安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

安土中学 茶室「天正庵」完成


毎日新聞
安土中:茶室「天正庵」完成、安土城模した中庭彩る--あす公開記念茶会
 

信長や利休の気分だよ--卒業生ら450万円募り
安土町上豊浦の安土中(堀尾秀治校長)の中庭に、卒業生らの寄付で茶室が完成した。戦国武将・織田信長にちなんで「天正庵(あん)」と名付けられ、10日に完成式と茶室公開を兼ねた茶会が開かれる。

中庭はテニスコートだった。5年前、校長に着任した木瀬啓・前校長が和風庭園が好きで、自ら重機を使い、中庭の大半を安土城を模した庭園に整備。茶室は造らないまま、昨年3月、定年退職した。
しかし、卒業生らが茶室の骨組みが町内の織物会社に残っているのを知り、昨年末に茶室建設実行委員会を作り、800人以上から建設費約450万円を募り、実現した。

茶室は、本格的なヨシ葺(ぶ)き屋根の木造平屋建て約16平方メートル。
同校では、校舎の和室で茶道の体験学習をしてきたが、今後は本格的な茶室でできる。近くの安土小6年生も茶道にこの茶室が使えることになり、喜んでいる。

木瀬さんは「安土といえば信長、千利休。安土と茶道は切り離せない。庭を造ったときは茶室まで考えは及ばなかった。茶室ができて、庭も本当の完成と言える。茶室が心の教育の場になってくれれば」と感慨深げだ。

当日は午前9時、津村孝司町長らがテープカット。生徒会長が命名の由来などを説明した後、卒業生ら招待者の茶会を開く。午後は一般茶会を予定している


滋賀報知新聞
中庭に茶室「天正庵」=安土中 卒業生らの募金で

安土町立安土中学校の中庭にヨシ葺き茶室「天正庵」が完成し、このほどしゅん工式が行われた。

茶室建設は、木瀬啓前校長が自ら整備し、平成十六年四月から創立五十周年記念事業として進められて来た中庭整備事業の一環。
一昨年秋にはPTAや同窓会などを中心に建設実行委員会が立ち上げられ、基金を開設。呼びかけに応じた卒業生や住民ら八百七十四人から集まった四百五十万円で、町内に残っていた古い茶室の柱などを譲り受け建設、屋根は職人の手により安土らしいヨシで葺いた。
「天正庵」の名は、生徒会の高谷知江副会長が「安土が誇る織田信長が生きた時代にふさわしい」と応募し、選定された。
津村孝司町長は「信長は茶を愛した。安土の子どもたちが歴史と文化に親しむ教育ができれば」と完成を祝い、木俣幾和実行委員長に感謝状を贈った。
木俣委員長は「中庭には地域の人の中学生への深い思いが込められ、茶室はシンボルです。学校の誇り、心の安らぎの場としていただきたい」とあいさつ。堀尾秀治校長は「心の教育の場として有効活用したい」と礼を述べた。
最後に小杉有加生徒会長が、「茶道への興味がより深められ、日本の文化を知ることに一歩近づけたよう。中庭は安土中学校の宝です」と生徒を代表して感謝の言葉を述べた。
同校では一年生で茶道の体験学習が伝統となっており、今後、天正庵で本格的な茶道を学ぶことができる。
[PR]
by azch | 2008-05-09 20:12 | 安土観光拠点
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31