が参加しての武者行列は、午前十一時に安土駅前を出発し、まつり会場まで町中を練り歩く。三十回を記念して冨士谷英正市長が、豊臣秀次に扮して参加する。
 当日は、安土駅から会場まで無料シャトルバスが運行される。
[PR]
by azch | 2014-06-10 21:09 | あづち信長まつり

タイムスクープハンター 安土城最後の一日

信長まつりに要潤さん登場2

近江八幡市安土町では9日、毎年恒例の「あづち信長まつり」が開かれ、今年は安土城を舞台とした新作映画に出演した俳優の要潤さんが参加し多くの人で賑わいました。今年で29回目を迎えた「あづち信長まつり」。安土町の初夏の風物詩としても親しまれる祭りで、地元の住民らが、織田信長や豊臣秀吉、徳川家康ら3人の戦国武将をはじめ足軽や鉄砲隊などに扮する武者行列は圧巻です。今年も総勢400人以上が隊列を組んで、安土城跡にむかって勇ましく街を練り歩きました。さらに今年は、安土城を舞台にした歴史映画が8月に公開されるのにあわせ、主演の要潤さんが行列に参加。映画の衣装を身にまとった要さんが馬にまたがり登場すると、周囲は瞬く間に見物客らであふれ、黄色い声援が飛び交っていました。

e0093407_923850.jpg


400人の武者行列「あづち信長まつり」6月10日 4時14分 K10051832911_1306100546_1306100549.mp4

織田信長の居城だった安土城跡の周辺を、およそ400人の武者行列が練り歩く「あづち信長まつり」が、滋賀県近江八幡市で行われました。

祭りの一番の見どころは、およそ400人の武者行列で、地元の人たちが織田信長や豊臣秀吉、信長の妹の「お市の方」などにふんし、信長の居城だった安土城の城跡の周りを練り歩きました。
ことしは、NHKの番組「タイムスクープハンター」に出演している俳優の要潤さんも馬に乗って行列に加わり、沿道の人たちに盛んに手を振っていました。
このほか祭りの会場には、「安土楽市」と銘打って、地元特産の近江牛や、大豆をつぶして煮込んだ郷土料理「打豆汁」などの出店が並び、大勢の人でにぎわっていました。
祭りを見物に来た女性は「毎年行列を見に来ていますが、衣装も本当によく出来ていて、楽しいです」と話していました。


「タイムスクープハンター(以下TSH)」はNHK放送の人気番組。この映画は劇場版。今年の8月31日から公開だそうだ。
イベントには主役の沢嶋雄一演じる要潤、共演者の夏帆、監督・脚本の中尾浩之氏の3人がゲストとして登場した。
劇場版 タイムスクープハンター 安土城最後の一日 公式サイト
要サンの印象に残った話
テレビ版とは違い壮大なスケールで本能寺の変を描いており、ぜひ劇場に足を運んでほしいとのことだった。
e0093407_9233690.jpg


「2013あづち信長まつり」に要潤さん、夏帆さん、中尾浩之監督が登場!

本作の撮影がおこなわれた、滋賀県近江八幡市安土町で行われる「あづち信長まつり」に、要潤さん、夏帆さん、中尾浩之監督が登場し、スペシャルトークイベントを開際します!
☆日時:2013年6月9日(日)15時頃を予定
☆場所:安土城趾・特設ステージ
「あづち信長まつり」は、本作のテーマでもある、謎の焼失をとげた安土城跡でおこなわれるお祭りです。
織田信長や、豊臣秀吉、徳川家康ら、名だたる戦国武将が馬に乗って武者行列に参加することでお馴染みのお祭りです。
タイムスクープハンター・沢嶋雄一も武者行列に参加!? お楽しみに!


2013あづち信長まつり×『劇場版タイムスクープハンター 安土城最後の1日』がコラボ!

