安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

 安土城考古博物館

テーマ展「発掘された地震の痕跡」

=11日から 安土城考古博物館で=

東日本大震災から一年を経過するのを契機に、琵琶湖の周辺で起きた過去の地震の様子を視覚的に展示し、防災の大切さを再認識することを目的とするテーマ展「発掘された地震の痕跡」が、近江八幡市安土町下豊浦の県立安土城考古博物館で十一日から開催される。四月十二日まで。

県内で行われた発掘調査の結果、縄文時代の地震を示す砕けた土器「北仰西海道遺跡出土縄文時代深鉢」(高島市)、弥生時代の地震を示す「針江浜遺跡弥生土器」(高島市)、元暦二年(一一八五)に襲った津波を示す「塩津港遺跡出土神像他」(長浜市)、天正十三年(一五八五)大地震を示す「長浜町遺跡出土陶磁器」(長浜市)など、今回は、これらの資料やパネルなど約十五点で、過去に琵琶湖周辺を襲った大地震の痕跡を紹介する。
同館は月曜日休館(月曜日が祝日の場合は翌日)。入館料は大人四百五十円(四月三日からは四百円)、高・大生二百五十円、小中学生・障害者・県内在住の六十五歳以上は無料。
[PR]
by azch | 2012-03-10 23:26 | 観光ネットワーク
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30