安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

琵琶湖文化会館秘蔵品で味わう-茶を魅る-

桃山、江戸、明治 茶器と屏風の魅力

=県立安土城考古博物館=
展示されている江戸時代作の湖東煎茶碗
e0093407_0322045.jpg

 県立安土城考古博物館で「琵琶湖文化会館秘蔵品で味わう-茶を魅る-」が開かれている。二月十六日まで。
 休館中の琵琶湖文化会館所蔵品を特別陳列し、その魅力を広く紹介するもので、第二常設展示室のコーナーに信楽焼や湖東焼など近江ゆかりの茶陶と風炉先屏風の合わせて八点を展示している。
 茶陶は、信楽焼矢筈水指(桃山時代)、湖東煎茶碗(江戸時代)、湖東手桶型水指(江戸時代)、小冨士煎茶道具(明治時代)の四点。
 二月二日にはお茶会が開かれる。参加費三百円(お茶・お茶菓子代)。問い合わせは、同博物館(TEL0748―46―2424)へ。


女性に人気の高齢者体力測定

=基礎体力を数値化 変化を知って健康維持=
あづちマリエートで行われた高齢者対象の基礎体力測定
e0093407_033067.jpg

 安土文芸の郷のあづちマリエート(体育館)で二十二日、高齢者対象の基礎体力測定が行われ、四十六人が参加した。
 体力の変化を知ることで日々の健康維持に役立ててもらおうと安土文芸の郷振興事業団が今年度から実施している。
 測定方法は、いすに座ったところから三メートル先の目印まで歩いて戻って座るまでの時間を測る「3m往復歩行」、いすに座った状態から膝と身体がしっかり伸びるまで立ち上がり、素早く座る動作が三十秒間で何回出来たかを数える「30秒間立ち座り」、片方の足をあげ、あげた方の足が床に着く、軸足がぶれる、あげた足が軸足にふれるまでの時間を測定する「開眼片脚立ち時間」、左右の手の筋力をみる「握力」の四つ。
 参加者は、自分の測定結果を記録するデータシートを持ちながら四つの体力測定に挑み、その結果を記録していった。測定コーナーには、「低い」から「高い」まで五段階の体力測定基準値シートが準備され、自分の記録と比べていた。連続して参加している人は、過去のデータと比べながら自分の体力の変化を確かめていた。
 この日、参加者の中で最高齢(83歳)の安土町桑実寺の西山昌子さんは「百歳体操に通うようになってから転ばなくなったし、重いものも持てるようになった。体力測定は自分の体力の変化が数値で分かるのでよい。前回より少し数値は落ちていた」と話していた。
 同事業団では、参加者は女性が多いことから男性も積極的に参加してもらい自分の健康管理に役立ててほしいと話している。
[PR]
by azch | 2014-01-26 00:31 | 観光ネットワーク
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30