安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

安土城考古博物館 秋季特別展「戦国の城-安土城への道-」

秋季特別展「戦国の城-安土城への道-」その特質と歴史的背景に迫る

=きょうから 安土城考古博物館=
築城に三年、完成後三年で消失した幻の名城「安土城」。その建設の過程を描いた映画「火天の城」が全国好評上映中だが、安土町下豊浦の安土城考古博物館では、特別史跡安土城跡発掘調査二十周年記念・平成二十一年度秋季特別展「戦国の城――安土城への道――」が、十九日からはじまる。
戦国時代、戦国大名たちが居城を発達させる一方、強力な戦国大名のいなかった畿内とその近国では、寺社や村そのものが城塞化していく。地域色豊かな城が各地に誕生する群雄割拠の時代となる。
この戦国の動乱を天下統一へと導いたのが織田信長。天下統一の拠点として築いた安土城は、高石垣の上に高層の天主がそびえ立ち、それまでの戦国の城とは一線を画する画期的な城で、その後全国の城のモデルになったとも言われている。
今回の展覧会では、毛利・北条・武田の三氏や山科本願寺などをとりあげ、ほとんど公開されたことがない絵図や、最新の調査成果を一堂に公開して、各地の戦国期城郭発掘調査の成果を紹介するとともに、二十年間の安土城跡発掘調査や同じく安土町内の観音寺城跡の最新調査の成果を総括することで、近世城郭へとつながる安土城の特質に迫り、安土城誕生の歴史的背景を考える。
十一月八日までの会期中の関連行事として、博物館講座「吉川氏の城と権力」(九月二十日午後一時半)や記念講演会「戦国の城下町 信長の城下町」(十一月三日午後一時半)なども予定されている。受講無料。いずれも当日先着百四十人。
祝祭日を除く月曜日と十月十三日休館。入館料は、大人六百六十円、高大生五百円、小中生三百五十円。問い合わせは、同館0748―46―2424まで。
[PR]
by azch | 2009-09-20 22:09 | 観光ネットワーク
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31