安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

日牟禮八幡宮の八幡まつり

きょう、あす 八幡まつり


=今に伝わる歴史文化 賑わう日牟禮八幡宮=
日牟禮八幡宮前を練る大太鼓
e0093407_2243296.jpg

 豊臣秀次が八幡山城を築いたころから伝わる日牟禮八幡宮の八幡まつりが、十四日、十五日の二日間、同宮で行われる。
 雄壮な松明まつりと太鼓まつりが繰り広げられるもので、十四日の松明まつりは、二七五年に近江を行幸した応神天皇が同宮に参詣する際に南津田町の人々がヨシの松明で道案内をしたのが始まりと伝えられる。
 同宮の十二郷(地区)が、ヨシと菜種がらで作ったそれぞれの地区に伝わる大松明を奉納したあと、午後八時から宮前で神火が順番に移され点火、境内に大松明が燃え盛る雄壮な光景が広がる。


神火が点火され雄壮に燃える大松明 中には高さ十メートルにも及ぶ「大松明」や火をつけたまま振りかざす「振松明」、引きずりながら運び込む「引きずり松明」、傾けた状態で火をつけ、火の粉をかぶりながら立ち上げる勇壮な松明など、各地区に伝わる特徴ある様々な松明が製作され、集合するまつりは県内でも珍しい。
 翌十五日の太鼓まつりは、午前十時からの例祭のあと、午後二時半から大太鼓が宿入りしたあと、同四時から渡りが行われ、宮前に参集。打ち鳴らされる大太鼓がまつりを盛り上げる。迫力ある大太鼓の乱打が境内に響き渡り、まつりへの人々の想いが一つになる。
[PR]
by azch | 2015-04-14 22:03 | 安土観光拠点
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31