要潤さんが武者行列に参加!&トークショーも開催します!
今夏8月31日(土)より全国公開される『劇場版タイムスクープハンター』。
映画の舞台はまさに『安土城』。
奇しくも安土城が焼け落ちた”最後の1日”に迫るストーリーです。

この映画に先がけて今年の『あづち信長まつり』には映画の主役・要潤さんが武者行列へ参加することが決定しました。
劇中の衣装を着用して登場します!
エキストラで参加した、地元の映画盛り上げ隊ものぼりを持って行列に参加します。
武者行列は総勢約400人。午前11時に安土駅を出発し、安土城跡までの2.5キロを練り歩きます。
要潤さんは12時半くらいから参加の予定です。
また、安土城跡では14時半からトークショーも開催します。
ぜひみなさんご参加ください。

≪ 開催日:2013年6月9日(日)≫
◇あづち信長まつり武者行列
 (11時)安土駅出発→→→(12時30分頃~)要潤さん行列参加→→(13時頃)安土城跡 
◇要潤×夏帆×中尾浩之監督によるトークショー
 ~映画の裏話を一足先にお届けします~
  【時間】:14時30分~15時30分
 【場所】:安土城跡特設ステージ   
◇他にも安土楽市、外堀めぐり、乗馬体験、近江大中牛バーベキュー、あづち信長出陣太鼓演奏  などなど楽しめます!
♪~ お待ちしています ~♪
[PR]
by azch | 2013-06-11 09:18 | あづち信長まつり

第二十九回あづち信長まつり

勇壮、華麗な武者行列 あづち信長まつり

りりしい表情で馬に乗る織田信長役の安藤峯雄さん
e0093407_9324335.jpg

近江八幡市安土町のJR安土駅前で
第二十九回あづち信長まつり(同まつり協議会主催)が九日、近江八幡市安土町の中心市街地一帯であった。戦国武将や姫に仮装した六十人余りを含む町民総勢四百人が、JR安土駅前を起点に二・五キロのコースをパレードし、大勢の観光客らを魅了した。
まつり主役の織田信長役は、同市安土町下豊浦区長の安藤峯雄さん(71)が務めた。りりしい表情で馬に乗り、扇子を高く掲げていた。信長の妻・濃姫役は、安土の観光キャンペーンガールのあづち天正使節山口成美さん(20)が演じた。
タイムスクープハンターの衣装で武者行列に参加した要潤さん=近江八幡市の新宮大社で
安土中ブラスバンド部員や東近江行政組合消防音楽隊員らが華やかにマーチング演奏をし、まつりを盛り上げていた。
今回は俳優の要潤さん(32)もパレードに特別参加した。八月末から全国一斉に上映開始の映画「劇場版タイムスクープハンター 安土城最後の一日」をPRするため、主人公の沢嶋雄一役の衣装で馬に乗り、笑顔を振りまいていた。女性たちが「こっち向いて」などと大騒ぎしていた。
パレード終点の安土城跡大手道広場では、武者行列参加者らを紹介するショーなどがあり、安藤さんは「馬に乗った眺めは素晴らしかった」と感想を話していた。





あす「あづち信長まつり」要潤さん、武者行列に参加

=夏帆さんもトークショーに出演=
彦根城でロケが行われた時の要潤さんと夏帆さん
e0093407_912690.jpg

 あす九日、安土駅前および安土城跡で開催される「第二十九回あづち信長まつり」に、NHKの人気番組「タイムスクープハンター」の主役を演じる俳優の要潤さんがメインイベントの武者行列に参加し、まつりを盛り上げる。
 安土城焼失の謎を追う映画「劇場版タイムスクープハンター安土城最後の一日」(八月三十一日から全国ロードショー)のロケが、安土城などで行われたことをきっかけに結成された地元の映画盛り上げ隊なども行列に加わり、要さんの来場を歓迎する。
 要さんは、午前十一時に安土駅前を出発する総勢約四百人の武者行列の途中から劇中の衣装姿で馬に乗り、参加する。安土山麓の大手門前広場に到着後は、午後二時半から共演の夏帆さんや中尾浩之監督らとともにトークショーに出演する。
 まつり会場では、映画のロードショーに合わせて制作されたVR安土城タイムスコープのバーチャル映像も公開する。
 まつりでは、信長、秀吉、家康が登場し、約四百人が参加する武者行列が、安土駅前から大手道前広場まで戦国絵巻を繰り広げるほか、和船による「安土城お堀めぐり」、地元特産を直売する「あづち楽市」、人気の「近江大中バーベキュー」、「信長茶会」、「乗馬体験」などが催される。
[PR]
by azch | 2013-06-10 23:11 | あづち信長まつり

