安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

西の湖ヨシ灯り展

ヨシの造形、光で浮かぶ
京都新聞
 
内側の電灯の光に浮かび上がった、ヨシの茎や穂を使った造形作品を楽しむ人たち(近江八幡市下豊浦)
e0093407_19135068.jpg

琵琶湖の内湖、西の湖畔でヨシを使った造形作品をライトアップする「西の湖ヨシ灯(あか)り展」が26日、滋賀県近江八幡市安土町下豊浦の同湖畔で始まった。会場を包む柔らかな光を来場者が楽しんだ。

NPO法人の「ねっとわーく西の湖」などでつくる実行員会が開き、今年で9回目。同市内の小中学生や一般参加者による大小の作品約400点が、西の湖近くの「よしきりの池」を囲む遊歩道に展示された。午後6時、各作品の内側に置いた電球が一斉に点灯されると、ヨシの茎や穂を組み合わせて作った家や船、富士山などが浮かび上がり、池の水面やヨシ原を照らした。

訪れた家族連れやカップルが、お気に入りの作品を探して歩いたり、写真に収めたりしていた。会場ではヨシ笛の演奏やヨシの粉末を練り込んだうどんなどの屋台もあり、多くの人でにぎわった。
27日も午前10時から展示される。点灯時間は午後6時~午後8時半。入場無料。問い合わせは事務局TEL0748(46)2602。
[PR]
by azch | 2015-09-26 22:13 | 西の湖環境保全
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30