安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

ラ・フェスタ・プリマベラ2009

近江路を走ったクラシックカー 名車70台が文芸の郷に集結

(滋賀報知新聞)
ラ・フェスタ・プリマベラ2009

クラシックカーの祭典「ラ フェスタ プリマベラ」が、19日から3日間、大阪、京都、滋賀、奈良、三重の2府3県、全長約850キロでラリー大会を繰り広げた。
関西では初開催で、21日には近江路を駆け抜けた。チェックポイントや街頭には大勢の県民が繰出し、声援を送った。
e0093407_37060.jpge0093407_372195.jpg











e0093407_374756.jpge0093407_381252.jpg











安土町の文芸の郷では、町民や周辺市町からのクラシックカーファン5百人あまりが到着を待ち、美術品のような車が到着するたびに、手や小旗を振って歓迎した。
次々と到着するドライバーには、あづち天正使節や商工会女性部員からヨシちまきやヨシ茶がプレゼントされたほか、安土城天主信長の館では抹茶でもてなした。
最も古い1923年の「BUGATTI BRESCIA T22」から、1972年「NISSAN FEIRLADY 240 ZG」まで、ファンにとってはよだれが出る名車がずらりと並んだ。
クラシックカーの周りにはすぐに人だかりができ、ボンネットをあけて調整する車を見つけると、熱心にその様子を見たり、ドライバーに質問するファンも。
カメラや携帯電話を持った人たちが、会場内を小走りに移動し、その顔、瞳は、まるで子どもが宝物を見つけた時の輝きと憧れであふれていた。
ドライバーは時間調整のひとときをゆったりと過ごし、ひと息ついて、ゴールの大阪をめざして、また、出発した。
70台ものクラシックカーが一堂に会し、動く自動車博物館と化した会場では、カーマニアでなくとも大興奮だった。
[PR]
by azch | 2009-04-26 22:08 | 観光ネットワーク
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31