安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

九月定例市議会

近江八幡市9月議会 補正予算など29議案

滋賀報知新聞

=第1子から出産お祝い金「入退院センター」開設=

解体される旧桐原小学校校舎

e0093407_21112778.jpg



 近江八幡市の九月定例市議会は九月二日に開会され、市当局から予算案件十八件、条例案件五件、人事案件四件、議決案件二件の計二十九議案が提案され、審議に入る。

 個人質問は十三、十四、十五日の三日間行われる。二十、二十一日に予算常任委員会、二十三、二十七、二十八日に各常任委員会がそれぞれ開かれ、三十日に本会議を再開し閉会する。

 予算案件では、平成二十七年度の一般会計と八特別会計、二事業会計の決算の議決を求める案件と平成二十八年度一般会計補正予算などが上程される。

 このうち平成二十七年度一般会計決算では、歳入三百九十億二千三百七万一千五十四円、歳出三百七十九億三千一万六千円で、差し引き十億九千三百五万五千五十四円の黒字となり、翌年度繰越財源を引いた実質収支額は、六億五千十三万七千五十四円だった。

 平成二十八年度一般会計補正予算案は、十八億五千五十四万四千円を追加補正し、総額で三百三十九億二千二百八十四万一千円とする。

 主な内容は、ふるさと応援基金への積立金六億五千二百万円、市債元利償還金二億七千九百二十四万二千円、基金積立金一億一千六百二十六万七千円、民間保育所及び認定子ども園運営補助事業二千八百十八万円、「お誕生日おめでとう健やか祝い金事業」二百九十二万七千円などとなっている。

 「お誕生日おめでとう健やか祝い金事業」は、条例を制定して実施するもので、出産の日より一年以上前に住民登録されている保護者に子どもが生まれた場合、第一子一万円、第二子二万円、第三子三万円を支給するもの。来年二月一日から施行する。

 市病院事業会計の補正予算案では、市総合医療センターに新設する「入退院センター」の工事費等に一千七百万円を提案する。

 入退院センターは、入院する患者や家族に入院の必要性や手術等の治療の内容、入院の手続きなどを個別に説明する専用の部屋を四室設置するもの。

 現在、市総合医療センターでは一日平均三十人の入院患者を受け入れているが、入院時の説明などの患者および家族の対応は、医師や看護師が診察室や待合い場所で行っているが、プライバシーの問題や十分な相談時間を確保するため、専用室を設ける。開設は来年四月の予定。

 議決案件では、旧桐原小学校の校舎解体工事を一億二千七百四十四万円の請負金額で締結することに議決を求める。


[PR]
by azch | 2016-09-01 23:14 | 近江八幡市
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31