「天下布武」の歌碑

鳥羽一郎さんらが除幕「天下布武」の歌碑

=安土文芸の郷に建立=
e0093407_994178.jpg


織田信長の天下統一をテーマにした「天下布武」の歌碑が、安土城跡が見える安土文芸の郷に建立され五日、演歌歌手の鳥羽一郎さんらが出席して除幕式が行われた。
 作詞した大津市出身の作詞家・祝部禧丸(はふるべ よしまる)さんから歌碑建立の話があり、地元の観光振興のためにと有志らが天下布武歌碑建立実行委員会を立ち上げ準備を進めてきた。
 天主信長の館の東側広場に建立された歌碑は、縦一・七メートル横三・一メートル、厚み四〇センチの大きさで重さ六トン。国内最高級といわれる愛媛県産の大島石(御影石)に「鎧(よろい)かぶとに 生命(いのち)をあづけ」から始まる三番までの歌詞が刻まれている。
 除幕式で鳥羽さんは「デビューして三十二年、二百三十曲ぐらい歌っているが、その中でも好きな歌で隠れた名曲です。機会があれば、歌わさせていただき、この地に大勢の観光客が訪れることを祈っています」と挨拶した。


信長、光秀ゆかりの歌碑 近江八幡、大津で除幕式
産経新聞

歌碑「光秀の意地」の建立を喜ぶ鳥羽さん(右)と祝部さん=大津市下阪本の坂本城址公園(写真:産経新聞)
 戦国武将の織田信長と明智光秀を題材にした演歌2曲の歌碑の除幕式が5日、近江八幡市の安土城天主信長の館と大津市の坂本城址(じょうし)公園でそれぞれ開かれた。いずれも大津市出身の作詞家、祝部禧丸(はふりべ・よしまる)さんが作詞し、演歌歌手、鳥羽一郎さんが歌った楽曲で2人も2カ所での式に出席した。
安土城天主信長の館前の歌碑は、信長を題材にした「天下布武」。坂本城址公園には光秀を題材にした「光秀(おとこ)の意地」の歌碑が建立された。いずれも、祝部さんと各地元の関係者らが、歌を通して観光振興につながるようにと計画された。

 坂本城址公園で開かれた除幕式には、鳥羽さんや祝部さんのほか、地元の歌碑建立世話人会の関係者らが出席し、神事を行うなどして歌碑の建立を祝福した。歌碑建立世話人会の枝久夫幹事は「県内の貴重な遺産を生かす活動を、今後も地元の人たちと一緒に進めていきたい」と話した。

 天主信長の館がある安土町文芸の郷で行われた除幕式では、地元の歌碑建立実行委員会の三村善雄会長が「これを機に、文芸の郷が歴史探索ルートの拠点としてさらに注目されれば」と期待していた。


歌碑:「天下布武」除幕 鳥羽一郎さんら出席
毎日新聞 

織田信長が天下統一を目指して建てた安土城の跡を望む文芸の郷「信長の館」(近江八幡市安土町)に、演歌歌手・鳥羽一郎さんが歌う「天下布武」の歌碑10+件が建てられ、5日鳥羽さんらが除幕した。

 歌碑は愛媛県産の大島御影(みかげ)石で、高さ1・7メートル、幅3・1メートル、厚さ40センチ。「天下布武10+件」の歌詞が3番まで刻まれている。作詞家の祝部禧丸(はふりべよしまる)さんと地元有志が安土地域の観光振興とまちづくりに役立てばと建立した。

 鳥羽さんは同日午前、大津市の坂本城跡でも「光秀(おとこ)の意地」の歌碑10+件を除幕したばかり。「1日に2度も自分の歌碑の除幕をするのは初めて」と笑いながら、「歌手生活32年で、歌った曲は230曲あまりあるが、『天下布武』は隠れた名曲だ。こんなすてきな場所に自分の歌碑が建立され夢のよう。これからはこの風景を思い浮かべながら歌いたい。観光客誘致に役立てばうれしい」と話していた。
[PR]
by azch | 2013-06-06 22:10 | あづち信長まつり

