安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

近江八幡市 指定ゴミ袋

指定ごみ袋制スタート 来年4月から 近江八幡市

=有料化・記名化で減量・分別 ごみ出しマナー向上や資源化も=
家庭ごみの排出量が一人一日当たり七百七十五グラムと県下一(平成二十一年度 旧近江八幡市域八百三グラム・旧安土町域六百十二グラム、県平均六百八十二グラム、全国平均七百九グラム)、また、県下で唯一指定ごみ袋制でない近江八幡市。ごみ減量に向けて来年四月から指定ごみ袋制をスタートさせるため、各自治会などで説明会を開いている

市は、今年三月に「一般廃棄物処理長期計画」を策定し、平成三十七年には廃棄物の総排出量を一〇パーセント削減し、リサイクル率を二十五パーセントまで引き上げるの目標を設定した。また、現在一トン焼却するのに約三万六千円の費用がかかっていることから、財政面からもごみ減量が迫られている。
中部清掃組合に加盟している旧安土町地域では、すでに指定ごみ袋が導入され、徹底した分別収集・資源化も進んでいる。一方、旧近江八幡市地域ではごみ減量の意識が低く、マナー違反も多く見られる。
指定ごみ袋制導入により、▽有料化による使用枚数の削減による減量化と資源化▽ごみの量の差が料金の差になり公平▽中身が見える安全性▽可燃・不燃区分の明確化▽記名式による責任――などのメリットが期待できる。
指定ごみ袋は、黄半透明の可燃ごみ大(四十五リットル 三十枚百九十円)、同小(二十五リットル 三十枚百三十円)、白半透明の不燃ごみ(三十リットル 十枚百三十円)の三種類。いずれもレジ袋型で、販売は来年一月からを予定しており、購入後、順次使用してもらい、来年四月から本格使用に切り替える。ただし、六月までは手持ちのごみ袋との併用を認める猶予期間を設ける。旧安土町地域については九月までを併用期間とする。
可燃ごみの分別は「混ぜればごみ、わければ資源」と、全体の約四〇%を占める生ごみ、約三〇パーセントの紙類、それに容量の大きい衣類について、生ごみの水分のひとしぼり運動・コンポストなどを使った堆肥化・残食回避、どんな紙でもリサイクル運動(分別、資源化、集団回収)、布類の資源回収化を推進する。

説明会では、市民からの意見も聞いて、ごみ減量化への理解と協力を求めている。各自治会での説明会終了後の十一月には、地元で参加できなかった市民や自治会が組織されていない区域の市民のための全体説明会を開くことにしている。
[PR]
by azch | 2011-08-23 23:43 | まちづくり研究会
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30