安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

文芸の郷子どもの森にマレットゴルフ場

安土文芸の郷にマレットゴルフ場完成


=子どもの森を整備 遊歩道沿いに18ホール=
オープニングセレモニーで初打ちする出席者
e0093407_235527100.jpg

 繖(きぬがさ)山山麓にある安土文芸の郷子どもの森にマレットゴルフ場が完成し、二十一日オープニングセレモニーが開かれた。
 同子どもの森は、平成十四年度(旧安土町時代)に山麓一帯の雑木林の伐採と整地を行い、展望や観察デッキ、木道を整備し、自然に親しめる住民の憩いの場として開設された。その後、木製具の腐食や経年よる施設の老朽化などが目立ち、一部立ち入りが制限されるまでに荒れていた。
 このため、昨年六月からマレットゴルフ場を加えてより多くの市民に利用してもらえるよう、整備工事が進められていた。
 腐食が進んで危険な状態だった展望デッキなどを撤去した跡地にマレットゴルフのコースを設け、森全体でゴルフが楽しめるよう幅一・五メートル全長五二八メートルの遊歩道沿いに十八ホールを設けた。マレットゴルフ場は市運動公園の九ホールに次いで市内二か所目。整備事業費六七〇万円。
 武地嘉男・近江八幡市マレットゴルフ協会会長は「県内でマレットゴルフが始まって六年目を迎えるが、こんな立派なゴルフ場を作っていただきありがたい。ここで全国大会が開けるように今後益々、普及に努めていきたい」と話している。
《マレットゴルフ》
 マレットとは木づちの意味で、ゲートボールに似たスティック(金属製)でボールを打ち、設けられたホールに出来るだけ少ない打数で入れてコース回る競技。ゴルフのルールを使う。福井県の職員が昭和五十二年に考案し、全国各地で広まった。平成十九年九月、滋賀、岐阜、三重、福井の四県でつくる「日本まんなか共和国」の交流イベントで大会が開かれたのがきっかけで、参加した人々が持ち帰り県内で普及させた。
[PR]
by azch | 2014-03-27 23:53 | 安土観光拠点
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30