安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

水郷の里マラソン

1742人が健脚競う「第36回 水郷の里マラソン」
=2~10キロ20部門 3世代ランナー6組出場=

 近江八幡市の「水郷の里マラソン」が十一日、市立運動公園を発着点に開かれ、遠くは茨城や東京など、県内外から参加した市民ランナーが秋の気配が深まった水郷路で健脚を競い合った。
 第三十六回の今大会には、二~十キロの四コース二十部門に千七百四十二人が出場。三世代揃っての出場が六組、最高齢は八十三歳の河村昭三さん(田中江町)が三キロに挑戦した。
 開会式に続いて午前十時、打上げ花火の号砲を合図に種目順にスタート。あいにくの降雨と強い風に見舞われての出発となったが、全員元気にコースに飛び出し、千六百八十人がゴールインした。

東近江地域の入賞者は次の通り(敬称略)。
【2キロ小学生男子1~3年】(2)廣瀬匠郎(東近江市)(6)安原海晴(同)
【同女子】(1)中山七海(蒲生郡)(5)野口夢心(近江八幡市)(6)竹本菜乃波(同)
【同男子4~6年】(2)安原太陽(東近江市)(3)山本人誠(近江八幡市)(4)湯浅匠(同)(5)廣瀬龍之介(東近江市)(6)増倉修斗(近江八幡市)
【3キロ一般女子(59歳以下)】(1)安原かおり(東近江市)(2)西湖幸枝(近江八幡市)
【3キロ高齢者男子(60歳以上)】(2)助野正義(近江八幡市)(6)高畑洋行(同)
【同女子(同)】(5)5中島豊子(近江八幡市)
【5キロ中学生男子】(1)西村暉(近江八幡市)(2)坪田颯(同)(3)井上魁斗(蒲生郡)(4)石井翔梧(近江八幡市)(5)條野正宗(同)(6)岩佐翔午(同)
【同女子】(1)関部紗矢佳(近江八幡市)(2)奥野由香乃(同)(3)宮澤怜那(同)(4)石井里空(同)(5)野嵜天菜(蒲生郡)(6)岡田賞(近江八幡市)
【5キロ高校生女子】(2)岡川夏実(近江八幡市)
【5キロ一般男子(44歳以下)】(1)中江誠(近江八幡市)(2)飯田茂(東近江市)
【同(45~59歳)】(4)林裕之(蒲生郡)(5)辻信造(近江八幡市)(6)森計人(東近江市)
【同一般女子(59歳以下)】(1)田中さおり(蒲生郡)(4)伊藤真由美(同)(6)森下加奈子(近江八幡市)
【同高齢者女子(60歳以上)】(3)吉田起世(近江八幡市)
【10キロ高校生男子】(1)山中湖太郎(近江八幡市)
【同一般男子(59歳以下)】(1)軸屋貴弘(東近江市)
【同一般女子(59歳以下)】(4)松村恵子(東近江市)
【同高齢者女子(60歳以上)】(1)西湖啓子(近江八幡市)





「地域資源活用賞」受賞 白王町集落営農組合

=環境資源保全活動を評価=
社団法人・地域環境資源センター(東京都港区)の平成二十四年度田園自然再生コンクールの「地域自然活用賞」に近江八幡市白王町の農事組合法人・白王町集落営農組合が選ばれ、きょう十日、東京国際フォーラムD1ホールでの表彰式で受賞する。
 今年度は全国から四十四団体の応募があり、十人の審査員(委員長・進士五十八東京農大名誉教授)による厳正な審査の結果、七団体が選ばれた。
 「地域自然活用賞」に選ばれた同組合は、水郷を活かした農の里づくりを基本理念として、地域全体で積極的に環境保全型農業や食育を通じた都市農村交流事業を展開。とりわけ西の湖唯一の中州農地「権座」を舞台にヨシ原の保全や崩れた護岸石積みの復元、遊休農地の開墾など、地域にある環境資源の保全・活用の取り組みが高く評価された。
 同組合代表理事の東房男さん(67)は、「『景観を守るのは農業の振興である』を理念に権座を我々のシンボルとして頑張っています。そのことは、先祖から預かった自然を利用して荒廃する遊休農地を再生していくことに繋がり、我々組合の使命であると思っています。今回の受賞は今後の営農活動に大きな励みとなり、たいへん喜んでおります」と話している。
[PR]
by azch | 2012-11-11 22:32 | 観光ネットワーク
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31