安土どっとネット

azch.exblog.jp ブログトップ

「摠見寺所蔵名品展」 安土城考古博物館

重文「鉄鐔」など信長ゆかりの10点
「摠見寺所蔵名品展」で公開11日から 安土城考古博物館

(滋賀報知新聞)
織田信長が安土城を築いた際に城内に建立されたそう見寺に伝わる信長ゆかりの品を紹介するテーマ展「摠見寺所蔵名品展」が、11日から安土町下豊浦の県立安土城考古博物館で始まる。6月7日まで。
特に、4月29日からは、国際博物館の日(5月18日)にちなんで、信長が使用したと伝えられる永楽銭をデザインした刀の鐔(つば 重要文化財)の実物を特別公開する。それまでは、複製品展示となる。
信長の死後10年たった天正20年(1592)、豊臣秀吉がそう見寺に領地を与え、信長の菩提寺と定め、以後四百年の間、安土城跡二の丸跡地に建てられた信長廟と残された織田一族の菩提を弔ってきた。同展では、そう見寺に伝わる信長ゆかりの品や、織田家関係の資料のうち、十点を展示する。
重要文化財の「鉄鐔(てつつば)永楽銭据紋銀象眼(えいらくせんすえもんぎんぞうがん)」は、信長の旗印にも用いらた中国製の永楽銭文様が、表に7枚、裏に6枚デザインされている。

鉄鐔 このほか、市町指定文化財の安土城の一番古い絵図「近江国蒲生郡安土古城図」「織田信長画像」「陣羽織」「判金」や、文化財には指定されていないがそう見寺を菩提寺と定めた時の豊臣秀吉の判物「豊臣秀吉朱印状」「革袴(かわばかま)」「織田信忠画像」「南蛮兜(かぶと)」「織田信長黒印状」など。
会期中の関連行事として、5月6日と30日の午後1時半からギャラリートークを開催する。要入館料。
同館では、天下統一の途上で討ち死にした信長の関係資料はあまり残されていない。信長ゆかりの寺院に伝わる資料を一度に見ることができる。6月2日は信長の命日なので、信長をしのびながら城跡を巡ってみては」と、来館を呼びかけている。
月曜日休館。ただし、4月27日と5月4日は開館する。入館料は、大人400円、高大生250円。問い合わせは、安土城考古博物館(TEL0748―46―2424)へ。
[PR]
by azch | 2009-04-03 17:04 | 観光ネットワーク
line

信長の安土城跡を始め貴重で豊富な歴史文化・自然環境を活かした「安土まちづくり」情報を発信


by azch
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30