安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

県観光入込客統計調査結果

2年ぶり観光客が増加 昨年の県観光入込客統計調査結果から

滋賀報知新聞

=外国人観光客も前年比40%の大幅増!!=
e0093407_16495429.gif

 県はこのほど、昨年の県観光客入込客の統計調査結果を公表した。これは、県内の市町から寄せられた報告を集計したもの。それによると、延べ観光客入込客は四千五百二十二万六千九百人で、前年比二・三%増と、二年ぶりに増加した。
 また、外国人観光客も五万五千百五十六人で、同比が三九・一%増と大幅に増加している。
 昨年は景況感の改善などを背景に、観光需要が回復した。地域的には、湖北地域など一部の地域で若干減少したものの、多くの地域で増加した。季節的には、九月から十月にかけて台風の接近数が記録的に多く、秋は減少したものの、春は晴天日が多く観光客の増加を後押しした。また新規観光カウント観光地点(道の駅せせらぎの里こうら、ヤンマーミュージアムなど)の開業が増加に寄与した。
 一方、宿泊客数は、前年に比べ全ての月で上回り、前年より二十四万四千三百人(八・二%)増加し、延べ三百二十万六千六百人であった。
 滋賀県を訪れた外国人延べ観光入込については、円安による割安感、東南アジア諸国の査証緩和措置、LCC〈格安航空会社〉の座席供給量の増加などの効果により、平成二十四年と比較して、三九・一%の大幅増加となった。
 観光入込客数の上位は、トップが多賀大社(多賀町)で、平成十二年から十三年連続で一位であった「黒壁ガラス館」(長浜市)は二位になった。
 三位以下は次の通り。三位=道の駅藤樹の里あどがわ(高島市)▽四位=県希望が丘文化公園(野洲市、湖南市、竜王町)▽五位=彦根城(彦根市)▽日牟禮八幡宮(近江八幡市)▽七位=道の駅竜王かがみの里(竜王町)▽八位=八幡堀(近江八幡市)▽比叡山ドライブウェイ(大津市)▽十位=矢橋帰帆島(草津市)―の順。
[PR]
by azch | 2014-12-07 22:48 | 観光ネットワーク
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31