2012あづち信長まつり その1

戦国時代に時間旅行 あづち信長まつり

第二十八回あづち信長まつり(まつり実行委員会主催)が三日、近江八幡市安土町の中心市街地であり、戦国時代の衣装をまとった住民ら四百人が二・五キロをパレードし、観光客らを楽しませた。

午前十一時、一行はJR安土駅前をスタート。織田信長役の下豊浦区長福井市次さん(72)、豊臣秀吉役の常楽寺区長代理浅野洋治さん(69)らは馬に乗り、笑顔で家族連れらに手を振った。

ホテルニューオウミ(近江八幡市)の社員らは、安土町観光協会が用意した厚紙製のよろい・かぶとをまとって行進。観光キャンペーンガール・あづち天正使節の武蔵真央さん(19)はお江役、千貫真由美さん(19)は濃姫役を務めた。安土中ブラスバンド部員は、華やかな演奏を披露し、盛り上げた。

ゴールの安土城跡大手道広場では、ワゴン車二台分の段ボールを使ってミニ安土城や滑り台、刀などを作る催しがあり、子どもたちが楽しそうに遊んでいた。



あづち信長まつり:市民400人が「武者行列」 催し多彩に

(毎日新聞)
織田信長が天下統一を夢見て安土城を築いた近江八幡市安土町で3日、「あづち信長まつり」が開かれ、信長や徳川家康らにふんした武者行列や信長茶会などさまざまなイベントが繰り広げられ、約3万人の人出でにぎわった(主催者発表)。
まつりは430年前の6月2日、京都・本能寺で自害した信長をしのび、毎年命日に近い日曜日に開かれている。28回目の今年はメーンの「武者行列」に市民400人が参加。武者29人、姫3人、足軽、侍女らにふんして、JR安土駅前から安土城跡大手道広場まで約2キロを練った。鎧(よろい)姿で馬にまたがった信長や秀吉、あでやかな着物に身を包んだ濃姫やお江らが近付くと、観客らは盛んにカメラを向けていた。
行列がたどりつく安土城跡大手道広場に設けられた戦国広場では、住民参加の安土楽市なども催された。
[PR]
by azch | 2012-06-04 23:49 | あづち信長まつり

2011あづち信長まつり 本番その8 各種新聞等記事

第27回あづち信長まつり 城下に活気、人の波
(滋賀報知新聞)


=歴史や文化に触れながら=
織田信長ら戦国武将や姫たち約四百人が安土城をめざして安土のまちを練り歩き、安土城跡周辺では住民手づくりの楽市や様々なイベントが繰り広げられるなど、5日の第27回あづち信長まつりは県内外から大勢の見物客も訪れ、天下統一の夢をよみがえらせる活気に満ちあふれた。
今回は、「東日本大震災被災地元気回復支援がんばろう日本!楽市」のコーナーも開設され、福島県と宮城県の特産品の販売や義援金の募集も行い、安土から東日本へ元気と早期復旧の願いを届けた。
また、インターネットを使った動画生中継も行われ、まつりの様子や信長からローマ法王に贈られた「安土城屏風」の探索プロジェクトが全世界に配信されるなど、まつりのスケールもいっきに拡大した。

参加者は、地元のグルメに舌鼓を打ったり、手こぎ和船でゆったりと堀からの景観を楽しんだり、子どもたちはダンボールで甲(かぶと)や鎧(よろい)づくりに挑戦、スタンプラリーで賞品を獲得する人もいれば、大手道下はまるで武者や姫との写真撮影会場と化した。さらに、安土山入山が特別無料となったこともあって、大勢の家族連れらが安土城天主跡をめざした。
安土町観光協会のイメージマスコットキャラクターのゆるキャラ「らんまる君」が県のゆるキャラ「江」と登場し、ちびっ子たちから引っ張りだこだった。
まつりのイベントの中でも人気のある鉄砲隊演武で鉄砲が暴発して安土信長鉄砲組の男性一人が顔にやけどを負う事故があったが、一番手の雑賀鉄砲衆で合図前の誤砲、二番手の彦根鉄砲隊でも不発から暴発があり、見物客が心配そうに見守る中、事故が起きたものの演武は最後まで続けられた。「毎年楽しみにしている。安全に配慮して、来年も続けてほしい」と、戦国時代の雰囲気を感じさせてくれるイベントの継続を願う声が見物客から聞かれた。



