安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

安土城考古博物館の第四十一回企画展

第41回企画展 近江の観音像と西国巡礼

=県立安土城考古博物館=
県立安土城考古博物館(近江八幡市安土町下豊浦)の第四十一回企画展は「近江の観音像と西国三十三所巡礼」(滋賀報知新聞社など後援)。十一日開幕し、四月三日まで開催。
今回は、仏の中でも絶大な人気を誇る「観音菩薩」にスポットを当てた。県内の国の重要文化財十二件、県指定文化財六件をはじめ、仏像、仏画、貴重な資料など、五十二件百二十点を展示紹介することで、観音信仰がなぜ人々の心をとらえ続けてきたかを探る。
滋賀県は観音信仰が盛んで、西国礼所六か寺のほか、観音霊場が各地に存在する。

会期中、博物館講座が二月二十七日「近江の観音像と西国巡礼」と三月二十七日「西国観音巡礼の歴史と信仰」(午後一時半から、当日先着百四十人)に、また、ギャラリートークが三月二十七日午後三時半からある。
また、史跡案内「竹生島探訪」が三月十三日正午から行われる。参加申し込みは、往復はがきに住所、氏名、年齢、電話番号を明記し、三月四日までに〒521―1311近江八幡市安土町下豊浦六六七八 滋賀県立安土城考古博物館学芸課へ。参加費四千三百円は当日徴収。
同館は月曜日休館。ただし、三月二十一日は祝日開館、二十二日は祝日の翌日で閉館。開館は午前九時から午後五時までだが、入館は午後四時半まで。入館料は大人四百五十円、高校・大学生二百五十円、小・中学生無料。
 問い合わせは、安土城考古博物館TEL0748―46―2424へ。
[PR]
by azch | 2011-02-14 17:03 | 観光ネットワーク
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31