安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

安土城考古博物館の企画展

「蒲生郡の風土と遺宝」

=県立安土城考古博物館=
貴重な文化財が展示されている企画展
e0093407_23581748.jpg


県立安土城考古博物館の企画展「蒲生郡の風土と遺宝」が二十三日から始まった。四月七日まで。
 県内の旧郡部ごとの歴史文化を各地域で大切に守り継がれている文化財の展示を通して紹介するもので、今回は、その第四回として地元蒲生郡にスポットをあてた。
 中世の蒲生郡は、全国でもトップクラスの石高があり、信長が天下統一を果たした地域でもあることを考えると国政の中心地であったともいえ、歴史的風土から数多くの優れた仏教美術や遺品等、貴重な文化財の宝庫となっている。
 同展では、雪野山古墳から安土城にいたるまでの各時代の名品や指定文化財、歴史的資料、美術工芸品を出展している。
 展示品には、雪野山古墳から出土した三角縁神獣鏡をはじめ、興隆寺(近江八幡市)所蔵の弥勒如来坐像や興福寺(東近江市)所蔵の聖観音立像などの重要文化財七件や県指定文化財二件を含む仏教美術品約六十点が並べられ、来館者の関心を集めている。
 関連事業の博物館講座「雪野山古墳の秘密」が三月十日に、二十四日には「蒲生郡の仏像・神像」が開かれる。時間はいずれも午後一時半~。定員各百四十人。当日受付。参加料実費。
[PR]
by azch | 2013-02-26 23:57 | 観光ネットワーク
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31