信長振りまく戦国の夢 近江八幡で「あづちまつり」
(京都新聞)


安土城跡に向け出発する武者行列(近江八幡市安土町・JR安土駅前) 
恒例の「あづち信長まつり」(同実行委主催)が5日、滋賀県近江八幡市安土地域一帯で開かれた。武者行列では織田信長や信長のめい・江(ごう)姫などにふんした市民約400人が地域を練り歩き、観光客約3万人に戦国ロマンを伝えた。
行列は、信長、豊臣秀吉、徳川家康などの武将や姫、足軽などに市民がふんし、JR安土駅前から安土城跡まで3キロを1時間半かけて進んだ。武将が馬上から手を振ると、人々は盛んにカメラのシャッターを切っていた。
メーン会場の安土城跡では、段ボール箱で城を作って遊ぶコーナーが子どもに人気だった。ヨシうどんなど名物を売る「あづち楽市」、特産牛肉を使ったバーベキュー大会も盛況だった。
鉄砲隊の演武では銃が暴発し、隊員が顔をやけどする事故があったが、大きな混乱はなかった。


にぎやか、あづち信長まつり
(中日新聞)


第二十七目あづち信長まつり(まつり実行委員会主催)が五日、近江八幡市安土町の中心市街地であった。地元区長や安土中生徒、町の観光キャンペーンを務めるあづち天正使節の女性ら町民総勢約四百五十人が、戦国武将や姫などに変装して約2.5キロのコースをパレード。観光客や地域住民を魅了した。
下豊浦区長の安居昌広さんが織田信長役、常楽寺区長の熊木清一さんが豊臣秀吉役、西者蘇区長の深尾増男さんが徳川家康役としてそれぞれ馬に乗り、JR安土駅前に順次登場。声援を送る家族連れらにりりしく手を振った。
安土中サッカー部員たちは、安土町観光協会などが用意した厚紙製のよろい・かぶとをまとい、元気よく行進。束近江行政組合消防音楽隊員や安土中ブラスバンド部員は、マーチなどを演奏してパレードを盛り上げた。
終点の安土城跡大手前広場では、地元鉄砲隊による演武があった。安土町商工会青年部員は、宮城県で製造された栗まんじゅう、かりんとうなどを販売。売上金の全額を義援金として被災他の商工会に寄託する予定。
[PR]
by azch | 2011-06-15 23:16 | あづち信長まつり

2011あづち信長まつり 本番その7 安土城跡関連イベント

⑦安土信長鉄砲組・鉄砲隊演武

昨年より「信長まつり」の目として登場した「安土信長鉄砲組」、すっかりお馴染みの「彦根鉄砲隊」と新たに参加いただいた「雑賀鉄砲衆」の演武です。
彦根城築城400年祭と「井伊直弼と開国150年祭」を大成功に終わせた、彦根商工会議所青年部の「彦根鉄砲隊」の演武はすっかり信長まつりの名物となっていますが、昨年より新たに「安土信長鉄砲組」が作られ、有名な和歌山「雑賀鉄砲衆」も加わった大迫力の古式鉄砲の演武です。
この素晴らしい鉄砲隊編成は地元安土のNさんの仕掛けで大感謝です!!
安土山・安土城跡の戦国火縄鉄砲の大迫の音が響きわたり、信長公も思わず天主閣より見下ろされていたにちがいありません。
ただ残念なことに、「信長鉄砲組」演舞中に鉄砲の暴発があり、演者の方が怪我をされました。
実行員会としては、安全には最大の注意を払ってきましたが、予想外の出来事であり、多くの皆さんにご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。
e0093407_17294349.jpge0093407_1730739.jpg









e0093407_17303945.jpge0093407_1731140.jpg










e0093407_1731338.jpge0093407_17315287.jpg









e0093407_17324536.jpge0093407_17331028.jpg









あづち信長まつりで火縄銃暴発、男性やけど 滋賀
(各種新聞記事)


