安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

安土城考古博物館 特別陳列「四季の花に遊ぶ鳥」

花鳥画の魅力たっぷり 特別陳列「四季の花に遊ぶ鳥」 
=琵琶湖文化館の収蔵品から 4日から 安土城考古博物館=
県立琵琶湖文化館の収蔵品を紹介する特別陳列「四季の花に遊ぶ鳥」が、十二月四日から近江八幡市安土町下豊浦の県立安土城考古博物館で始まる。来年一月二十三日まで。
今回展示するのは、花や鳥・虫たちを繊細なタッチで描く花鳥画。四季折々の花とそこに遊ぶ鳥たちの世界を、画家の鋭い観察力と卓越した技法で美しく表現し、観る人の心に迫る。
国内外を問わず評価が高い伊藤若冲の作品や、県を訪れる貴賓を迎える時に掛けられ三十五年ぶりの公開となる「聖羽碧叢図(せいはへきそうず)」といった絵画のほか、茶わんや水差などに施された花鳥図も見事。
会期中、十二月十九日の博物館講座では、琵琶湖文化館の上野良信学芸員による作品解説もある。
博物館は月曜日と年末の十二月二十八日から新年一月四日休館。入館料は、大人四百五十円、高校・大学生二百五十円、中学生以下・障がい者・県内在住六十五歳以上無料。
問い合わせは、安土城考古博物館(TEL0748―46―2424)まで。
[PR]
by azch | 2010-11-30 22:56 | 観光ネットワーク
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30