安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

西の湖自然観察

観察会100回の記録 市民自然観察会が発刊

=西の湖の自然大切に=

発刊された記録誌「西の湖自然観察―100回の記録
e0093407_23521515.jpg


西の湖をフィールドに活動する近江八幡市の自然愛好家グループ「市民自然観察会」(本田忠弘代表)はこのほど、活動の記録誌「西の湖自然観察――100回の記録――」を発刊し、市内の小中学校や公共施設などに配布した。
 発刊に携わったのは、平成十四年十一月に観察会を始めた野鳥観察の西崎嘉代子さんと、植物観察の本田マチ子さんと写真が趣味の夫・忠弘さんの三人。
 毎月第二土曜日の「西の湖観察会」は、平成二十二年十一月には百回に。その間に観察した野鳥は八十八種類、植物は四百六十六種類に上る。その中には、絶滅危惧種の野鳥ヨシゴイをはじめ、絶滅危惧増大種の植物クサレダマ、野鳥のチョウヒやハヤブサといった貴重な植物や野鳥四十九種類も含まれる。
 記録誌では、野草の種類・時期・場所、野鳥の種類・初飛来・見た回数・種類や数の推移、観察会の活動記録などがA4判、五十八ページにまとめられ、本田代表が撮影したカラー写真が添えられている西の湖の自然を知る、貴重な資料集でもある。三百部作成した。
 本田代表はこの中で、「見てくださった方が、西の湖の自然に関心を寄せ大切に思ってくだされば幸いです」と発刊への思いをつづっている。
 希望者には一冊三百円で頒布もしている。また、「西の湖観察会」は百回で終了後、「市民自然観察会」(第三木曜日)として開催している。いずれも問い合わせは、市民自然観察会事務局(0748―46―4329本田)まで。
[PR]
by azch | 2012-02-06 23:50 | 西の湖環境保全
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31