安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

西の湖ヨシ灯り展

湖畔が幽玄の世界に

=「西の湖ヨシ灯り展」=
昨年の西の湖ヨシ灯り展のようす
 ヨシを材料にした灯りのオブジェ作品が湖畔に並ぶ「西の湖ヨシ灯り展」が二十八、二十九日の二日間、近江八幡市安土町下豊浦のよしきりの池・安土B&G海洋センター一帯で開かれる。

480作品のオブジェに点灯
コンサートや和船試乗も

e0093407_1093931.jpg

e0093407_10103100.jpg


 七回目の今回は「仄(ほの)かに映える郷愁の美」をテーマに近江八幡市内の小・中学生などから寄せられた立体作品約四百八十点を野外に並べて展示。日没の黄昏が始まる午後六時から展示の全作品が点灯され、湖畔に美しい光りの造形が浮かび上がる。
 二十八日は午後四時から和船運行、同四時半からヨガ教室、同六時からヨシ笛コンサートのあとオープニングセレモニーが行われる。会場では、地元物産品とヨシうどんの販売が行われる。
 翌二十九日は、午後三時からやすらぎホールでふるさと屏風絵づくり、同四時から安土再発見ウォーク、和船体験試乗会、午後五時半から西の湖夕日コンサートが開かれる。
 オブジェの点灯は二日間とも午後六時から午後九時まで。
 問い合わせは、安土町総合支所(TEL46―7205)へ。


京都新聞
390基、湖畔を照らす 「西の湖ヨシ灯り展」

ヨシで作られた明かりが並ぶ散策路(近江八幡市安土町下豊浦・よしきりの池)

ヨシで作った明かり390基が湖畔を彩る「西の湖ヨシ灯(あか)り展」が28日、近江八幡市安土町下豊浦のよしきりの池で始まった。訪れた人たちが、夕闇のヨシ原に浮かび上がる幻想的な光景を楽しんだ。
 薄暗くなった午後6時に一斉点灯した。明かりは地元の小中学生など市民の手作りで、大きさや形はさまざま。東京スカイツリーをかたどった大作や高さ30センチほどの児童の力作が散策路や水路を照らした。
 市民などでつくる実行委員会が、西の湖畔に自生し、水環境を守るヨシに親しんでもらおうと毎年開いており7回目。
 29日も行われ、午前10時から明かりを展示し、点灯は午後6時~9時。入場無料。

e0093407_15123844.jpg




毎日新聞
西の湖ヨシ灯り展:ヨシのオブジェ、明かり幽玄480点 今夜まで

琵琶湖に自生するヨシを使って造形物を作り、中に明かりを入れてライトアップする「西の湖ヨシ灯(あか)り展」が22日、近江八幡市安土町下豊浦の「よしきりの池」周辺で始まった。23日夜まで。
水の浄化や自然環境に重要な役割を果たすヨシを見つめ直してもらおうと、同展実行委員会が開いた。6回目となる今年は「自然に溶け込む幽玄の美」がテーマ。地元の小中学生がヨシで制作したオブジェや5月にオープンした東京スカイツリーなどを表した作品など約480点が展示されている。午後6時から9時までライトアップされている。
今年初めて出品した同市立金田小5年の松村美侑(みゆ)さん(10)は「立派な作品ばかりで驚いた。私は小さな三角形のオブジェで、みんなの作品を見て来年はもっと大きな作品を出品したいと思った」と話していた。【
[PR]
by azch | 2013-09-28 14:08 | 西の湖環境保全
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31