安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

安土城考古博物館 開館20周年記念企画展

暮らしが生んだ絶景 県内3カ所の水辺の文化的景観

=安土城考古博物館 開館20周年記念企画展=
重要文化的景観に選定されている県内三カ所の琵琶湖畔の水辺環境とその地域を紹介する「暮らしが生んだ絶景―琵琶湖 水辺の文化的景観―」が県立安土城考古博物館で開かれている。来年一月二十七日まで。
 開館二十周年を記念した企画展で近江八幡の水郷、高島市の海津・西浜・知内地区と針江・霜降地区の水辺環境をクローズアップし、人々の暮らしとの関わりや歴史、育まれた生活環境について民俗資料や遺跡から掘り下げた展示となっている。
 水環境を生活の中に取り込んだカバタの機能と役割、ヨシ製品や伝統の漁具、びわ湖真珠と八幡瓦など自然の営みと恵みを地域とテーマに分類し、高い価値の水辺景観をつくり出した背景や人と共存するシステムなどを分かりやすく紹介している。
 会場にはカバタを再現した実物大模型や美しい景観の大きな記録写真なども展示され、来場者の関心を集めている。入館料大人四五〇円、高校・大学生二五〇円。小・中学生と障害者及び六十五歳以上の県民は無料。問い合わせは同博物館(TEL0748―46―2424)へ。



ロープウェー夜間特別運営 八幡山の紅葉と八幡ドル夜景

=12月2日までの金・土・日曜日=
八幡山頂上の紅葉と市街地の夜景を楽しむ八幡山ロープウェー夜間特別営業が十二月二日までの毎週金、土、日に行われている。
e0093407_0434487.jpg

 ロープウェー山頂駅からお願い地蔵堂、展望館、二の丸までの約百メートルの散策道沿いにあるカエデ、サクラなど美しく色づいた紅葉をライトアップする。展望館付近からは澄み切った空気の中で美しく輝く市街地の夜景「八幡ドル」が楽しめる。
 時間は午後五時半~午後九時まで。ロープウェー上りの最終時刻は午後八時半。期間中は特別料金で往復大人五百円(平常八百円)、小学生二百五十円。
 十二月二日は八幡山茶会が開かれる。参加費は五百円。問い合わせは、八幡山ロープウェー(0748-32-0303)へ。
[PR]
by azch | 2012-11-29 23:42 | 観光ネットワーク
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31