安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

八幡まつり

伝統の「八幡まつり」

=日牟禮八幡宮=
五穀豊穣と無病息災を祈って燃え上がる松明
e0093407_23492786.jpg

近江八幡市の春の火まつりの一つ「八幡まつり」(国選択無形民俗文化財)が、十四・十五日に日牟禮八幡宮周辺で行われる。
八幡まつりは千数百年の歴史をもつと言われ、毎年、十四日の宵宮祭「松明まつり」、十五日の本祭「太鼓まつり」が五穀豊穣と無病息災を祈ってにぎやかに繰り広げられる。

14日は宵宮祭「松明まつり」
15日は本祭「太鼓まつり」

昨年は東日本大震災の被災地復興への願いを込めての開催となり、「松明まつり」の打ち上げ花火と仕掛け花火、「太鼓まつり」の「太鼓渡り」が中止となったが、今年は例年通り実施される。
松明まつりでは市周辺農村部の上之郷八郷(市井、北之庄、大林、鷹飼、多賀、中村、宇津呂、土田)と下之郷四郷(小船木、船木、大房、南津田)の十二郷の氏子によってヨシ、ワラ、ササ、ナタネ殻で作った大松明、とっくり松明、ひきずり松明、振松明など高さ三―十メートルの大小約四十本の松明が奉納され、境内に並ぶ。
午前八時半から大松明結い、午後一時から子供松明の奉火があり、七時から神役太鼓が宮入して、八時過ぎに打ち上げ花火を合図に、上之郷の松明から今年決まった順に奉火され、下之郷の松明にも火が着く。

2年ぶりに行われる「太鼓渡り」 
e0093407_23494919.jpg

十時半頃まで奉火は続き、赤い炎があたり一帯を包み、夜空を焦がす。巨大な火柱は迫力満点。中でも大房の松明は寝かせた状態から三十度ほどの角度に起こした状態で火が着けられ、火の粉を被りながら竹で松明を突き上げて立ててゆく奉火は圧巻。
太鼓まつりは、午前十時からの例祭に続いて、午後二時半から各郷の太鼓が日牟禮八幡宮周辺に集結する「太鼓渡り」の宿入り、四時頃になると楼門前から昔から決まった順番で巨大な太鼓が次々と日牟禮八幡宮に宮入りし、各郷に伝わる打ち方で太鼓を鳴り響かせながら境内を練り歩く「太鼓渡り」が行われ、太鼓の競演が繰り広げられる。雨天の場合は、役員と代表者による太鼓なしの「代渡り」となることもある。

なお、神社境内の白雲橋から八幡山ロープウェー前までは、十四日が午前八時から翌日午前零時まで、十五日が午前八時から午後九時まで、大杉町通りの玉木―江南町間が、十四日午後六時から翌日午前零時まで、十五日が午後三時から七時まで通行止となる。主催者側では、交通規制等により混雑し、駐車場が不足するため、公共交通機関の利用を呼びかけている。
詳しい内容は近江八幡観光物産協会ホームページ(http://www.omi8.com)か、日牟禮八幡宮のホームページ(http://www5d.biglobe.ne.jp/~him8man/)で。問い合わせは、近江八幡駅北口観光案内所(0748―33―6061)まで。
[PR]
by azch | 2012-04-15 23:47 | 観光ネットワーク
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31