安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

権座の水田で手作業の田植え

西の湖の島 権座で田植え

=昔ながらの農法体験 機械使わず無農薬栽培=
権座の水田で手作業の田植えを体験する参加者
e0093407_2044799.jpg

 「権座」と呼ばれる西の湖に残る島に造られた水田で十七日、市内外の親子連れが参加した田植えが行われた。
 農地を管理する近江八幡市の白王町集落営農組合が昔ながらの米作りを通して、農作業や農村のよさ、西の湖の自然景観を守る大切さなどを知ってもらおうと毎年、希望者を募って行っている。
 八年目のことしは約四十人が集まり、小型船で権座に上陸したあと、特別に準備された約三アールの水田に入り、コシヒカリを手植えした。
 子どもたちは、ソロリ、ソロリと水田に踏み入れ、足に土の感触をとらえながら、同組合員から手渡された苗を丁寧に植え込んでいった。
 田植えの終わった水田は、同組合で秋の収穫まで無農薬で栽培管理し、秋には田植えを体験した人々に参加を呼びかけて稲刈りを行う。刈り取り後は、はさ掛け、天日干しなど、昔ながらの農法で田園風景を再現する。また水田に魚道を設けて、びわ湖からの在来魚のそ上と繁殖が出来る自然環境づくりにも取り組む。
 この取り組みは、百年後の子どもたちに日本各地域の文化・自然遺産を伝える日本ユネスコ協会連盟の「プロジェクト未来遺産」に認定されている。
[PR]
by azch | 2015-05-21 23:02 | 西の湖環境保全
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31