安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

観音寺イベント その2

11月25日(日)観音寺城イベント 開催
本年も従来とおり地元石寺自治会主催にて、安土町教育委員会・商工会・観光ネットワーク会議・観光協会等の参加にて開催されました。
e0093407_1850816.jpg

観音寺城フォーラム
「観音寺城跡の保存や活用探るフォーラム」として、第2回開催

滋賀県安土城郭調査研究所の見解
「石寺は近江守護六角氏の城下町で、史上初めて楽市が実施された場所として知られ、守護支配の拠点として中世近江の中核となった。安土は織田信長が天下統一の拠点として大城郭を築いた場所。安土といえば城のことばかりクローズアップされるが、城下町もまた日本の都市史の画期となった都市として有名。八幡は羽柴秀吉の甥羽柴秀次が居城を築いた場所。信長の後を継いで天下統一事業を成し遂げた秀吉が、近江支配の拠点とした」と各城下町を紹介し、「整然と区画された町の景観は、日本の中世から近世への移行期を考える上で、欠くことのできない、後の近世城下町につながる都市の原型」と称している。
e0093407_18593553.jpge0093407_18595851.jpg










e0093407_1903095.jpge0093407_191717.jpg











京都新聞記事
滋賀県安土町石寺の楽座会館で25日、地元に残る国の史跡観音寺城跡の保存、活用を探る「観音寺城フォーラム」が開かれた。
石寺地区一帯で同日あった「佐々木六角氏観音寺城イベント」の一環で、町教委や地元自治会などが開いた。地元住民ら約50人が参加した。
大阪樟蔭女子大の佐久間貴士教授が「史跡観音寺城跡のすばらしさ」と題し講演したのをはじめ、地元の区長や県安土城郭調査研究所の研究員ら5人のパネリストが観音寺城の魅力などについて語った。
フォーラムでは「観音寺城跡の魅力をまず町民が知らないといけない」などの意見が寄せられ、参加者は地元住民が地元を知る重要性を改めて確認していた。


各団体にて
◆観音正寺日吉山王採燈大護摩供養(楽市横・観音正寺駐車場)10:00~12:00
e0093407_1914683.jpge0093407_192749.jpg










e0093407_1923491.jpge0093407_1925061.jpg










◆遠州流お茶席(楽市会館内・生け花展)10:00~15:00
e0093407_1931969.jpge0093407_1933819.jpg










e0093407_1942459.jpge0093407_197394.jpg










◆史跡・探訪 (教林坊~景清道) 10:00~13:00
e0093407_1910114.jpge0093407_19102749.jpg










◆詩吟錦城流 13:30~
◆フォーラム 観音寺城と石寺の町づくり 楽座会館2階 13:00~16:00
◆商工会もミニ楽市を設営、石寺楽市として参加しました(地元特産品・野菜・蓮根・つきたておもち販売)10:00~16:00
e0093407_198021.jpge0093407_1981558.jpg










e0093407_1985861.jpge0093407_1993555.jpg











関連イベントとして
◆じゃがいも収穫祭(東老蘇じゃがいもオーナーの集い)
◆JRふれあいハイキング(紅葉のきぬがさ山から隠里、教林坊)ボランティアガイド協会

例年以上の新しい企画もあり、懸案の「秋の老蘇観音寺イベント」に向け、今後各種団体との検討をしていきます。
[PR]
by azch | 2007-11-28 21:27 | 観光ネットワーク
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31