安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

映画「火天の城」 近畿動員シェア過去最高

近畿動員シェア過去最高 大ヒットは御当地から

=「火天の城」 近江八幡2位=
東映(株)関西支社は十四日、十二日に全国ロードショーされた映画「火天の城」が、公開二日間で近畿動員シェア過去最高を記録したと、本紙宛に喜びの知らせを伝えて来た。
「映画は、滋賀・安土を舞台にした歴史超大作。京都府在住の直木賞作家・山本兼一さんの同名小説を、兵庫県在住の田中光敏監督がメガホンを取り、東映京都撮影所を中心に全編の九十九パーセントを京滋阪神で撮影。昨年九月三日のクランクインから今年九月十二日の公開まで足掛け一年、関西の皆様には大変お世話になりました」と、まずは読者に御礼とあいさつ。
公開二日間でこれまでの記録を次々と塗り替え、御当地として記録的な好スタートだったことを伝えた。
まず、近畿二府四県動員の全国シェア最高記録二十六パーセント(昨年度平均十六パーセント)、関西支社の全国シェア最高記録五十・一パーセント(同三十四・二パーセント)を記録した。
さらに、大ヒットした「クライマーズハイ」と比較すると、東京地区主要館合計九十一・三七五パーセント、福岡地区同八十五・七パーセント、札幌地区同九十二パーセントに対し、関西地区同百四十九・一パーセントと圧倒的な観客動員数を記録。「この結果は、一重に関西の皆様のおかげ」と感謝の気持ちが添えられている。
特に滋賀県では、公開二日間の動員が五千五百人、興行収入六百三十万円で、通常の興行の五倍以上という超記録的な数字をはじき出した。
県内各館の動員は、ユナイテッドシネマ大津九百十六人、ワーナーマイカル草津千二百五十人、ワーナーマイカル近江八幡千七百十九人、大津アレックス三百二十二人、彦根ビバシティー四百三十七人、水口アレックス八百五十四人で、安土町に近いワーナーマイカル近江八幡は大阪の梅田ブルグ7に次ぐ第二位の驚異的数字。
また、月曜日がレディースデーとなっているワーナーマイカル草津は、十四日午後一時現在で日曜日(十三日)を上回る動員で、女性からの支持率が高くなっていることがわかる。
最終推定興行収益が約十二億円の前出「クライマーズハイ」と比べ、滋賀県だけで七百パーセントの驚異的なスタートダッシュを切ることができたと、関係者は今後の大ヒットに期待を寄せている。また、映画での感動を滋賀、安土の観光に結びつけたいところだ。
職場や学校では、「火天の城」を観ないと、会話に入れなくなるかも。
[PR]
by azch | 2009-09-18 21:07 | 観光ネットワーク
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30