5日午後1時45分ごろ、近江八幡市安土町下豊浦の安土城跡で開かれていた「あづち信長まつり」で、鉄砲隊演武を披露していた京都市左京区の自営業の男性(58)の火縄銃が暴発。男性に熱風がかかり、顔をやけどする重傷を負った。
近江八幡署によると、火縄銃は長さ約102・5センチで弾は入っていなかった。男性が銃を手に持ち、銃口が顔付近に向けられていた際に暴発したという。
まつりは織田信長の命日の6月2日前後に毎年開催。甲冑(かっちゅう)や着物を身にまとった人々がJR安土駅から安土城跡までを練り歩く武者行列が見どころで、この日も多くの見物人でにぎわっていた。鉄砲隊演武は安土城跡に到着後に観衆の前で披露されていた。

(滋賀報知新聞)
まつりのイベントの中でも人気のある鉄砲隊演武で鉄砲が暴発して安土信長鉄砲組の男性一人が顔にやけどを負う事故があったが、一番手の雑賀鉄砲衆で合図前の誤砲、二番手の彦根鉄砲隊でも不発から暴発があり、見物客が心配そうに見守る中、事故が起きたものの演武は最後まで続けられた。「毎年楽しみにしている。安全に配慮して、来年も続けてほしい」と、戦国時代の雰囲気を感じさせてくれるイベントの継続を願う声が見物客から聞かれた。
[PR]
by azch | 2011-06-13 23:12 | あづち信長まつり

2011あづち信長まつり 本番その6 安土城跡会場ステージ

⑥安土城跡特別ステージ関係

10時30分からの国際交流協会カポエイラに始まり、文化協会発表①謡曲、②十字法太極拳③邦楽、
12時からは今年のもう一つの目玉である、「信長戦国スタジオ」Ustream実況レポートがインターネットにて配信され、武者行列の到着を待ちました。
e0093407_175670.jpge0093407_1754859.jpg








e0093407_177255.jpge0093407_1772475.jpg







今回初の試みである「戦国スタジオ」なるものでUSTREAM、youtube、Twitter、FacebookなどのSNSを駆使して、安土を全世界に!を目標にこれまでとは全く違った革命的祭りになったのではないかと思います!

e0093407_17826100.jpge0093407_178493.jpg








e0093407_1792183.jpge0093407_179489.jpg









また、会場内では昨年に続き「段ボールパーク安土城」が設営され、子供たちに大人気で、スタッフもフル回転でした。
12時45分に武者行列の先頭が到着、各団体ステージにて紹介のあと
13時15分より大手道広場東会場にて、「鉄砲隊」の演舞
e0093407_1714427.jpge0093407_1717156.jpg








14時からは、再び文化協会の①コカリナ ②詩吟 ③大正琴の演武があり、
続けて、「信長戦国スタジオ」イベントとして、本格的な戦国ステージが繰り広げられ
時代絵巻アーティスト柳瀬式(やなせしき)さんと、神桜舞(しのび)の子供達のステージと大人気でした。
e0093407_17114842.jpge0093407_17135891.jpg







さらには15時30分からのスタンプラリー抽選会を兼ねて、閉会セレモニーを実施。
大手道駐車場では武者行列参加の馬3頭の乗馬体験も行われ、1日多いに盛り上がりました。
16時三村実行委員長(商工会長)、の閉会挨拶にて、大成功に終わった「2011あづち信長まつり」を締めくくりました。
e0093407_17201767.jpge0093407_1721525.jpg








e0093407_17215578.jpge0093407_17221760.jpg








今年の「信長まつり」MCは、すっかり恒例となった「えみりん」こと中野栄美子さんと、「おのち」こと小野千穂さんのダブルキャストでお願いし、お二人の絶妙の進行ぶりも「信長まつり」の名物となってきました。
ステージ運営もほとんどまかせっぱなしで、欠かせない存在になっています。
大感謝です。来年も是非よろしく・・・
e0093407_17273255.jpg

e0093407_17275558.jpg

e0093407_17281455.jpg

[PR]
by azch | 2011-06-12 23:08 | あづち信長まつり
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30